上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ開かれたカリブ共同体(CARICOM)の会議について、朝日で面白い切り口からの記事が掲載されていた。
以下、朝日
http://www.asahi.com/international/update/1212/TKY201112120541.html

カストロ氏「将来の議長は英語で演説を」 後継者に言及
キューバのラウル・カストロ国家評議会議長が、トリニダード・トバゴで開かれた会議で「恐らく近い将来、キューバを代表する議長は英語で演説ができるだろう」などと語った。後継者の具体像に初めて言及した。反米の国とはいえ、英語の必要性は認めた。

 ジャマイカやドミニカなどから成るカリブ共同体・共同市場(カリコム)で8日、演説した。共産党機関紙「グランマ」や地元メディアなどによると、「私はもう無理だが、次の人は英語で演説しないといけない。アイ・スピーク・イングリッシュ・ベリー・ベリー・バッド(私は英語がとても下手だ)」などと話した。

 カリコムの多くの国は英語が公用語。ラウル議長は「カリブの人間は、スペイン語も英語も話せるべきだ」と説明し、「北の隣人(米国)へ近づくためにではない。それなら、まったくしゃべれない方がましだ」と語った。



Cubadebateにも掲載されています。
Raúl Castro: “CARICOM y Cuba continuarán su camino de integración efectiva” (+ Audio, Video y Fotos)
ラウル氏の演説が掲載されています。
En un futuro, tal vez cercano, el Presidente que en ese caso represente a mi país podrá hacerlo en inglés: I speak english very very bad (Risas).
「近い将来、我が国を代表する議長(大統領とも訳せるが?)はイングリッシュが出来るようになるだろう。」
そして、ラウル氏は英語で上記のように言われた
I speak english very very bad(Risas).
「私の英語は、ほんとうに、本当に駄目なんです(笑)」

僕も駄目なンっすよ~、アッハハ。こないだ受けた英検の会話試験、かろうじて合格はしたものの、ギリカツだった。何故かアティチュード(態度)の項目が最低点だったw次は準一級受けるんだけど、先が思いやられる。。。

一方、兄貴のフィデル・カストロさんは英語がかつては、達者だった。

↑は、「現政権にはコミュニストが多いと,ある上院議員が言ってるが、そうではないと断言できるか?」って詰問されている。カストロさんは次のように切り替えした。
If it continues―discovering such Communists in our government― Adam and Eve are going to be Communists too
もし、我々の政府内にコミュニストがいるって言われ続けるなら、
アダムとイブもコミュニストってことになるでしょう。

英語でジョークを言い放ち、肝心なところをはぐらかす。これぞ外交!?w
日本の将来の政治家、外交官にもカストロさんのように肝の据わったところを見せて欲しいものだ。


スポンサーサイト
キューバ革命において、メルバ・エルナンデスさんや、アイデ・サンタマリアさんらセニョリータが、モンカダ兵営襲撃時から、縁の下から支えていたことを忘れてはならない。そのうちの一人、ヴィルマ・エスピンさんが亡くなられて今年で4年目。
vilma-espin-mujer-cubana-16.jpg

Cuatro años de la muerte de Vilma Espín: Rinden homenaje a la mítica guerrillera (+ Fotos)
ヴィルマさんは、フランク・パイスの助手と運転手を務めており、フィデルのモンカダ襲撃が失敗後、恩赦に訴えるために学生を動員し、後にラウルと結ばれた。女性運動などにも精力的に取り組まれた。
vilma-espin-mujer-cubana-21-raul-castro-ernesto-che-guevara.jpg
左から、ヴィルマさん、ラウル、ゲバラ
vilma-espin-mujer-cubana-26-raul-castro.jpg
結婚式にて
幸せそうなヴィルマさん。ラウルもハンサムですねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。