上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の頭にシンガポールで、「アジア安全保障会議」が開かれ各主要国が話し合った。去年の末に起きた延坪(よんぴょん)島砲撃事件尖閣諸島中国漁船衝突事件が記憶に新しい。最近も、南シナ ベトナムが緊迫化するなどアジア情勢は穏やかではない。
そんなこともあってか、こないだ僕が受験してきた某試験では、「中国の軍事力強化について概要を示し、思うところを述べなさい」という題の小論文試験が課せられた。この試験は受験生が多いためか3日間に渡るのだが、僕の翌日の試験では「最近の朝鮮半島情勢」について出題されたらしい。僕はどっちも殆んど新聞で読んだぐらいの知識量しかなく、御題を見た瞬間、どうしよぉ。。。と思ったが、どうやら小川 和久さんの「もしも日本が戦争に巻き込まれたら! 日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国 (2時間でよくわかる!)」を読んでおいたほうがよかったようだ。。図書館から借りてきていたんですが、あまりキナ臭いお題は出ないだろうと思い、読まなかった判断が間違っていたようだ。。

もしも日本が戦争に巻き込まれたら!  日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国 (2時間でよくわかる!)もしも日本が戦争に巻き込まれたら! 日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国 (2時間でよくわかる!)
(2011/02/02)
小川 和久、坂本 衛 他

商品詳細を見る

ニコニコ動画でも、話されていたようですね。
ちなみに小川 和久さんは僕の母校のOBの方。なぜ神学部からJSDFへ行かれたのか疑問に感じるが、そんなこと言ったら、どこの学部出身者だったら行くンだよ?って突っ込まれそうですね。ちなみに面接で言われて始めて知ったのですが、僕の母校には幹部で勤めている人が多いようです。

この本のpart2のもしも、「中国の戦争」に日本が巻き込まれていたら?」を読んでいたら、概要を示せの箇所はマシなことを小論文で書くことが出来たかもしれないと思うと、悔やまれます。
尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件では、映像を流出させた海上保安庁の職員が、英雄視されたのは胸がムカつく思いだったのを覚えている。ナマの情報を観る時代~尖閣諸島のビデオがネット上に流出という記事を書いていた頃、当初はこの映像流出は政治的なモノが絡んでいるのではないかと疑ったものだ。那覇地検による中国人船長の釈放も、司法が外交に口出ししたようで解せなかった。小川さんも、この著作で「那覇地検が日中関係を熟慮した結果、釈放したのであれば、総理は直ちに検事総長を更迭しなければならないが、そういう展開にならなかったのは、官邸が検察に責任を転嫁したからだ。この政治判断の誤りは、歴史に残る大失策だ。」とまとめられている。まったくその通りだ!

しかし、それ以上に腹立たしかったのは、海上保安庁の職員が、英雄視されたことだった。この点も小川さんと見解が一致する。マスメディアは、流出したサイレンが鳴り響く映像を連日ニュースで流し、問題の本質をあまり報じない姿勢を、私は疑問に感じると述べられている。そして、沿岸警備を職務とする公務員である保安庁職員が遵法精神を逸脱し映像を流出させたことは、絶対にあってはならない国家に対する反逆であるに違いない。世論が当時、この職員を同情心から英雄視したのは、理解に苦しんだものだ。公務員が遵法精神を貫かないことは大問題であり、厳しい行政処分をされるのが然るべき有り様。例え、政治判断に不手際があっても、それとこれとは別問題であることは明らかだった。とはいえ、保安庁の職員方の心痛を思うと同情的にはなるもの。。。。それでも公務員は法を破り、職務を逸脱してはいけない。

なンか感情を剥き出しにしてしまいましたが、小川さんの見解は僕の考え方と合致していて、読み終わってホっとした。小論文試験では、概要を示し、尖閣問題に触れ将来このような領土問題における局所的な紛争は起こり得るだろうと述べた。しかし、わが祖国と中国との間で戦争が起こる可能性は極めて少ないと思う。第一に日本と中国は経済的互恵関係(戦略的の間違い)にあり持ちつ持たれつの関係にあること、そして日米安全保障下での中国の侵略はアメリカの介入に繋がりかねない。この2点から中国が日本へ侵攻するメリットがないことは明らか的なことを書いた。
今回の東日本大震災では日米間の見事な連携が示された。今後もわが祖国の有事に備え、日米間の連携を進めていくこと、そして中国の脅威を日米で抑止していくことが肝心であると締めくくった。

