上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カストロさんは何故リビア情勢についてこれまで執筆されてきたのか?今年、カストロさんが書かれた「フィデルの考察」を基に僕の見解も交えて書いてみようと思う。カストロさんとカダフィ大佐が初めて出会ったのは1977年。↓の写真はカストロさんがリビアを訪問したときのもの。カダフィは中東で最も反欧米の強硬派だったことや、数々の極端で奇怪な言動から「砂漠の狂犬」「アラブの暴れん坊」とも呼ばれた、そうだ。さしずめ、カリブとアラブの暴れん坊コンビといったところかなw
Gdafi3.jpg
カダフィが革命(単なるクーデターという見方もある)を起こしたのは1969年。カストロさんが訪問した77年までには、農地改革、石油の国有化、教育や医療水準の向上が実現しつつあった。この訪問から2年後、カストロさんは非同盟諸国首脳会議事務総長に就かれ、第三世界諸国を率いられる。第三世界の側から帝国主義に対して戦いを挑む点では共闘関係にあったと言えるだろう。

今年の二月から、リビア情勢について執筆活動を続けられてきたカストロさん。NATOが介入した紛争はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、コソボ紛争、アフガニスタン紛争 (2001年-)、そして今年のリビア騒動。過去の紛争でNATOがやって来たことを非難されてきたカストロさんは、誰よりも早くリビア占領計画について世界に発信された。
2011.02.23 NATOのリビア占領計画 El plan de la OTAN es ocupar Libia【 Reflexiones de Fidel】
2011.03.04 NATOの対リビア介入は避けられない La Guerra inevitable de la OTAN
中東で大きな地殻変動が起きている中、極東の日本でも文字通り大きな震災に見舞われたのだ。。
2011.03.13 世界を震撼させる2つの地震 Los dos terremotos
今年は、国内で戦後最も悲惨な出来事が起きた。そして世界では金融危機が叫ばれ、中東ではあちこちへ民主化という名の火の粉が飛び散っている。それだけに、テレビニュースが報じる事も混乱しているのが現状だ。リビアで一体何が起ころうとしているのか?これまで帝国主義の挑戦に立ち向かってこられた老兵カストロさんの書かれることを実体験に根付いている。

今年は、バイーア・デ・コチーノス(プラヤ・ヒロン侵攻事件、俗にピッグズ湾事件)でアメリカのCIAが支援した亡命キューバ人部隊を撃退して50周年の節目でもあった。
2011.04.16 壮大な軍事パレード~プラヤ・ヒロン50周年記念~Comenzó el desfile militar y popular
キューバとアメリカは革命達成直後は仲良くやっていた。しかし憎きニクソンがアイゼンハワーに対してカストロさんは共産主義者だと言い放ち、国有化の賠償提示を跳ね除けてキューバ革命を退けたアメリカ。自国の裏庭に都合の悪い政治体制が出来れば破壊工作(今風に言えばテロですな)も平然と行い続けてきた。

そして61年4月の侵攻事件が起きたわけだが、卑劣な帝国主義者はカストロさんが率いる革命軍によって撃退された。この侵攻事件はキューバに対して社会主義を宣言する契機ともなった。
2011.04.15 プラヤ・ヒロン侵攻から50年目~社会主義化したキューバ革命~First Blood
このアメリカの手前勝手によるキューバ革命に対する拒絶が、後に人類史上もっとも危険だったキューバ危機への扉を開いた。このようにキューバは、大国の思惑によって右往左往させられてきたのだ。

リビアもまた同様に大国の思惑に悩まされ続けてきた。1999年以降、リビアはアメリカ、フランスやイギリス、イタリアなどNATO諸国との関係が好転し、2006年にはアメリカのブラックリストからも削除された。欧米諸国との外交も再開された。しかし事態は急変、今年に入ってNATO軍が国民の叛乱に乗じて空爆したのだ。明らかになりかがおかしい。異常だ。しかし、この異常な事態に対して疑問を投げかける人は少ない。メディアのあからさまな情報操作、洗脳から人々は目覚めなければならない。

