上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェ・ゲバラはグラナードとマチュピチュを訪れたことは、映画でも再現されているのでご存知の方も多いと思う。しかし、彼がこの神秘的な遺跡の虜になっていたことはあまり知られていないのではないだろうか。
ゲバラは53年、考古学者の論文のような調子で「シエテ」という雑誌にマチュピチュについての文章を投稿している。これは下記の書籍内の邦訳で読めるが、原文ならアルゼンチンの研究センターHP上で閲覧も可能だ。冒頭で以下のような問題提起をしている。

チェ・ゲバラふたたび旅へ 第2回AMERICA放浪日記チェ・ゲバラふたたび旅へ 第2回AMERICA放浪日記
(2004/11)
エルネスト チェ・ゲバラ・デ・ラ・セルナ

商品詳細を見る

↑たしかこれに邦訳で全訳があったと思う。記憶違いだったらゴメン!。。。
¿Es esa su primitiva denominación? No, este término quechua significa Cerro Viejo, en oposición a la aguja rocosa que se levanta a pocos metros del poblado, Husina Picchu, cerro Joven; descripciones físicas referidas a cualidades de los accidentes geográficos, simplemente. ¿Cuál será entonces su verdadero nombre?. Hagamos un paréntesis y trasladémonos al pasado.
この地はもとからマチュピチュと呼ばれていたのだろうか?実はそうではないのだ。ケチュア語でこの地名(マチュピチュ)は、"老いた山"を意味し、ここの集落から数メートル離れたところにそびえ立っている尖った岩山"ウシナ・ピチュ※"とは反対の意味だ。つまり単なる地形を表す形容に過ぎないのだ。それでは、ここの本当の名称は何だったのだろうか?

※ワイナピチュのことだと思われる。と上記の邦訳所には注意書きがあった。
原文は以下より
Machu Picchu, enigma de piedra en América
http://www.lapastera.org.ar/spip.php?article=499#

この疑問に応えるニュースが先日発表された
Machu Picchu habría sido conocido en el imperio del Tahuantinsuyo como Patallaqta

マチュピチュ遺跡に本名? 古文書に「パタジャクタ」(03/22 )北海道新聞
 【ボゴタ共同】スペイン紙パイスなどは22日までに、同国の歴史家の調査結果として、ペルー南部の世界遺産マチュピチュ遺跡(15世紀ごろ)の本当の名称は「パタジャクタ」だった可能性があると報じた。ペルーを征服したスペイン人が1551年に書いた古文書に記載があるという。

 地元先住民の言語ケチュア語で「階段の村」を意味するという。ただ、マチュピチュ近くに同名の遺跡があることから混同の可能性もあり真偽は不明。マチュピチュは「老いた峰」という意味で、別の名前があったという説が以前からある。



パダジャクタ。。う~んしっくりこないっすね。
やはりマチュピチュのほうがいいような

いずれにせよ、この空中都市はミステリーに溢れている。今夜、世界ふしぎ発見でも取り上げられるようだ。
第1224回
マチュピチュ新世紀 101年目の真実
2012/03/24(土)21:00~
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。