上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はBS-TBSで興味深い番組を発見した!その名も、THE世界遺産3D GRAND TOUR。ソニーのハンディカムのCMを見つつ、番組が始まるのをワクワクしながら待っていたら、次のテロップが唐突に出てきた。

3Dモードに切り替えてください
え?!
画面には二分割されたハバナの風景画出てきた。

携帯から番組のHPを至急開いて確認してみたら以下のように説明されていた。


ハバナ旧市街とその要塞群(キューバ) (’11年10月29日放送)
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーはキューバ、要塞群に囲まれた街・ハバナ
アメリカの文豪・ヘミングウェイが愛したその街には、まるで骨董品のようなクラシックカーが今もなお走り回り、葉巻工場や電車の整備工場が、時空を超えてきたかのように動き続けていた。
さあ、大西洋の海風香るハバナのグランド・ツアーへ、出かけよう!



SONY 3D BRAVIA専用メガネ ブラック TDG-BR250-BSONY 3D BRAVIA専用メガネ ブラック TDG-BR250-B
(2011/04/30)
ソニー

商品詳細を見る

なるほどね。。。こりゃ3D対応テレビが欲しくなる訳だ(笑)

番組自体は非常に良い作りになっていた。単にキューバの世界遺産や観光名所を紹介し、形式的な説明に終わらず、キューバのよさを伝えている。旧植民地邸の中庭に立つコロンブス像や、アメリカ資本の砂糖工場でも当時の面影をそのまま残されていることは、キューバ人の文化レベルの高さを物語っている。これが例えば中国とかだったら、世界遺産にまで階級闘争なんぞを持ち出して、文化革命期に破壊尽くしただろう。しかし、同じ東側陣営に属しながらもキューバそんな野蛮なことはしなかった。アメリカの悪いところに対しては反発しつつも、古き良きアメリカは保存していたのだ。かつて宗主国だったスペインの建築様式がそのまま残っていることついても、同様のことが言える。

他にもキューバ名物の美味いモヒートが飲める、ヘミングウェイ行きつけのバー、ボデギータ(Bodeguita del medio)も紹介されていた。モヒートは今年の夏に、アレイダ・ゲバラさんのパーティーで初めて飲みましたが、後味スッキリでイイっすね。是非いつか本国へ赴いて飲んでみたいものですw
“My mojito in La Bodeguita, My daiquiri in El Floridita”
ですね。どっちも行ってみたいけど、フローズン・ダイキリよりモヒートのほうが健康的かな(笑
↑のヘミングウェイが書き残したサインもアップで映し出されていた。3Dだと文字が浮かび上がって来るのかな?w

3Dはともかく、世界遺産の番組であった。
スポンサーサイト
世界中の素敵な町を、和むナレーションで紹介してくれる番組、「世界ふれあい街歩き」。今日、BSプレミアムで放送されたのは、キューバのSantiago de Cuba。古来よりキューバの革命の地であり、フィデル・カストロもまた、この地を拠点に革命を起こした。

2011年8月31日(水)  サンティアゴ・デ・クーバ~キューバ~

中嶋朋子さんの和む解説と、サンティアゴ・デ・クーバの街角ののんびりとした雰囲気がマッチしている。

椰子の木風のデザインのココ・タクシーで弁当を食べながら「このバイクはこの街一番さ!」と応える陽気なオジサン。まるで兵士のようなコスチュームで「この仕事も、政府の仕事よ」得意気にコーヒーを淹れるカフェのウェイトレス。“キューバの女”という曲を照れくさげにもバイオリンで演奏する音楽学校の女の子。誰も彼も、口には出さなくても祖国に対する誇りが感じられる。

面白かったのは街のアイスクリーム屋で、理屈をこきながらもアイスを頬張る医学生w
こんなにたくさんアイスを食べても大丈夫?と尋ねられると、「とても暑いので呼吸回数が多くなり、エネルギーを消費した体が、アイスを求めているんです。実はとても栄養価が高いんですよ」とさwwこの時映っていた医学生たちはボリビアから来た留学生。アンデスの標高高い故郷のボリビアでも呼吸回数が増えるからアイス食ってそうですねw

