上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうど50年前の1962年2月4日、カストロさんがキューバを代表して「第二次ハバナ宣言」の演説を行った。この宣言からは、米州機構に対する対決姿勢が伝わってくる。半世紀も前の宣言だが、ここで叫ばれたことは今のラテンアメリカの流れと重なるものがある。昨年、アメリカ、カナダ抜きのラテンアメリカ共同体を志向する、ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体CELACが12月2日、ベネズエラのカラカスで首脳会合を開いて、正式に発足した。これは、キューバ独立の使徒、ホセ・マルティが高らかに叫んだ「われらのアメリカ」の構想と重なる。下記は第二次ハバナ宣言の冒頭。

訳出にあたっては、手紙の箇所を下記の文献を参照しました。

ホセ・マルティ選集〈3〉共生する革命の319ページ「マヌエル・メルカードへ」
↓のページでは原文のスペイン語で音声とともに、全文が閲覧可能。
http://www.segundadeclaracion.net/esp/1pasa/1_prim_seccion/b_texto_nu1.html
Viví en el monstruo y le conozco sus entrañas; y mi honda es la de David.
私はあの怪物の中に住んでいたので、奴らの内蔵を知っている。
よって、私はダビデの投石器なのだ。

は有名な言葉。ニューヨークに住んでいた頃のマルティについては、上記の選集の二巻で詳しく知る事が出来る。有名な論文Nuestra Americaわれらのアメリカの全訳も掲載されていました。

これらマルティの思想が、現代のラテンアメリカでどのように展開されているのか興味がある人は、下記の特集を一読することをお勧めする。
月刊誌「世界」もCELACに注目
「世界」はちょっと僕が読むには退屈(難解)なので買わずに、図書館で読みました。伊高氏の記事はCELACを理解する一助になると思います。

↑は第一次と第二次ハバナ宣言の動画。前者ではモンロー主義に触れ、後者ではOEA(米州機構)に対し強く非難しています。
cf
2011.12.03 ラテンアメリカの真の連帯機構CELAC設立に向けて~ゲバラの悲願への第一歩~
http://hastasiempre.blog104.fc2.com/blog-entry-333.html
スポンサーサイト
ラテンアメリカの革命家、ボリーバルからゲバラまでが夢見た真の連帯機構設立に向けた会合がベネズエラで開かれた。以下時事通信社。

「中南米共同体」が誕生=域内33カ国、米国離れ象徴
【サンパウロ時事】メキシコ以南のすべての中南米諸国33カ国は2日、ベネズエラのカラカスで首脳会合を開き、33カ国でつくる「中南米カリブ海諸国共同体」(CELAC)を正式に発足させた。長らく「米国の裏庭」とやゆされた中南米で、米国を除く新たな地域機構が設立されたことで、米国の域内での求心力は一層低下しそうだ。
 米州には米国やカナダ、中南米の計35カ国が加盟する米州機構(OAS)があるが、米国の影響力が強大で、「中南米支配」の象徴とみられていた。中南米各国では反米左派政権が台頭し、経済発展などで自信を深める中、対米依存からの脱却を目指す新しい枠組みを求める声が強まっていた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011120300082
(2011/12/03-07:43)



この「中南米カリブ海諸国共同体」(CELAC)については、今年の7月にブログで紹介した。
2011.07.09 中南米で孤立するアメリカ合衆国~OEA(米州機構)からCELAC(中南米カリブ海諸国共同体)へ~
アメリカの求心力が落ちる中、ラテンアメリカ諸国が、連帯しようと努めている。連帯機構への期待は計り知れないほど大きいに違いない。似非連帯機構であるOASはキューバを除外した機構だが、これに取って代わることが出来るのだろうか。僕は実現の可能性は大きいと思う。かつて、ゲバラが三大陸連帯機構へ残したメッセージが思い出されたからだ。

En este continente se habla prácticamente una lengua, salvo el caso excepcional del Brasil, con cuyo pueblo los de habla hispana pueden entenderse, dada la similitud de ambos idiomas. Hay una identidad tan grande entre las clases de estos países que logran una identificación de tipo «internacional americano», mucho más completa que en otros continentes. Lengua, costumbres, religión, amo común, los unen. El grado y las formas de explotación son similares en sus efectos para explotadores y explotados de una buena parte de los países de nuestra América. Y la rebelión está madurando aceleradamente en ella.
この大陸では、一つの言語が話されているも同然だ。ブラジルという例外はあるにせよ、スペイン語を話す人々と(ポルトガル語を話す人々)は両国語が似ているので、互いに意思疎通が出来るからだ。これらの諸国のさまざまの階級間には、類似性があり、他の諸大陸と比べ、一種の完璧な「インターナショナルなアメリカ人」を成し遂げられるのだ。言語、習慣、宗教、共通の主が、この大陸を団結させている。
Mensaje a los pueblos del mundo
a través de la Tricontinental
abril 1967より

