キューバ危機の最中、ゲバラはどこで何をしていたのだろうか?

10月22日にケネディがホワイト・ハウスのオーバル・オフィス(Oval Office)から行った演説によって、キューバ中が臨戦態勢に入った。グアンタナモ基地がある東部はラウル・カストロに任され、サンタクララがある中部はフアン・アルメイダさんが指揮をとられた。そして、東部のピナール・デル・リオ州、ここはソ連の戦略ミサイル基地が置かれ、もし侵攻が始まればこの地域を巡って激しい攻防戦が繰り広げられることが予想されたが、このキューバ危機の最前線にはチェ・ゲバラに任された。

東部は上述の事情から、全兵力の半数が割かれ、とりわけ精鋭部隊が受け持っていた。当時、キューバの軍隊は10万5000人で成り立っていたが、有事の際はその三倍、40万以上に膨れる。革命にあまり興味がない人たちも、祖国の主権が脅かされていることをケネディの演説で知り、進んで銃を取り民兵の士気も高かった。

ケネディの演説の2日前の10月20日、ちょうど50年前の今日、ゲバラは青年組織の記念集会に参加し、演説のラストであの有名な名言をのこした。
Y si se nos dijera que somos casi unos románticos, que somos unos idealistas inveterados, que estamos pensando en cosas imposibles, y que no se puede lograr de la masa de un pueblo el que sea casi un arquetipo humano, nosotros tenemos que contestar, una y mil veces que sí, que sí se puede
もし、われわれのことを夢想家だとか、救いがたい理想主義者だとか、不可能なことを考えているとか、人民大衆の中から理想的な人間を輩出することが出来ないと言われるとすれば、われわれは何度でも答えなければならない。その通りだ、それは可能であるのだ。と


この集会の音声は公開されている個所とそうでない所がある。この箇所はいまのところ映画「チェ、新しい人間」のラストシーンでしか聞けない。上述の名言はUJC(青年共産主義者同盟)で言われた言葉だが、次世代のキューバを担っていく人たちに相応しい言葉だろう。「新しい人間」の名称が入れられたドキュメンタリーのラストを飾るにも相応しい。

↑は演説の後半箇所のほんの一部。もしフル音声を発見された方は教えてください!

この集会の冒頭の箇所は音声が公開されているので、1年ほど前に訳している。

La Unión de Jóvenes Comunistas tiene que definirse con una sola palabra: vanguardia. Ustedes, compañeros, deben ser la vanguardia de todos los movimientos. Los primeros en estar dispuestos para los sacrificios que la Revolución demande, cualquiera que sea la índole de esos sacrificios. Los primeros en el trabajo. Los primeros en el estudio.Los primeros en la defensa del país.
青年共産主義者同盟は、 "前衛" というたった一つの言葉で規定されなければならない。きみたち、同志諸君は、あらゆる運動の前衛でなければならない。革命が犠牲求める場合、真っ先に犠牲にならなければならない。たとえそれが、どのようなものであってもだ。労働においても真っ先に、学習においても、祖国防衛においても先頭に立って犠牲にならねばならない

UJC.jpg
↑でゲバラが机上に座って演説しいている写真が確認出来る。まわりの幹部より一歩、若者たちに近づいているような印象を与える、これも一種の前衛と言うべきだろうかw
UJCの記章の両サイドにはキューバとソ連の国旗が掲げられている。当時は4万名以上、ソ連から密かにキューバへ防衛のために集っていたので、会場にはソ連出身の青年もいたのかもしれない。共産主義については研究の埒外だが、この演説は一般青年にも通じることを言っている箇所、例えば組織の重要性についても説いているので、また別の記事で取り上げたい。

ゲバラは演説の後、労働者の前衛として繊維工場へ向かった。
¿Qué debe ser un joven comunista?
20 de octubre de 1962
Discurso en la conmemoración del segundo aniversario de la integración de las organizaciones juveniles.

