上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チリ9・11が起こってから、今年で38年目を迎える。

アジェンデ大統領は、チリの虐げられてきた労働者達の希望の星であった。世界最大の銅埋蔵量を誇るチリだが、アメリカ企業に利益を搾取され続けてきたのだった。

Venceremos, venceremos
ベンセレ~モス、ベンセレーモス
con Allende en septiembre a vencer
アジェンデと共に9月に勝利する
venceremos, venceremos
ベンセレ~モス、ベンセレーモス
la Unidad Popular al poder
団結した人民なら勝利し得る
salvador-allende-chile-34.jpg


70年の9月に勝利したアジェンデは、わずか3年後にクーデターによってなぎ倒されたのだった。
アジェンデの国有化は、チリにとって耐え難くなっていた搾取の事態に終止符を打つはずだったのだが。

Últimas palabras de Salvador Allende en "Radio Magallanes".
サルバドール・アジェンデの最期の演説 マガジャネス・ラジオ

Santiago de Chile, 11 September 1973, 9:10 A.M.
サンティアゴ・デ・チレ 1978年 午前9時10分

Amigos míos:
我が友よ

Seguramente esta es la última oportunidad en que me pueda dirigir a ustedes. La Fuerza Aérea ha bombardeado las torres de Radio Portales y Radio Corporación.
恐らくこれがあなた達に話しかける、最後の機会となるでしょう。空軍は、ポルタレス放送とコルポラシオン放送の放送塔を爆撃しました。
Mis palabras no tienen amargura, sino decepción, y serán ellas el castigo moral para los que han traicionado el juramento que hicieron... soldados de Chile, comandantes en jefe titulares, el almirante Merino que se ha autodesignado, más el señor Mendoza, general rastrero ... que sólo ayer manifestara su fidelidad y lealtad al gobierno, también se ha nominado director general de Carabineros.
私は辛くはありませんが、失望しています。私の言葉は、宣誓に背いた者たちへの道徳的な罰となるでしょう・・・チリの兵士たち、コマンダンテの階位を持つ者達、自ら任官したメリノ提督、卑劣なメンドーサ将軍・・・彼らは昨日、政府に対して忠誠を誓ったばかりなのです。国境警備隊員を指揮する将軍も、任命されたばかりなのです。
Ante estos hechos, sólo me cabe decirle a los trabajadores: ¡Yo no voy a renunciar! Colocado en un tránsito histórico, pagaré con mi vida la lealtad del pueblo. Y les digo que tengo la certeza de que la semilla que entregáramos a la conciencia digna de miles y miles de chilenos, no podrá ser segada definitivamente.
このような事態を目前にして、私はこれだけは労働者達に言うことが出来ます。私は決して辞任しない!と。私を支持してくれた人達に、自らの命を以って報うために、この歴史的なひと時に身を委ねましょう。そして私は以下のことを告げたい。多くのチリ人の誇り高い良心に私達が蒔いた種は、決して摘み取られることはない、と私が確信していることを。
Tienen la fuerza, podrán avasallarnos, pero no se detienen los procesos sociales ni con el crimen... ni con la fuerza. La historia es nuestra y la hacen los pueblos.奴等の力は強大であり、私達を屈服させることでしょう。しかし、犯罪行為であろうと・・・力であろうと、社会の歩みを押しとどめることはできません。歴史は私達のものであり、歴史は人民が築くものなのです。

