上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キューバ危機の最中、ゲバラはどこで何をしていたのだろうか?

10月22日にケネディがホワイト・ハウスのオーバル・オフィス(Oval Office)から行った演説によって、キューバ中が臨戦態勢に入った。グアンタナモ基地がある東部はラウル・カストロに任され、サンタクララがある中部はフアン・アルメイダさんが指揮をとられた。そして、東部のピナール・デル・リオ州、ここはソ連の戦略ミサイル基地が置かれ、もし侵攻が始まればこの地域を巡って激しい攻防戦が繰り広げられることが予想されたが、このキューバ危機の最前線にはチェ・ゲバラに任された。

東部は上述の事情から、全兵力の半数が割かれ、とりわけ精鋭部隊が受け持っていた。当時、キューバの軍隊は10万5000人で成り立っていたが、有事の際はその三倍、40万以上に膨れる。革命にあまり興味がない人たちも、祖国の主権が脅かされていることをケネディの演説で知り、進んで銃を取り民兵の士気も高かった。

ケネディの演説の2日前の10月20日、ちょうど50年前の今日、ゲバラは青年組織の記念集会に参加し、演説のラストであの有名な名言をのこした。
Y si se nos dijera que somos casi unos románticos, que somos unos idealistas inveterados, que estamos pensando en cosas imposibles, y que no se puede lograr de la masa de un pueblo el que sea casi un arquetipo humano, nosotros tenemos que contestar, una y mil veces que sí, que sí se puede
もし、われわれのことを夢想家だとか、救いがたい理想主義者だとか、不可能なことを考えているとか、人民大衆の中から理想的な人間を輩出することが出来ないと言われるとすれば、われわれは何度でも答えなければならない。その通りだ、それは可能であるのだ。と


この集会の音声は公開されている個所とそうでない所がある。この箇所はいまのところ映画「チェ、新しい人間」のラストシーンでしか聞けない。上述の名言はUJC(青年共産主義者同盟)で言われた言葉だが、次世代のキューバを担っていく人たちに相応しい言葉だろう。「新しい人間」の名称が入れられたドキュメンタリーのラストを飾るにも相応しい。

↑は演説の後半箇所のほんの一部。もしフル音声を発見された方は教えてください!

この集会の冒頭の箇所は音声が公開されているので、1年ほど前に訳している。

La Unión de Jóvenes Comunistas tiene que definirse con una sola palabra: vanguardia. Ustedes, compañeros, deben ser la vanguardia de todos los movimientos. Los primeros en estar dispuestos para los sacrificios que la Revolución demande, cualquiera que sea la índole de esos sacrificios. Los primeros en el trabajo. Los primeros en el estudio.Los primeros en la defensa del país.
青年共産主義者同盟は、 "前衛" というたった一つの言葉で規定されなければならない。きみたち、同志諸君は、あらゆる運動の前衛でなければならない。革命が犠牲求める場合、真っ先に犠牲にならなければならない。たとえそれが、どのようなものであってもだ。労働においても真っ先に、学習においても、祖国防衛においても先頭に立って犠牲にならねばならない

UJC.jpg
↑でゲバラが机上に座って演説しいている写真が確認出来る。まわりの幹部より一歩、若者たちに近づいているような印象を与える、これも一種の前衛と言うべきだろうかw
UJCの記章の両サイドにはキューバとソ連の国旗が掲げられている。当時は4万名以上、ソ連から密かにキューバへ防衛のために集っていたので、会場にはソ連出身の青年もいたのかもしれない。共産主義については研究の埒外だが、この演説は一般青年にも通じることを言っている箇所、例えば組織の重要性についても説いているので、また別の記事で取り上げたい。

ゲバラは演説の後、労働者の前衛として繊維工場へ向かった。
¿Qué debe ser un joven comunista?
20 de octubre de 1962
Discurso en la conmemoración del segundo aniversario de la integración de las organizaciones juveniles.

