ゲバラは、1965年4月にコンゴへ発つ前にカストロさんを含め数多くの手紙を革命の同志に残している。その中に学生時代に共に南米縦断を果たしたアルベルト・グラナドスへ宛てた手紙があるが、真の友情とは何かこの文面から感じ取れる。

No sé que dejarte de recuerdo. Te obligo, pues, a internarte en la caña de azúcar.
僕は思い出に何を君に残せばいいのか分からない。だからサトウキビの研究をするという課題を任せる。
Mi casa rodante tendrá dos patas otra vez y mis sueños no tendrán fronteras, hasta que las balas digan al menos.
僕の移動住宅はまたもや、二本足で歩くことになるだろう。
僕の夢は国境なんて関係ない、弾丸で決着をつけるまでは。
Te espero, gitano sedentario, cuando el olor a pólvora amaine.
硝煙の匂いがおさまったら、君が来てくれるのを待つよ、
放浪をやめたジプシーである君を。
Un abrazo a todos ustedes, inclúyeme a Tomás.
トーマスも含め、君たちみんなに抱擁を送るよ
Che
チェ

ernesto-che-guevara-y-alberto-granado-en-la-balsa-mambo-580x395.jpg
マンボ・タンゴ号(イカダ)の上でポーズを決める二人。右がゲバラ、左がグラナドス。
con-la-motocicleta.jpg

バイクでのラテンアメリカ縦断で、地方の貧困、医療を受ける機会の不足、先住民の公民権の剥奪などを目の当たりにし、革命を決意した2人。しかし変革のあり方、達成方法では、ゲバラとグラナドスの両者の考え方は全く違ったものだった。
ゲバラは帝国主義に対抗するためには武力闘争しかないと考えたが、グラナドスはもっと平和的な、他の方法があると考えていた。そのことは、この手紙からも感じ取れる。
共にキューバを解放したカストロ宛ての手紙は革命化同士の絆が感じ取れる一方、グラナドスに対する手紙からは男同士の真の友情が感じ取れ、何か微笑ましいものがある。
cfゲバラから別れの手紙、カストロさんの朗読

3月5日グラナドスさんが亡くなられたニュースがCubaDebateに掲載されていた。
Falleció Alberto Granado, amigo del Che y de Cuba
グラナド氏の遺言により、遺体は火葬され遺灰は、彼の祖国アルゼンチン、生物化学者として尽くしたキューバ、ベネズエラにまかれる。

↓のビデオはモーターサイクルダイアリーズのエンドロールで流れる "Al otro lado del río"

今頃は2人で三途の川をイカダで渡っているところだろうか。
スポンサーサイト