今年はゲバラ没後50周年という節目を迎え、サンタ・クララのゲバラ霊廟のモニュメントが修復されました。ここではよくゲバラの銅像の写真が紹介されますが、見過ごされているのが銅像の周りにある石碑に刻まれたゲバラの言葉。既に当ページではその原文を訳したものを紹介していますが、今回は今年公開の日本・キューバ合作映画「エルネスト」の主人公フレディ・マエムラの生涯とも絡めて、そのゲバラの言葉を解説していきます。

今回紹介するのはゲバラがキューバの医学生を相手に行った演説文で、そのゲバラの肉声も聴くことが出来ます。写真は私が訪問した際に、たまたま出会ったキューバの医学生。ハバナとサンタ・クララの間にあるマタンサスから生涯学習のために引率の先生と来られていました。ゲバラも革命家である前は人々を救う医師を志していたので、やはり憧れるとのこと。引率の先生の提案でゲバラの銅像の前で記念撮影しようかと話になったのですが、私はもっと相応しい場所がありますよと別の場所へ誘ってみました。そこは霊廟の隅の石碑前で、そこまで首をかしげながらついていってくれた彼らも、碑文を見るなり納得。下記はその碑文の原文と訳。

DSC08006a.jpg

“-Estaba, en aquellos momentos, en Guatemala, la Guatemala de Arbenz-
(...)
Entonces, me di cuenta de una cosa fundamental: para ser médico revolucionario o para ser revolucionario, lo primero que hay que tener es revolución.”
「当時、私はアルベンス政権のグアテマラにいた。(…)そのとき、私は根本的なことに気づいた。革新的な医師になるにせよ、革命家になるにせよ、第一になさなければならないことは、革命であるということだ。」


Fuente: Discurso en el acto de inauguración del curso de adoctrinamiento organizado por el Ministerio de Salud Pública el 20 de agosto de 1960



碑文の対応箇所は動画の2:10から一部の省略を挟んで、3:50あたりまで。

碑文の前後文は上掲載の演説字幕動画で確認出来ますが、ゲバラがどのような経緯でキューバ革命に参加するようになったかがよく分かります。映画モーターサイクル・ダイアリーズでも描かれているようにゲバラは南米学生旅行を通して、貧しい人たちを救う医師になる志を固めましたが、個人としての活動を通して悲惨なラテンアメリカの現状を変えようとしていました。しかしグアテマラで革命が合衆国が後押しする軍人アルマスによって潰されたのを目の当たりにしたゲバラは、一個人として出来ることの限界を感じます。上掲載のゲバラの肉声は医学生へ向け次のように語っています。

“De nada sirve el esfuerzo aislado, el esfuerzo individual, la pureza de ideales, el afán de sacrificar toda una vida al más noble de los ideales, si ese esfuerzo se hace solo, solitario en algún rincón de América, luchando contra los gobiernos adversos y las condiciones sociales que no permiten avanzar.”
「一人っきりでの努力は、全く役に立たない。一個人の努力や信条の純潔さ、生涯を最も高潔な理想に捧げようとする熱意やこれらの努力も、アメリカ大陸の片隅で一人で注がれるなら、敵対する政府や進歩を許さない社会精力を相手に闘ったところで、なんの役にも立たないのだ。」


グアテマラで辛い経験をしたゲバラでしたが、後にカストロさんら7月26日運動の隊員との出会い、キューバ革命への参加という生涯における一大事を決断しました。つまりゲバラがメスを捨て銃を取る決断を促したのは、合衆国の利権を脅かした国がいとも簡単に武力によって倒されたグアテマラで感じた憤りだったといえるでしょう。

それでは、映画「エルネスト」の主人公フレディ・マエムラは何がきっかけで、ゲバラとのボリビアでのゲリラ活動に参加するほどキューバ革命に関わるようになったのか?フレディもゲバラ同様に、もともとは医学生でしたが、彼がキューバへ留学生として来たのは上掲載の演説の翌年、キューバ危機が起る直前のことでした。このキューバの国難に居合わせたフレディは、ボリビア人にもかかわらず対空機銃の操作という重要な任務を任されます。これが彼の生涯にとって一つの大きな転機となりますが、キューバ危機の時のことは、別の碑文の解説でも触れることにします。
スポンサーサイト
 きょう7月26日は53年にカストロさんら有志が祖国の為に決起した革命記念日。カリブでもっとも大きな祭りであるサンティアゴ・デ・クーバのカーニバルの喧噪に乗じて、カストロさんらはモンカダ兵営を襲撃したのですが、もともと26日はキューバのお祭りの日だったんですね。

