これはペンタゴンにとって相当な痛手となるだろう。以前から問題視されてきたグアンタナモ基地。アンクルサムが1世紀以上占領してきたこのキューバ国内にあるグアンタナモは、戦場捕虜を厳重に拘束する刑務所として使われてきた。

アルカイダ、核物質入手を企て=グアンタナモ収容者記録-ウィキリークス
 【ワシントン時事】英紙デーリー・テレグラフ(電子版)やワシントン・ポスト紙(同)などの欧米メディアは25日までに、内部告発サイト「ウィキリークス」から入手したキューバ・グアンタナモ米軍基地の収容者に関する米軍の調査記録を報じた。国際テロ組織アルカイダが核物質の入手を企てていたことや、2001年の米同時テロ後のアルカイダ首領、ビンラディン容疑者の足取りの情報が含まれる。
 記録は米軍情報当局が02年以降、グアンタナモの収容者計700人以上について調査した個人ファイル。現在も拘束中の172人の大半が「釈放すれば米国や同盟国に脅威を与える危険度が高い人物」と評価されている。また、既に外国に移送された約600人のうち3分の1が「危険人物」に分類されていた。一方で、150人以上が無実なのに拘束されていたことも分かった。
時事通信より


この無実の人とは、タリバンやアルカイダと無関係の人や、カシオの時計を持っているだけでテロリストを目され拘束された人も含む。。。グアンタナモに移送された人の内、約100名は躁鬱病、あるいは精神病を患っているそうだ。何と酷い事を。。。
以下、本家の文章
wikileaks The Guantanamo Files
WikiLeaks Reveals Secret Files on All Guantánamo Prisoners

↑を大々的に報道した各新聞
NYタイムズ
Classified Files Offer New Insights Into Detainees
ワシントン・ポスト
WikiLeaks discloses new details on whereabouts of al-Qaeda leaders on 9/11

アメリカが全世界に展開している基地の中で、ほぼ管理権をヤンキーが握っているのは意外とわずかしかない。日本の米軍基地がすぐに思い浮かぶが、もう一カ国、それに該当するのがキューバのグアンタナモ基地。キューバは、返還を求めてきたがアンクルサムは根強く居座っている。一方、日本はアメリカが占有権を持つをことすんなり認め続けている、これは世界が日本をアメリカの保護領として認識する1つの要因とも言えるが、このことはまた他の記事で。。。。

この暴露記事が契機となり、国際世論はアメリカを非難するだろう。キューバへの基地返還につながればいいのだが。。
僕は前から思ってたんだけど、国際面でしばしばキューバのグアンタナモ基地と書かれたりするのを見ると、あたかも悪いイメージがキューバにあるかのように感じる。これもペンタゴンの策略の一つなのだろうか。
スポンサーサイト