トリコンティネンタルといえば、ゲバラの有名なスローガン、
Crear dos, tres... muchos Vietnam, es la consigna
二つ、三つ・・・もっと多くのベトナムを作れ、これが合言葉だ。

という言葉をご存知の方も多いだろう。
21世紀の今日、かつて南米を覆っていた軍事独裁は崩壊し、ベトナムを作る必要性はなくなった。それでも連帯の必要性は高まっているに違いない。北アメリカに依存しない経済システムの構築は彼らの悲願だからだ。それでもひとつの地域が連帯することは容易ではない。でも上記のゲバラのメッセージにあるように、ラテンアメリカは一つの言語、価値観で統一されているのだ。(ブラジルのポルトガル語はスペイン語に似ているとよく言われている)この世界の大陸でラテンアメリカ以上に同質の文化が共存しているところがあるだろうか?
609px-Comunidad_de_Estados_Latinoamericanos_y_Caribeños

EUも言語こそばらばらだが、価値観は似通っている。それでも今日の金融危機が示すように連帯を維持することは難しい。一方、僕たちのアジアはどうだろうか?おそらく、この世界で一番、言語も価値観も宗教もバラバラでまとまり難いのではないだろうか。。。。そういう意味ではラテンアメリカが羨ましい。歴史上の観点からも、アジアでは大きな溝がある。例えば日本がこういった連帯機構を提唱すれば、諸外国はかつての共栄圏を想起し警戒するだろう。。

ラテンアメリカの連帯機構、CELAC「中南米カリブ海諸国共同体」もまだ模索段階。これからが正念場に違いない。彼らにはかつて、ゲバラが上記のメッセージの冒頭で引用した言葉を捧げたい。
Es la hora de los hornos y no se ha de ver más que la luz.
José Martí
いまや鍛錬の時、見つめるべきは光のみ
ホセ・マルティ


昨日、ビジネス展望を聞いていたら、中南米の話題が出てきた。語り手は、僕の尊敬する寺島実郎さん。
7月8日 NHK『ラジオあさいちばん』
『急速に変わるアメリカの立ち位置』 寺島実郎

アメリカの東海岸への出張され、アメリカの取り巻く空気の変化を感じ取られた寺島さん。
中東におけるプレゼンスを失くしつつあるアメリカ。中南米においても影響力を失いつつあることを指摘された。

以下は、上記リンクからも聴ける、寺島さんが中南米に言及した箇所。

 

日本は中南米にあまり目を向ける機会は少ないんですけど、実はラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体といいましてね、俗にLACと言われているのですが、33カ国が参加して共同体が出来ようとしているんですね。どういう意味かといいますとね、今まで中南米はワシントンにあるOASという米州機構がですね、つまりアメリカが束ねる形となって、同じくワシントンにある米州開発銀行なんかがね、中南米を掌握していたといってもいいんですね。
 ところがアメリカとかカナダを抜きにね、ラテンアメリカとカリブ海の国々が共同体を作ると、アメリカが主導する中南米というイメージが大きく変わろうとしている。ちょうど冷戦が終わる前後、89年にアメリカは、米州自由貿易協定なんかをもちあげて、中南米の自由貿易協定を作ろうとした。やはりアメリカが主導していくのが中南米だったわけですね。そして、アメリカにとって喉元に突き刺さった骨ともいえるキューバという国がですね、カストロのキューバが存在しているわけで、キューバ封じ込めというのをアメリカは一生懸命やってきたわけなんですけど、話がひっくり返ってきて、現在キューバを承認していないのは中南米でアメリカだけという状況になってしまったわけですね。で逆にアメリカがですね、中南米の中から孤立してしまうという状況になってしまって、つまりアメリカが束ねる中南米という構図が変わってきていると言うことは間違いないんですね。



いやはや勉強になります。
第三回ラテンアメリカ・カリブ首脳会議が、7月5日にベネズエラの保養地、マルガリータ島で、チャベス大統領が主催することになっていたんですが、残念ながら延期になってしまった。CELAC実現の一歩と期待されただけに残念ですね。実は7月5日は特別な意味合いがあった。200年前の1811年7月5日、ベネズエラ自治政府が独立宣言を行ったからだ。