そして上述のケネディの演説により、自分の担当地域、すなわちキューバ危機の最前線へと向かった。祖国防衛の前衛として。コマンダンテ・チェ・ゲバラはソ連のミサイル基地をサンディエゴ川沿いに北東へ15キロへ進んだ位置にあるポルタレス洞窟に身を潜め、北の帝国主義者が侵攻すればいつでも迎撃できるよう、西部軍総司令官としての務めを果たした。
Fuente: Parque Nacional La Güira wiki travel
Portales3 - コピー
西部総司令部が置かれた、ポルターレス洞窟。近くに弾頭を搭載した巡航ミサイルが何十基もあった。
スポンサーサイト
ABC Night Lineを観ていたら今日、興味深い洋書が出版されることが分かった。JFKが私的に記録したテープレコーダーを扱った本が発売されるという。
Listening In: The Secret White House Recordings of John F. Kennedy
Listening In: The Secret White House Recordings of John F. KennedyListening In: The Secret White House Recordings of John F. Kennedy
(2012/09/25)
Ted Widmer、Caroline Kennedy 他

商品詳細を見る

サブタイトルも含めて訳せば、ジョン・F・ケネディがホワイトハウスで記録した機密の盗聴
といったところか。変な訳ですみません。


Watch More News Videos at ABC
|
2012 Presidential Election
|
Entertainment & Celebrity News

テープに記録された記録音声は265時間にものぼるそうだ。マニアックな読者なら僕がゲバラの記録音声を聞くようにすべて聴きたいだろうが、そうでない人には長すぎる。。JFK図書館(John F. Kennedy Library )とTed Widmer 氏によって75分の2枚組CDにリマスターされ、この本を買った人にはもれなくプレゼントされるそうだ。
↓JFK・ライブラリーによる解説動画

ABCナイトラインに話を戻すと、この特集でキューバ危機最中にテープが録音した音声が取り上げられていた。
日本人なら誰でも知っているあのカーティス・ルメイとのやりとりだ。
Which leaves me only one alternative, which is to fire nuclear weapons – which is one hell of an alternative.
それは私にのこされた最後の選択肢だ。核兵器の火ぶたを切る-とんでもない選択肢だ。

核戦争に発展しかねない状況下で、ケネディが自らの選択の重さに苛まれている中、ルメイはまるで他人事のように言った。

you’re in a pretty bad fix, Mr. president.
大統領、 あなたは極めて苦しい立場にある。

と。 ケネディは次のように切り返した。
You’re in there with me!
きみも、私と同様に苦境に立っているんだよ!



さすが鬼畜の異名を持ち、キューブリックの映画「博士の異常な愛情」の異常な軍人のモデルとなったルメイ。数多の罪のない日本人を空爆する命令を発したルメイについて、その当時ルメイの配下にあったマクナマラさんは、「The Fog of War」で次のように回想している。
Kennedy was trying to keep us out of war. I was trying to help him keep us out of war. And General Curtis LeMay, whom I served under as a matter of fact in World War II, was saying
ケネディは戦争を回避するよう取り組んでいた。私は彼の助けになるよう試みました。しかし、私の第二次世界大戦時の上官だった将軍のカーティス・ルメイは言ったのです。
"Let's go in, let's totally destroy Cuba."
「徹底的にキューバを破壊しようではないか」と。

Wiki Quote Robert McNamara

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白 [DVD]フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白 [DVD]
(2009/08/05)
ロバート・マクナマラ

商品詳細を見る



来月はキューバ危機から50年目の節目を迎える。時間が許せば、キューバの視点からあの人類最大の危機を考察していこうと思う。 この危機については、キューバ革命を詳しく調べる前は、映画13daysを観た程度の知識しかなかった。 しかし、この危機は知れば知るほど、深刻だったことがわかる。 そしてそのような危機の最中、チェ・ゲバラは最も危険な場所で防衛任務を担っていたのだ。。そのことについてはまた別の記事で書こうと思う。

cf 故ケネディ米大統領の肉声テープ公開、暗殺までの3カ月を記録 ロイター通信
今から49年前の10月15日から13日間、人類史上最大の危機がキューバを舞台に繰り広げられた。いわゆるキューバ危機(The Cuban missile crisis)は、ロシアではカリブ危機(Карибский кризис)と呼ばれているそうだ。そして、キューバでは10月危機(Crisis de Octubre)とも呼ばれている(ゲバラの国連演説や別れの手紙などではカリブ危機と言ってますが、カストロさんの演説では前者が用いられる)
2010.08.23 チェ・ゲバラ 国連での帝国主義に対する非難