そして上述のケネディの演説により、自分の担当地域、すなわちキューバ危機の最前線へと向かった。祖国防衛の前衛として。コマンダンテ・チェ・ゲバラはソ連のミサイル基地をサンディエゴ川沿いに北東へ15キロへ進んだ位置にあるポルタレス洞窟に身を潜め、北の帝国主義者が侵攻すればいつでも迎撃できるよう、西部軍総司令官としての務めを果たした。
Fuente: Parque Nacional La Güira wiki travel
Portales3 - コピー
西部総司令部が置かれた、ポルターレス洞窟。近くに弾頭を搭載した巡航ミサイルが何十基もあった。
スポンサーサイト
モーターサイクル・ダイアリーズでラテンアメリカの惨状を知ったゲバラは、直ちに革命家になろうと決意したわけではなかった。2度目のラテンアメリカ大陸放浪で、ゲバラが母へ宛てた手紙からは当時の葛藤が伝わってくる。
Vieja:
[…]
En Guatemala podría hacerme muy rico, pero con el rastrero procedimiento de revalidar el título, poner una clínica y dedicarme a la alergia (aquí está lleno de colegas del fuelle). Hacer eso sería lo más horrible traición a los dos yo que se me pelean dentro, el socialudo y el viajero. […]
グアテマラでも、試験を受けて資格を得て、開業しアレルギー医として専念すれば、卑しいやり方ですが裕福になることができます。でもそれでは、僕自身の内面で対立する僕を、社会主義者と旅人としての二人の僕を、裏切ることになるのです

fuente:Carta a la madre desde Guatemala (10 de mayo de 1954).
http://www.centroche.co.cu/cche/?q=node/455

南米各国の社会を蝕む不正、腐敗に対して憤る青年ゲバラ。彼に思想を与えたのは映画モーターサイクル・ダイアリーズでも描かれたDr.ウーゴ・ペシェとイルダ・ガデアさん。ペシェ博士はゲバラにペルーの思想家マリアテギの著作を勧め、イルダさんはゲバラにマルクスをはじめ多くの思想書を勧めともに議論した。イルダさんの著作は最近出版された邦訳(原書そのものは古いが)が興味深い。また気が向いたら感想を書こうと思う。

チェ・ゲバラと歩んだ人生チェ・ゲバラと歩んだ人生
(2011/11/09)
イルダ・ガデア

商品詳細を見る

今日BSで、「キューバ革命の立役者チェ・ゲバラはかつて医師でもあった。彼はなぜメスを捨て銃を取ったのか?」という観点からキューバ医療をテーマにした番組が放送されるようだ。というわけで、上記のテーマでブログを書いているわけだが。。。

旅のチカラ「医師ゲバラの夢を追う キューバ 作家 海堂尊」
キューバ革命の立役者チェ・ゲバラはもともと医師であった。ゲバラはなぜメスを捨て、銃を取ったのか? ゲバラの見果てぬ夢とはなんだったのか? 自らもかつて外科医として働き、現在は、ペンを武器に医療のあり方を問い続ける作家・海堂尊が、ゲバラの足跡を追う。さらに、ゲバラの思いを引き継ぎ、市民の医療を支える一人の医師と出会う。決して豊かではないキューバの医療の現場で、海堂が目にしたものとは?


以上が番組紹介。


ゲバラはなぜメスを捨て、銃を取ったのか?とは、なかなか惹きつけるテーマだが、たまたま最近僕が制作した自作動画で、同じテーマを扱ったものがある。

para ser médico revolucionario o para ser revolucionario, lo primero que hay que tener es revolución.
革新的な医師になるにせよ、革命家になるにしろ、まずやらなきゃらなないのは、革命である

と当時を振り返り、力説するチェ・ゲバラ。彼を革命へ誘ったのは何か?を感じ取ってもらえれば、制作者として冥利に尽きます。
Discurso en el acto de inauguración del curso de adoctrinamiento
organizado por el Ministerio de Salud Pública el 20 de agosto de 1960
公衆衛生省 研修過程開設式における演説