Comunidad de Estados Latinoamericanos y Caribeños略してCelac。インチキなOASからラテンアメリカ諸国は脱却し、Celac構想を実現するのは彼らの悲願といえる。ラテンアメリカ諸国は、シモン・ボリーバルら解放者が唱えた精神を再び取り戻すことが出来るのだろうか。今こそ鎖を断ち切る時だろう。

米州機構(Organization of American States、スペイン語ではOrganización de los Estados Americanos)に対してフィデルやゲバラらは反発し続けてきた。アメリカの中南米を支配するツールであるOEAから1962年にキューバは除名されている。その発端となったのが、今から50年前のプンタ・デル・エステ(ウルグアイ)でのCIES会議でゲバラが行った演説。
Discurso en la reunión del Consejo Interamericano Económico y Social (CIES) celebrada en Punta del Este. Ernesto Guevara. 8 de agosto de 1961

演説の締めの部分のゲバラの生の声が聞けますね。また8月11日ごろに紹介しようと思います。

また、OEAへの反発の演説は、自作字幕動画ですが、↓のゲバラの演説でも聴けます。

Ustedes vieron hace pocos días al gobierno de Chile, que había votado en contra de la OEA, por una presión de los Estados Unidos o tal vez por una maniobra política interna, en definitiva a pesar de que tenía una actitud jurídica correcta, pero era un gobierno de la burguesía, rompió con nosotros. Se une también, pues, al bloqueo decretado por el imperialismo.
諸君もご存知のように、いままでOEA(米州機構)に反対投票をしていたチリ政府は、数日前アメリカ合衆国の圧力か、恐らく内部の政治的な策略によって、チリ政府は正しい民主的な姿勢をとっていたにもかかわらず、チリはブルジョワジーによる政府であるが、我々との国交を断絶した。
いまや、チリは帝国主義が指示する封鎖に加わっている。
Y así puede suceder esto con uno u otro país. Entonces nosotros tenemos que tener una base muy sólida nuestra que nos permita aprovechar al máximo el comercio mundial, pero nunca depender de él; es decir, que nos permita, por ejemplo, tener relaciones con todos los países con los cuales tenemos relaciones ahora, y aumentarlas,
同じようなことが他の諸国でも起こっている。したがって、我々は世界中で貿易を最大限に利用することは許されるが、かといって依存しきることのない、極めて強固な基盤を持たねばならない。例えば我々は、あらゆる諸国と国交を持ち、すでに国交を持っている国々とは一層、親交を深めることになるだろう。
昨日、27日に亡くなられたアルゼンチンのネストル・キルチネル前大統領の葬列が組まれた。
妻のクリスティナ・フェルナンデス・デ・キルチネル現大統領や家族に付き添われ、棺が運ばれ、最後の別れをしようと、この沿道には多くの市民が集まった。
アルゼンチンのLa Nacion
Despidieron los restos de Néstor Kirchner en el cementerio de Río Gallegos
pasion-por-nestor-13-580x385.jpg
Gracias Nestor Mi Presidente de la Esperanza
ありがとう、私の希望である、ネストル大統領

僕はあまりアルゼンチンの政治は詳しくないが、ここまで熱烈に国民から支持されたのはペロン以来なのかな?
国際社会で陰口を叩かれようと、国民から愛される大統領が一番カッコイイし、尊敬できますね。
国のトップはどこぞの大国に頭を下げるのではなく毅然と構え、国民を第一に考えることが大事だと思う。
¡Gracias, Néstor! ¡Fuerza, Cristina!
pasion-por-nestor-11-580x914.jpg
ラテンアメリカ大陸の地図に北からキューバのカストロさん、エクアドルのコレア大統領、ベネズエラのチャベス大統領、ボリビアのエボ・モラレス大統領、そしてアルゼンチンクリスティーナ・キルチネル現大統領の写真が掲げられている。
いずれも、各々の国で国民から絶大な支持を受け愛されている人たち。この人たちがラテンアメリカにいる限り、南米の未来は明るいっすね!彼らは人民の希望の星っすね
こないだラテン・ビート映画祭で見逃した、オリバーストーン監督の映画、「国境の南」South of the Borderでも彼らが出演している。
pasion-por-nestor-5-580x367.jpg
今回のネストル・キルチネル前大統領の急死が与えたショックはアルゼンチン国内だけでなく、ラテンアメリカ全体でも非常に大きい。CubaDebateでも大々的に取り上げられている。
ネストルさんの急死は大きな打撃となったが、彼の精神はクリスティーナ婦人に継承され、アルゼンチンの国民の中で永遠に生き続けることだろう。
前の記事でキューバ危機に触れたこともあり、それに関連して1964年12月のゲバラ国連演説を紹介したい。