要は中国を脅威といって騒ぎ立てる理由はない。戦略的互恵関係と日米安保を考えれば、戦争が起こる可能性は極めて小さいということ、そしてアメリカとの関係を今後も重視していくべきこと書いたンですが、小川さんの著作と大枠からは外れていないようです。脅威論は小川さん風に言えば、「木を見て森を見ず」ということになる、しかしこの安全保障はアメリカの存在があってこそ成り立つのが現実というわけなンですね。

ただ、この著書を読んで初めて知った、中国の人民解放軍と日本の自衛隊の間にある太いパイプ、対話チャンネルの存在について触れておきたかった。「セカンド・トラック(通称トラック2)」という公式なものとは別のパイプを設けて、専門家による準公式協議をおこないながら、互いの意思疎通を確かなものにする装置。要は本音で語り合える場があるってことですね。

小川さんは、自衛隊と人民解放軍のトラック2のような本音ベースの交流を、官民さまざまなレベルで拡大していくべきだと、まとめられた。日本も中国も、互いに「もっとも嫌いな国」として悪い印象を持っているが、トラック2に見習い互いにもっと交流していかないといけませんね。僕も大学時代に、中国人の編入生と何度か話していましたが、本当に日本語が上手です。僕が講義のノートを見せてあげたら中国語を少し教えてくれました。

僕はどちらかといえば、中国の文化大革命などの狂気の歴史が頭から離れず、悪い印象を持っている人間ですが、良い人もたくさん中国人にはいると思います。国民性は日本人と全然違いますが、互いの歴史認識、文化を知り、納得できなくても触れ合い、本音で語り合うことが大事なのかも知れませんね。
スポンサーサイト
今日、ハバナで壮大な軍事パレードが行われた。予想はしていましたが、いろいろと圧倒されましたw
パレードの様子は豊富な写真と動画でCubaDebateにて伝えられています
Comenzó el desfile militar y popular (+ Video y Fotos)
26-revista-militar-y-desfile-popular-16-de-abril-foto-sheyla-valladares-580x349.jpg
プラヤ・ヒロンで帝国主義者の侵略から祖国を護ったキューバ人の誇りは、次の世代へと語り継がれる。
38-revista-militar-y-desfile-popular-16-de-abril-foto-jorge-leganoa-580x387.jpg
写真は今日、革命広場で撮影されたもの。
11-revista-militar-y-desfile-popular-16-de-abril-foto-sheyla-valladares-580x397.jpg
フィデルが50年前にSU-100(自走砲)に乗って、自ら戦場に赴いた時の写真が、今日のパレードで掲げられた。
写真ではなく、ご本人が自走砲でパレード行進されても良かったかもしれないが、さすがに歳だしね。。。。
granma-580x387.jpg
ええええ!?グランマ号まで行進したのw
以下は、CubaDebateにアップされていた動画ですが、音量がとても大きいので注意
それだけ想いは伝わりますが。。。w

グランマ号はご存知の人も多いと思うが、フィデル・カストロが率いた革命家がメキシコからキューバに上陸したときに用いたヨット。新聞の名前にもなっていて、キューバ人から愛されていますが、パレード行進しなくても。。。wちょっと発想に驚かされましたwwww