番組内では、モンカダ兵営7月26日歴史博物館や、カストロさんが襲撃前に準備を行ったシボネイ農場も紹介されていた。黄色一色の壁のモンカダ兵営には、当時の銃弾の跡が生々しく刻まれていた。カストロさんは革命後に教育に力をいれ識字率を上げるためにバティスタ時代の要塞や刑務所を学校に変えた。このモンカダ兵営にある小学校からキューバ国内の学校づくりが始められたのだった。そういや番組内で映っていた、街の学校の子供たち可愛かったなぁ。ちょうどシエスタの最中だった。

今日は、BSでサンティアゴ・デ・クーバの待ち歩きが放送されるのを知って、ジムのランニングマシンで走りながら観ていました。僕の家はBS映らないけど、観に行ってよかったっすね。いつか、自分の足でゆっくり歩きながら革命の地サンティアゴ・デ・クーバを楽しみたいものだ。

独裁体制からの解放に向け、立ち上がる反政府勢力。カダフィ体制の崩壊も時間の問題だろう。彼はカストロさんが予言したとおり、最期まで銃を持って闘い続けるのだろうか。NATO軍が反政府勢力を支援するシナリオをカストロさんは、早い時期から予測されていたが、今は沈黙を保たれている。
一国の国民同士が憎しみをぶつけ合い、銃撃戦が展開されている様子は、観るに耐えない。。

昨日、NHKの番組「世界遺産への招待状」で「リビア謎の古代都市~キュレネ遺跡~」が放送されていた。この番組を観て、いつかリビアのこの遺跡を訪れてみたいなと感じさせられた。古代文明にはあまり関心がないほうですが、1300年以上、砂の下に埋もれてきた古代ギリシャ都市には何か神秘的なものがある。この都市は、あらゆる病気を治す効果がある薬草の一種、シルフィウムを輸出し富を築いた。石油の埋蔵量を誇るリビアだが、その恩恵に授かれたのも、近代文明が起こってからに違いない。それでも古代から繁栄する要素がリビアにはあったわけですね。

この万能薬であるシルフィウムは紀元4世紀に、乱獲のために姿を消してしまう。リビアの地下に眠る莫大な石油も、同じ運命を辿るのだろうか。希少な資源はリビア国民の繁栄のために使われるべきだろう。リビアはかつて、ムッソリーニの統治下の下、帝国主義によって搾取された歴史がある。

昨年、イタリアはかつて植民地だったリビアに賠償金として25年にわたり50億ドル(約4100億円)を 支払うことで合意したそうだ。イタリアからは不正に本国へ持ち帰られたビーナス像がリビアへ返還された。両者ともイメージが悪いがwベルルスコーニ首相とカダフィ大佐は両国の友好関係の進展に貢献された。その矢先にこの内戦が起きてしまったわけだ。。。

番組のラストで、イタリアのキュレネ研究教授と、元リビア考古庁職員のムハンマドさんが協力して発掘作業に当たられている様子に感動した。リビアはムッソリーニ時代に搾取されて来たが、それは何世紀も続いたヨーロッパとの交流のうち30年に過ぎない。過去のことをくどくど言っても何も始まらない。これからは、宗教や文化の違いを乗り越えて、両国が協力しリビアが誇る古代文明を後世に伝えていかねばならないと、ムハンマドさんは語られた。

騒乱が収拾した後は、再びイタリアとリビアの両国の友好関係が進展することを願いたい。古代キュレネ遺跡の文明はイスラム教を信仰する現代リビアのと文化、宗教的には相容れないそうだが、我々のルーツだと誇らしげに語るムハンマドさん。そう、世界遺産とはイデオロギーや民族、宗教の壁を乗り越えて我々人類が責任を持って、後世に語り継いでいくべきなのだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。