先月の末に起きたエクアドルでのクーデター未遂についてこのブログで取り上げた。
rafael-correa.jpg

コレア大統領が救出された後に演説されたのを聴き、僕は彼に魅了されてしまったわけだが、クーデターの首謀者に不利な証拠を握っていると、ボゴタに拠点を置くla cadena NTN 24のインタビューで応えられた。
Correa asegura tener pruebas contra los autores del intento de golpe

エクアドルというとスペイン語で赤道Ecuadorを意味するから、ラテンアメリカの赤道直下の国、てことしか僕は知らないのだが、30日から始まったクーデターは未遂に終わった。大統領はチリのアジェンデのような結末を迎えず、元気な姿で大統領官邸前のバルコニーから大衆に向かって演説を行った。A todo el pueblo, muchas gracias みなさん、ありがとう!CubaDebateに今回のクーデター未遂の騒
クーデターに屈しなかったエクアドルのコレア大統領 大衆へ呼びかける¡Hasta la Victoria Siempre!



首謀者として疑われているのは前代の前の大統領だったルシオ・グティエレス元大統領(Lucio Gutiérrez)。
Correa aseveró que el presidente de Estados Unidos, Barack Obama, "no tiene nada que ver en los hechos", sin embargo, dijo que no se puede excluir a "grupos de poder" de EEUU que pudieron haber intervenido en el intento de desestabilización democrática.
問題はバックでアンクルサムが糸を引いていたかどうか。
コレア大統領は、オバマ大統領はこの事件と関係ないが、アメリカないの他の勢力との繋がりは否定できない、彼らは民主主義を不安定にするために介入した可能性があるとインタビューで応えている。
"Las revueltas tuvieron muy poco que ver con reivindicaciones salariales (de la Policía). Se trató de una conspiración política, donde se aprovechó un núcleo duro que hay en la policía que detesta al gobierno" resaltó Correa durante la conversación.
あの警官のクーデター未遂は政治的な陰謀であったと主張されている。

オバマ大統領が関与していなくても中南米で、これまで残虐な手段でクーデターを起こさせたりしてきたアメリカの有名な機関がある。ラテンアメリカの人なら誰でも知っているだろう、La CIAだ。
エクアドルのコレア大統領はそもそも何故アンクルサムに煙たがられているのかについては、以下のブログの方が解説されている。
オバマに敵意を抱くCIAが、エクアドル・クーデターを試みたが失敗します。ロストワールド Season2.3

コレア大統領にはラ・シーアの工作に屈せず、ラテンアメリカのために、ALBAのために、頑張ってもらいたい。
スポンサーサイト
エクアドルというとスペイン語で赤道Ecuadorを意味するから、ラテンアメリカの赤道直下の国、てことしか僕は知らないのだが、30日から始まったクーデターは未遂に終わった。大統領はチリのアジェンデのような結末を迎えず、元気な姿で大統領官邸前のバルコニーから大衆に向かって演説を行った。
A todo el pueblo, muchas gracias みなさん、ありがとう!
correa-palacio-7-580x387.jpg

CubaDebateに今回のクーデター未遂の騒動の生々しい写真や、コレア大統領の熱気に満ちた演説文が掲載されています。A todo el pueblo, muchas gracias (+ Fotos)
それにしてもカストロさんは、クーデターが収束するまでに早くも未遂に終わることを予測していましたが、さすがっすね!w
El Presidente Rafael Correa se muestra firme e indoblegable. El pueblo está mucho más organizado. El Golpe a mi juicio está ya perdido.
Noticias inverosímiles 30 SEPTIEMBRE 2010


"Si quieren matar al Presidente, aquí está;
mátenlo si tiene poder, mátenlo si tienen valor"
大統領を殺したければ、ここにいる、さあ殺してみろ!
出来るもンなら殺してみろ!

ぃゃはや。。。。カッコよすぎる!
彼の堂々たる発言と勇姿を見た民衆はコレア大統領に味方した。
operativo-policial-correa-13-580x387.jpg
EFE/José Jacome
ラファエル・コレア大統領は警官の給与削減に抗議するデモ隊を説得する際、デモ隊から催涙弾を投げつけられ、搬送された病院も反対派の警官らに囲まれた為軍に救出されたのだが、早くも大衆へ演説し、クーデターに加担した警官を非難した。

原文は上記のCubadebateに掲載されてます。この動画はちょっとプツプツ途切れますが、言語が分からなくてもコレア大統領の熱い演説、聴衆の熱気は十分伝わってくる。
以下は上の動画から
Nadie ha apoyado tanto a la policía como este gobierno, nadie ha mejorado tanto los sueldos.
これほど警察を支援し、これほど給与を引き上げた政府はかつてなかった。
Cuando vi tanta agresividad y ofensa me sentí profundamente triste, como con una puñalada en la espalda.私は警官からあの攻撃を受けたとき、背中から刺された様な、深い悲しみの念を抱いた。

コレア大統領は大衆の熱気の中、次の言葉で演説を締めくくった

¡Hasta la Victoria Siempre!

中南米の赤道直下の熱気に満ちたエクアドルで起こった、クーデターに屈しなかったコレア大統領は、いつまでもエクアドルのために、そしてラテンアメリカのために前進し続けるだろう。

このクーデター未遂事件をもう少し冷静に分析されているブログがあって、かなり参考になった記事があったのでここで紹介しておきます。下記のブログの方が指摘されていますが、日本ではまったく報道されてませんね。
でも僕は新自由主義に反旗を翻し、クーデターにも屈しなかったコレア大統領をこのブログから応援していますよ!

さて、これから「あれはクーデターというほどのものではなかった」という報道が、エクアドル民放(富裕層の所有)中心に、一生懸命なされるものと思います。米国と日本のメディアもそれに追随するでしょう。というか、既に一部で出ています。コレア大統領が、給与削減に抗議した警官のデモを説得しているときに、挑発的な言動を取ったため、警官が怒って催涙弾を撃った.....それで、病院に運ばれたあと、その病院を警官隊が包
エクアドル「クーデター未遂」の裏



コレア大統領は2006年の国連総会でチャベスがブッシュを悪魔呼ばわりしたのに対して次のように指摘しているw
“Llamar diablo a Bush es ofender al diablo,
porque éste podrá ser malvado pero es inteligente".
ブッシュと悪魔を比べるのは悪魔に対して無礼です。
なぜなら悪魔は邪悪だが、少なくとも知性はあるからです。

27 de septiembre del 2006
悪戯にアンクルサムを刺激することは宜しくないが、間違ったことを発言されたわけでもないだろうwww