チェ・ゲバラはグラナードとマチュピチュを訪れたことは、映画でも再現されているのでご存知の方も多いと思う。しかし、彼がこの神秘的な遺跡の虜になっていたことはあまり知られていないのではないだろうか。
ゲバラは53年、考古学者の論文のような調子で「シエテ」という雑誌にマチュピチュについての文章を投稿している。これは下記の書籍内の邦訳で読めるが、原文ならアルゼンチンの研究センターHP上で閲覧も可能だ。冒頭で以下のような問題提起をしている。

チェ・ゲバラふたたび旅へ 第2回AMERICA放浪日記チェ・ゲバラふたたび旅へ 第2回AMERICA放浪日記
(2004/11)
エルネスト チェ・ゲバラ・デ・ラ・セルナ

商品詳細を見る

↑たしかこれに邦訳で全訳があったと思う。記憶違いだったらゴメン!。。。
¿Es esa su primitiva denominación? No, este término quechua significa Cerro Viejo, en oposición a la aguja rocosa que se levanta a pocos metros del poblado, Husina Picchu, cerro Joven; descripciones físicas referidas a cualidades de los accidentes geográficos, simplemente. ¿Cuál será entonces su verdadero nombre?. Hagamos un paréntesis y trasladémonos al pasado.
この地はもとからマチュピチュと呼ばれていたのだろうか?実はそうではないのだ。ケチュア語でこの地名(マチュピチュ)は、"老いた山"を意味し、ここの集落から数メートル離れたところにそびえ立っている尖った岩山"ウシナ・ピチュ※"とは反対の意味だ。つまり単なる地形を表す形容に過ぎないのだ。それでは、ここの本当の名称は何だったのだろうか?

※ワイナピチュのことだと思われる。と上記の邦訳所には注意書きがあった。
原文は以下より
Machu Picchu, enigma de piedra en América
http://www.lapastera.org.ar/spip.php?article=499#

この疑問に応えるニュースが先日発表された
Machu Picchu habría sido conocido en el imperio del Tahuantinsuyo como Patallaqta

マチュピチュ遺跡に本名? 古文書に「パタジャクタ」(03/22 )北海道新聞
 【ボゴタ共同】スペイン紙パイスなどは22日までに、同国の歴史家の調査結果として、ペルー南部の世界遺産マチュピチュ遺跡(15世紀ごろ)の本当の名称は「パタジャクタ」だった可能性があると報じた。ペルーを征服したスペイン人が1551年に書いた古文書に記載があるという。

 地元先住民の言語ケチュア語で「階段の村」を意味するという。ただ、マチュピチュ近くに同名の遺跡があることから混同の可能性もあり真偽は不明。マチュピチュは「老いた峰」という意味で、別の名前があったという説が以前からある。



パダジャクタ。。う~んしっくりこないっすね。
やはりマチュピチュのほうがいいような

いずれにせよ、この空中都市はミステリーに溢れている。今夜、世界ふしぎ発見でも取り上げられるようだ。
第1224回
マチュピチュ新世紀 101年目の真実
2012/03/24(土)21:00~
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/
スポンサーサイト
TV番組で感動の登山を拝見したので、今日はちょっとゲバラ登山について書こうと思う。
イモトさんの海外での挑戦は時々TVで拝見しているんですが、今回の登頂は感動させられました。

イモト「イッテQ!」で南米大陸最高峰の登頂へ挑む
http://natalie.mu/owarai/news/64708
世界最高峰・エベレストの頂上を夢見て修行を積んでいるイモトアヤコの「イッテQ!登山部」。今回は南アメリカ大陸にそびえるアンデス山脈の最高峰、標高6962mのアコンカグアを目指す。



山頂の直前でviento blanco (ビエント・ブランコ)っていう吹雪に見舞われる危険があったので、断念された時、悔し涙を流されたんですが、つられて泣きそうになりました。登山ってやったことないんですが、TV観てるだけでその辛さが伝わってきます。と同時に、登頂した時の達成感は計り知れないものなんだろうなと感じました。