この動画は以前に僕がyoutubeで見つけた動画にスペイン語学習も兼ねて、日本語とスペイン語字幕をつけたもの。
スペイン語の全文:Discurso en la Asamblea General de las Naciones Unidas Ernesto Guevara. 11 de diciembre de 1964 13 páginas
動画に字幕を付ける前に残しておいた下書き文章がまだ手元に残ってたので、ここで紹介します
Señor Presidente,
Señores Delegados:
議長
代表諸君
La representación de Cuba ante esta Asamblea se complace en cumplir, en primer término, el agradable deber de saludar la incorporación de tres nuevas naciones al importante número de las que aquí discuten problemas del mundo. Saludamos, pues, en las personas de su Presidente y Primeros Ministros, a los pueblos de Zambia, Malawi y Malta y hacemos votos porque estos países se incorporen desde el primer momento al grupo de naciones no alineadas que luchan contra el imperialismo, el colonialismo y el neocolonialismo
本総会のキューバ代表団は、まず、代表を送って世界の諸問題を討議している、多数の国に加えて、新たに三ヵ国が仲間入りしたことを心から歓迎する。サンビア、マラウィ、マルタの人民に、それぞれの大統領及び首相を通じて挨拶をおくるとともに、これら諸国が最初から、帝国主義、植民地主義、新植民地主義と戦う非同盟諸国グループに加えられることを希望する。

冒頭部分ではキューバがいわゆる第三世界を代表して、大国の帝国主義による搾取に対する批判が読み取れる。
Como es de todos conocido, después de la tremenda conmoción llamada crisis del Caribe,
los Estados Unidos contrajeron con la Unión Soviética determinados compromisos que culminaron en la retirada de cierto tipo de armas que las continuas agresiones de aquel país -como el ataque mercenario de Playa Girón y las amenazas de invadir nuestra patria- nos obligaron a emplazar en Cuba en acto de legítima e irrenunciable defensa.
Pretendieron los norteamericanos, además, que las Naciones Unidas inspeccionaran nuestro territorio, a lo que nos negamos enfáticamente, ya que Cuba no reconoce el derecho de los Estados Unidos, ni de nadie en el mundo, a determinar el tipo de armas que pueda tener dentro de sus fronteras.
En este sentido, sólo acataríamos acuerdos multilaterales, con iguales obligaciones para todas las partes.
Como ha dicho Fidel Castro:
カリブ海危機と呼ばれる恐るべき事件があってから、周知のとおり、合衆国はソ連との間に特定の約束を結び、その結果、合衆国のキューバ侵略が依然として続くため-例えば、プラヤ・ヒロンに対する傭兵の攻撃をはじめ、わが国に対する侵攻の脅威に対しやむなく正当防衛行為としてキューバに導入した一定の型の兵器が、撤去されることを余儀なくされた。
 北アメリカ人はこれに加えて、国連に我が領土の査察を要求した。キューバは合衆国をはじめ、いかなる世界の国に対しても、キューバが国内にどういう型の兵器を配備するかを決める権利を認めていないので、われわれはこれを拒否したし、いまも強く拒否している。
 これについて、我々は、各関係国が対等な義務をもつ多角的な協定に従うほかはないであろう。
 フィデル・カストロは次のように発言した。

ここではキューバ危機について触れられている。プラヤ・ヒロンPlaya Girónとはピッグス湾侵攻事件wikiBay of Pigs Invasionのこと。この侵攻をきっかけにカストロはキューバ革命を社会主義革命へと変えた。要するにアメリカがキューバを共産主義国家になるように追い込んだのだ。
このヤンキーのキューバに対する不当な侵略と虐殺についてカストロは以下のように言っていると、ゲバラ国連でカストロの演説を引用した。
«Mientras el concepto de soberanía exista como prerrogativa de las naciones y de los pueblos independientes; como derecho de todos los pueblos, nosotros no aceptamos la exclusión de nuestro pueblo de ese derecho. Mientras el mundo se rija por esos principios, mientras el mundo se rija por esos conceptos que tengan validez universal, porque son universalmente aceptados y consagrados por los pueblos, nosotros no aceptaremos que se nos prive de ninguno de esos derechos, nosotros no renunciaremos a ninguno de esos
derechos.»
「主権という概念が民族、独立国民の特権として、また、すべての国民の権利として存在する限り、我々はその権利から我が国民が排除されることを受け入れないだろう。世界がこのような原則によって統治されている限り、世界が、一般に各国民に受け入れられているという理由で、一般的な効力を持つこのような概念によって統治されている限り、我々はそういう権利のいずれについても、我々から奪おうとするのを認めないだろう。我々はこれらの権利のいずれも、放棄しないだろう。」