大統領のラウル・カストロさんが、プラヤ・ヒロン勝利から50周年と共産党第6会議(?僕はこっちは良く分からないので)の開会を宣言。う~ん。。。。こうして観るとやっぱ、キューバは社会主義の国だねぇ。。。
でも、愛国心が強いことは頼もしい限りです。
動画の最後に流れたメロディーはキューバの国歌。祝砲が鳴り響く。
キューバ革命ゲリラ戦で使われた武器が、カストロさんの回顧録“La victoria estratégica”で紹介されていました。下の写真は射撃訓練の際に撮られたもの。スコープがついているのが確認できますね。
practica-de-tiro-sierra-maestra-580x383.jpg
スコープが付いているは、ゲリラ戦ではとても役に立ち重宝された。カストロら反乱軍が使っていたのはベルギー製のもので、バティスタ軍からの戦利品のようだ。
fusil-fn-fal.jpg
FN FAL
ベルギーの器製造メーカーFN社が開発した自動小
種別 自動小
口径 7.62mm
身長 533mm
使用弾薬 7.62mm NATO弾
装弾数 20発(箱形弾倉)
作動方式 ガス圧、ティルトボルト
全長 1090mm
重量 4000~4450g
発射速度 650発/分
口初速 823m/秒
ametralladora-thompson.jpg
トンプソン・サブマシンガン
“トムソン銃”,“シカゴ・タイプライター”といった多数の通称・愛称を持つ事で知られるアメリカを代表する銃器。シカゴ・タイプライターはバイオ4に出てきたけどあれはトミーガンのことだったンっすねw知らなかった。。wikiでいろいろ解説されてます。
種別 短機関銃
口径 .45口径(約11.43mm)
銃身長 267mm
使用弾薬 .45ACP弾 ほか
装弾数 20発/30発(箱型弾倉)
50発/100発(ドラム弾倉)
作動方式 M1919~M1928A1:
ブリッシュ・ロック方式
M1/M1A1:
シンプル・ブローバック方式
全長 813mm
重量 4740g
発射速度
1,200~400発/分
(各モデルにより異なる)
銃口初速 280m/秒(.45ACP弾)
carabina-m1.jpg
M1カービン
1941年にアメリカで開発された自動小銃。
様々なバリエーションがあり、結構有名な銃だと思う。
種別 セミオートマチックライフル
口径 7.62mm
銃身長 458mm
使用弾薬 7.62mm×33
(.30カービン)
装弾数 15発/30発(箱形弾倉)
作動方式 短ガス・ピストン式
回転ボルト閉鎖
全長 904mm
重量 2490g
発射速度 850~900発/分(M2/M3)
銃口初速 600m/秒
carabina-san-cristobal.jpg
Cristobal (carbine)
fusil-automatico.jpg
ブローニングM1918自動小銃
20世紀を通してアメリカ軍をはじめ、各国の軍隊により使われた、自動小銃と機関銃を兼ねた武器。基本型は.30-06(7.62mm×63)弾を使用し、歩兵分隊の移動に追従できる最も軽い二脚付き機関銃として使用されたらしい。
口径 7.62mm
銃身長 610mm
使用弾薬 .30-06スプリングフィールド(7.62mm×63)
装弾数 20発(着脱式箱型弾倉)
作動方式 ガス圧利用
オープンボルト
全長 1,214mm
重量 7.2~8.8kg
発射速度 300~650発/分
銃口初速 805m/s
有効射程 548m
arma-pistola-beretta.jpg
ベレッタ Modello 1938A
第二次世界大戦にイタリアのベレッタ社で開発された短機関銃。愛称は「モスキート」
口径 9mm
銃身長 315mm
使用弾薬 9mm強装弾
装弾数 10発/20発/30発/40発
全長 947mm
重量 3900g
銃口初速 550m/秒
bazuca-m1.jpg
M1A1バズーカ
口径 60 mm (2.36 in)
使用弾薬 M6ロケット
装弾数 1発
作動方式 電気発火式
全長 1,370mm (54 in)
重量 5.9 kg (13.00 lb)
有効射程 137.16 m (150 yards)
ametralladora-pesada.jpg
ブローニングM1917重機関銃
1901年にアメリカで開発された重機関銃。特徴としては、銃身の冷却機構にコルト・ブローニングM1895の失敗から、マキシム重機関銃と同じ水冷式を採用。
口径 7.62mm
銃身長 610mm
使用弾薬 .30-06スプリングフィールド(7.62mm×63)
装弾数 250発ベルトリンク
作動方式 ショートリコイル・オープンボルト
全長 965mm
重量 47kg
発射速度 600発/分
銃口初速 850m/s
有効射程 5,500m(M1 Ball)3,500m(M2 Ball)4,500m(M2 AP)
ametralladora-liviana-580x472.jpg
ブローニングM1919重機関銃
ブローニングはM1917を改良し空冷化された。冷却システムの水冷方式の欠点である水が無ければ射撃が出来ない点を克服した。シエラ・マエストラのゲリラ戦でなどで水を探すことが難しい戦場では重宝された。銃自体の重量の軽量化も、過酷な環境下での反乱軍の行軍の一助となったといえる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。