だからといって僕はカダフィ大佐を擁護しているわけではない。カストロさんもまた、共産主義者であり(この点で僕とカストロさんとも違うわけだが)何よりも第一にホセ・マルティ主義者なのだ。一方、カダフィは冷戦の時代に資本主義と共産主義を否定していた。したがって、カダフィの政治思想、宗教的思想に賛同されているわけではない。民主革命の美名の下、リビアの地下に眠る膨大な石油目当ての帝国主義国に対して、カストロさんは筆を取り、「フィデルの考察」欄で戦い続けられているのだ。
Gdafi14.jpg

Gdafi1.jpg
Reflexiones del compañero Fidel sobre el tema de Libia
下記はカストロさんがリビア情勢について書いた記事の一覧。上記のリンクCubaDebate上でスペイン語ですが閲覧可能。
El plan de la OTAN es ocupar Libia. 21 de Febrero de 2011
2月21日 NATOのリビア占領プラン
Danza macabra de cinismo. 23 de Febrero de 2011
2月23日 仮装したシニズムは踊る
La Guerra inevitable de la OTAN. 2 de marzo de 2011
3月2日 NATOによる戦争は不可避
La Guerra inevitable de la OTAN (Segunda parte). 3 de marzo de 2011
3月3日 同上Ⅱ
La OTAN, la guerra, la mentira y los negocios. 9 de marzo de 2011
3月9日 NATOによる戦争、偽善、駆け引き
Los dos terremotos. 11 de marzo de 2011
3月11日 2つの震災
Los desastres que amenazan al mundo. 14 de marzo de 2011
3月14日 世界を脅かす元区
La Guerra Fascista de la OTAN. 28 de marzo de 2011
3月28日 NATOによるファシスト戦争
Un fuego que puede quemar a todos. 27 de abril de 2011
4月27日 すべてを焼き尽くさん戦火
スポンサーサイト
リビアの騒動に対してはしばらく筆を止められていたカストロさんが、昨日いつもの書評でNATOの暴虐振りを叱咤された。以下、時事ドットコムより。

title="カダフィ氏遺体「まるで戦利品」=無残な公開批判-キューバ前議長">カダフィ氏遺体「まるで戦利品」=無残な公開批判-キューバ前議長
【サンパウロ時事】キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は24日に政府系サイトに掲載された論文で、リビアの元最高指導者カダフィ大佐の遺体公開を「戦果を誇るトロフィーのようだ。イスラム教、世界中の宗教の最も基本的な原則に背く行為だ」と激しく批判した。
 キューバはかつて反米で共闘したカダフィ氏を支援し、反カダフィ派連合体「国民評議会」を承認していない。カストロ氏は、リビア空爆を続けた北大西洋条約機構(NATO)も「人類史上、最も背信的な抑圧行為を行う残忍な軍事同盟」と非難した。(2011/10/25-06:48)


元ネタの原文はこちら
El papel genocida de la OTAN
24 OCTUBRE 2011
Esa brutal alianza militar se ha convertido en el más pérfido instrumento de represión que ha conocido la historia de la humanidad.
NATO(北大西洋条約機構)は、人類史上最も背信的な弾圧を行う道具である、暴虐な軍事同盟に成り下がってしまいました。
(..)
Su cadáver ha sido secuestrado y exhibido como trofeo de guerra, una conducta que viola los más elementales principios de las normas musulmanas y otras creencias religiosas prevalecientes en el mundo.
カダフィの)遺体を、まるで戦利品のように曝け出すことは、イスラム教のみならず、世界中の主要な宗教上の信仰の基本原理を蹂躙しています。
今日の朝日の朝刊の一面に「カダフィ氏死亡」の見出しが大きく掲載されていた。欧州金融危機で世界経済が混乱し、国内も原発問題、TPP交渉など迷走しているこのご時勢、アラブの情勢はすっかり忘れていました。
カダフィ氏死亡、リビア暫定首相が発表 国づくり本格化
エジプトの英雄ナセルに見習い、自らも大佐と名のったカダフィ大佐。カダフィ氏がナセル同様に後世まで英雄として語られるかどうか疑問だが、ここまで粘り強く生き残ることが出来たのは、強力な支持基盤があったからに違いない。