これは僕の記憶に間違いがなければ、第二次ハバナ宣言の引用だろう。
El señor Secretario General de las Naciones Unidas, U Thant, entendió nuestras razones.
Sin embargo, los Estados Unidos pretendieron establecer una nueva prerrogativa arbitraria  e ilegal: la de violar el espacio aéreo de cualquier país pequeño.
Así han estado surcando el aire de nuestra patria aviones U-2 y otros tipos de aparatos espías que, con toda impunidad, navegan en nuestro espacio aéreo.
Hemos hecho todas las advertencias necesarias para que cesen las violaciones aéreas, así como las provocaciones que los marinos yanquis hacen contra nuestras postas de vigilancia en la zona de Guantánamo, los vuelos rasantes de aviones sobre buques nuestros o de otras nacionalidades en aguas internacionales, los ataques piratas a barcos de distintas banderas y las infiltraciones de espías, saboteadores y armas en nuestra isla.
ウ・タント国連事務総長は、われわれの理由を理解した。それにもかかわらず、合衆国は新しい特権、専断的で不法な特権の確立を主張した。それは小国の領空を侵犯する特権である。その結果、わが国の上空には、U2機をはじめスパイ装置を積み込んだ各種の飛行機が飛来し、非難を受けることなくわが国の領空を飛び回っている。われわれはこの領空侵犯のほか、わが国への浸透などをやめるよう、必要なすべての警告を発した。グアンタナモ地区の我がほうの哨所に対するヤンキー海軍の挑発、公海上におけるわが国をはじめ各国の船舶に対する海賊的行為、スパイ、破壊活動員、武器などによる

キューバ危機の際、キューバの核ミサイルの配備の位置を偵察していたU2が、ソ連の地対空ミサイルで打ち落とされている。アメリカ国民の立場から見れば核の脅威を取り除くための偵察だが、キューバ側の視点から見ればいつ頭上に爆弾が落ちてくるかもしれない恐怖の対象であったに違いない。グアンタナモはキューバ領内にあるアメリカ軍基地。誤解を招くかも知れないが言ってみれば日本の沖縄みたいなものだ。
動画では、また少し飛んでラスト部分 動画作成の際は字幕しか着けてないのでさっきの続きの部分と勘違いされた人もいるかもしれないが。。。全文を知りたい人もいるだろうから後で日本語訳も紹介する。
Nosotros queremos construir el socialismo; nos hemos declarado partidarios de los que luchan por la paz; nos hemos declarado dentro del grupo de países no alineados, a pesar de ser marxistas leninistas, porque los no alineados, como nosotros, luchan contra el imperialismo. Queremos paz,
われわれは社会主義の建設を望む。我々は平和のために戦う人々を支持する、と宣言した。われわれは、みずから、マルクス=レーニン主義者であるが、非同盟諸国グループに所属することを宣言した。非同盟諸国は、我々と同様に、帝国主義と戦っているからである。我々は平和を望む。

この演説で唯一、ゲバラの考えを示している部分はこの箇所ぐらいだろうか。あとは大体事前に用意された原稿やハバナ宣言などのからの引用だったりする。ここで注目したいのは彼が共産主義者であると同時に、非同盟諸国を強調している点。これは下手をするとソ連を刺激する内容でもある。共産主義の連帯を重視するソ連とゲバラの、理想的な考えには明らかに始めから大きな溝があった。キューバ危機後、自分たちのプライドを捨ててまで、自分たちを冷戦の駒に使ったソ連に従ったカストロの現実主義路線とは、ゲバラは真逆の考え方だ。彼はソ連もまた、資本主義と同様に帝国主義政策を行っている点をアルジェで指摘し、カストロと決別するが、そのことはまた別の記事で書こう。
最後にゲバラ国連演説で次のように第二次ハバナ宣言の最後の部分を引用して、演説を締めくくった。
esta disposición nueva de un continente, de América,
está plasmada y resumida en el grito que, día a día, nuestras masas proclaman
como expresión irrefutable de su decisión de lucha, paralizando la mano armada
del invasor. Proclama que cuenta con la comprensión y el apoyo de todos los
pueblos del mundo y especialmente, del campo socialista, encabezado por la Unión
Soviética.
Esa proclama es: Patria o muerte
こういうアメリカの全大陸の新しい意思は、侵入者の武装した手をつかみ、食い止めるために戦う決意の争う余地のない表現として、大衆が毎日となえる叫びとなってあらわれている。それは世界各国民、とくにソ連を中心とする社会主義陣営の各国民の理解と支持を得ている叫びである。
その叫びは「祖国か死か」である。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。