上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オバマが掲げる正義とは何か?
字幕つき動画がアップされてなかったので、パブリックドメインのを使って作成してみました。訳はいつも通り意訳です。。

youtubeにもアップしているので観にくい時はそちらへ。

以下は、この演説の本筋。英語学習も兼ねて解説してみました。(僕はそれほど語学力がないので)字幕作成用の使いまわしで醜いかもしれませんが。。

The American people did not choose this fight.
アメリカ人は自らこの戦いに臨んだのではありません。
It came to our shores, and started
奴らが我等の祖国で始めたのです
with the senseless slaughter of our citizens.
無分別に我等の国民を虐殺するという形で。
After nearly 10 years of service, struggle, and sacrifice,
10年近く身を捧げ、苦闘し、犠牲を払い、
we know well the costs of war.
我々は戦争の代価が如何なる物か知っています。
These efforts weigh on me every time I,
毎回私に重くのしかかるのは、
as Commander-in-Chief, have to sign a letter
to a family that has lost a loved one,
最高司令官として愛する人を失った家族への手紙に署名しなければならない時、
or look into the eyes of a service member
who’s been gravely wounded.
重傷をおった兵士の瞳をのぞきこむ時です。


次のパラグラフは、自分用の英語学習メモも交えて紹介。

①So Americans understand the costs of war.
したがって、アメリカ人は戦争の代価を知っています。
②Yet as a country, we will never tolerate our security being threatened,
しかし、我が国としては、決して我々の安全が脅かせることを耐え忍んだりはしないし、
nor stand idly by when our people have been killed.
我等の同胞が殺されるのを見過ごすことはしません。
③We will be relentless in defense of our citizens and our friends and allies.
我々は国民と友好国、同盟国の防衛を容赦なく行っていくつもりです。
④We will be true to the values that make us who we are.
我々はアメリカ人たる所以、我々の価値観を忠実に貫きます。

⑤ And on nights like this one,
そして今日のような夜には、
we can say to those families who have lost loved ones to al Qaeda’s terror:
アルカイダのテロによって愛する人を失った家族の皆さんに次のように言うことができるのです。
Justice has been done.
正義は下されたと。



tolerate
~を許容する、寛大に扱う、大目にみる、我慢する
が転じて、耐え忍ぶって表現がぴったりかな。put up withを普通使いますがちょっと堅い表現
we will never tolerateオバマはneverをつけて決して許容しないと言っている

relentless
relent(厳しさを離れて軟化する)+less(~のない)で
~に対し情け容赦しない、無慈悲な、厳しい(without pity)
アメリカの態度がかなり硬化していることを示している。アメリカの心の広さはこれっぽちも感じられない。

be true to
本当の、本物のとかいう意が思い浮かぶが、誠実な、~に忠実なという意味でも使われる。
一般的にはbe true toの形で使われる。
We will be true to the values 我々の価値観を貫く、と言い放つオバマ。彼らアメリカ人の価値観とは周知の通り。。。

Justice
正義とは何か?この語は、他に裁判、司法の意味も含む。オバマは演説の前半で次のように言っている。

authorized an operation to get Osama bin Laden
オサマビンラディンを拘束するための作戦を許可しました
and bring him to justice.
奴に正義を下すために
です。


bring O ti justiceは本来、~を(逮捕して)裁判にかけるの意味
オバマは国際法を踏みにじり、ビンラディンというテロリストを、殺害するという形で裁いた。これがアメリカ流の正義なのだろう。真実は永遠に葬られた。
追記)
僕の勉強風景。
DSC06070_convert_20110508231003.jpg
書かないと覚えられない阿呆なので、いろいろと苦労しています。。。w
スポンサーサイト
時事通信がカストロさんの書評を取り上げていた。

「忌まわしい」と非難=カストロ前議長-ビンラディン容疑者殺害
 【ハバナAFP=時事】キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長(84)は5日、同国メディアに寄稿し、国際テロ組織アルカイダ首領のビンラディン容疑者殺害について「どんな責任があるにせよ、非武装の人物を家族の目の前で殺すのは忌まわしい行為だ」と非難した。また「暗殺後(遺体を)海の底に沈めたのは(米国の)恐怖と不安を表している」と指摘した。(2011/05/06-06:47)


スポニチも

丸腰なのに…カストロ前議長は非難「嫌悪すべき行為」
キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は5日、政府系サイトに掲載されたコラムで、米軍が国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者を殺害したことについて、当時同容疑者は武器を持っておらず、現場には家族もいたことなどを列挙して「嫌悪すべき行為だ」と強く非難した。

 前議長は、パキスタンの領土での米軍の作戦により、パキスタン政府は国家としての尊厳が傷つけられ、宗教的にも侮辱されたと指摘。

 米政府は今後、パキスタン当局が保護しているという同容疑者の家族が、殺害時の様子をメディアに語るのも妨げるつもりだろうと皮肉った。(共同)
[ 2011年5月6日 09:47



元ネタはこちら
El asesinato de Osama Bin Laden

以下、自前の字幕動画 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。