(...)
salvador-allende-chile-fidel-castro-6.jpg
アジェンデ大統領とカストロさん

Seguramente Radio Magallanes será callada y el metal tranquilo de mi voz no llegará a ustedes. No importa, lo seguirán oyendo. Siempre estaré junto a ustedes. Por lo menos, mi recuerdo será el de un hombre digno que fue leal a la lealtad de los trabajadores
.恐らく、マガジェネス・ラジオはもう制圧されて私の音声は、あなた達に届いていないのでしょう。そんなことはどうでもいい、あなた達は耳を傾け続けていることでしょう。私は、どんな時でもあなた達と共にいます。せめて私は、誠実な労働者達に忠実であった人物として、人々の記憶に残るでしょう。
El pueblo debe defenderse, pero no sacrificarse. El pueblo no debe dejarse arrasar ni acribillar, pero tampoco puede humillarse.
人民は身を護らなくてはならない。そして、犠牲になってはならない。人民は蜂の巣にされて、なぎ倒されたままになって、屈服してはいけません。
Trabajadores de mi patria: tengo fe en Chile y su destino. Superarán otros hombres este momento gris y amargo, donde la traición pretende imponerse. Sigan ustedes sabiendo que, mucho más temprano que tarde, de nuevo abrirán las grandes alamedas por donde pase el hombre libre para construir una sociedad mejor.私の祖国の労働者達よ。私はチリを、チリの運命を信じています。私に続く人達が、反逆を企てる者達が支配する、陰湿で辛い時代を乗り越えていくでしょう。やがて再び大道が開かれ、自由になった人々が、より良き社会の建設を目指して歩む日が来るでしょう。
¡Viva Chile! ¡Viva el pueblo! ¡Vivan los trabajadores!
ビバ、チレ!ビバ、プエブロ!ビヴァン、トラバハドーレス!
Éstas son mis últimas palabras y tengo la certeza de que mi sacrificio no será en vano. Tengo la certeza de que, por lo menos, habrá una lección moral que castigará la felonía, la cobardía y la traición.これが、私の最後の言葉です。私は確信しています。私の犠牲は無駄ではないことを。少なくとも、裏切り、卑劣、背信を断罪する裁きになることを。
cf
2010.09.12 9月11日はチリ・クーデターの日Golpe de Estado Chileno 11 de septiembre de 1973
スポンサーサイト
明日は9月11日ということもあってか、昨夜からチリ・クーデターを扱った小説を読んでいた。僕らの世代だと、9月11日といえば、アメリカの11 September 2001を想起する。一方、もっと上の世代の方はチリの11 de Septiembre 1973を想い起こされるのだろう。図書館で借りてきた大石直紀さんの「サンチャゴに降る雨」は2000年に出版された小説だが、貸し出し記録を見てみると、書庫に埋もれるまで毎月貸し出されていた。

サンチャゴに降る雨サンチャゴに降る雨
(2000/11)
大石 直紀

商品詳細を見る

冒頭では、架空の登場人物である日本人の安井豊とビオレタ・アレスが、チリの首都サンティアゴのモネダ宮殿に向けて車を走らせている。そこから28年遡って、1973年9月11日のラジオ放送から物語の幕は開ける。「サンチャゴに雨が降っています」

この小説はフィクションと史実を巧みに交錯させ、また日本の政治家の汚職問題を扱っている点や、チリ女性の力強さを描いている点において、以前読んだ五木寛之さんの 「戒厳令の夜」と重なる。登場する政治家は架空の人物だが、新自由主義者の中曽根元首相などチリの独裁者ピノチェトを支持していた日本の政治家は少なくない。五木さんの小説は、73年のチリ・クーデターで物語りは終結するが、大石さんのこの著作では11 de Septiembre 1973からストーリーが展開される。アウグスト・ピノチェトやリカルド・ラゴスら実在の人物と、架空の登場人物が交錯するストーリーを通じて、チリ・クーデーターやその後の民主化運動を理解できる一助になり得る小説でもあると思う。

少しネタばれになるが、この小説では2001年9月に、南米の利権を貪る日本の右翼政治家を後ろ盾に力をつけた将校が、クーデター未遂を起こす。冷戦構造が崩れ、軍事独裁者の存在意義が失われた21世紀の幕開け。チリでのクーデターを通じて左傾化する南米を再び軍事政権時代に逆行させようと企てる筋書きだ。この小説は2000年に出版され、著者は未来のことについて小説のストーリーを書かれた。もっともこれはフィクションに過ぎずクーデター未遂事件など2001年9月のチリで起こらなかった。しかし代わりに、世界情勢を大きく変えた俗に言う11 Septemberがアメリカのニューヨークで起きてしまった。その後、日本では新自由主義者の小泉元首相が力で世界を支配するブッシュ大統領のイラク侵攻を支持、21世紀はテロとの闘いの世紀となった。

