上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閉塞感漂う今日の世界。ニュースも暗い話題ばかり。そんな中、今日のニュースで報じられた福島の英雄に対するスペインの権威あるアストゥリアス賞授与。思わず¡Vivan los Héroes de Fukushima!と叫びたい衝動に駆られた。日本人としての誇りを感じる機会は少ないだけに清々しい想いだ。
La Fundación Príncipe de Asturias


“福島の英雄”スペインで授賞式
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、事態の収拾に取り組んだ作業員や日本の警察、消防、そして自衛隊の部隊に対して、ヨーロッパで権威ある賞として知られる「スペイン皇太子賞」が授与され、代表として受賞した東京消防庁の冨岡豊彦消防司令は「日本全国民に対してのものと確信します」と感謝の意を示しました。
授賞式はスペイン北部のオビエドで、21日、行われ、福島第一原発の事故の対応に当たった作業員、消防隊員、自衛隊員、それに警察官の中から5人の代表が出席しました。賞を選考するアストゥリアス皇太子財団は、命の危険を冒して原発の冷却作業や、住民の避難活動などに当たった「フクシマの英雄」だとして、日本の関係者をスペイン皇太子賞の共存共栄部門に選びました。代表の5人は、フェリペ皇太子から賞を直接授与されたあと、一人一人、皇太子と握手を交わしました。このあと、事故直後に冷却のため放水活動に当たった東京消防庁の冨岡豊彦消防司令が代表して挨拶し、「『フクシマの英雄たち』という称号を授かったことは、本日ここにいる受賞者のみならず、日本全国民に対してのものと確信します」と述べました。そのうえで、「受賞を機に心新たに国民の安全のために尽力していく覚悟です」と決意を示すとともにスペインに対し感謝の意を示しました。



祖国を護りたいという想い、一心で活動された警察官、自衛官、消防隊員の方々。一国の命運を背負い活動される姿に感動しました。僕がボランティアとして被災地支援に行こうと思ったのも彼らに触発されてのこと(もっとも、僕がやったことなんて、些細なことなんだけど)。放射能という見えない恐怖に果敢に立ち向かったフクシマの英雄の功績は、われわれ日本人としての誇りを呼び戻してくれたこと。この感動を無駄にするわけにはいかない。
スポンサーサイト
権力闘争に明け暮れる今日の政治屋。震災復興という大義があるにもかかわらず、意味のない論争が繰り返される毎日。この『大地と自由』という映画でも、1930年代後半のスペイン内戦時における、共和国政府の内部抗争が引き起こした悲劇を描いている。全世界を覆わんとするファシズムを打倒するという大儀があるにもかかわらず、1937年5月のバルセロナで、アナーキストのCNT、POUMと、ソ連のスターリン主義者らの間で内部紛争が起きてしまったのだ。。。
POUM_Obreros.jpg
Obreros(労働者よ)、勝利をつかみ取れ!
POUM(Partido Obrero de Unificación Marxista)はマルクス主義統一労働者党。有名なイギリス人作家、ジョージ・オーウェルも参加していた。
スペイン内戦を舞台をPOUMの側から描いた、ジョージ・オーウェルのカタロニア讃歌を読んで、最近スペイン内戦に興味を持ってます。この内戦はファシスタの勝利に終わり、悲劇の結末を迎えましたが、後にキューバ革命に大きな影響を与えました。

『大地と自由』(Land and Freedom)の製作に携わった国は、かつて主に内戦に関わった国々、スペインは勿論、イギリス、ドイツ、イタリア。この内戦の戦場では弾丸の他に、スペイン語だけでなく、英語、ドイツ語、ロシア語など様々な言語が飛び交い、まさにカオス状態w、『大地と自由』でも主人公が話す英語と、スペイン語が飛び交ってました。塹壕戦など戦場の描写も含め、オーウェルが描いたカタロニア讃歌の舞台の雰囲気がこの映画から伝わってきます。

ちょっと印象に残ったのは、主人公のデヴィッドが共産党員としての義務感からコミンテルン主導の国際旅団(International Brigade)に加わったことを知るや、激論になるシーン。激怒したブランかに対してデイビッドが呼びかける

D:Blanca...I came to Spain to fight for socialism,
to fight for the Republic!
And the best way I can think to do that is with the International Brigades.
And if,if what you're saying is true
then I'm sure there's good reason.There's an explanation of some sort.
B:Of course
And there is an explanation.It's called Stalinism!


