上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日BSでアルマジロ Armadilloというデンマークの映画を観ました。


アフガニスタン紛争を描いた映画を観たのは初めて。ベトナム戦争の映画はランボーとかポピュラーなものから、名作が多いけど、最近の戦争は映画として描かれてないのかな?多分僕があまり最近の映画を見ないだけなんだと思うけど。。これから作られていくのかな?

ラストシーンで、タリバンとの交戦が繰り広げられる。充実した装備でゲリラを倒し、戦火に酔いしれる若い兵隊。戦闘シーンの見せ方などが、ドキュメンタリー風に仕立て上げられ、映画であることを忘れさせられる。見えない敵に対して、交戦前は脅えていた兵隊は、優勢になるにつれアドレナリンの分泌過多の影響もあってか、戦場で自身の居場所を見出すまでに心情が移り変わる。タリバンの死体を見ても、何とも感じないね、と言い放つ。

戦争映画ではしばしば、PTSDなどに苦しめられる兵士が描かれる。興味深いのはこの映画では逆に、戦場の高揚感をそのまま抱えて兵隊が祖国に帰還し、再び戦場に戻ることを希望するという展開だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。