上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の頭にシンガポールで、「アジア安全保障会議」が開かれ各主要国が話し合った。去年の末に起きた延坪(よんぴょん)島砲撃事件尖閣諸島中国漁船衝突事件が記憶に新しい。最近も、南シナ ベトナムが緊迫化するなどアジア情勢は穏やかではない。
そんなこともあってか、こないだ僕が受験してきた某試験では、「中国の軍事力強化について概要を示し、思うところを述べなさい」という題の小論文試験が課せられた。この試験は受験生が多いためか3日間に渡るのだが、僕の翌日の試験では「最近の朝鮮半島情勢」について出題されたらしい。僕はどっちも殆んど新聞で読んだぐらいの知識量しかなく、御題を見た瞬間、どうしよぉ。。。と思ったが、どうやら小川 和久さんの「もしも日本が戦争に巻き込まれたら! 日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国 (2時間でよくわかる!)」を読んでおいたほうがよかったようだ。。図書館から借りてきていたんですが、あまりキナ臭いお題は出ないだろうと思い、読まなかった判断が間違っていたようだ。。

もしも日本が戦争に巻き込まれたら!  日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国 (2時間でよくわかる!)もしも日本が戦争に巻き込まれたら! 日本の「戦争力」vs.北朝鮮、中国 (2時間でよくわかる!)
(2011/02/02)
小川 和久、坂本 衛 他

商品詳細を見る

ニコニコ動画でも、話されていたようですね。
ちなみに小川 和久さんは僕の母校のOBの方。なぜ神学部からJSDFへ行かれたのか疑問に感じるが、そんなこと言ったら、どこの学部出身者だったら行くンだよ?って突っ込まれそうですね。ちなみに面接で言われて始めて知ったのですが、僕の母校には幹部で勤めている人が多いようです。

この本のpart2のもしも、「中国の戦争」に日本が巻き込まれていたら?」を読んでいたら、概要を示せの箇所はマシなことを小論文で書くことが出来たかもしれないと思うと、悔やまれます。
尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件では、映像を流出させた海上保安庁の職員が、英雄視されたのは胸がムカつく思いだったのを覚えている。ナマの情報を観る時代~尖閣諸島のビデオがネット上に流出という記事を書いていた頃、当初はこの映像流出は政治的なモノが絡んでいるのではないかと疑ったものだ。那覇地検による中国人船長の釈放も、司法が外交に口出ししたようで解せなかった。小川さんも、この著作で「那覇地検が日中関係を熟慮した結果、釈放したのであれば、総理は直ちに検事総長を更迭しなければならないが、そういう展開にならなかったのは、官邸が検察に責任を転嫁したからだ。この政治判断の誤りは、歴史に残る大失策だ。」とまとめられている。まったくその通りだ!

しかし、それ以上に腹立たしかったのは、海上保安庁の職員が、英雄視されたことだった。この点も小川さんと見解が一致する。マスメディアは、流出したサイレンが鳴り響く映像を連日ニュースで流し、問題の本質をあまり報じない姿勢を、私は疑問に感じると述べられている。そして、沿岸警備を職務とする公務員である保安庁職員が遵法精神を逸脱し映像を流出させたことは、絶対にあってはならない国家に対する反逆であるに違いない。世論が当時、この職員を同情心から英雄視したのは、理解に苦しんだものだ。公務員が遵法精神を貫かないことは大問題であり、厳しい行政処分をされるのが然るべき有り様。例え、政治判断に不手際があっても、それとこれとは別問題であることは明らかだった。とはいえ、保安庁の職員方の心痛を思うと同情的にはなるもの。。。。それでも公務員は法を破り、職務を逸脱してはいけない。

なンか感情を剥き出しにしてしまいましたが、小川さんの見解は僕の考え方と合致していて、読み終わってホっとした。小論文試験では、概要を示し、尖閣問題に触れ将来このような領土問題における局所的な紛争は起こり得るだろうと述べた。しかし、わが祖国と中国との間で戦争が起こる可能性は極めて少ないと思う。第一に日本と中国は経済的互恵関係(戦略的の間違い)にあり持ちつ持たれつの関係にあること、そして日米安全保障下での中国の侵略はアメリカの介入に繋がりかねない。この2点から中国が日本へ侵攻するメリットがないことは明らか的なことを書いた。
今回の東日本大震災では日米間の見事な連携が示された。今後もわが祖国の有事に備え、日米間の連携を進めていくこと、そして中国の脅威を日米で抑止していくことが肝心であると締めくくった。

要は中国を脅威といって騒ぎ立てる理由はない。戦略的互恵関係と日米安保を考えれば、戦争が起こる可能性は極めて小さいということ、そしてアメリカとの関係を今後も重視していくべきこと書いたンですが、小川さんの著作と大枠からは外れていないようです。脅威論は小川さん風に言えば、「木を見て森を見ず」ということになる、しかしこの安全保障はアメリカの存在があってこそ成り立つのが現実というわけなンですね。