革命を成就させるためには為には、時には自らの手を汚さなくてはならない。ファシスト打倒という大儀の下に。。。
しかし、ブランカは理解を示さずデイヴィッドの下を離れ、前線のPOUMのもとへ帰る。
結局、デイヴィッドも同胞を馬鹿にするコミュニストの輩に我慢できず、POUMに復帰する。

革命歌を歌いながら、勝利を信じて前線で勇敢に戦うが、彼らを待ち受けていたのは、スターリン主義者による粛清であった。。。。

内戦の中の内戦という愚かな事態を引き起こした、組織共同体のエゴ。ゲバラがボリビアで朽ち果てた敗因も、現地の共産党員との内部分裂であった。
いつの時代にも存在することではあるが、内部抗争の結末は悲惨なものだ。。
no-hay-pan-para-tanto-chorizo_mediano.jpg
No hay pan para tanto chorizo
のプラカードを持ってデモに参加するスペインの若者たち。
panは利益を意味し、chorizoはこの場合、あの酒のツマミのチョリーソではなく、ここではこそ泥の意。
辞書には、軽蔑の気持ちをこめ、たちの悪い男、恥知らずと書かれている。
利権にしがみつき、若者に職を与えないクソ政治家らへの怒りの気持ちが込められているように感じる。
クソッタレにくれてやるパンなンかねぇぞ!
といったところか。今の日本の政治家にも言ってやりたい言葉でもあるが。国の資産を蝕む輩はどこの国にもいるようだ。
1306009412_323114_1306014615_grande.jpg

マドリード(CNN) スペイン+の首都マドリードなどで21日、若者らが政治や経済の問題をめぐりデモを展開した。同国では22日の地方選挙投票日を前に、7日間連続でデモが続いている。

デモ主催者や同国内メディアによると、バルセロナでも大規模なデモが行われたほか、バレンシアや各地の小都市でもデモ隊が失業率が依然高水準にあることなどに抗議の声を上げ、参加者は計数万人に達したとみられる。

同国では選管当局が、投票日前日を「熟慮の日」と定め、デモや選挙運動を禁止する通達を出していた。最高裁は20日夜、この通達の取り消しを求める訴えを却下したが、デモは決行された。

ルバルカバ副首相兼内相は20日、記者団との会見で「法の順守」を強調する一方、デモ鎮圧に警察は出動させない方針を示した。選挙では与党の苦戦が予想され、政府はこれ以上の事態悪化を避けたい意向とみられる。

マドリード中心部のプエルタデルソル広場には21日、デモ隊が「熟慮中なのでじゃまをしないで」などと書いたプラカードを掲げた。参加者は若者を中心に子ども連れの家族や高齢者まで幅広く、それぞれが雇用への不安などを口にした。同国の失業率はユーロ圏最悪の21%に及び、特に15―24歳の年齢層では42%に上っている。

同広場には連日のデモに対応する形で一大テント街が形成され、調理場やプラカード製作コーナー、広報コーナー、さらには子どもの保育施設まで登場した。デモ隊は選挙終了後も抗議行動を続ける構えを示している。



エル・パイス紙に若者たちのメッセージが掲載されていた
http://www.elpais.com./fotogaleria/espana/Polaroids/23acampadasol/elpgal/20110521elpepunac_2/Zes/
世界中を震撼させる地震。今度はスペインの南東部のロルカで地震が起き、El pais紙によれば8名の死者、167名の負傷者(うち3名が重傷)の被害が出た。


【マドリード】スペイン南東部で11日、地震の規模を示すマグニチュード(M)が4.4と5.2の地震が連続して発生し、少なくとも10人が死亡、建物や史跡に大きな被害が出た。

 震源はムルシア州ロルカ近郊と推定されている。この地震により、地元の電話回線が不通となった。サパテロ首相が軍隊に緊急出動を命じたほか、ルバルカバ副首相が12日に現地に赴き、被害状況を確認する見通しだ。

 スペインで地震が発生することはまれで、耐震構造の建物はほとんどない。 

 スペイン国営テレビの生中継によると、ロルカでは教会の正面から石やれんがの大きな塊が崩れ落ちている。住民たちは公共の場に集まり、心配そうに地震の様子を話し合ったり、携帯電話で親族や友人と連絡を取ったりしていた。 

 米地質調査所(USGS)国立地震情報センターの地震学者ジョン・ベリーニ氏によると、2番目に起きた大きい方の地震のマグニチュードは暫定で5.2、震源はマドリードから南南東に350キロメートル離れた場所だった。AP通信が伝えた。震源の深さは約10キロメートル。その前に発生したM4.4の地震も同じ場所で発生した。 

 同氏はM5.2の地震について、中程度の大きさで、比較的古い建物やれんが造りの建造物が構造的な被害を受ける可能性があると指摘した。
 

 USGSの地震学者ジュリー・ダットン氏がAP通信に語ったところによると、地震はユーラシアプレートとアフリカプレートが接する地中海海底の大きな断層に近い、地震活動が活発なエリアで発生した。 

 USGSによれば、このエリアでは1990年以降、何百回もの小さな地震が観測されている。
ウォール・ストリート・ジャーナル




Miles de vecinos de Lorca pasan la noche al raso tras el terremoto
数千人のロルカの住民、震災後、屋外で一晩を過ごす
http://www.elpais.com
Al menos ocho muertos y tres heridos muy graves. - Los lorquinos duermen en la calle ante el temor a nuevas réplicas.
少なくとも8名が死亡、3名が重傷。
-ロルカの人たちは余震を恐れ、路上で眠る。


エル・パイスで掲載されている写真を見る限り被害は深刻だ。。。
fotogaleria/Terremoto/Lorca

震源地のロルカ
pro_photo1305145845.jpg


大きな地図で見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。