【追記】
上述のBSの番組を拝見。思ってた以上にゲバラに焦点が当てられていた。
ゲバラの日記やゲリラ戦術論からの引用そして、僕がこないだ作成した演説動画と同じ個所がなぜか「ゲバラの手記」という形で紹介されていた。日本語への翻訳は、人によって違うわけだが、どう考えても番組内で掲載されていたのは、61年の8月にゲバラが厚生省で行った演説の原文を訳したものに違いない。まぁ。。。そんな細かいつっこみをするのは、くだらないゲバラマニアの僕ぐらいなものだろうけど。
メルセデス・ベンツと聞けば、誰もが知る高級ブランドだが、アメリカでのプロモーション活動で大きなミスをやらかしてしまった模様。自社の新商品の革新性を伝えるために、ゲバラの有名な写真、「英雄的ゲリラ」のベレー帽の星を、自社のスリー・ポインテッド・スターに置き換えた。
スリー・ポインテッド・スター2
ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で披露されたようだ。ベンツのバックには「Viva la revolucion革命万歳」の文字とともにゲバラ。こうして見ると、ゲバラがダイムラーの広報担当者に対して憤っているような気がする。

日本語ではこのニュースは扱われていないが、英語の記事では“thoughtless” and “stupid” 「軽率で愚か」だと手厳しく批判されている。同情はするが、thoughtless” and “stupid”に違いないw
CESは世界に向けて、自社製品をPRする場とはいえ、チェ・ゲバラを憎むアメリカ合衆国で行われるショーだ。アメリカの消費者、とりわけこういう高級ブランドを買う余裕があるのはご年配者だろうが、そういった層はキューバ革命をリアルタイムで見て来た。そしてマイアミには多数の亡命キューバ人がいる。このような事態は事前に予想しておくべきだろう。
スリー・ポインテッド・スター
the Cuban American community, including two U.S. lawmakers, who described Guevara as a "sadistic serial killer" who murdered thousands of men, women and children.
酷い言われようっすね。。。亡命キューバ人はゲバラをこのように捉えてるんですね。。。次の文面も過激
"It's a pathetic apology," Florida Rep. Mario Diaz-Balart, a Republican, said in an interview with FoxNews.com. "He [Guevara] was a cold-blooded killing machine" who "talked about using an atomic bomb to kill all capitalists."
「資本主義者をすべて抹殺するために原爆を用いる」なんてゲバラは絶対に言っていない。これは非常に大きな誤解ですね。ゲバラはアメリカの帝国主義に対して闘争心を燃やしていた。だからといって資本家を殺すとか、ましてや関係のない弱者をそんな風にするはずがない。ゲバラに対する憎しみは、世代を超えて再生産されているのだろうか。
Mercedes' apology for use of Che Guevara photo to promote luxury cars does little to quiet outcry
http://www.foxnews.com/
↓はマイアミ・ヘラルド。
Use of Che Guevara photo in Mercedes-Benz presentation causes stir
http://www.miamiherald.com/
当時CIA諜報員でプラヤ・ヒロン侵攻を指揮し、ボリビアでゲバラと対峙したフェリックス・ロドリゲスFélix Rodríguezがコメントしている。彼は三台もベンツを所有しているそうだが、もう買わないし友達にも買わないように言いつけるそうだ。ご立派なご身分なことだ。
In a comment he posted, Rodriguez said: “I know who Che Guevara was and he was a criminal, a murderer and a person who hated the United States of America.”

He said he has owned three Mercedes-Benz cars and planned to replace his current Mercedes. But because of the campaign, he will buy from another company.

I’ll never buy a Mercedes-Benz again and I am telling my friends to do the same,” he said.

↑の動画では、ベンツがドイツの企業で、ヒットラーの時代にナチスへの協力を槍玉に非難している。

車の革新性を伝えるために、ゲバラの写真が用いられたわけだが、結果的に大失敗に終わったベンツ。去年のこの時期にも別の企業だが、CMにゲバラを用いて話題になっていた。
2011.01.23 車のCMにカストロさんが登場w!?

若者は「革命」というイメージに惹きつけられてゲバラを消費するが、大概の人がゲバラの成し遂げたことを知らない。上記の英字新聞のような記述は事実と甚だしくかけ離れているが、ゲバラがバティスタ独裁の悪漢の処刑を執行したことは事実。グアテマラ革命の二の舞を案じたゲバラは、不安要素を事前に摘み取った。勿論、裁判は行われている。

