上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
no-hay-pan-para-tanto-chorizo_mediano.jpg
No hay pan para tanto chorizo
のプラカードを持ってデモに参加するスペインの若者たち。
panは利益を意味し、chorizoはこの場合、あの酒のツマミのチョリーソではなく、ここではこそ泥の意。
辞書には、軽蔑の気持ちをこめ、たちの悪い男、恥知らずと書かれている。
利権にしがみつき、若者に職を与えないクソ政治家らへの怒りの気持ちが込められているように感じる。
クソッタレにくれてやるパンなンかねぇぞ!
といったところか。今の日本の政治家にも言ってやりたい言葉でもあるが。国の資産を蝕む輩はどこの国にもいるようだ。
1306009412_323114_1306014615_grande.jpg

マドリード(CNN) スペイン+の首都マドリードなどで21日、若者らが政治や経済の問題をめぐりデモを展開した。同国では22日の地方選挙投票日を前に、7日間連続でデモが続いている。

デモ主催者や同国内メディアによると、バルセロナでも大規模なデモが行われたほか、バレンシアや各地の小都市でもデモ隊が失業率が依然高水準にあることなどに抗議の声を上げ、参加者は計数万人に達したとみられる。

同国では選管当局が、投票日前日を「熟慮の日」と定め、デモや選挙運動を禁止する通達を出していた。最高裁は20日夜、この通達の取り消しを求める訴えを却下したが、デモは決行された。

ルバルカバ副首相兼内相は20日、記者団との会見で「法の順守」を強調する一方、デモ鎮圧に警察は出動させない方針を示した。選挙では与党の苦戦が予想され、政府はこれ以上の事態悪化を避けたい意向とみられる。

マドリード中心部のプエルタデルソル広場には21日、デモ隊が「熟慮中なのでじゃまをしないで」などと書いたプラカードを掲げた。参加者は若者を中心に子ども連れの家族や高齢者まで幅広く、それぞれが雇用への不安などを口にした。同国の失業率はユーロ圏最悪の21%に及び、特に15―24歳の年齢層では42%に上っている。

同広場には連日のデモに対応する形で一大テント街が形成され、調理場やプラカード製作コーナー、広報コーナー、さらには子どもの保育施設まで登場した。デモ隊は選挙終了後も抗議行動を続ける構えを示している。



エル・パイス紙に若者たちのメッセージが掲載されていた
http://www.elpais.com./fotogaleria/espana/Polaroids/23acampadasol/elpgal/20110521elpepunac_2/Zes/
スポンサーサイト
世界中を震撼させる地震。今度はスペインの南東部のロルカで地震が起き、El pais紙によれば8名の死者、167名の負傷者(うち3名が重傷)の被害が出た。


【マドリード】スペイン南東部で11日、地震の規模を示すマグニチュード(M)が4.4と5.2の地震が連続して発生し、少なくとも10人が死亡、建物や史跡に大きな被害が出た。

 震源はムルシア州ロルカ近郊と推定されている。この地震により、地元の電話回線が不通となった。サパテロ首相が軍隊に緊急出動を命じたほか、ルバルカバ副首相が12日に現地に赴き、被害状況を確認する見通しだ。

 スペインで地震が発生することはまれで、耐震構造の建物はほとんどない。 

 スペイン国営テレビの生中継によると、ロルカでは教会の正面から石やれんがの大きな塊が崩れ落ちている。住民たちは公共の場に集まり、心配そうに地震の様子を話し合ったり、携帯電話で親族や友人と連絡を取ったりしていた。 

 米地質調査所(USGS)国立地震情報センターの地震学者ジョン・ベリーニ氏によると、2番目に起きた大きい方の地震のマグニチュードは暫定で5.2、震源はマドリードから南南東に350キロメートル離れた場所だった。AP通信が伝えた。震源の深さは約10キロメートル。その前に発生したM4.4の地震も同じ場所で発生した。 

 同氏はM5.2の地震について、中程度の大きさで、比較的古い建物やれんが造りの建造物が構造的な被害を受ける可能性があると指摘した。
 

 USGSの地震学者ジュリー・ダットン氏がAP通信に語ったところによると、地震はユーラシアプレートとアフリカプレートが接する地中海海底の大きな断層に近い、地震活動が活発なエリアで発生した。 

 USGSによれば、このエリアでは1990年以降、何百回もの小さな地震が観測されている。
ウォール・ストリート・ジャーナル




Miles de vecinos de Lorca pasan la noche al raso tras el terremoto
数千人のロルカの住民、震災後、屋外で一晩を過ごす
http://www.elpais.com
Al menos ocho muertos y tres heridos muy graves. - Los lorquinos duermen en la calle ante el temor a nuevas réplicas.
少なくとも8名が死亡、3名が重傷。
-ロルカの人たちは余震を恐れ、路上で眠る。


エル・パイスで掲載されている写真を見る限り被害は深刻だ。。。
fotogaleria/Terremoto/Lorca

震源地のロルカ
pro_photo1305145845.jpg


大きな地図で見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。