去年の秋、邦訳が出版されたナオミ・クライン氏の「ショック・ドクトリン」を手に入れました。第一章「ショック博士の拷問室-ユーイン・キャメロン、CIA,そして人間の心を消去し、作り変えるための狂気じみた探究-では、CIAが冷戦期に実施してきた拷問技術がどのように考案されたかが描写されていた。拷問の本を読むつもりはなかったので、生々しい記述にちょっと閉口させられつつ、カストロさんの元愛人マリータさんの著書が思い出された。

ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴くショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く
(2011/09/09)
ナオミ・クライン

商品詳細を見る


諜報員マリータ諜報員マリータ
(1997/07)
マリータ ローレンツ、テッド シュワルツ 他

商品詳細を見る

簡単にストーリーを述べると、このマリータさんは西ドイツの豪華客船の船長である父とともに革命直後のハバナに寄港した際、カストロさんと出会い2人のあいだに恋が芽生える。結婚にまでは至らなかったが、愛人、秘書としてカストロさんに付き添い、幸せな生活が続いた。そしてマリータさんはカストロさんの子供をお腹に授かった。幸せな生活もつかの間、マリータさんが出産される直前、CIAの刺客によって拉致され強制的に出産させられる。あまりに乱暴なやり口だったのでマリータさんの命が危ぶまれたが、カミーロ・シエンフエゴスの手当てにより、一命を取り留められる。しかしカストロさんとの間に授かった子供の姿はなかった。

自らの子供を奪われ、ショック状態に陥ったマリータさんにCIAが接触し、アメリカでいわゆるマインド・コントロールを行った。マリータさんは薬漬けにされ、子供を奪ったのはカストロだ、君はレイプされたのだなど吹き込まれる。そして彼女は、亡命キューバ人による反カストロのテロ工作員へと育成されたのだった。仲間内で冷たいドイツ人(Alemana fría)と呼ばれるまでになった。こうして、彼女に暗殺指令が与えられた。「かつての愛人であったフィデル・カストロを暗殺し、汚名を晴らせ」と。。。

この本は、どこまで真実なのか分からないが、仮にフィクションだったとしても中々興味深い読み物だ。少なくともCIAによる洗脳の描写は本当のことだろうと僕は思う。

しかし、ショックを与えるだけでヒトはいとも簡単に洗脳されるのか?マインド・コントロールのもう一つの秘訣は、孤独常態下に陥れ、愛情攻勢に出ることにある。神経が衰弱したマリータさんのもとに、アレックスという名のFBI捜査官が接触し、彼の誠実さにマリータさんは心を開く。敬虔なカトリック教徒でもあったアレックスは声高に主張した
「共産主義は神を否定する悪なのだ。カストロは反キリストだ。人殺しは間違っているが、ときには、神にとって有害な人物を殺すことなら神は許してくださる。フィデルを殺すことなら神は許してくださる。フィデルを暗殺することは神の名において正当化できる」と

洗脳するという目的とは別に、おそらくこのFBI捜査官は本気でそのようなことを考えていたのだろう。まるで中世の異端諮問官のようだが、ローマ法王が聞かれたら卒倒されることだろう。なにもカトリック教会が悪いのではない、悪いのは教会を利用していたCIAのほうだ。アレックスというFBI捜査官もまた洗脳されていたのだ。そして彼は、上述のカストロ暗殺指令が与えられ、ハバナへ向かうマリータさんを見送った。「神と祖国のために」と念を押しながら。

ここからストーリーはドラマチックな展開になる。ここでは端的述べるが、カストロさんの部屋に愛人として戻ったマリータさんは、計画を見破られる。
「やつらは私を殺すためにおまえを送り込んできたのか?」と
虚をつかれ戸惑うマリータさんにカストロさんは、自分の45口径拳銃を彼女に差し出した
「私を撃てるのか、マリータ?」
銃を構えるマリータさんの前で、カストロさんは目をつぶり葉巻を吸いながら平然としていた。
「わたしは、殺すことができない」
カストロさんは彼女を抱きしめながら悲しげに応えられた。
「だれもできないんだ、マリータ、だれもわたしを殺すことは出来ない。おまえの心の痛みがわからないとでも思っているのか?」

