上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC04465_0001.jpg
昨日、四条京阪でお坊さんが美味そうに、本当に美味そうに珈琲を飲んでおられた小川珈琲のポスターを観て、ついつい豆を買いに行って来た
普段はスーパーで小川珈琲の豆を買ってるけど、たまには店に直接行くのもいいっすね。店員さんは親切で、いつも飲んでいて疑問に思っていることや、分からないことなどを教えてくれます。今回はスペシャルブレンドとロスアルペス農園の豆を買ってきました。Specialtyの方は後味が説明どおり爽やかでかなり気に入りました。
Los アルペス・マデュロは薔薇のような華やかな香りとピーチのような酸味と蜂蜜のような濃厚な甘さが特徴、という説明に魅せられて買いました。小川珈琲さんのHPで栽培方法が説明されていますが、熱帯の森林の木陰で栽培され愛情込めて作られているようです。このような説明があると珈琲の美味さが一段と美味くなりますね。環境に優しい栽培方法なだけに飲んでいて気持ちがいいっすね。そういや昨日、店員さんから教えてもらったんだけど、鳥に優しい栽培方法もあるらしいっすねw

でも僕は人間に優しいトレードが一番いいかな。
小川珈琲にはフェアトレードに積極的に取り組まれている。スーパーにもよく売られてますよね。

お手軽です。ドン。有機栽培フェアトレードグアテマラブレンド/小川珈琲美味しいです。...
有機栽培フェアトレードグアテマラブレンド/小川珈琲


ゲバラ関連の本でだけど、美味しいコーヒーの真実という映画を知ってこのフェアトレードに興味を持ちました。中南米の人々が経済的に搾取されている実態はカストロやゲバラの訴えの演説を聴いているので知っていましたが、こうして自分が毎日飲んでいる珈琲の豆の真実を知るというのは違った意味で衝撃を受けた。でも小川珈琲ではフェアなトレードの取り組みが進められているようなので、そういった罪悪感は幾分感じずに飲めますね。。。。
このことはもう少しこの実態について勉強してから詳しく書いてみたい。

なおカストロのキューバではほとんど自分たちが生産したコーヒー豆を自分たちで消費しているので、輸出されてないようだ。昨日、キューバ産の豆はないのですか?と質問して店員さんを困らせてしまいましたが。。。。w
ゲバラの日記でもシエラ・マエストラでコーヒー畑とかが戦闘の舞台だったりしますね。バティスタはグアヒーロが懸命に育ててきた畑を爆撃し、それまでの努力を一瞬で破壊してしまった。それもグアヒーロが体制に逆らい、カストロの味方に加わった理由になったのだけど。
それはともかく、キューバ産の珈琲は一度でもいいから飲んでみたっすねぇw誰か売ってるところ知ってたら教えてください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。