帝国主義打倒は反米思想に繋がる。もっともリビアのケースでは、利権を得るために介入したヨーロッパ諸国にたいする反発も大きかったわけだが。要するに反帝国主義なのだ。かつてコソボ紛争の際に、カストロさんがNATOの暴虐ぶりを機会があるごとに非難されたように、今回の欧州の介入に対しても批判の記事を書かれた。第三世界のリーダーとして、帝国主義に対して果敢に闘いに挑んだ点で、リビアとキューバは重なる。

ユーゴで思い出したのだが、こんなニュースが掲載されていた。アジアの最期の独裁者はゲバラに憧れ、彼のボスニアの友人はチトーに憧れているンだそうだ。
キム・ハンソル、ボスニアでの友人はチェ・ゲバラ崇拝者?
友人タミルは「ヨシップ・チトーのように国家の真の統合を導く政治家になることが夢」という話もした、そうだ。ゲバラやカストロさんがキューバの英雄ホセ・マルティやマセオを崇拝したように、時代の英雄は先人たちから、イデオロギーや人間性など多くのものを学び取る。まだまだ青二才の次期独裁者(?)とそのお友達は、チトーやゲバラのカリスマ性に魅かれているのだろう。リビアのカダフィもまた、エジプトの英雄ナセルに憧れていた。

「英雄のいない時代は不幸だが、英雄を必要とする時代はもっと不幸だ。」ブレヒトの言葉にあるように、英雄を必要とした時代は今日より不幸であったのだろうか。ニュースを追っていけば、時代は確実に、民衆が主役となる時代へと変遷している。世襲など卑劣なやり口で政治独占を図る指導者を許すことは出来ないが、強烈なカリスマをもって国を統治していくことは間違いではないと僕は思う。しばしば両者は結びつけてマスコミなどで論じられるが、まったく別物だ。

体制内に世襲を根付かせた北朝鮮やリビアの指導者は打倒されて然るべきだろう。しかし、打倒する側もまた利己主義に塗れていれば、元も子もない。カダフィを打倒したは良いが、政治的な構想を持たない民衆が今後どのように国政を司っていくか。この打倒を革命と捉えるなら、これからが正念場であるに違いない。かつてカストロさんはハバナ入場後、コロンビア兵営で以下のように民衆を諭した。

No nos engañamos pensando que en lo adelante todo será fáil.
未来を楽観視して、自分をごまかしてはいけない。
Quizá, en lo adelante,todo sea más difícil.
恐らくこれから先は、皆にとって、さらに困難になるだろう

DISCURSO PRONUNCIADO POR EL COMANDANTE FIDEL CASTRO RUZ, A SU LLEGADA A LA HABANA, EN CIUDAD LIBERTAD, EL 8 DE ENERO DE 1959.

民衆革命が成就したと報道されて久しいエジプト。未だに国の将来像は見えていず迷走している。英雄(賛否両論によって独裁者とも呼ばれる)がカリスマで国家ビジョンを定める時代は終焉を迎えた。それもひとつの時代の流れなのだろう。ならば変わって、一人ひとりの民衆が主体的に物事を考え、価値観を形成していかなければならない。そしてこれまでの時代以上に、真剣に国政に携わる責任が求められるに違いない。
独裁体制からの解放に向け、立ち上がる反政府勢力。カダフィ体制の崩壊も時間の問題だろう。彼はカストロさんが予言したとおり、最期まで銃を持って闘い続けるのだろうか。NATO軍が反政府勢力を支援するシナリオをカストロさんは、早い時期から予測されていたが、今は沈黙を保たれている。
一国の国民同士が憎しみをぶつけ合い、銃撃戦が展開されている様子は、観るに耐えない。。

昨日、NHKの番組「世界遺産への招待状」で「リビア謎の古代都市~キュレネ遺跡~」が放送されていた。この番組を観て、いつかリビアのこの遺跡を訪れてみたいなと感じさせられた。古代文明にはあまり関心がないほうですが、1300年以上、砂の下に埋もれてきた古代ギリシャ都市には何か神秘的なものがある。この都市は、あらゆる病気を治す効果がある薬草の一種、シルフィウムを輸出し富を築いた。石油の埋蔵量を誇るリビアだが、その恩恵に授かれたのも、近代文明が起こってからに違いない。それでも古代から繁栄する要素がリビアにはあったわけですね。