この演説では crisis del Caribe(カリブ危機)って言ってますね。「いわゆるカリブ危機」と説明しているんですね。
アメリカ合衆国、ソビエト連邦、そしてキューバそれぞれの当事国で呼称が異なるように、キューバ危機に対する見方は分析する人によって様々だ。悪いのは、キューバにミサイルを置いたソ連だ!という見方をする人もいるだろう。一方、そもそもこの危機を招いたのは、トルコにミサイルを配置してソ連を追い込み、バイーア・デ・コチーノス(ピッグズ湾事件)、マングース作戦などでキューバ転覆を企てたアメリカであるという見方も出来る。

いずれにしても、この危機は想定外の事態であった。アメリカの優秀なJFKのブレインであったマクナマラ国防大臣も、まさか有能な政治家であるフルシチョフがそんな禁じ手を打ってくるとは思わなかったのだ。しかし、キューバに核ミサイルが配置されたのは、想定外でした、という言い訳は許されない。一歩間違えれば、核ミサイル報復の連鎖が始まり、攻撃された都市は消滅し放射能が地球上を覆っていたのだ。

今年日本で起きたフクシマ原発事故もまた、想定外の事態であった。原発はそれまで、二酸化炭素を排出しない夢のエネルギー源とみなされていた。耐震対策もバッチシだったし、チェルノブイリの二の舞なんか日本で起きるはずがないと、東電の幹部も思っていたことだろう。

原子力という怪物と契約し、人類は強大な力を手に入れた。強大な力を制御出来るという奢りが、想定外という事態を招いた。キューバ危機から半世紀の歳月が経った今日、核兵器は削減されたものの、米ソ以外の不安定な国家が所有しているという意味において、想定外の核戦争が起こる可能性はむしろ、上がったといえよう。原子力という怪物は、平時においては牙を見せないが、有事になれば取り返しのつかない事態を引き起こす。人はそれを「想定外」と言い訳するのだ。
昨日は要約のみだったので、今日は一応全部訳してみました。あまり自信がない箇所もあるのでスペイン語がお上手な方はアドバイスお願いします。CubaDebateでは昨日は全然コメントがなかったけど、今日は50以上のコメントが投稿されて、盛り上がってました。でも何故か日本語で書かれたニュース記事が一つもなく、ブログですら取り上げているのは僕だけなンっすね。。。。。。カストロさんはキューバ危機を体験された当事者だし、唯一の被爆国である日本で彼の廃絶の訴えが届いてないのは悲しいっすね。。。。
fidelgranma.jpg

先月にカストロさんが日本から来たピースボートの一行と、ヒバクシャの方と交流を深められたことについて、このブログの記事で取り上げた。カストロさんは21日、日本のNGO「ピースボート」の航海に参加している600人以上との集会に出席した。Fidel con los integrantes del Crucero por la Paz: “Nunca en la historia de la Humanidad hubo un momento tan peligroso
カストロさん、ネットを通じて世界に核戦争の脅威を呼びかけるMensaje de Fidel: “En una guerra nuclear el daño colateral sería la vida de la humanidad” (+ Video)


今日のグランマの一面でも昨日のメッセージが紹介されてました
Mensaje del Comandante en Jefe Fidel Castro Ruz contra la Guerra Nuclear