大きな地図で見る
このアコンカグアはゲバラの故郷アルゼンチンとチリの国境に位置するんですね。標高 6,962 m。。。
登山に感動したついでに、ゲバラがメキシコに滞在していた際行った登山について紹介しようと思う。
popo.jpg

↑の写真はメキシコのポポカテペドルという5,426 mの険しい山をゲバラが登頂している時のもの。掲載したスクリプトはゲバラが書いた日記で、詳しくは↓のゲバラ伝のメキシコの章に詳しく書かれている。僕は原書から訳してみました。

エルネスト・チェ・ゲバラ伝〈上巻〉エルネスト・チェ・ゲバラ伝〈上巻〉
(2001/06)
パコ・イグナシオ タイボ2

商品詳細を見る


チェ・ゲバラ―フォト・バイオグラフィチェ・ゲバラ―フォト・バイオグラフィ
(2003/11)
イルダ バリオ、ギャレス ジェンキンズ 他

商品詳細を見る

↑では、カッコよくプロの方が意訳されています。

僕たちは、身体中
ヒロイズムにあふれていたが、
頂上にたどりつけなかった。
訓練で死ぬ覚悟はできていた。

(チェ・ゲバラ―フォト・バイオグラフィ(2003/11)62ページより)



僕が訳すと以下のようになった。
"hicimos derroche de heroísmo sin poder llegar a la cima, yo estaba dispuesto a dejar los huesos para llegar, pero un cubano que es mi compañero de ascensiones me asustó porque tenía los pies helados y tuvimos que bajar los cinco".
僕たちは頂上までたどりつけず、ヒロイズムを浪費した。僕は登頂のために骨を埋める覚悟だった。しかし、一人のキューバ人の同志の足が凍えていたことにびっくりし、僕たち5名は下山する羽目になった。

訳はともあれ、ゲバラがゲリラ訓練に対して本気で挑んでいたことが読み取れる。登山は一人でもヘコたれると、一緒に登山をしているひとまで道連れになり、下手をすれば共に命を落とすことになる。そういう意味では、軍事訓練にうってつけなんですね。

↓の動画はカストロさんの証言。
ゲバラについて、2003年、アルゼンチンのブエノスアイレス大学の法学部で演説したときの言葉より。
http://youtu.be/eHIXo62ctVI?t=1m26s←ここからポポ山の話に

Pero les voy a decir una de las características del Che
しかしあなた方にこれからお話しするのは、チェの性格の一部、
y una de las que yo más apreciaba, entre las muchas que apreciaba mucho:
私が高く買っていた彼の性格は数多くありましたが、その中の一部です。
él todos los fines de semana trataba de subir el Popocatépetl, un volcán que está en las inmediaciones de la capital.Preparaba su equipo ―es alta la montaña, es de nieves perpetuas―,iniciaba el ascenso, hacía un enorme esfuerzo y no llegaba a la cima. El asma obstaculizaba sus intentos.
彼は毎週末、首都の郊外にある火山、ポポカテペトル山に登ろうとしていました。彼は装備を固めてから上りはじめました―山は高くて、万年雪に覆われているほどのところでしたから―大変な努力をしていましたが、頂上にたどりつくことは出来ませんでした。ひどいぜん息が邪魔をしたのでした。
A la semana siguiente intentaba de nuevo subir el "Popo" ―como le decía él― y no llegaba;pero volvía a intentar de nuevo subir,y se habría pasado toda la vida intentando subir el Popocatépetl, aunque nunca alcanzara aquella cumbre (Aplausos y exclamaciones).
彼は次の週もまた、「ポポ」に ―彼はその山をそう呼んでいましたが、―登ろうとしてかないませんでした。それでもまた登ろうとしました。このままいけば、例え頂上に到達しなくても、一生ポポカテペトル登山を試み続けかねないほどでした。
Da idea de la voluntad, de la fortaleza espiritual, de su constancia, una de esas características.
このことが彼の意思、精神的強さ、粘り強さがいかばかりであったかを、彼の性格の一部がどんなものであったかを教えてくれます。