この万能薬であるシルフィウムは紀元4世紀に、乱獲のために姿を消してしまう。リビアの地下に眠る莫大な石油も、同じ運命を辿るのだろうか。希少な資源はリビア国民の繁栄のために使われるべきだろう。リビアはかつて、ムッソリーニの統治下の下、帝国主義によって搾取された歴史がある。

昨年、イタリアはかつて植民地だったリビアに賠償金として25年にわたり50億ドル(約4100億円)を 支払うことで合意したそうだ。イタリアからは不正に本国へ持ち帰られたビーナス像がリビアへ返還された。両者ともイメージが悪いがwベルルスコーニ首相とカダフィ大佐は両国の友好関係の進展に貢献された。その矢先にこの内戦が起きてしまったわけだ。。。

番組のラストで、イタリアのキュレネ研究教授と、元リビア考古庁職員のムハンマドさんが協力して発掘作業に当たられている様子に感動した。リビアはムッソリーニ時代に搾取されて来たが、それは何世紀も続いたヨーロッパとの交流のうち30年に過ぎない。過去のことをくどくど言っても何も始まらない。これからは、宗教や文化の違いを乗り越えて、両国が協力しリビアが誇る古代文明を後世に伝えていかねばならないと、ムハンマドさんは語られた。

騒乱が収拾した後は、再びイタリアとリビアの両国の友好関係が進展することを願いたい。古代キュレネ遺跡の文明はイスラム教を信仰する現代リビアのと文化、宗教的には相容れないそうだが、我々のルーツだと誇らしげに語るムハンマドさん。そう、世界遺産とはイデオロギーや民族、宗教の壁を乗り越えて我々人類が責任を持って、後世に語り継いでいくべきなのだろう。
7時のNHKニュースでは今日も地震のニュースのみ報道されていた。
2万人以上の死者が想定され、原発危機という日本の戦後史上最大の悲惨な状況下なだけに、国内のみのニュースが報道されるの致し方ないと思う。
しかし、日本が震災で苦しんでいることにお構いなく、国際情勢も進展している。リビア情勢は先月、カストロさんが書評で予測したとおりの最悪の事態に陥ってしまった。。。
cfNATOのリビア占領計画 El plan de la OTAN es ocupar Libia【 Reflexiones de Fidel】

欧米が国連決議に基づきリビアへの攻撃を開始したことについてカダフィ大佐は「これは第2次十字軍戦争だ」と激しく反発し、徹底抗戦を続ける覚悟を表明した。なるほど、構図的にはキリスト教を信仰する国々の連合によるイスラム教の国であるリビアに対する侵攻に違いない。カダフィ大佐を支持するつもりはないが、そう言われれば人類は中世のころとちっとも進歩していないなと思う。かつて「乳と蜜の流れる土地カナン」を求めて、キリスト教圏の諸侯からなる大規模な連合軍である十字軍は聖地奪還を行った。今回のお目当てはリビアの莫大な石油であることは明らかだ。

しかし、今の戦争は、かつて中世遠征のように鎧を身に着けた騎士の戦いではない。近代兵器は一般市民も容赦なく爆撃する。
aviones.jpg
整備を終え発射するシュペルエタンダール (Super Étendard)Foto: REUTERS/Jean-Paul Pelissier/Files
aviones01.jpg
航空母艦から飛び立つラファール(Rafale)Foto: REUTERS/Jean-Paul Pelissier/
上の戦闘機はフランスのだが、その他にアメリカやイギリスも攻撃を開始、トマホーク巡航ミサイル約110発がカダフィ政権の軍事施設20カ所以上に撃ち込まれた。
tomahawk-launch1.jpg

今回の作戦名は「オデッセイの夜明け」と名づけられたという。「ネオ・コロニアリズム(新植民地主義)の夜明け」の方が相応しいと思うが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。