ただ、この著書を読んで初めて知った、中国の人民解放軍と日本の自衛隊の間にある太いパイプ、対話チャンネルの存在について触れておきたかった。「セカンド・トラック(通称トラック2)」という公式なものとは別のパイプを設けて、専門家による準公式協議をおこないながら、互いの意思疎通を確かなものにする装置。要は本音で語り合える場があるってことですね。

小川さんは、自衛隊と人民解放軍のトラック2のような本音ベースの交流を、官民さまざまなレベルで拡大していくべきだと、まとめられた。日本も中国も、互いに「もっとも嫌いな国」として悪い印象を持っているが、トラック2に見習い互いにもっと交流していかないといけませんね。僕も大学時代に、中国人の編入生と何度か話していましたが、本当に日本語が上手です。僕が講義のノートを見せてあげたら中国語を少し教えてくれました。

僕はどちらかといえば、中国の文化大革命などの狂気の歴史が頭から離れず、悪い印象を持っている人間ですが、良い人もたくさん中国人にはいると思います。国民性は日本人と全然違いますが、互いの歴史認識、文化を知り、納得できなくても触れ合い、本音で語り合うことが大事なのかも知れませんね。
スポンサーサイト
2009年12月に劉氏が作成した文章「私には敵はいない 最後の陳述」我没有敌人 --我的最后 我的最后陈述が10日のノーベル平和賞授賞式で代読された。原文と英語訳共に公式のHPに全文が載せられています。
I Have No Enemies: My Final Statement Apell (Oslo, 10. desember, 2010)
23. desember, 2009

この文章の中で劉氏は、“反革命宣传煽动罪”で投獄されていることについて次のように述べている。

我没有敌人,也没有仇恨。所有监控过我,捉捕过我、审讯过我 的警察,起诉过我的检察官,判决过我的法官,都不是我的敌人。
私には敵はおらず、憎しみもない。私を監視、逮捕した警察、検察や判事も敵ではありません。


体制側のすべての者を敵に回せば流血は避けられない。内心は憎しみを持っているかどうかは分からないが、このようなことを表明しておくことは、革命家にとって重要なことに違いない。
劉氏はこの文章で表現の自由も希求している

 我期待,我将是中国 绵绵不绝的文字狱的最后一个受害者
私が”文学の獄”の最後の犠牲者となることを願います


現在の中国に表現の自由がないことは容易に想像できる。第二次大戦後、国共内戦を経て中国がどれだけ狂気の沙汰をやらかしてきたことだろうか。数十年前まで毛沢東語録を学校で朗読させる様や狂気の文化大革命を想い起こせばこの国を変革していくことがいかに大変なことか。
08憲法とかいった理想を語るより、具体的にどうしたいのか語らなければ何も変革できないだろう。文学と政治は表裏一体だがそれだけでは何も解決しない。
今年のノーベル賞は興味深いテーマが多かった。日本人に与えられた化学賞、ラテンアメリカの作家であるリョサさんが文学賞を受賞したことは前の記事で書いた。
しかし一番、注目されているのは平和賞だろう。この受賞が決定されたのを知り、近い将来、東アジアで何か大きな変革が起きることは間違いないと思わされた。それが1年後か、10年後か定かではないが。昨日、久々に飲みに行って悪酔いしたせいか、先の極東情勢を考えるとかなり気分が悪くなってくる。
それにしてもノーベル平和賞はここまで政治色が強い賞だったのか、と驚かされた。

そんなことを考えながら、今日の朝日新聞の天声人語を何気なく読んでいたのだが、中々面白いことが書いてあった。
【獄につながれてノーベル平和賞を受けたケースは、先例があり、1935年のカール・フォン・オシエツキーさんが当てはまる。このドイツのジャーナリストで平和運動家の全体主義に抗する言論人の受賞はヒトラーを激怒させた。その著作はナチスの脅威を突いて焚書に遭っていた。だがノルウェーのノーベル賞委員会は授与を勇断する。】
狂気の政治体制に対する平和運動を行った点でカール・フォン・オシエツキーさんと劉暁波が重なる。
両者が受賞した時代背景も少し類似点が見られる。例えば、オリンピックが開催された時期だが、オシエンツキーさんが受賞してから1年後にベルリンオリンピックが開催され、今年の劉さんの受賞の2年前に北京オリンピックが開催されている。オリンピックというのは必ずしもそうではないが、国内の経済が急速に発展し、国力が大きくなっていく時期に開催されるケースが多い。日本の東京オリンピックもそうだった。
また、ナチスドイツがドイツに相応しくない書物を焚書していたように中国もメディアに対して過度の検閲を行っている。今は書物だけでなくネットを始めとしたデジタルの媒体によって世界中に情報を発信できる時代なので、ナチスの時代のように上手くはいかないとは思うが。

ナチスは民主的なプロセスを経て選出された政党だ。一方で、中華人民共和国は一党独裁という点では同じだが、民主主義という観点から見ればナチスよりもたちが悪い。ナチスを擁護するつもりはないが、あの当時のナチスは公共事業により国内の失業者をなくし、国民のために尽くしていた(一方で虐げられた人たちがいたのだが。