20世紀はイデオロギーが対立した世紀。1973年のチリ・クーデターから何万人もの規模のチリ人がイデオロギー闘争の犠牲となった。今日の21世紀は昔のようにアカ狩りはなくなったにせよ、また新たなキナ臭い闘争が起こっている。この小説は2つの9・11の狭間が描かれている。

表紙に書かれているスペイン語の副題La lluvia que moja Santiagoは、直訳すれば「サンティアゴを湿らせる雨」といったところだろうか。軍事独裁の時代は終焉を迎えたチリ。73年9月11日にサンティアゴ・デ・チレで降った雨は、未だにチリ国民の記憶の中に浸み込んでいる。
先月のアレイダ・ゲバラさんの公演で同席した人に紹介して頂いた本を読んでみました。バイクとゲバラ、そしてラテンアメリカ好きなら読むっきゃないっすね!

遥かなるゲバラの大地遥かなるゲバラの大地
(2006/06/29)
戸井 十月

商品詳細を見る

前から気になっていた本ではあったけど、まだ手に取ったことがなかった戸井さんの本。

ツーリングの楽しみの一つは、旅先のトラブルだったりする。国内のツーリングだったらトラブルといっても知れているけど、南米一周となると話は違ってくる。戸井さんが走破されたルートは、パタゴニアの氷原から、アマゾンの密林、アンデス。ツーリング計画が壮大なだけに、厄介事も至難極る事だろう。読者は冒頭の、走破ルート地図を見た瞬間そう感じるはずだ。この戸井さんの著書は、そのような読者の期待を裏切らない。

この著書のもう一つの魅力は、南米のマイナーな側面も垣間見ることが出来ることだろうか。ギニア、スリナム、ガイアナなんて国を走行ルートに入れられているとは、なんともマニアックだ。普通の観光客があまり行かなそうなところを楽しめるのも、ツーリングの醍醐味。南米大陸というミステリー溢れる大陸でのバイクの旅先で、書き残されている戸井さんの記述には興味をそそられた。といっても、ぞっとするような側面も描かれている。人の肉に卵を植え付けるアマゾンの肉蝿などの存在には正直ゾッとさせられたwでも南米ではこんな蝿ごとき、まだまだ序の口なのだろう。

僕もいつか南米大陸をバイクで旅したいなぁと感じさせられつつも、やっぱり無理だろうなwと思う。旅の費用がない以前に、僕には戸井さんのような度量がない。それでも、人間味溢れるラテン圏の大陸を旅することは憧れる。僕はせいぜいイベリア半島を一周するぐらいが相場だろうか。

北か南か、アメリカ大陸をバイクでツーリングするとしたら、大抵の人が北を選ぶのだろうか。南米は、得体の知れない生物が生息し、疫病、窃盗、悪路など厄介ごとが多々待ち受けている。それに対して、北米は先進国だし滅多なことはないだろう。でも、僕は同じアメリカ大陸をツーリングするなら南米を旅してみたい。あくまで憧れではあるが。
戸井さんの、この著書では人間味溢れる笑みを浮かべた現地の人々の写真が掲載されている。そう、旅の最大魅力は戸井さんも書かれていることだけど、人との出会いなんですね。北米のドライな気質の国ではなく、そのような大陸をバイクで走ってみたいものだ。

カストロさん、ゲバラらが中心となって起こしたキューバ革命の魅力も、この人間味溢れる点にあるのではないかと思う。カストロさんもよく、キューバ革命の特徴はヒューマニズムだと言われている。そして革命後のキューバはラテンアメリカの中でも一番ヒューマニズムを体現した国ではないだろうか。でも、元をただせば、彼らラテン圏の住民は経済力より人間味を大切にする気質なのだろう。戸井さんの旅のレポを読んでいるとそんなことを感じさせられた。