ぜんそくを患ったゲバラや、女性のイモト氏が険しい山を登られているのに、僕は登れる気がしません。。。。w
モーターサイクル・ダイアリーズでラテンアメリカの惨状を知ったゲバラは、直ちに革命家になろうと決意したわけではなかった。2度目のラテンアメリカ大陸放浪で、ゲバラが母へ宛てた手紙からは当時の葛藤が伝わってくる。
Vieja:
[…]
En Guatemala podría hacerme muy rico, pero con el rastrero procedimiento de revalidar el título, poner una clínica y dedicarme a la alergia (aquí está lleno de colegas del fuelle). Hacer eso sería lo más horrible traición a los dos yo que se me pelean dentro, el socialudo y el viajero. […]
グアテマラでも、試験を受けて資格を得て、開業しアレルギー医として専念すれば、卑しいやり方ですが裕福になることができます。でもそれでは、僕自身の内面で対立する僕を、社会主義者と旅人としての二人の僕を、裏切ることになるのです

fuente:Carta a la madre desde Guatemala (10 de mayo de 1954).
http://www.centroche.co.cu/cche/?q=node/455

南米各国の社会を蝕む不正、腐敗に対して憤る青年ゲバラ。彼に思想を与えたのは映画モーターサイクル・ダイアリーズでも描かれたDr.ウーゴ・ペシェとイルダ・ガデアさん。ペシェ博士はゲバラにペルーの思想家マリアテギの著作を勧め、イルダさんはゲバラにマルクスをはじめ多くの思想書を勧めともに議論した。イルダさんの著作は最近出版された邦訳(原書そのものは古いが)が興味深い。また気が向いたら感想を書こうと思う。

チェ・ゲバラと歩んだ人生チェ・ゲバラと歩んだ人生
(2011/11/09)
イルダ・ガデア

商品詳細を見る

今日BSで、「キューバ革命の立役者チェ・ゲバラはかつて医師でもあった。彼はなぜメスを捨て銃を取ったのか?」という観点からキューバ医療をテーマにした番組が放送されるようだ。というわけで、上記のテーマでブログを書いているわけだが。。。

旅のチカラ「医師ゲバラの夢を追う キューバ 作家 海堂尊」
キューバ革命の立役者チェ・ゲバラはもともと医師であった。ゲバラはなぜメスを捨て、銃を取ったのか? ゲバラの見果てぬ夢とはなんだったのか? 自らもかつて外科医として働き、現在は、ペンを武器に医療のあり方を問い続ける作家・海堂尊が、ゲバラの足跡を追う。さらに、ゲバラの思いを引き継ぎ、市民の医療を支える一人の医師と出会う。決して豊かではないキューバの医療の現場で、海堂が目にしたものとは?


以上が番組紹介。


ゲバラはなぜメスを捨て、銃を取ったのか?とは、なかなか惹きつけるテーマだが、たまたま最近僕が制作した自作動画で、同じテーマを扱ったものがある。

para ser médico revolucionario o para ser revolucionario, lo primero que hay que tener es revolución.
革新的な医師になるにせよ、革命家になるにしろ、まずやらなきゃらなないのは、革命である

と当時を振り返り、力説するチェ・ゲバラ。彼を革命へ誘ったのは何か?を感じ取ってもらえれば、制作者として冥利に尽きます。
Discurso en el acto de inauguración del curso de adoctrinamiento
organizado por el Ministerio de Salud Pública el 20 de agosto de 1960
公衆衛生省 研修過程開設式における演説

【追記】
上述のBSの番組を拝見。思ってた以上にゲバラに焦点が当てられていた。
ゲバラの日記やゲリラ戦術論からの引用そして、僕がこないだ作成した演説動画と同じ個所がなぜか「ゲバラの手記」という形で紹介されていた。日本語への翻訳は、人によって違うわけだが、どう考えても番組内で掲載されていたのは、61年の8月にゲバラが厚生省で行った演説の原文を訳したものに違いない。まぁ。。。そんな細かいつっこみをするのは、くだらないゲバラマニアの僕ぐらいなものだろうけど。
メルセデス・ベンツと聞けば、誰もが知る高級ブランドだが、アメリカでのプロモーション活動で大きなミスをやらかしてしまった模様。自社の新商品の革新性を伝えるために、ゲバラの有名な写真、「英雄的ゲリラ」のベレー帽の星を、自社のスリー・ポインテッド・スターに置き換えた。
スリー・ポインテッド・スター2
ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で披露されたようだ。ベンツのバックには「Viva la revolucion革命万歳」の文字とともにゲバラ。こうして見ると、ゲバラがダイムラーの広報担当者に対して憤っているような気がする。