El uso de las armas nucleares en una nueva guerra implicaría el fin de la humanidad.
新たな戦争における兵器の使用は、人類の終わりを意味します。
Así lo previó el científico Albert Einstein, quien fue capaz de medir su capacidad destructiva de generar millones de grados de calor que todo lo volatiliza en un amplio radio de acción.
科学者のアルバート・アインシュタインは予見していた。
何百万度もの熱を放出し、広い範囲ですべてを蒸発させるだけの破壊力を彼は測定した。
El genial investigador fue impulsor del desarrollo de esta arma antes de que el régimen genocida nazi dispusiera de ella.
残虐なナチスに使われる前に、この才能に恵まれた研究者は兵器の開発を進めた。
Cualquier gobierno del mundo está obligado a respetar el derecho a la vida de cualquier nación y del conjunto de todos los pueblos del planeta.
世界中の各々の政府は、地球上のすべての人々の生活と人権を尊重しなければならない。
Hoy existe un riesgo inminente de guerra con empleo de ese tipo de armas y no albergo la menor duda de que un ataque de Estados Unidos e Israel contra la República Islámica de Irán, se tornaría, inevitablemente, en un conflicto nuclear global.
今日では、この種の兵器が使用される戦争が起きる危機が、さし迫っていることに疑いの余地がない。
合衆国とイスラエルによる、イスラム圏のイラクに対する攻撃は、世界規模の戦争を誘発を避けることが出来ないだろう。
Los pueblos están en el deber de exigir a los líderes políticos su derecho a vivir.
人々は各々の政府の指導者に、生命の権利を要求しなければならない。
Cuando la vida de su especie, de su pueblo y de sus seres más queridos corren semejante riesgo,
人は生活において、愛する同胞が危険に瀕しない限り、
nadie puede darse el lujo de ser indiferente, ni se puede perder un minuto en exigir el respeto a ese derecho;
人権の尊重が損なわれないなら、事を重く考えずに悠長になる。
mañana sería demasiado tarde.
明日では手遅れである
El propio Albert Einstein afirmó textualmente:
アルバート・アインシュタインは次のように言った
“No se qué armas se utilizarán en la Tercera Guerra Mundial, pero en la Cuarta Guerra Mundial usarán palos y piedras”.
第三次世界大戦がどのような戦いになるのかなんて、私には分からない。しかし、第四次大戦なら分かる。石と棒で戦うだろう、と
Sabemos lo que quiso expresar, y tenía toda la razón, sólo que no existirían ya quienes manejen los palos y las piedras.
我々は彼が意図することを理解できるし、すべては道理にかなってる。
もはや石器と棍棒しか残らないであろうことを。
Habría daños colaterales, como afirman siempre los líderes políticos y militares norteamericanos, para justificar la muerte de personas inocentes.
アメリカの軍と指導者たちは、無実の人に対する殺戮を正当化するためにいつも、人々を巻き込んできたように。
En una guerra nuclear el daño colateral sería la vida de la humanidad.
人類の生活は、戦争の被害に巻き込まれるでしょう。
¡Tengamos el valor de proclamar que todas las armas nucleares o convencionales, todo lo que sirva para hacer guerra, deben desaparecer!
我々は核兵器など、戦争に関わるすべての兵器を無くさなければならないことを、
勇気を持って訴えていきましょう!
Fidel Castro Ruz
Octubre 15 de 2010

fidel-castro-y-michel-chossudovsky-2-580x435.jpg
スペイン語
¡Tengamos el valor de proclamar que todas las armas nucleares o convencionales, todo lo que sirva para hacer guerra, deben desaparecer!
英語
Let us have the courage to proclaim that all nuclear or conventional weapons, everything that is used to make war, must disappear!
ドイツ語
Ich rufe alle dazu auf, den Mut zu haben, um zu verkünden, dass alle atomaren oder konventionellen Waffen, alles, was zum Kriegmachen dient, verschwinden müssen!
フランス語
Ayons le courage de dire tout haut que toutes les armes, qu’elles soient atomiques ou classiques, que tout ce qui sert à faire la guerre doit disparaître !
イタリア語
Abbiamo il coraggio di proclamare che tutte le armi nucleari oppure convenzionali, tutto quello che serva per fare guerra, devono sparire!
ポルトガル語
Tenhamos o valor de proclamar que todas as armas nucleares ou convencionais, tudo o que sirva para fazer guerra, devem desaparecer!
ロシア語
Будем же иметь мужество провозгласить, что все ядерное и обычное оружие, все то, что служит для ведения войны, должно исчезнуть!
アラビア語
في أي حرب نووية تنشب، الضرر الجانبي سيكون حياة البشرية نفسها.
فلنمتلئ بجرأة المطالبة بالقضاء على كل الأسلحة النووية والتقليدية، وكل ما ينفع من أجل صنع الحرب.