心の奥底ではヒューマニズムを大切にしつつも、経済発展も同時に果たしていかなければならないラテンアメリカ。戸井さんの最終目的地、ゲバラの死地バジェ・グランデもいまは観光地として栄えている。ゲバラのことをより多くの人が興味を持って、現地を訪れることは良いことではあると思うけど、一方で静かな村をそっとしてあげた方がいいのではないかとも感じる。ゲバラが眠る大地は今後どのように変遷していくのだろうか。
最近の国内外の情勢の変化を追うために、昨日は空いた時間に国際交流センターで新聞を読んで過ごしていた。このセンターではニューヨークタイムズなど英字新聞から日本のローカル紙まで約1週間分の新聞をただで閲覧できる。
ニューヨークタイムズとかの記事は、このブログでもちょっと紹介しましたが、電子版で観る事ができる。でもやっぱり紙媒体のほうが、読みやすいですね。

それはさておき、昨日、ローカル紙の国際面にカストロさんについての記事が掲載されていた。顔写真を見て、おっ!なんだろ!?って思ったら、なンだ。。。また第一書記を引退するかどうかという件の記事だった。
去年の11月にも、ハバナ大学の学生とカストロさんが話していた時の発言から、上記の進退問題がマスコミに取り出さされていた。
cfカストロさん、党トップを辞任? ”私は理念のために戦う一兵卒に過ぎないYO SOY UN SOLDADO DE LAS IDEAS”

今回、マスコミが取り上げたのは、カストロさんのいつもの考察Reflexiones de Fidel
以下では自前の下手な意訳で、今回取り上げられた部分を訳してみました。
ちなみに英語版の記事はここ:My Shoes are too Tight
Reflex Fidel2

Los zapaticos me aprietan

22 MARZO 2011
Mientras los reactores siniestrados despiden humo radiactivo en Japón, y aviones de monstruosa estampa y submarinos nucleares lanzan mortíferas cargas teledirigidas sobre Libia, un país norteafricano del Tercer Mundo con apenas seis millones de habitantes, Barack Obama le hacía a los chilenos un cuento parecido a los que yo escuchaba cuando tenía 4 años: “Los zapaticos me aprietan, las medias me dan calor; y el besito que me diste, lo llevo en el corazón”.
日本では、被害を受けた原子炉から放射能に汚染された煙が噴出し、北アフリカのわずか600万人足らずの第三世界国のリビアに向けては、容赦のない航空機と原潜が狙いを定めている。そんな時にバラク・オバマは、私が4才の時にでも聞いたような、戯言を長々とチリ人に向かって話していた。「僕の靴はとっても窮屈で、僕の靴下はとっても暖かいよ、僕は君が送ってくれたキスを心の中に抱き続けるお」(上手く訳せてません;が多分こんなニュアンス)

Algunos de sus oyentes quedaron pasmados en aquel “Centro Cultural” en Santiago de Chile.
サンティアゴ・デ・チレの文化センターの聴衆のなかには、彼の演説に呆れた人もいた。

Cuando el Presidente miró ansioso al público tras mencionar a la pérfida Cuba, esperando una explosión de aplausos, hubo un glacial silencio. A sus espaldas, ¡ah, dichosa casualidad!, entre las demás banderas latinoamericanas, estaba exactamente la de Cuba.
満場の喝采を期待して、いかがわしいキューバについて言及した後に、大統領は心配そうに聴衆に向けて視線を送ったが、そこにあったのは、凍りついた沈黙だけだった。彼の真後ろには、なんと、偶然の一致でしょうか!ラテンアメリカ中の国旗が並ぶ中、気が利いたようにキューバの国旗がそこにあったのです。

Si se volteaba un segundo sobre su hombro derecho habría visto, como una sombra, el símbolo de la Revolución en la Isla rebelde que su poderoso país quiso, pero no pudo destruir.
もし彼が少しでも振り向けば、彼の右肩越しには、まるで革命のシンボルが影のように見えただろう。強大な国が打倒を望んできたが、果たせなかった反逆の島のシンボルが。



