上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館でカストロさん関連の新刊を発見した。 有意義な情報を発信されている伊高氏のブログで、Fidel y Raul, mis hermanos. La historia secreta
Fidel y Raul, mis hermanos. La historia secreta (Spanish Edition)Fidel y Raul, mis hermanos. La historia secreta (Spanish Edition)
(2009/10/26)
Juanita Ruz Castro、Maria Antonieta Collins 他

商品詳細を見る
の邦訳の宣伝を見かけていたので、いつか読んでみようと思っていた。キューバ革命をマイアミ側の人物から描かれた作品は、僕が知る限り邦訳では数少ない。その点において、この本は貴重な資料だと思う。

カストロ家の真実 - CIAに協力した妹が語るフィデルとラウールカストロ家の真実 - CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール
(2012/03/09)
フアーナ・カストロ

商品詳細を見る

ざっと興味が向くところを読んでみましたが、著者(カストロさんの妹ファーナ氏)の怒りの感情が伝わってくる。あらゆるページから革命政府に対する怨念のようなものがヒシヒシと伝わってくるのだ。

前半ではカストロさんのプライベートのことについて、記述されている。確かにカストロさんは良き家庭人であるかと言われれば、疑問符を付けざるを得ない感がある。しかし、苦難の時代における統治者、革命家は犠牲にしなければならないものもあるのだ。民のために。そのことはゲバラも論文の中で記述している。
(↓キューバにおける社会主義と人民参照)

ゲバラと言えば、第22章で取り上げられていた。カバーニャ要塞で特権を利用し、ゲバラとの面会に挑むファーナ氏。しかし、ゲバラにはカストロの親族という名の肩書は通用しない。結局、ほかの人と同様に面会の列に並ぶことになったわけだがファーナ氏は怒り、「入り口からすでに横柄な態度が漂っていたわね」と言い、連れは「薄汚い感じ。お風呂に入っていないんじゃない」という始末。そんな横柄な態度で面会に挑むファーナ氏にゲバラは然るべき対応をした。
DSC_1232.jpg

NHKスペイン語テキストの書籍紹介欄に掲載されてました。
こないだ中級スペイン語が面白いので買ったんだけど、まさかこの本が紹介されているとは。原書もアマゾンで購入できるようですね。

スポンサーサイト
いまから10年前、2002年4月11日、チャベスを政権の座から追い出すためのクーデターが勃発した。あたりまえのようにCIAが裏から手をまわしていた。歯に衣を着せぬ表現で、ブッシュを非難していたチャベス大統領。自身が先住民族とメスティーソ、白人の血が混ざっていることを誇らしく語り、民衆のためになる改革を行われていた。その根底にはあの偉大なラテンアメリカの解放者、ボリーバルの思想がある。

CubaDebateにはこのクーデターについての本が10周年を記念して出版されることが報じられていた。それとともに、あのクーデターの際、カストロさんがチャベス大統領を励ましていた一連のやりとりが掲載されていた。
La llamada de Fidel a Chávez el 12 de abril de 2002
下記は自前の意訳だが、下記のインタビュー集のラテンアメリカの章にも詳しい経緯が掲載されている。
邦訳も出ている。

Fidel Castro: Biografia a dos voces/ Biography of Two VoicesFidel Castro: Biografia a dos voces/ Biography of Two Voices
(2008/11/06)
Ignacio Ramonet

商品詳細を見る


フィデル・カストロ――みずから語る革命家人生(下)フィデル・カストロ――みずから語る革命家人生(下)
(2011/02/04)
イグナシオ・ラモネ、フィデル・カストロ

商品詳細を見る

¡Están dispuestos a morir todos aquí! -responde Chávez con énfasis y emoción.
「私たちは皆、死ぬ覚悟であります!」チャベスは感情と力を込め答えた。
-Yo lo sé, pero creo que puedo pensar con más serenidad que lo que puedes tú en este momento -le añade Fidel sin perder un segundo, mientras Chávez lo escucha concentrado en cada palabra-.
「わかっている。だが、今は私のほうが君よりも冷静に考える事が出来るのだ。」チャベスが一心に聞き入っている間に、フィデルは間髪入れずに言い足した。
No renuncies, exige condiciones honorables y garantizadas para que no seas víctima de una felonía, porque pienso que debes preservarte.
「あきらめるな。誉れある条件を打ち出し、裏切り者の犠牲にならないための保障を確保するのだ。きみは自身の身を守るべきだからだ。
Además, tienes un deber con tus compañeros. ¡No te inmoles!
さらに、きみには同志たちへの責務がある。きみが犠牲になってはならない!」


クーデターではデモ参加者がスナイパーの犠牲になった。BBCがアニメでクーデターを再現して報道している。
今日もラウル氏が法王と対談された模様。予定に従えば、今頃法王はハバナへ向かわれているところだろう。
フィデル・カストロさんは、書評で是非ベネディクト16世とやややかな会談を行いたいと書かれた。現地時間の水曜日、つまりキューバにおける法王巡礼の旅の最終日にカストロさんとの対談が実現することになった。

ローマ法王 カストロ議長と会談NHK
カリブ海の社会主義国キューバをローマ法王として14年ぶりに訪れているベネディクト16世は、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、キューバ国内の人権状況などについて意見を交換しました。