動画の最期のカストロさんの訴えの部分だけ各国の言葉で紹介してみました。世界中の人に核廃絶の訴えが届くといいっすね。
通常兵器まで廃絶するのは夢物語ですが、とりあえずは核兵器だけでも廃絶しなければならない。アインシュタインの予言が現実になってしまってはシャレにならない。

そういえば今日はあのケネディの演説が行われた日なンっすね。

あのキューバ危機は58年も昔の話。ケネディは暗殺され、側近のマクナマラも去年亡くなられた。あの10月危機で生き残っている指導者はカストロさんだけっすね。
カストロさんの訴えの声が世界中の人に届くといいっすね。オバマ大統領が核廃絶を呼びかけるのとはまた違った説得力があると思います。あのような歴史は2度と繰り返されないためにも、カストロさんの呼びかけは意義があることに違いありません。
カストロさんは21日、日本のNGO「ピースボート」の航海に参加している600人以上との集会に出席した。
Fidel con los integrantes del Crucero por la Paz: “Nunca en la historia de la Humanidad hubo un momento tan peligroso como este”
日本のNGO団体Peace Boatは偶然か意図してか、国際平和デーの9月21日にハバナ港に入港し、キューバの国会議事堂にあたる「ハバナ会議宮殿」に招かれた。2時間半にわたる交流会が行われ、カストロさんは日本のNGOスタッフや被爆者の方と国際平和の実現や核兵器廃絶への思いを語られた。
fidel-crucero-12.jpg
世界平和の象徴である千羽鶴。カストロさんは以前来日された際に、原爆ドームに訪れられているので、広島市への原子爆弾投下により被爆し、後に白血病で亡くなられた佐々木禎子さんが、生前に病気の恢復を祈って折り鶴を折り続けたというエピソードをご存知だろう。
人類が核戦争の一歩手前までいった”キューバ危機”の当事者であるカストロさんと、唯一の被爆国である日本のNGO、被爆者の方が核の脅威について議論することの持つ意味は大きい。カストロさんは、このブログでも紹介してきたが、先月のヒロシマに原爆が投下された日から核の脅威について何回も演説したり、ジャーナリストと議論したりしてこられた。一方、ピースボートもカストロさんから、キューバ市民の約20年にわたる交流の軌跡を高く評価されている。

fidel-crucero-3.jpg
カストロさんは広島の原爆で被爆したブラジル・サンパウロ在住の渡辺淳子さんが、爆心地から18キロの場所で「黒い雨」を浴びた被爆体験を話したのに対し「黒い雨が来るまでにどのぐらいの時間があったのか」など質問して当時のヒロシマの悲惨さ、核兵器がもたらす悲劇を学び取ろうと努められた。
キューバ危機で、一歩間違えていたら黒い雨がカリブ海でも降っていたかもしれない。。。。いや世界中で降っていたかもしれないのだ
fidel-crucero-8.jpg
日本とキューバは地政学的にもものすごく離れていて、接点がないように思える。イデオロギーでも資本主義の日本と社会主義のキューバの間には当然溝があり、キューバの情報はアメリカのメディアを通じて歪められた情報ばかりが日本に伝えられているのが現状だ。こないだキューバの社会主義モデルは機能しないとカストロさんが言ったと間違った情報を伝えて有頂天になっているメディアがそのことを如実に示している。全く馬鹿げた話だ。
このようにアンクルサムが築いた国際秩序に虐げられている、経済封鎖されているキューバに来航したピースボートの一行には感心させられる。しかし、核兵器廃絶というような種類の問題はイデオロギーや地政学を越えて議論されるべきなのだ。被爆国である日本と、キューバ危機の舞台となったキューバは、核廃絶を共に団結して訴えることが出来るのだ!世界平和デーに開催されたこの会議では、日本とキューバの国旗が並んで掲げられた。