日本語ではこのニュースは扱われていないが、英語の記事では“thoughtless” and “stupid” 「軽率で愚か」だと手厳しく批判されている。同情はするが、thoughtless” and “stupid”に違いないw
CESは世界に向けて、自社製品をPRする場とはいえ、チェ・ゲバラを憎むアメリカ合衆国で行われるショーだ。アメリカの消費者、とりわけこういう高級ブランドを買う余裕があるのはご年配者だろうが、そういった層はキューバ革命をリアルタイムで見て来た。そしてマイアミには多数の亡命キューバ人がいる。このような事態は事前に予想しておくべきだろう。
スリー・ポインテッド・スター
the Cuban American community, including two U.S. lawmakers, who described Guevara as a "sadistic serial killer" who murdered thousands of men, women and children.
酷い言われようっすね。。。亡命キューバ人はゲバラをこのように捉えてるんですね。。。次の文面も過激
"It's a pathetic apology," Florida Rep. Mario Diaz-Balart, a Republican, said in an interview with FoxNews.com. "He [Guevara] was a cold-blooded killing machine" who "talked about using an atomic bomb to kill all capitalists."
「資本主義者をすべて抹殺するために原爆を用いる」なんてゲバラは絶対に言っていない。これは非常に大きな誤解ですね。ゲバラはアメリカの帝国主義に対して闘争心を燃やしていた。だからといって資本家を殺すとか、ましてや関係のない弱者をそんな風にするはずがない。ゲバラに対する憎しみは、世代を超えて再生産されているのだろうか。
Mercedes' apology for use of Che Guevara photo to promote luxury cars does little to quiet outcry
http://www.foxnews.com/
↓はマイアミ・ヘラルド。
Use of Che Guevara photo in Mercedes-Benz presentation causes stir
http://www.miamiherald.com/
当時CIA諜報員でプラヤ・ヒロン侵攻を指揮し、ボリビアでゲバラと対峙したフェリックス・ロドリゲスFélix Rodríguezがコメントしている。彼は三台もベンツを所有しているそうだが、もう買わないし友達にも買わないように言いつけるそうだ。ご立派なご身分なことだ。
In a comment he posted, Rodriguez said: “I know who Che Guevara was and he was a criminal, a murderer and a person who hated the United States of America.”

He said he has owned three Mercedes-Benz cars and planned to replace his current Mercedes. But because of the campaign, he will buy from another company.

I’ll never buy a Mercedes-Benz again and I am telling my friends to do the same,” he said.

↑の動画では、ベンツがドイツの企業で、ヒットラーの時代にナチスへの協力を槍玉に非難している。

車の革新性を伝えるために、ゲバラの写真が用いられたわけだが、結果的に大失敗に終わったベンツ。去年のこの時期にも別の企業だが、CMにゲバラを用いて話題になっていた。
2011.01.23 車のCMにカストロさんが登場w!?

若者は「革命」というイメージに惹きつけられてゲバラを消費するが、大概の人がゲバラの成し遂げたことを知らない。上記の英字新聞のような記述は事実と甚だしくかけ離れているが、ゲバラがバティスタ独裁の悪漢の処刑を執行したことは事実。グアテマラ革命の二の舞を案じたゲバラは、不安要素を事前に摘み取った。勿論、裁判は行われている。

今回の失態はゲバラのイデオロギーを考えず、イメージを消費したしっぺ返しの典型例だろう。
ラテンアメリカの革命家、ボリーバルからゲバラまでが夢見た真の連帯機構設立に向けた会合がベネズエラで開かれた。以下時事通信社。