確かに、偶然かそれとも図ってか、オバマ大統領の真後ろにはキューバの国旗が掲げられていたw
以下は、マスメディアに取り上げられた文面

Me sentí aludido en sus palabras.
私は彼に言及されたと感じた。
Presté, efectivamente, mis servicios a la Revolución durante mucho tiempo, pero nunca eludí riesgos ni violé principios constitucionales, ideológicos o éticos; lamento no haber dispuesto de más salud para seguir sirviéndola.
実際、長い歳月を私は革命に尽くしてきたが、危険から逃れたりせず、憲法上もイデオロギーにおいても、道義上においても、自身の信条を曲げてこなかった。私は良好の健康を保つことが出来ず、革命に従事することが出来なくなったことについては後悔しているが。

Renuncié sin vacilación a todos mis cargos estatales y políticos, incluso al de Primer Secretario del Partido, cuando enfermé y nunca intenté ejercerlos después de la Proclama del 31 de julio de 2006, ni cuando recuperé parcialmente mi salud más de un año después, aunque todos continuaban titulándome afectuosamente de esa forma.
私は病気になったとき、迷わず、第一書記を含むすべての権威と政治上の地位を辞職した。2006年7月31日の公示の後は、1年後、一時的に様態が回復した時でさえ、一切役職の権威を行使してこなかった。みんな引き続き、親しみを込めてこれまでの肩書き(第一書記)で呼びかけてくれたにもかかわらず。

Pero sigo y seguiré siendo como prometí: un soldado de las ideas, mientras pueda pensar o respirar.
しかし、私は約束したように、思考し、息の根がある限りは、これからも”理念のために闘う一兵卒”であり続けつだろう。



僕は正直言って、第一書記がどうこういう問題はあまり興味がない。このブログの題名で「カストロとゲバラに憧れ」なんて無垢なことを書いているが、僕はカストロさんの群を抜いた指導力、思考力に惹かれているだけなのだ。自らの信条を50年以上堅持してきた指導者が他にいるだろうか?僕は昭和の末期生まれだが、僕と同じ時系列に生きている政治家でカストロさんほど、カリスマを兼ね備えた政治家は他に知らない。日本の政治家なんかは足元にも及ばないだろう。

彼のように国際的視野を持ち、現在の情勢を論じ続ける人は希少な存在だ。共産主義に興味のない僕にとっては、カストロさんが第一書記の地位を辞職するかどうかなんて大した問題ではない。むしろ政治から離れることによって、執筆活動に集中することができるのではないかと期待したりする。だが、キューバ国民から愛され続けているカストロさんは、第一書記の座から離れることすら許されない。北の隣国が過酷な経済制裁やテロ行為を仕掛けてくる限りは。

いずれにしても、カストロさんの進退問題はキューバ国内の問題であって、来月の党大会を通じてキューバ国民が決めることだ。部外者である他国のものが口出しすることではない。
それなのにオバマ大統領は21日のチリの演説で、キューバの政治について非難している。
For Immediate Release March 21, 2011
Remarks by President Obama on Latin America in Santiago, Chile
Palacio de La Moneda Cultural Center, Santiago, Chile


↑の動画はキューバについての部分はキャスターが話していて途切れるが以下のようにオバマは演説している。

Let’s never waver in our support for the rights of people to determine their own future -- and, yes, that includes the people of Cuba. Since taking office, I’ve announced the most significant changes to my nation’s policy towards Cuba in decades. I’ve made it possible for Cuban Americans to visit and support their families in Cuba. We’re allowing Americans to send remittances that bring some economic hope for people across Cuba, as well as more independence from Cuban authorities.

Going forward, we’ll continue to seek ways to increase the independence of the Cuban people, who I believe are entitled to the same freedom and liberty as everyone else in this hemisphere. I will make this effort to try to break out of this history that’s now lasted for longer than I’ve been alive.

But Cuban authorities must take some meaningful actions to respect the basic rights of their own people -- not because the United States insists upon it, but because the people of Cuba deserve it, no less than the people of the United States or Chile or Brazil or any other country deserve it.


