上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 チェ・ゲバラに捧げられた歌や詩は数多く、すべてこのブログで紹介することは出来ないが、機会があれば紹介したい。世界情勢が混沌とし、世界中で大きな変化が起ころうとしている今日、キューバの詩人エリセオ・ディエゴさん(Eliseo Diego)のDonde nunca jamás se lo imaginanを下記に掲載します。ゲバラに捧げられた詩の中で、僕が一番好きな詩です。

 Hoy nos dicen
Que estás muerto de veras, que te tienen
Al fin donde querían
君が本当に死んだと今日、聞いた
ついに敵の手に落ちたと

 Se equivocan
Más que nosotros figurándose
Que eres un torso de absoluto mármol
Quieto en la historia, donde todos
Puedan hallarte.
彼らも間違っている
君が歴史の中に落ち着き、
大理石の胸像となって
皆が見に行けると

 Cuando tú
No fuiste nunca sino el fuego,
Sino la luz, el aire,
Sino la libertad americana
Soplando donde quiere, donde nunca
Jamás se lo imaginan, Che Guevara
だが君は炎であり光であり、風だったのだ
どこにでも吹く
アメリカの自由の風
神出鬼没の自由な風
チェ・ゲバラ

今年はスペインでのデモに続き、アメリカでも若者たちが社会の不正に対して立ち上がり、デモを行っている。グローバル化の下で加速する新自由主義経済は、持てる者と持たざる者を生み出し、格差広げている。アメリカでは前者が1パーセント、残りの後者はリーマンショックの余波と、ヨーロッパから発した金融危機による大不況の中、苦境に立たされているのだ。

昨日のNHK海外ニュースで、上記の問題が特集され、フランスの元レジスタンスのステファーヌ ヘッセル(Stéphane Hessel)さんの著作「憤りなさい」Indignez-Vous!が紹介されていた。この本は、スペインでデモが起きていた時に、彼らに影響を与えた本ということで、僕は知ったんだけど日本ではまだまだ知られていないようだ。翻訳も早くても今年の12月だそうだ。

Indignez-Vous!Indignez-Vous!
(2010/10/21)
Stephane Hessel

商品詳細を見る

↑はフランス語の原書。↓の英語だったら読めるけど、図書館には置いてないなぁ。。

Time for Outrage!Time for Outrage!
(2011/08)
Stephane Hessel

商品詳細を見る


いつの時代でも、社会の不正に対して「憤る」ことは重要なことに違いない。ヘッセルさんは、若いときにフランスを占領したナチスと戦うためにレジスタンスとして立ち上がった(いやはやレジスタンスというとカッコイイっすね)。
カストロさんもまた、バティスタという残虐な独裁者の倒し、暴政に終止符を打った。ゲバラはラテンアメリカを、搾取構造から救うためにキューバ革命後もボリビアで闘った。彼らの原動力は、不正に対する「憤り」だろう。

日本の社会構造もまた、不正で溢れている。祖国を担うだけの度量を持たない、インチキな政治家、官僚。個人主義がのさばり、むしろ持て囃されている。マスコミは国民に余計なことを考えさせないように、ひたすら無駄な番組を制作し、ニュースも肝心なことを伝えない。3・11という戦後史上最悪の事態に見舞われても、日本の腐った社会構造は本質的には何も変わろうとしていないのだ。

日本の若者は、とても大人しいと言われる。確かに「草食男子」とかいう造語が生まれるぐらい、僕らの世代は内向き思考になっている人が多いのは事実であろう。僕の知り合いにも、AKBという女の子に夢中になっている人が多いwまぁそれだけ平和ってことなンだろうけど。かくいう僕も、AKBに夢中というわけではないが、反原発デモに参加したりするような性分ではない。デモなんかしてもも、所詮何も変わらないだろうと、冷めたような考えの持ち主だ。そんな僕でも、不正な社会に対して「憤る」気持ちは持ち続けていこうと思う。不正に対して立ち上がることは、我々若い世代が担うべき責務だろう。

チェ・ゲバラの神出鬼没の風は、混沌とした今日の世界で自由に吹き抜けている。彼の肉体は44年前に消滅したが、肉体を失って自由になった彼の魂は、不正がまかり通っている社会で風となって吹き続けることだろう。

スポンサーサイト
no-hay-pan-para-tanto-chorizo_mediano.jpg
No hay pan para tanto chorizo
のプラカードを持ってデモに参加するスペインの若者たち。
panは利益を意味し、chorizoはこの場合、あの酒のツマミのチョリーソではなく、ここではこそ泥の意。
辞書には、軽蔑の気持ちをこめ、たちの悪い男、恥知らずと書かれている。
利権にしがみつき、若者に職を与えないクソ政治家らへの怒りの気持ちが込められているように感じる。
クソッタレにくれてやるパンなンかねぇぞ!
といったところか。今の日本の政治家にも言ってやりたい言葉でもあるが。国の資産を蝕む輩はどこの国にもいるようだ。
1306009412_323114_1306014615_grande.jpg

マドリード(CNN) スペイン+の首都マドリードなどで21日、若者らが政治や経済の問題をめぐりデモを展開した。同国では22日の地方選挙投票日を前に、7日間連続でデモが続いている。

デモ主催者や同国内メディアによると、バルセロナでも大規模なデモが行われたほか、バレンシアや各地の小都市でもデモ隊が失業率が依然高水準にあることなどに抗議の声を上げ、参加者は計数万人に達したとみられる。

同国では選管当局が、投票日前日を「熟慮の日」と定め、デモや選挙運動を禁止する通達を出していた。最高裁は20日夜、この通達の取り消しを求める訴えを却下したが、デモは決行された。

ルバルカバ副首相兼内相は20日、記者団との会見で「法の順守」を強調する一方、デモ鎮圧に警察は出動させない方針を示した。選挙では与党の苦戦が予想され、政府はこれ以上の事態悪化を避けたい意向とみられる。

マドリード中心部のプエルタデルソル広場には21日、デモ隊が「熟慮中なのでじゃまをしないで」などと書いたプラカードを掲げた。参加者は若者を中心に子ども連れの家族や高齢者まで幅広く、それぞれが雇用への不安などを口にした。同国の失業率はユーロ圏最悪の21%に及び、特に15―24歳の年齢層では42%に上っている。

同広場には連日のデモに対応する形で一大テント街が形成され、調理場やプラカード製作コーナー、広報コーナー、さらには子どもの保育施設まで登場した。デモ隊は選挙終了後も抗議行動を続ける構えを示している。



エル・パイス紙に若者たちのメッセージが掲載されていた
http://www.elpais.com./fotogaleria/espana/Polaroids/23acampadasol/elpgal/20110521elpepunac_2/Zes/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。