ショック・ドクトリンという拷問の教科書は、一時的に対象を洗脳することは出来ても、やはり本質的にはヒトを変える事が出来ないのだろう。赤ちゃんを誘拐し、マリータさんに強烈なショックを与え、洗脳し、カストロ暗殺に利用したCIA。しかしショック・ドクトリンの弾丸は、カストロさの言う、「モラルの防弾チョッキ」を貫くことは出来ないことが証明するに終わった。



スポンサーサイト
ピースボートが3月1日の午後にハバナへ寄港し、770名の日本人と10名の被爆者の方がカストロさんと会談された。
6945463805_e9bcf75a6d_b.jpg
っよ日本一!って声をかけたくなりますね

カストロさんがピースボートの御一行と会談されるのは今回が二回目となる。
2010年国際平和デーには折鶴と風鈴がプレゼントされた。↓cf
2010.09.23 カストロさん、日本の被爆者の声を聞くFidel con los integrantes del Crucero por la Paz

↓は2010年時のピースボートHPのレポート
フィデル・カストロ前議長とピースボート参加者700名が面会
――第70回ピースボート「地球一周の船旅」


Fidel Castro: “Estamos obligados a ganar la batalla por la sobrevivencia” (+ Fotos)


ピースボートの代表を務められている吉岡達也さんが、兵器のない世界を志向する趣旨で企画されたようだ。前回と同様、法被を用意するなど演出にも趣向が凝らされていますね。中東非化を志向される吉岡氏。キューバ危機を体験したキューバと、被爆経験のある日本はこれからも原子力に対する闘いで親交を深めていけるといいですね!
fidel-con-integrantes-del-crucero-por-la-paz9-580x386.jpg
↓は2010年の時の動画。動画後半で、「わたしはカストロさんのファンです」と言われて嬉しそうな顔をするカストロさんがいいっすねw

↓は雑音が入っているが、上記で述べた中東で起こり得る戦争についてカストロさんが述べられているところ。


今年はキューバ危機から50年目の節目。また来週でフクシマ嘆かわしい事故から1年を迎える。
ブログとフェイスブックで、余力がある限り、原子力の問題について書いていこうと思う。
こないだ開かれたカリブ共同体(CARICOM)の会議について、朝日で面白い切り口からの記事が掲載されていた。
以下、朝日
http://www.asahi.com/international/update/1212/TKY201112120541.html

カストロ氏「将来の議長は英語で演説を」 後継者に言及
キューバのラウル・カストロ国家評議会議長が、トリニダード・トバゴで開かれた会議で「恐らく近い将来、キューバを代表する議長は英語で演説ができるだろう」などと語った。後継者の具体像に初めて言及した。反米の国とはいえ、英語の必要性は認めた。

 ジャマイカやドミニカなどから成るカリブ共同体・共同市場(カリコム)で8日、演説した。共産党機関紙「グランマ」や地元メディアなどによると、「私はもう無理だが、次の人は英語で演説しないといけない。アイ・スピーク・イングリッシュ・ベリー・ベリー・バッド(私は英語がとても下手だ)」などと話した。

 カリコムの多くの国は英語が公用語。ラウル議長は「カリブの人間は、スペイン語も英語も話せるべきだ」と説明し、「北の隣人(米国)へ近づくためにではない。それなら、まったくしゃべれない方がましだ」と語った。



Cubadebateにも掲載されています。
Raúl Castro: “CARICOM y Cuba continuarán su camino de integración efectiva” (+ Audio, Video y Fotos)
ラウル氏の演説が掲載されています。
En un futuro, tal vez cercano, el Presidente que en ese caso represente a mi país podrá hacerlo en inglés: I speak english very very bad (Risas).
「近い将来、我が国を代表する議長(大統領とも訳せるが?)はイングリッシュが出来るようになるだろう。」
そして、ラウル氏は英語で上記のように言われた
I speak english very very bad(Risas).
「私の英語は、ほんとうに、本当に駄目なんです(笑)」

僕も駄目なンっすよ~、アッハハ。こないだ受けた英検の会話試験、かろうじて合格はしたものの、ギリカツだった。何故かアティチュード(態度)の項目が最低点だったw次は準一級受けるんだけど、先が思いやられる。。。