fidel-crucero-14.jpg




(追記)日本人が知るべきニュースですが思いのほか、日本で報道されていないニュースなので、Cubadebateの紹介記事の出だしだけでも訳しておきます。
※自己紹介でも述べてますが、僕のスペイン語力はプロの翻訳家の足元にも及ばないので間違っている箇所も多くあると思います。ただ、なるべく誤訳がないようには努めました。
Fidel con los integrantes del Crucero por la Paz: “Nunca en la historia de la Humanidad hubo un momento tan peligroso como este”
フィデルとピースボートの隊員;
カストロ「今日ほど、人類が危機に瀕した時代は歴史上に例がない」(意訳です
El encuentro fue bien temprano en la mañana para no afectar la apretada agenda en Cuba de los integrantes del Crucero por la Paz, acabado de llegar al amanecer de este 21 de septiembre. Por coincidencia, el mundo estaba celebrando el Día Internacional de la Paz. Fidel llegó puntual como siempre y saludó a la directiva del crucero, a Junko Watanabe, una sobreviviente de la tragedia nuclear de Hiroshima, y a Kenia Serrano, la presidenta del ICAP. Después entró a la Sala Plenaria del Palacio de Convenciones donde lo esperaban más de 600 japoneses de diversas edades que forman parte de la expedición pacifista.
この部分はさっき書いた記事とダブるので割愛)
以下カストロさんの言葉
“Quiero darle las gracias por el honor que significa este encuentro”
-fueron las primeras palabras del líder de la Revolución cubana. “Me alegro de interactuar con ustedes por la importancia del momento que estamos viviendo y además por un sentimiento de gratitud, pues conozco la solidaridad de ustedes, las dificultades que han enfrentado, la lucha contra el bloqueo, los puertos donde pueden ir y donde no.”
「このような重大な時期にお会いできて光栄です」キューバ革命政府を代表してカストロさんはこのように切り出した。
「このような重大な時期にあなた方と交流を深められることに対し喜ばしく思います。また、経済封鎖されている港に、危険を冒してまで訪問されたことに対し、我々がこの困難な境遇で連帯意識を確かめられたことに感謝の意を抱きます。」
Recordó las 14 veces que el crucero ha venido a Cuba y evocó la consigna que acompaña esta aventura marítima, por su especialísimo valor:
“Aprender de las guerras pasadas para construir un futuro de paz”
「我々は平和な未来を築くために、過去の戦争から学ばなければならない」
“Es una frase que tendrá significado siempre, pero en este momento lo tiene más que nunca. Nunca en la historia de la humanidad hubo un momento tan peligroso como este”.
「このフレーズが持つ意味は常に大きいのですが、今日ではかつてないほど響きます。今日ほど、人類が危機に瀕した時代は歴史上に例がないからです。」

Repasó los acontecimientos de hace 65 años en las ciudades japonesas de Hiroshima y Nagasaki.
日本の長崎と広島の市街地でのあの出来事から65年。
En ese entonces “estaba por Santiago de Cuba cuando llegó la noticia. Nadie tenía idea de la existencia de un arma como esa [...]. A pesar del tiempo transcurrido, sigue conmoviendo a la opinión pública internacional. No creo que haya ocurrido algo más expresivo de lo que es la guerra”.
「あの当時、サンティアゴ・デ・クーバでもニュースが報じられたのを覚えています。しかし誰もあの兵器に対して見解を持つ人はいなかった。。。。」

しかし今日では国際世論は核廃絶の動きが盛んだ。カストロさんや被爆者の声が世界中に届けばいいのだが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。