好き勝手なことを言ってますね。
もはやチリの演説では前の記事で紹介したブラジルのときのように拍手喝采はない。ニヤニヤしているのはピニェラ統領だけ。オバマ大統領が望むラテンアメリカは所詮、ピニュラのような富豪の腹を肥やすことでしかない。彼はチリに対して、TPPの促進、「対等なパートナー」を強調したが、これは貿易を通じた新たな搾取形態に他ならない。
結局は「進歩のための同盟」を呼びかけたケネディの時となんら変わってないのだ。所詮、同じ穴の狢でしかない。

早くもカストロさんはLas verdaderas intenciones de la “Alianza Igualitaria”対等なパートナーシップの真意
という考察記事を書かれている。これからも、ラテンアメリカをそして世界に向けた欧米の帝国主義政策を阻止するために、世界に向けてネット上でメッセージを発信し続けてほしい。”理念のために闘う一兵卒”として、あと20年は頑張ってもらいたい。
昨日紹介したリティン監督のドキュメンタリーの製作過程を記した、ガルシア・マルケスのルポタージュが面白い。
岩波書店の編集部のおすすめのコラムで紹介されています。
特に印象に残ったのが第3章の残った人々も同じだった- También los que se quedaron son exiliadosのひとコマ。
リティン監督が夢中になってサンティアゴで撮影を続けている中で、鐘が鳴り響く....以下は後藤さんの訳より引用

戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 黄版 359)

los carillones de la Catedral soltaron al aire las notas de la canción más conmovedora de Violeta Parra: Gracias a la Vida. Era más de lo que podía soportar. Pensé en Violeta, pensé en sus hambres y sus noches sin techo de París,
大聖堂の鐘がビオレータ・パラの「グラシャス・ア・ラ・ビーダ」というあのもっとも感動的な歌の調べを空に響かせ始めた。とても耐えられなかった。私はビオレータのことを思った。かの女の飢えと、泊まる家もないパリの夜のことを思った。
(...)
Hasta los carabineros la escuchaban con devoción sin la menor idea de quién era ella, ni qué pensaba, ni por qué cantaba en vez de llorar, ni cuánto los hubiera detestado a ellos si hubiera estado allí padeciendo el milagro de aquel otoño espléndido.
国家警備隊員までがじっと歌に耳を傾けている。ビオレータとはどのような人物であり、何を考えていたのか、なぜ泣かないで歌を歌ったのか、もしここにいて、このすばらしい秋の、この奇跡を目にしたら、どんなに彼らを憎んだことか、などということにはまったく思い及ばずに....。


↓この動画はビオレータさんのGracias a la Vida。心に響く歌声ですが、悲しそうでもあります....


先日、このこのブログのコメントでdesparadaさんから、ビオレータのGracias a la Vidaを紹介してもらった。Gracias a la Vidaはさまざまな歌手によって歌われ続けてきていて、最近では震災復興の際に歌われた。
歌詞だけを聴けば失恋の歌かなぁって初めて聴いたときに思ったんですが、ビオレータさ肉声を↑の動画で聴くと歌われた背景を想い起こさせられる。。。。9・11以降、亡命して祖国を離れていたリティン監督が、昔のことを想い起こさせられたのも無理もないことだろう。

過去の思い出を取り戻したくなって、リティン監督は昔、昼食を共にした仲間が通う食堂に向かう。しかし、ウルグアイのビジネスマンに変装したリティン監督は、昔の仲間に気づいてもらえることはなかった。。。

Sólo en aquel momento tuve conciencia de cuán largos y devastadores eran los años del exilio. Y no sólo para los que nos fuimos, como lo creía hasta entonces,
sino también para ellos: los que se quedaron.
私はこの時、亡命の日々がいかに長く、また破壊的であったかを思い知らされた。それは私たち亡命者ばかりではなく、チリにとどまった人々にとっても同じだったのである。


9・11からの10年後、戒厳令下のチリで撮影されたドキュメンタリー。リティン監督を始め、多くのチリの人々が失ったものは計り知れない。それだけに、リティン監督が昨日のドキュメンタリー制作に情熱を注いでいた気持ちが伝わってくる。

もうひとつの9・11が起こり、チリの9.11は次第に忘れ去られていきそうだ。それでもビオレータさんのGracias a la Vidaは力強く歌われ続けていく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。