ローマ法王は27日、キューバの首都ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と1時間にわたって会談しました。
会談の詳細は明らかになっていませんが、ローマ法王庁によりますと、キューバ国内の人権状況やカトリック教会の権利拡大が議題になったということです。
欧米諸国は、キューバには反政府活動を理由に大勢の政治犯が服役しているとして、早期に釈放するよう求めていて、会談では、こうした問題について話し合われたものとみられています。
また、ローマ法王は、キューバ訪問の直前に「マルクス主義は時代遅れだ」と発言していましたが、会談ではキューバの政治体制が議題に上ることはなかったということです。
一方、キューバ側では、ムリージョ国家評議会副議長が27日、法王の発言に反応する形で「キューバでは経済改革に取り組んでいるが、政治改革は起こらない」と述べ、社会主義体制を維持していく姿勢を強調しています。


相変わらず「マルクス主義は時代遅れだ」の発言に執着している国内外の各プレス。他国に政治体制の変革を呼びかけ、考え方を押し付けることは内政干渉になるということから勉強しなおしてもらいたいものだ。さしずめ、国外の主要プレスの記事でそんな書き方をしているから、足並みそろえてそんな報道をしているのだろう。

Los tiempos difíciles de la humanidad  Reflexiones de Fidel
人類の困難な時代

記事では、昨日の核セキュリィーサミットについて触れられていた。この問題に対処するのに、マルクス主義者もクリスチャンも平和のために共に戦わなければならない。しばしば誤解されているのは両者が対立完成にあるという、間違ったイメージだ。そのことは前の記事で触れた。
2012.02.24 教会が諭す「汝の隣人を汝のごとく愛せよ」はキューバ革命の精神でもある~宗教はアヘンか?~

ゲバラやラウル氏と違い、カストロさんはもともと共産主義者ではなかった。カストロさんはバティスタ独裁からキューバを解放するために闘われていたわけだが、その拠り所になっていたのは、ホセ・マルティであり、彼が諭したモラルにあった。モラルは教育によって育まれるものだが、カストロさんは高校時代、カトリック教会のベレン校で学ばれた、つまりカトリック教会の諭すモラルに少なからず影響を受けている。

以上のことを考えれば、カストロさんと法王が会談を望まれている事情が分かるだろう。それは政治的な駆け引きが行われる会談ではなく、長年多くの人にモラルを諭してきた聖人の会談といえるだろう。すこし、誇張した表現になっちゃったけど、言ってみればそういうことなのだ。
カストロさんの親友でもあるコロンビアの文豪が85歳のお誕生日を迎えられた。カストロさんは1926年生まれだから、ほとんど年も変わらないんっすね。ガルシア=マルケスさんのほうが年上だと思ってたんだけど逆でした。
García Márquez cumple hoy 85 años, vividos para contarlos de forma magistral
今年は『百年の孤独(cien años de soledad)』の初版が1967年に発行されて45周年だそうだ。前から読もうと思ってるんだけど、ちょっと敷居が高そうな感じがするんンっすね。。

↑親友と語らい合うカストロさん

絆と権力―ガルシア=マルケスとカストロ絆と権力―ガルシア=マルケスとカストロ
(2010/04)
アンヘル エステバン、ステファニー パニチェリ 他

商品詳細を見る

↑そういやこの本もいつか読もうと思って、まだ読んでなかったけな
ラテンアメリカの文学は好きだけど、正直ガルシア=マルケスさんの作品は難しい感がある。。
ピースボートが3月1日の午後にハバナへ寄港し、770名の日本人と10名の被爆者の方がカストロさんと会談された。
6945463805_e9bcf75a6d_b.jpg
っよ日本一!って声をかけたくなりますね

カストロさんがピースボートの御一行と会談されるのは今回が二回目となる。
2010年国際平和デーには折鶴と風鈴がプレゼントされた。↓cf
2010.09.23 カストロさん、日本の被爆者の声を聞くFidel con los integrantes del Crucero por la Paz

↓は2010年時のピースボートHPのレポート
フィデル・カストロ前議長とピースボート参加者700名が面会
――第70回ピースボート「地球一周の船旅」


Fidel Castro: “Estamos obligados a ganar la batalla por la sobrevivencia” (+ Fotos)


ピースボートの代表を務められている吉岡達也さんが、兵器のない世界を志向する趣旨で企画されたようだ。前回と同様、法被を用意するなど演出にも趣向が凝らされていますね。中東非化を志向される吉岡氏。キューバ危機を体験したキューバと、被爆経験のある日本はこれからも原子力に対する闘いで親交を深めていけるといいですね!
fidel-con-integrantes-del-crucero-por-la-paz9-580x386.jpg
↓は2010年の時の動画。動画後半で、「わたしはカストロさんのファンです」と言われて嬉しそうな顔をするカストロさんがいいっすねw

↓は雑音が入っているが、上記で述べた中東で起こり得る戦争についてカストロさんが述べられているところ。


今年はキューバ危機から50年目の節目。また来週でフクシマ嘆かわしい事故から1年を迎える。
ブログとフェイスブックで、余力がある限り、原子力の問題について書いていこうと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。