一方、兄貴のフィデル・カストロさんは英語がかつては、達者だった。

↑は、「現政権にはコミュニストが多いと,ある上院議員が言ってるが、そうではないと断言できるか?」って詰問されている。カストロさんは次のように切り替えした。
If it continues―discovering such Communists in our government― Adam and Eve are going to be Communists too
もし、我々の政府内にコミュニストがいるって言われ続けるなら、
アダムとイブもコミュニストってことになるでしょう。

英語でジョークを言い放ち、肝心なところをはぐらかす。これぞ外交!?w
日本の将来の政治家、外交官にもカストロさんのように肝の据わったところを見せて欲しいものだ。


カストロさんは何故リビア情勢についてこれまで執筆されてきたのか?今年、カストロさんが書かれた「フィデルの考察」を基に僕の見解も交えて書いてみようと思う。カストロさんとカダフィ大佐が初めて出会ったのは1977年。↓の写真はカストロさんがリビアを訪問したときのもの。カダフィは中東で最も反欧米の強硬派だったことや、数々の極端で奇怪な言動から「砂漠の狂犬」「アラブの暴れん坊」とも呼ばれた、そうだ。さしずめ、カリブとアラブの暴れん坊コンビといったところかなw
Gdafi3.jpg
カダフィが革命(単なるクーデターという見方もある)を起こしたのは1969年。カストロさんが訪問した77年までには、農地改革、石油の国有化、教育や医療水準の向上が実現しつつあった。この訪問から2年後、カストロさんは非同盟諸国首脳会議事務総長に就かれ、第三世界諸国を率いられる。第三世界の側から帝国主義に対して戦いを挑む点では共闘関係にあったと言えるだろう。

今年の二月から、リビア情勢について執筆活動を続けられてきたカストロさん。NATOが介入した紛争はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、コソボ紛争、アフガニスタン紛争 (2001年-)、そして今年のリビア騒動。過去の紛争でNATOがやって来たことを非難されてきたカストロさんは、誰よりも早くリビア占領計画について世界に発信された。
2011.02.23 NATOのリビア占領計画 El plan de la OTAN es ocupar Libia【 Reflexiones de Fidel】
2011.03.04 NATOの対リビア介入は避けられない La Guerra inevitable de la OTAN
中東で大きな地殻変動が起きている中、極東の日本でも文字通り大きな震災に見舞われたのだ。。
2011.03.13 世界を震撼させる2つの地震 Los dos terremotos
今年は、国内で戦後最も悲惨な出来事が起きた。そして世界では金融危機が叫ばれ、中東ではあちこちへ民主化という名の火の粉が飛び散っている。それだけに、テレビニュースが報じる事も混乱しているのが現状だ。リビアで一体何が起ころうとしているのか?これまで帝国主義の挑戦に立ち向かってこられた老兵カストロさんの書かれることを実体験に根付いている。

今年は、バイーア・デ・コチーノス(プラヤ・ヒロン侵攻事件、俗にピッグズ湾事件)でアメリカのCIAが支援した亡命キューバ人部隊を撃退して50周年の節目でもあった。
2011.04.16 壮大な軍事パレード~プラヤ・ヒロン50周年記念~Comenzó el desfile militar y popular
キューバとアメリカは革命達成直後は仲良くやっていた。しかし憎きニクソンがアイゼンハワーに対してカストロさんは共産主義者だと言い放ち、国有化の賠償提示を跳ね除けてキューバ革命を退けたアメリカ。自国の裏庭に都合の悪い政治体制が出来れば破壊工作(今風に言えばテロですな)も平然と行い続けてきた。

そして61年4月の侵攻事件が起きたわけだが、卑劣な帝国主義者はカストロさんが率いる革命軍によって撃退された。この侵攻事件はキューバに対して社会主義を宣言する契機ともなった。
2011.04.15 プラヤ・ヒロン侵攻から50年目~社会主義化したキューバ革命~First Blood
このアメリカの手前勝手によるキューバ革命に対する拒絶が、後に人類史上もっとも危険だったキューバ危機への扉を開いた。このようにキューバは、大国の思惑によって右往左往させられてきたのだ。

