上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ大統領選のリパブリカントの醜い候補者指名争いが、フロリダで加熱している。この地域における試金石は、ヒスパニック系の票を獲得できるか否か。とりわけ祖国から亡命してきたキューバ人の票を獲得することが、彼らの大きな課題であるに違いない。最近の記事ではベンツの宣伝が、特に亡命キューバ人の反感を買い失敗に終わったことを紹介した。企業、政治家は共に彼らを大切にしないと、とんだとばっちりをくらうわけだ。
http://hastasiempre.blog104.fc2.com/blog-entry-345.html


「アラブの春」と呼ばれる中東民主化革命に習い、「キューバの春」を主張するのはギングリッジ元下院議長。 彼はオバマ政権が、米国人のキューバ旅行を解禁し、米国からの家族送金規制を撤廃したことを非難している。

Gingrich, Romney Call for End to Castro Regime In separate Miami appearances, Gingrich proposed a "Cuban Spring," and Romney said he would "strike for freedom in Cuba"
http://www.nbcmiami.com/news/elections/Gingrich-Calls-for-Cuban-Spring--138066073.html

Gingrich said such tactics would include "moral pressure, psychological pressure, information pressure, economic pressure, covert assistance."
様々な圧力をキューバに対して行っていくことに言及するギングリッチ。
As president, Romney said, “we will return to Helms-Burton and the law and we won’t give Castro any gifts.”
ヘルムズバートン法を再び施行し、俺たちはカストロに何もやらない、と強硬姿勢を示すロムニー氏。
国際法を蹂躙する悪法で、キューバのみならず関係のない国まで巻き込むアメリカ。独裁だとキューバを非難する資格などないに違いない。

彼らはカストロ独裁体制打倒という点では同じで、キューバに対し中傷的な発言を行っているが、フロリダでの戦いに勝つためにリパブリカント同士で中傷プロパガンダ合戦を行ってもいる。ギングリッチはロムニーが反移民政策を執ろうとしているというデマをスペイン語で発信した。ヒスパニック系リパブリカント団体Somos Republicansソモス・リパブリカンズ(われらは共和党員)は、ヒスパニックに対して寛大なキングリッチを支援するそうだ。

とはいえ、この勝負はロムニーの勝ちに終わるだろう。どちらも反カストロとはいえ、キングリッチの掲げるクーバン・スプリングはいただけない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。