今日はBS-TBSで興味深い番組を発見した!その名も、THE世界遺産3D GRAND TOUR。ソニーのハンディカムのCMを見つつ、番組が始まるのをワクワクしながら待っていたら、次のテロップが唐突に出てきた。

3Dモードに切り替えてください
え?!
画面には二分割されたハバナの風景画出てきた。

携帯から番組のHPを至急開いて確認してみたら以下のように説明されていた。


ハバナ旧市街とその要塞群(キューバ) (’11年10月29日放送)
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーはキューバ、要塞群に囲まれた街・ハバナ
アメリカの文豪・ヘミングウェイが愛したその街には、まるで骨董品のようなクラシックカーが今もなお走り回り、葉巻工場や電車の整備工場が、時空を超えてきたかのように動き続けていた。
さあ、大西洋の海風香るハバナのグランド・ツアーへ、出かけよう!



SONY 3D BRAVIA専用メガネ ブラック TDG-BR250-BSONY 3D BRAVIA専用メガネ ブラック TDG-BR250-B
(2011/04/30)
ソニー

商品詳細を見る

なるほどね。。。こりゃ3D対応テレビが欲しくなる訳だ(笑)

番組自体は非常に良い作りになっていた。単にキューバの世界遺産や観光名所を紹介し、形式的な説明に終わらず、キューバのよさを伝えている。旧植民地邸の中庭に立つコロンブス像や、アメリカ資本の砂糖工場でも当時の面影をそのまま残されていることは、キューバ人の文化レベルの高さを物語っている。これが例えば中国とかだったら、世界遺産にまで階級闘争なんぞを持ち出して、文化革命期に破壊尽くしただろう。しかし、同じ東側陣営に属しながらもキューバそんな野蛮なことはしなかった。アメリカの悪いところに対しては反発しつつも、古き良きアメリカは保存していたのだ。かつて宗主国だったスペインの建築様式がそのまま残っていることついても、同様のことが言える。

他にもキューバ名物の美味いモヒートが飲める、ヘミングウェイ行きつけのバー、ボデギータ(Bodeguita del medio)も紹介されていた。モヒートは今年の夏に、アレイダ・ゲバラさんのパーティーで初めて飲みましたが、後味スッキリでイイっすね。是非いつか本国へ赴いて飲んでみたいものですw
“My mojito in La Bodeguita, My daiquiri in El Floridita”
ですね。どっちも行ってみたいけど、フローズン・ダイキリよりモヒートのほうが健康的かな(笑
↑のヘミングウェイが書き残したサインもアップで映し出されていた。3Dだと文字が浮かび上がって来るのかな?w

3Dはともかく、世界遺産の番組であった。
スポンサーサイト