リビアもまた同様に大国の思惑に悩まされ続けてきた。1999年以降、リビアはアメリカ、フランスやイギリス、イタリアなどNATO諸国との関係が好転し、2006年にはアメリカのブラックリストからも削除された。欧米諸国との外交も再開された。しかし事態は急変、今年に入ってNATO軍が国民の叛乱に乗じて空爆したのだ。明らかになりかがおかしい。異常だ。しかし、この異常な事態に対して疑問を投げかける人は少ない。メディアのあからさまな情報操作、洗脳から人々は目覚めなければならない。

だからといって僕はカダフィ大佐を擁護しているわけではない。カストロさんもまた、共産主義者であり(この点で僕とカストロさんとも違うわけだが)何よりも第一にホセ・マルティ主義者なのだ。一方、カダフィは冷戦の時代に資本主義と共産主義を否定していた。したがって、カダフィの政治思想、宗教的思想に賛同されているわけではない。民主革命の美名の下、リビアの地下に眠る膨大な石油目当ての帝国主義国に対して、カストロさんは筆を取り、「フィデルの考察」欄で戦い続けられているのだ。
Gdafi14.jpg

Gdafi1.jpg
Reflexiones del compañero Fidel sobre el tema de Libia
下記はカストロさんがリビア情勢について書いた記事の一覧。上記のリンクCubaDebate上でスペイン語ですが閲覧可能。
El plan de la OTAN es ocupar Libia. 21 de Febrero de 2011
2月21日 NATOのリビア占領プラン
Danza macabra de cinismo. 23 de Febrero de 2011
2月23日 仮装したシニズムは踊る
La Guerra inevitable de la OTAN. 2 de marzo de 2011
3月2日 NATOによる戦争は不可避
La Guerra inevitable de la OTAN (Segunda parte). 3 de marzo de 2011
3月3日 同上Ⅱ
La OTAN, la guerra, la mentira y los negocios. 9 de marzo de 2011
3月9日 NATOによる戦争、偽善、駆け引き
Los dos terremotos. 11 de marzo de 2011
3月11日 2つの震災
Los desastres que amenazan al mundo. 14 de marzo de 2011
3月14日 世界を脅かす元区
La Guerra Fascista de la OTAN. 28 de marzo de 2011
3月28日 NATOによるファシスト戦争
Un fuego que puede quemar a todos. 27 de abril de 2011
4月27日 すべてを焼き尽くさん戦火
リビアの騒動に対してはしばらく筆を止められていたカストロさんが、昨日いつもの書評でNATOの暴虐振りを叱咤された。以下、時事ドットコムより。

title="カダフィ氏遺体「まるで戦利品」=無残な公開批判-キューバ前議長">カダフィ氏遺体「まるで戦利品」=無残な公開批判-キューバ前議長
【サンパウロ時事】キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は24日に政府系サイトに掲載された論文で、リビアの元最高指導者カダフィ大佐の遺体公開を「戦果を誇るトロフィーのようだ。イスラム教、世界中の宗教の最も基本的な原則に背く行為だ」と激しく批判した。
 キューバはかつて反米で共闘したカダフィ氏を支援し、反カダフィ派連合体「国民評議会」を承認していない。カストロ氏は、リビア空爆を続けた北大西洋条約機構(NATO)も「人類史上、最も背信的な抑圧行為を行う残忍な軍事同盟」と非難した。(2011/10/25-06:48)


元ネタの原文はこちら
El papel genocida de la OTAN
24 OCTUBRE 2011
Esa brutal alianza militar se ha convertido en el más pérfido instrumento de represión que ha conocido la historia de la humanidad.
NATO(北大西洋条約機構)は、人類史上最も背信的な弾圧を行う道具である、暴虐な軍事同盟に成り下がってしまいました。
(..)
Su cadáver ha sido secuestrado y exhibido como trofeo de guerra, una conducta que viola los más elementales principios de las normas musulmanas y otras creencias religiosas prevalecientes en el mundo.
カダフィの)遺体を、まるで戦利品のように曝け出すことは、イスラム教のみならず、世界中の主要な宗教上の信仰の基本原理を蹂躙しています。