「中南米共同体」が誕生=域内33カ国、米国離れ象徴
【サンパウロ時事】メキシコ以南のすべての中南米諸国33カ国は2日、ベネズエラのカラカスで首脳会合を開き、33カ国でつくる「中南米カリブ海諸国共同体」(CELAC)を正式に発足させた。長らく「米国の裏庭」とやゆされた中南米で、米国を除く新たな地域機構が設立されたことで、米国の域内での求心力は一層低下しそうだ。
 米州には米国やカナダ、中南米の計35カ国が加盟する米州機構(OAS)があるが、米国の影響力が強大で、「中南米支配」の象徴とみられていた。中南米各国では反米左派政権が台頭し、経済発展などで自信を深める中、対米依存からの脱却を目指す新しい枠組みを求める声が強まっていた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011120300082
(2011/12/03-07:43)



この「中南米カリブ海諸国共同体」(CELAC)については、今年の7月にブログで紹介した。
2011.07.09 中南米で孤立するアメリカ合衆国~OEA(米州機構)からCELAC(中南米カリブ海諸国共同体)へ~
アメリカの求心力が落ちる中、ラテンアメリカ諸国が、連帯しようと努めている。連帯機構への期待は計り知れないほど大きいに違いない。似非連帯機構であるOASはキューバを除外した機構だが、これに取って代わることが出来るのだろうか。僕は実現の可能性は大きいと思う。かつて、ゲバラが三大陸連帯機構へ残したメッセージが思い出されたからだ。

En este continente se habla prácticamente una lengua, salvo el caso excepcional del Brasil, con cuyo pueblo los de habla hispana pueden entenderse, dada la similitud de ambos idiomas. Hay una identidad tan grande entre las clases de estos países que logran una identificación de tipo «internacional americano», mucho más completa que en otros continentes. Lengua, costumbres, religión, amo común, los unen. El grado y las formas de explotación son similares en sus efectos para explotadores y explotados de una buena parte de los países de nuestra América. Y la rebelión está madurando aceleradamente en ella.
この大陸では、一つの言語が話されているも同然だ。ブラジルという例外はあるにせよ、スペイン語を話す人々と(ポルトガル語を話す人々)は両国語が似ているので、互いに意思疎通が出来るからだ。これらの諸国のさまざまの階級間には、類似性があり、他の諸大陸と比べ、一種の完璧な「インターナショナルなアメリカ人」を成し遂げられるのだ。言語、習慣、宗教、共通の主が、この大陸を団結させている。
Mensaje a los pueblos del mundo
a través de la Tricontinental
abril 1967より

トリコンティネンタルといえば、ゲバラの有名なスローガン、
Crear dos, tres... muchos Vietnam, es la consigna
二つ、三つ・・・もっと多くのベトナムを作れ、これが合言葉だ。

という言葉をご存知の方も多いだろう。
21世紀の今日、かつて南米を覆っていた軍事独裁は崩壊し、ベトナムを作る必要性はなくなった。それでも連帯の必要性は高まっているに違いない。北アメリカに依存しない経済システムの構築は彼らの悲願だからだ。それでもひとつの地域が連帯することは容易ではない。でも上記のゲバラのメッセージにあるように、ラテンアメリカは一つの言語、価値観で統一されているのだ。(ブラジルのポルトガル語はスペイン語に似ているとよく言われている)この世界の大陸でラテンアメリカ以上に同質の文化が共存しているところがあるだろうか?
609px-Comunidad_de_Estados_Latinoamericanos_y_Caribeños

EUも言語こそばらばらだが、価値観は似通っている。それでも今日の金融危機が示すように連帯を維持することは難しい。一方、僕たちのアジアはどうだろうか?おそらく、この世界で一番、言語も価値観も宗教もバラバラでまとまり難いのではないだろうか。。。。そういう意味ではラテンアメリカが羨ましい。歴史上の観点からも、アジアでは大きな溝がある。例えば日本がこういった連帯機構を提唱すれば、諸外国はかつての共栄圏を想起し警戒するだろう。。

ラテンアメリカの連帯機構、CELAC「中南米カリブ海諸国共同体」もまだ模索段階。これからが正念場に違いない。彼らにはかつて、ゲバラが上記のメッセージの冒頭で引用した言葉を捧げたい。
Es la hora de los hornos y no se ha de ver más que la luz.
José Martí
いまや鍛錬の時、見つめるべきは光のみ
ホセ・マルティ