上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまから10年前、2002年4月11日、チャベスを政権の座から追い出すためのクーデターが勃発した。あたりまえのようにCIAが裏から手をまわしていた。歯に衣を着せぬ表現で、ブッシュを非難していたチャベス大統領。自身が先住民族とメスティーソ、白人の血が混ざっていることを誇らしく語り、民衆のためになる改革を行われていた。その根底にはあの偉大なラテンアメリカの解放者、ボリーバルの思想がある。

CubaDebateにはこのクーデターについての本が10周年を記念して出版されることが報じられていた。それとともに、あのクーデターの際、カストロさんがチャベス大統領を励ましていた一連のやりとりが掲載されていた。
La llamada de Fidel a Chávez el 12 de abril de 2002
下記は自前の意訳だが、下記のインタビュー集のラテンアメリカの章にも詳しい経緯が掲載されている。
邦訳も出ている。

Fidel Castro: Biografia a dos voces/ Biography of Two VoicesFidel Castro: Biografia a dos voces/ Biography of Two Voices
(2008/11/06)
Ignacio Ramonet

商品詳細を見る


フィデル・カストロ――みずから語る革命家人生(下)フィデル・カストロ――みずから語る革命家人生(下)
(2011/02/04)
イグナシオ・ラモネ、フィデル・カストロ

商品詳細を見る

¡Están dispuestos a morir todos aquí! -responde Chávez con énfasis y emoción.
「私たちは皆、死ぬ覚悟であります!」チャベスは感情と力を込め答えた。
-Yo lo sé, pero creo que puedo pensar con más serenidad que lo que puedes tú en este momento -le añade Fidel sin perder un segundo, mientras Chávez lo escucha concentrado en cada palabra-.
「わかっている。だが、今は私のほうが君よりも冷静に考える事が出来るのだ。」チャベスが一心に聞き入っている間に、フィデルは間髪入れずに言い足した。
No renuncies, exige condiciones honorables y garantizadas para que no seas víctima de una felonía, porque pienso que debes preservarte.
「あきらめるな。誉れある条件を打ち出し、裏切り者の犠牲にならないための保障を確保するのだ。きみは自身の身を守るべきだからだ。
Además, tienes un deber con tus compañeros. ¡No te inmoles!
さらに、きみには同志たちへの責務がある。きみが犠牲になってはならない!」


クーデターではデモ参加者がスナイパーの犠牲になった。BBCがアニメでクーデターを再現して報道している。
スポンサーサイト
ラテンアメリカで最も注目されるトリオが、7月23日ハバナで会っていたことがCubaDebateの記事より明らかになった。
En fotos: Fidel, Chávez y Maradona en La Habana (+ Video)
fidel-chavez-maradona-580x386.jpg
拳で友情を確かめ合うマラドーナ監督とチャベス大統領。
マッチョな二人を仲介するのはコマンダンテ・フィデル・カストロ
maradona-y-fidel-chavez-1-580x386.jpg
カストロさんも元気そうで何よりです。
以下、朝日新聞の記事

チャベス大統領、キューバから電撃帰国 「がん治った
キューバでがんの治療を受けていたベネズエラのチャベス大統領が23日夜、予告なしに帰国した。国営テレビは、国際空港に到着した飛行機から元気な様子でタラップを下り、出迎えた閣僚らに笑顔であいさつするチャベス氏の様子を伝えた。

 チャベス氏は「ちょうど1週間前、今より元気になって帰ってくると約束したが、その通り帰ってきた」と語った。1週間の化学療法の後、検査をした結果、悪性細胞は見つからなかったとしている。

 ハバナで治療していた間、エクアドルのコレア大統領やニカラグアのオルテガ大統領らが見舞いに訪れた。22日には友人でアルゼンチンのサッカー元代表監督マラドーナ氏も訪れたという。(ハバナ=平山亜理)




健康が第一っすね。
昨日、ビジネス展望を聞いていたら、中南米の話題が出てきた。語り手は、僕の尊敬する寺島実郎さん。
7月8日 NHK『ラジオあさいちばん』
『急速に変わるアメリカの立ち位置』 寺島実郎

アメリカの東海岸への出張され、アメリカの取り巻く空気の変化を感じ取られた寺島さん。
中東におけるプレゼンスを失くしつつあるアメリカ。中南米においても影響力を失いつつあることを指摘された。

以下は、上記リンクからも聴ける、寺島さんが中南米に言及した箇所。

 

日本は中南米にあまり目を向ける機会は少ないんですけど、実はラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体といいましてね、俗にLACと言われているのですが、33カ国が参加して共同体が出来ようとしているんですね。どういう意味かといいますとね、今まで中南米はワシントンにあるOASという米州機構がですね、つまりアメリカが束ねる形となって、同じくワシントンにある米州開発銀行なんかがね、中南米を掌握していたといってもいいんですね。
 ところがアメリカとかカナダを抜きにね、ラテンアメリカとカリブ海の国々が共同体を作ると、アメリカが主導する中南米というイメージが大きく変わろうとしている。ちょうど冷戦が終わる前後、89年にアメリカは、米州自由貿易協定なんかをもちあげて、中南米の自由貿易協定を作ろうとした。やはりアメリカが主導していくのが中南米だったわけですね。そして、アメリカにとって喉元に突き刺さった骨ともいえるキューバという国がですね、カストロのキューバが存在しているわけで、キューバ封じ込めというのをアメリカは一生懸命やってきたわけなんですけど、話がひっくり返ってきて、現在キューバを承認していないのは中南米でアメリカだけという状況になってしまったわけですね。で逆にアメリカがですね、中南米の中から孤立してしまうという状況になってしまって、つまりアメリカが束ねる中南米という構図が変わってきていると言うことは間違いないんですね。