今回の失態はゲバラのイデオロギーを考えず、イメージを消費したしっぺ返しの典型例だろう。
たまたまLa Pastera Museo del Cheという、アルゼンチンのゲバラ博物館を運営しているHPで、日本の新聞記事が掲載されているのを発見した。
la pastera
発見してからずいぶん日にちが経ちましたが、まだ記事は健在のようです。
http://www.lapastera.org.ar/spip.php?article636
スペイン語で紹介されていますが、↑のページ内のPDFから閲覧可能。
キューバといえばラム酒、砂糖、美しいビーチ、そして葉巻。先日、いかにもキューバらしいニュースがNHKで報じられた。以下、NHKより。

キューバ 81メートルの葉巻
世界有数の葉巻の産地として知られるキューバで、葉巻職人の男性が81メートルを超える長さの葉巻を作り上げ、ギネス世界記録に認定されました。
これは、キューバ特産の葉巻を世界の人たちに知ってもらうおうと、葉巻作りの職人、ホセ・カステラルさん(67)が取り組んできたものです。カステラルさんは、重さ90キロのタバコの葉を使って、数人の従業員とともに、毎日、工場で数時間かけて葉巻を巻き上げ、ことし5月、これまで自身が持っていたギネス世界記録の43メートルを大幅に上回る81メートルを超える長さの葉巻を完成させました。カステラルさんは24日、首都ハバナで行われた授賞式で、ギネス世界記録の本を出版するイギリスの出版社の代表から記録の証明書を受け取りました。カステラルさんは「世界で最もすばらしい葉巻があるキューバで、生きているかぎり新しい記録に挑戦していきたい」と話していました。カステラルさんは過去に4度、ギネス世界記録の認定を受けていますが、作り上げた葉巻は、あまりにも長すぎるために実際に吸うことができず、工場に併設された飲食店でケースに入れて飾られているということです。キューバの葉巻は、年間輸出額が日本円にしておよそ400億円に上り、主要な輸出品の一つとなっています。



BBC Mundoでは、長い葉巻を職人さんが真剣に巻かれている様子が報じられている。
El habano más largo del mundo sigue siendo cubano
http://www.bbc.co.uk/mundo/noticias/2011/11/111125_video_cuba_puro_record_az.shtml
http://youtu.be/Wf7LHNfFoaQ

長い葉巻といえば、ゲバラの面白いエピソードが思い出される。ゲバラはよく葉巻を旨そうに吸いながら写真に納まっていたりするが、一日に何本も吸うほど葉巻が大好きだったようだ。シエラ・マエストラで葉巻を嗜み始めて以来、病み付きになったのはカストロさんも同じだろう。1959年、バティスタ打倒後も革命政府内での激務をこなしていかなければならない彼らにとって、葉巻によるリラックス効果は欠かせないものだったのだろう。(僕自身、葉巻を一度も吸ったことがないので、具体的にどういう心の安らぎ作用があるのか分からない。ただ、↓のようなゲバラの笑顔を見ていると、葉巻を吸っている時間は至福のときなんだなぁって感じられる
x001 (2)
しかし、革命達成後、そんのような至福のひと時までも、奪われかねない事態に、ゲバラは見舞われた。革命達成直後、激務のせいでゲバラは相当顔色が悪くなってしまい、カストロさんに別荘地での療養を強いられる。仕方なくゲバラは療養中、執務室で葉巻をふかしていると、健康を心配したゲバラの奥さんが葉巻を取り上げたのだ。

怒ったゲバラと口論にまでなり、主治医との相談の末、一日一本だけということで落ち着いた。それでもゲバラは我慢できなかったのだろう。あくる日、同志の一人が執務室に訪れると、ゲバラが50センチの葉巻を旨そうに吸っていたそうだw驚いた同志に対してゲバラは次のように応えたそうだ。
No te preocupes por los médicos,yo estoy cumpliendo con mi palabra"un tabaco al día ni más ni menos"
医者の件の心配は無用だよ、「一日一本」という約束は守ってるんだから。


Ernesto Guevara, tambien conocido como el Che / Ernesto Guevara, Also Known as CheErnesto Guevara, tambien conocido como el Che / Ernesto Guevara, Also Known as Che
(2010/11/23)
Paco Ignacio, II Taibo

商品詳細を見る

↑の第24章El largo enero del 59より
革命達成直後の当時は、時間だけでなく、葉巻も長かったんですねw

ギネスに登録された81メートルの葉巻の長さは、ゲバラを十分満足させることだろう。