今の中国は腐敗し、腐るところまで腐り尽くしている。こんな腐った国に住んでいる国民には同情するが、中国が民主化することに対しては、果たしてそれが正解なのか疑問を感じる。
受賞理由はあくまで中国の基本的人権確立のために長期にわたる非暴力の闘いを継続したことだ。だが、この平和賞は明らかに政治色が強く、人民日報系の環球時報が「ノーベル平和賞は西側の利益の政治的な道具になった。平和賞を利用して中国社会を裂こうとしている」との指摘も的を得ている。

民主化を仮に達成したとして、それが中国国内の平和に繋がるのだろうか?国共内戦では数多くの人命が失われた。あの悲惨な流血を再び中国内で流させるのか。
流血なしに民主化を達成することは不可能だろう。13億の国民を統制するなど普通に考えて不可能だ。

天声人語では魯迅について触れられていた点も面白い。
【作家で詩人でもある劉氏の書くものには、どこか魯迅を思わせる志と、骨の太さがあるとの評も聞こえてくる。
その魯迅は、希望とは地上の道のようなものと述べている
「もともと地上には道はない。歩く人が多くなればそれが道になるのだ」と。
中国民衆と政府が歩みゆく道を、世界が凝視している。 】
ノーベル平和賞は狂気の国、中国へメスを入れたわけだが、このことは中国の民主化の契機となるだろう。
人々が歩む道を先導する劉さんが受賞した背景には何があるのか?
いろいろと考えさせられるが、同時に過去の先例と照らし合わせ何か不気味な臭いがする平和賞だ。

他の方もブログで結構書かれてますね。
劉さんの著作に『天安門事件から「08憲章」へ 中国民主化のための闘いと希望』があるのでまた読んでみようと思う。


R トレックのブログ ノーベル平和賞



【PS】
世界各国の首脳の見解については人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2で紹介されていて参考になりました。

特に興味深かったのが日本の首相の発言「普遍的価値である人権について、ノルウェーのノーベル賞委員会がそういう評価をし、メッセージを込めて賞を出した。そのことをしっかりと受け止めておきたい」
もぉ何て言えばいいのやら。。。菅首相、君の更迭も受け止めるしかないぞw

しばしば程度の低いコメントが目立つニコニコ動画だが、彼らのコメントは日本国民の今の心情を代弁しているのではないかww?それにしても最近検察が悪役を演じさせられてますね
この首相が演説するとますます情けなく聴こえる。いや、もうどうでもぃぃゃ。。。。とさえ思えてくる
普段はこのブログでは国内情勢を書いたりしないが、極東情勢の緊張が日増しに強まってきたので不安を感じつつ書いてみた。
このマスコミの報道みんなどう感じ取っているのだろうか?中国ではナショナリズムが高まる一方で、日本国内では呆気にとられただ呆然とこのニュースを聴いている人が大多数だろう。僕もそのうちの1人だ。。。。。

これからの日中関係が悪化することは誰の目からも明らかだが、このシナリオは誰が描いているのだろうか?
極東情勢は朝鮮半島も緊張が続く中、もう一つの緊張も大きくなりつつある。問題はこの火種に誰が油を注いでいるのか、という点だろう。菅首相(この人もすぐ元首相という肩書きになるだろうが)今回の記者会見は国連に首相が行っていることもあり、国連と日本とアメリカの国旗がバックに掲げられた部屋で行われている。何気なく目に入ったのだが、何故かこの3つの国旗が何かを如実に物語っている様な気もしなくはない。

日中間で仮に戦争が起きた場合、極東で新しい秩序が築かれるだろう。中国のこの経済成長はアメリカにとっても日本にとってもその他の地域の国にとっても煙たい存在だ。中国の経済成長に歯止めをかけるために国際世論は冷酷なまなざしで極東での戦争を見守ることだろう。

まぁかなり私見に基づいた記事を今回も書いてしまったが、今回のこのインチキ報道を他の人はどう受け止めているのだろうか?僕は変に先読みしすぎちゃったっすねw。。。。

とりあえず客観的な事実は他の方のブログで

 那覇地検が中国人船長を処分保留で釈放する決定を公表したことに24日、与党・民主党からも失望や疑問の声が相次いだ。党代表選後、内閣支持率の上昇に勢いを得た菅直人首相だが、中国の圧力に屈服した格好の今回の決定は、今後の政権運営に大きな影響を与えそうだ。首相の求心力低下にもつながり、民主党代表選で首相に敗れたばかりの小沢一郎元幹事長の「復権」を早めることになるかもしれない。  「内閣支持率はがた落ちで...
中国人船長釈放で菅政権に激震、小沢復活を後押し?


「中日両国が近隣として、戦略的互恵関係を発展させる方向を堅持することは両国民の利益に合致する。双方が対話と協調を通じて両国間の問題を解決し、両国関係の大局を維持するという中国側の立場に変更はない」とは意味のない発言だろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。