上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この手の悪質なデマはもう何回目だろうか。いちいちこんなニュースをブログ上で取り上げるのも気後れがするが、ネットというインフラを食いつぶす悪質さに僕は憤りを覚える。
Cuba slams Twitter for Fidel death rumourフィデルの死についてのデマに対し、キューバはツイッターを非難
http://www.news24.com/World/News/Cuba-slams-Twitter-for-Fidel-death-rumour-20120105

¿Quién mató a Fidel Castro?
http://www.yohandry.com/index.php/component/content/article/44-cuba/1095-iquien-mato-a-fidel-castro
キューバ政府はデマであることを発表
前回のデマ
2011.09.09 カストロさんは健在!CubaDebate上で公開された写真がデマを一掃

僕はツイッターのアカウントは持っているものの、ほとんど使っていないので良くわからないが、なぜこんな簡単にデマが拡散するのだろうか?このSNSの情報については懐疑的にならざるを得ない。勿論、情報の真偽を取捨選択するのは個人の裁量に委ねられるわけだが。人の死をエンターテイメントのように愉しみ、消費していく様は見るに耐えない。

Facebookと違い、ツイッターは匿名でも構わないというスタイルが無責任な投稿を助長するのだろうか?いずれにせよ、ネットを利用するユーザーがモラルを持ち合わせているならこんなことは起こらないはずだが。

先月、2011.12.16 無冠の帝王、カストロさんもついにギネス認定~CIAの執拗な暗殺から逃れた革命家~でも総括したが、カストロさんをCIAは抹殺しようと試みてきた。多額の資金を投資したにもかかわらず、いずれも「モラルという名の防弾チョッキ」によってカストロさんの身体は護られてきた。今回のデマもモラルを持ち合わせた大多数のネットユーザーに嘲笑われていることだろう。このようなモラル・ハラスメントはネット上から駆除されるべきだ。


スポンサーサイト
前の記事でカストロ謀殺指令という小説の書評を書いたが、ここでは何故カストロが今まで暗殺から逃れて生き残ることが出来たのか?という点を考察していこうと思う

アマゾンの書評などが厳しかったので面白くないのかと思っていたが、予想以上に楽しく読めたw著者のデイヴィッド・L. ロビンズDavid L. Robbinsさんは歴史モノの小説を今まで書かれてきたようだが、前作はルーズベルトの暗殺計画を題材に書かれたようだ。まだ読んでないのでまた暇があったら読んでみようと思う。カストロ謀殺指令〈上〉 (新潮文庫)(2010/04/24)デイヴィッド・L. ロビンズ商品詳細を見るカストロ暗殺計画といえ...
カストロ謀殺指令The Betrayal Game


その疑問の答えはこの動画にあるように思う

Periodista: ¿siempre está protegido con su traje?
あなたは、いつも身を護るモノを着ていますか?
Fidel: ¿Cuál traje?
何を着ているって?
Periodista: Es que todo el mundo dice que usted usa un chaleco a prueba de balas
あなたはいつも防弾チョッキを着ていると聞いていますが
Fidel: «No, voy desembarcar así en Nueva York. Tengo un chaleco moral… que es fuerte. Ese me ha protegido siempre.»
ああ、私はモラルというチョッキを着てニューヨークにやって来たんだよ
...これがあれば強い。
このチョッキがいつも私を護ってくれてきたんだ。

フィデルはシャツのボタンを外し、肌を露出させ防弾チョッキを着ていないことを見せたw

以上がこの動画の訳だが、これは1979年10月にニューヨークで行われる国連総会に向かう航空機内にて、アメリカ人ジャーナリストのジョン・アルパートとカストロとのやりとり。

モラルというチョッキ。。。。確かに最強の防弾チョッキだw
それにしてもカストロさんはさり気に名言を生み出してくれますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。