 祭りと言えば、今月の祇園祭の宵々山の日、キューバの友人が急遽、京都へ家族とともにやって来たので清水寺や祇園を案内して一緒に楽しんでいました。興味深かったのは、祇園祭の人混みに圧倒された友人の感想。「まるでハバナのメーデー行進のようだ」と。なるほど。。その発想はなかったけど一理あるなと思わず笑ってしまいました。私はハバナのメーデーを経験したことはないのですが、今年行かれたキューバ倶楽部の斉藤 真紀子さんはそのお祭りムードについて記されています。

お祭りムードあふれるキューバのメーデーに参加しました! キューバ倶楽部

naginata.png
 
 歩行者天国となった長刀鉾付近の四条通。京都の蒸し暑さと人混みとが重なって、すさまじい熱気が漂っていましたが、日本で一番有名なお祭りを観れてキューバの友人も満足していました。お祭り気分を楽しむことも大事ですが、やはり祇園祭りの本義は疫病・災厄の除去にあるように、キューバのメーデーも労働者の国際的な団結を示すことにあって、サンティアゴのカーニバルもカトリックの宗教的な意味合いが含まれているのかもしれませんね。

サンティアゴのカーニバル


7月26日の革命記念日前後の25日と27日も祝日。映画「キューバの恋人」ではキューバ人がお祭り気分で7月26日の革命式典に向かう様子が映し出されていました。

 今年はゲバラ没後50周年の節目で、日本とキューバの合作映画や写真展が開催され、FBページでも宣伝しています。キューバのサンタ・クララのゲバラ霊廟では、遺骨帰還20周年を記念した修復作業が行われました。
Finaliza restauración del Complejo Escultórico Ernesto Che Guevara Cubadebate
estatua del che
霊廟のシンボルであるゲバラの銅像
写真:Jennifer Romero/Cubadebate.

修復作業を行ったのはドイツのMD Projektmanagement社で、ハバナの旧国会議事堂カピトリオの修復工事も手掛けています。霊廟では銅像が有名ですが、ゲバラの演説文やカストロさんに宛てた別れの手紙が記された碑文も残されています。スペイン語ですが、記録音声が遺っているものなので、また別の記事で紹介します。

動画は今年4月にアルゼンチンのアーカイブで公開された97年の遺骨帰還の式典。同志であるアルメイダさんの後にシルビオ・ロドリゲスさんがゲバラに最初に捧げられた”La era está pariendo un corazón”を歌われています。次に動画の大半を占めるカストロさんの演説後、ゲリラ行進曲の演奏とともにゲバラとボリビアで闘った同志6名の遺骨がサンタクララへ帰還された様子が映されています。サンタクララの霊廟では今年の10月に上映予定の映画「エルネスト」の主人公であるフレディ・マエムラの遺骨も納めされています。
 きょうはゲバラの生誕日。もし生きていれば89歳です。今年は没後50周年で日本とキューバの合作映画が公開予定ということもあってか、最近ゲバラに対する関心が高まっているのではないかと感じています。忙しくてなかなか最近は書いたり訳したり出来ていませんが、昨夜、私が一番好きなドキュメンタリーChe un hombre nuevoを観ていました。下記はその予告動画ですが、ゲバラの貴重な記録映像を楽しめます。

Las particularidades de nuestra estructura étnica, social y cultural se trasplantan a nuestra forma de hacer y de construir la nueva sociedad.
「われわれの民族性、社会や文化が、独自の手法で導入され、新しい社会が建設される。」



最初のインタビューはリサ・ハワード氏によるもの。

いままではこのドキュメンタリーで一部しか観ることが出来ませんでしたが、今年になってその大部分が公開されました。先日FBページでも宣伝しましたが、下北沢のレストラン ボデギータでキューバ倶楽部様によるイベントがきょうの19:30 - 22:15に開催されますが、このインタビューを題材にトークが行われるそうです。私も是非行ってみたいのですが、残念ながら遠方と仕事の兼ね合いで今回は断念。


次の演説はウルグアイのプンタ・デル・エステで開催された、米州機構の会議で、ケネディが提唱した対キューバ構想の「進歩のための同盟」に対して行われたもの。以前、FBなどにも掲載しましたが、動画はユネスコ世界記憶遺産のページから閲覧可能です。

No podemos dejar de exportar ejemplo, como quieren los Estados Unidos, porque el ejemplo es algo espiritual que traspasa fronteras.