いやはや勉強になります。
第三回ラテンアメリカ・カリブ首脳会議が、7月5日にベネズエラの保養地、マルガリータ島で、チャベス大統領が主催することになっていたんですが、残念ながら延期になってしまった。CELAC実現の一歩と期待されただけに残念ですね。実は7月5日は特別な意味合いがあった。200年前の1811年7月5日、ベネズエラ自治政府が独立宣言を行ったからだ。

Comunidad de Estados Latinoamericanos y Caribeños略してCelac。インチキなOASからラテンアメリカ諸国は脱却し、Celac構想を実現するのは彼らの悲願といえる。ラテンアメリカ諸国は、シモン・ボリーバルら解放者が唱えた精神を再び取り戻すことが出来るのだろうか。今こそ鎖を断ち切る時だろう。

米州機構(Organization of American States、スペイン語ではOrganización de los Estados Americanos)に対してフィデルやゲバラらは反発し続けてきた。アメリカの中南米を支配するツールであるOEAから1962年にキューバは除名されている。その発端となったのが、今から50年前のプンタ・デル・エステ(ウルグアイ)でのCIES会議でゲバラが行った演説。
Discurso en la reunión del Consejo Interamericano Económico y Social (CIES) celebrada en Punta del Este. Ernesto Guevara. 8 de agosto de 1961

演説の締めの部分のゲバラの生の声が聞けますね。また8月11日ごろに紹介しようと思います。

また、OEAへの反発の演説は、自作字幕動画ですが、↓のゲバラの演説でも聴けます。

Ustedes vieron hace pocos días al gobierno de Chile, que había votado en contra de la OEA, por una presión de los Estados Unidos o tal vez por una maniobra política interna, en definitiva a pesar de que tenía una actitud jurídica correcta, pero era un gobierno de la burguesía, rompió con nosotros. Se une también, pues, al bloqueo decretado por el imperialismo.
諸君もご存知のように、いままでOEA(米州機構)に反対投票をしていたチリ政府は、数日前アメリカ合衆国の圧力か、恐らく内部の政治的な策略によって、チリ政府は正しい民主的な姿勢をとっていたにもかかわらず、チリはブルジョワジーによる政府であるが、我々との国交を断絶した。
いまや、チリは帝国主義が指示する封鎖に加わっている。
Y así puede suceder esto con uno u otro país. Entonces nosotros tenemos que tener una base muy sólida nuestra que nos permita aprovechar al máximo el comercio mundial, pero nunca depender de él; es decir, que nos permita, por ejemplo, tener relaciones con todos los países con los cuales tenemos relaciones ahora, y aumentarlas,
同じようなことが他の諸国でも起こっている。したがって、我々は世界中で貿易を最大限に利用することは許されるが、かといって依存しきることのない、極めて強固な基盤を持たねばならない。例えば我々は、あらゆる諸国と国交を持ち、すでに国交を持っている国々とは一層、親交を深めることになるだろう。
持病のため緊急手術を受けるために、キューバに滞在していたチャベス大統領は28日にカストロさんと会談された。
encuentro-fidel-castro-hugo-chavez4.jpg
共にグランマを読む二人。世界が揺れているだけに、国際情勢からは目が離せませんね。
フィデルが政治の舞台から降り、頼もしいリーダーがいなくなったキューバベネズエラも同様にチャベスの後を継ぐリーダーがいない問題に悩まされている。国内では電力不足が発生しているそうだ。どうやら中南米の両国の事情は、日本の現状と共通するところがあるらしい。

しかし、彼らを取り巻く状況はわが日本より深刻だ。キューバでは、長年、社会主義体制を持続させてきただけに、市場経済への移行には警戒感が依然残っているようだ。

長年、山積してきた問題を解決しなければならないことは、先の第6回共産党大会で確認された。今後、キューバで起こり得るシナリオとは?資本主義に移行するかどうかはキューバ国民自身が、決めることだろう。

以下は、朝日新聞の今日のネット版記事。

重病説のチャベス氏の映像放送 カストロ前議長と会話
2011年6月30日10時23分
重病説が流れている反米左派のベネズエラチャベス大統領のビデオ映像が29日、キューバの国営テレビで放送された。キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長と笑顔で会話をする音声付きの映像で、健在をアピールする狙いとみられる。

 ハバナからの情報によると映像は25分ほど。2人ともスポーツ着姿で、思い出話をしたり、28日付の新聞を一緒に読んだりする様子を写している。

 一方で、地元メディアによると、ベネズエラ当局は29日、来月5日に同国内で開催予定だったラテンアメリカ・カリブ首脳会議を、チャベス氏の健康状態を理由に延期したと発表した。



encuentro-fidel-castro-hugo-chavez5.jpg
映像はCubaDebateでも公開されています。
Imágenes del encuentro de Fidel y Chávez (Video + Fotos)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。