上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も国連シーズンがやってきました。去年は、1960年に4時間にもわたる迫真の演説を国連で行ったカストロさんの演説から、50周年の節目を迎えるということで軽く記事を書きましたね。
fidel-onu-2.jpg
↑1960年の国連での演説。一部の音声しか聞くことができないのが残念だが、先の記事で紹介したとおり北の大国の暴挙について非難された。
2010.09.21 国連シーズン到来 カストロさんの国連レビューから今年で50年目Día 26: El discurso de Fidel en la ONU
2010.09.20 カストロさんとマルコムXの歴史的な出会いから50周年Fidel y Malcolm X: Encuentro histórico hace 50 años
注目すべきは演説のみだけではない。カストロさんは、ざっと調べただけでも60年と79年、95年に国連で演説していますが、それぞれの訪問でしっかり自国の課題を国際社会に向けて発信された。国連はプロパガンダの格好の場でもあるのだ。

↑79年、国連演説のためニューヨークへ向かう機内から国際社会に注目されるカストロさん。先の記事↓で書いたように、余裕っぷりを披露されましたw
2010.08.31 ”モラルという名の防弾チョッキ”を着たフィデル・カストロ 
↓演説全文
Discurso pronunciado Presidente del Movimiento de Países No Alineados, ante el XXXIV periodo de Sesiones de la Asamblea General de las Naciones Unidas, efectuado en Nueva York, el 12 de Octubre de 1979. (Español)

演説のクライマックス。
Basta ya de la ilusión de que los problemas del mundo se puedan resolver con armas nucleares. Las bombas podrán matar a los hambrientos, a los enfermos, a los ignorantes, pero no pueden matar el hambre, las enfermedades, la ignorancia. No pueden tampoco matar la justa rebeldía de los pueblos y en el holocausto morirán también los ricos, que son los que más tienen que perder en este mundo
核兵器の廃絶は、去年も積極的に世界へ発信されてましたね!

パフォーマンスは、悪く言えば計算されたもの。しかし、それが政治家の務めなのだ。

今朝のニュースで野田総理の国連演説について、某キャスターが「どうせ日本の総理の演説の席では、ほとんどの国が退席している」と言っていた。また、他国の首相、大統領が野田首相より、積極的に報道陣にPRしているとも指摘していた。「まぁ自国で失言問題が取り立たされてますからねぇ。。」と締めくくった。聞き捨てならないコメントだ。
マスコミが、失言問題ばかりにスポットを当てるから、そんな事態になっていることが分からないのだろうか?
もっと自国の首相が堂々としていられるようにすべきだ。首相が、回転ドアのように次から次へと変わると、NYタイムズは揶揄している。こんなことを書かれるのは、恥ずべきことだという自覚をわが国はもっと持つべきだろう。

マスコミは少し頭を冷やしてほしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。