2016.02.21 国境を超えて報道されたゲバラの映像~NHK新・映像の世紀~


最後の朗読は「キューバにおける社会主義と人民」よりの引用。

Nuestros revolucionarios de vanguardia tienen que idealizar ese amor a los pueblos, a las causas más sagradas y hacerlo único, indivisible.
人民の先頭に立つわれわれ革命家(前衛)は、人民に対する愛、大義に対する愛を理想化し、それを唯一、不可分のものにしなければならない。



ヒトを導く立場である者は、としに冷徹な判断も迫られる。革命家でありながらゲバラが今日においても愛され続けているのは、彼の感受性、人間味豊かな点にあるのではないか思います。



早朝、サンティアゴ・デ・クーバの冬空に鳴り響く弔砲と葬送ラッパ。
先月25日に逝去されたカストロさんの御遺灰が、国に殉じた他の同志が眠るサンタ・イフィヘニア墓地に納められ、墓石の前で葬儀が執り行われました。カストロさんが切に願われていたのは、これまでキューバ国民が築き上げて来た革命の功績が次世代へ確かに受け継がれていくこと。2000年のメーデーでホセ・マルティのモニュメントの前で演説された革命の綱領は、キューバ革命の核としてモニュメントに記されました。

「革命とは歴史的な瞬間の認識を持つことである。変革すべき、あらゆるものの変革。完全な平等と自由。各々が互いにヒトとして尊重すること。私たち自身の手で自由を実現すること。国家や社会を牛耳る国内外の強権に立ち向かうこと。あらゆる犠牲を払ってでも護るに値すると信じられるもの。慎み深さ、無私無欲、利他主義、連帯、英雄的精神。勇気と、知性、リアリズムをもって闘うこと。決して道義を破り欺かないこと。真実と思想を打ち破り得る力は世界中に存在しないと確信すること。」
「革命とは団結であり、独立であり、公正なキューバや世界を志向する理想のために闘うことである。それはわが国の愛国心や、社会主義、国際主義の礎である。」

キューバでは革命の綱領がポスターに箇条書き形式で印字されていますが、いずれもキューバ革命の歴史がそれを裏付け、何よりご自身が体現されて来られたカストロさん。いま改めて演説の動画を観ていると特に「決して道義を破り欺かないこと」が強調されているように感じられました。カストロさんは様々な観点から評価されていますが、私が特筆に値するものをあえてひとつ挙げるとすれば「義を貫かれた」こと。国民に優しいカストロさんですが、ヒトの道に反する行為に対しては厳しく当たられました。カストロさんは演説などで、モラル(道義)について何度も述べられて来られました。超大国の覇権と対峙しながらも、これまでキューバが革命政権を存続できたのは、キューバが国内外に示してきたモラルが国民や国際社会から支持されて来たことによるところが大きいことに違いありません。

喪服期間中、在日キューバ大使館には、外相をはじめ、わが国の政権幹部、一部の例外を除く各政党の代表が弔意を示すために訪問しました。民から長年愛され、支持されて来られたカストロさんに対する畏敬の念はどの政治家も持っているのでしょう。著名人だけでなく多くの一般人も大使館を訪れ弔問記帳をされました。


私も先週、大使館にカストロさんへの感謝の気持ちを込めて、メセージと共にユリの花を贈りました。モラルを大切にする国、キューバに興味を持ったきかっけはカストロさんの演説を聴いたときのこと。行き過ぎた個人主義がはびこる今日において、人として生きる上で最も大切なことを教えて頂きました。 私は社会主義に傾倒しているわけではありませんが、カストロさんが示して来られた道義に適うような人生を送れればと思います。