上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今から66年前の1945年8月6日午前8時15分、一つの原子爆弾が広島に投下され、広島市民の命と日常が奪われた。被爆者の方の無念さは、筆舌に尽くし難い。

アレイダ・ゲバラさんの公演を収録した『父ゲバラとともに、勝利の日まで』で、ホセ・マルティの詩を、広島市立大学で詠われた一節が掲載されている。以下は第7話から。

 

広島の人たちのそばにいて、とても印象深い思いがしました。ホセ・マルティの詩の一つを現実にしたものを見たように思えたからです。彼は詩の中で言いました。
「白い薔薇を誠実な友のために育てよう」
しかし、ホセ・マルティはこうも言ったのです。
「ぼくのこころを引き裂く残酷な人、ぼくの敵にも白い薔薇をあげよう」
 この詩が本当だと思えるまれな機会を私は得たのです。広島の人たちは、「赦す」ということができる人たちなのだ、と思えたからです。
 でも注意して下さい。忘れてはいけないことがあります。広島や長崎の教訓を、本当の究極の平和のために闘い続けていくための力にすべきだということ、それがとても大事です。終わりにあたって、私はキューバ人になりきって歌います。



父ゲバラとともに、勝利の日まで―アレイダ・ゲバラの2週間父ゲバラとともに、勝利の日まで―アレイダ・ゲバラの2週間
(2008/12/29)
星野弥生

商品詳細を見る

La Rosa Blanca
白いバラ

Cultivo una rosa blanca,
En julio como en enero,
Para el amigo sincero
Que me da su mano franca.
ぼくは白い薔薇を育てる。
暑い七月にも寒い一月にも。
私に手をさしのべる
親切な友だちのために。

Y para el cruel que me arranca
El corazón con que vivo,
Cardo ni ortiga' cultivo:
Cultivo la rosa blanca.
たとえぼくのこころを
引き裂く残酷な人にも、
その白い薔薇の花をあげよう。
あざみや青虫をあげることはないでしょう。


詩の訳は、『父ゲバラとともに、勝利の日まで』星野弥生∥編著・訳より

Poemas de José Martí


8月は、世界中の人が原爆について考える月。去年、ブログを書き出した頃に、ゲバラが来日した際に広島へ来たことについて書いた。
2010.08.09 ゲバラ「日本国民、ヒロシマの市民はなぜアメリカの原爆投下責任を問わないのだ」

今から見直すと、若僧が随分生意気なことを長々と書き綴っているなと感じ、ちょっと呆れんばかりの想いですが。。w自身の感情丸出しですね。勿論、この文章の筆者は他ならぬ僕なんですが。。

アレイダさんは、父のコマンダンテ・チェ・ゲバラが疑問に感じた答えを、広島市民の方と接すことを通じて見出された。チェ・ゲバラは、恐らく憤りの念も抱きつつ次のように漏らした。
「君たちは、こんなひどい目にあってなぜ腹を立てないのか、アメリカはまったく酷い事をするな。。
日本国民、ヒロシマの市民はなぜアメリカの原爆投下責任を問わないのだ」と

敗戦国日本が、冷戦構造下でアメリカの原爆責任を追及できないことは、チェ・ゲバラ自身も承知のことだろう。チェは、なぜ広島の人たちは怒らないのか?と言いたかったのではないかと僕は思う。

原爆に限らず、戦争というのはヒト対ヒトとの闘いである以上、憎しみを生み出す。同じ太平洋戦争で一例を出すなら、かつて大日本帝国が侵略したアジア諸国と現在の日本政府は、歴史観において未だに問題を引きずっている。憎しみは、世代を超えて語り継がれている。

一方、被爆者の方は、原爆を落としたアメリカ人に対して憎しみの念を抱かれているのだろうか?
被爆者の方は多くの詩を残されている。そこからは、理不尽な運命に対する怒りも感じられるが、それ以上に平和に対する願いが伝わってくる。
僕たちの世代へは、アメリカに対する憎しみや恨みではなく、平和に対する希求が語り継がれているのだ。
それは、アレイダさんが指摘されるように「赦す」というステップが踏まれたからだと僕は感じる。広島を訪れた人たちから、原爆落下中心地碑への献花される。被爆者に対してだけでなく、原爆を投下したかつての敵国アメリカに対しても、その想いは伝わっているのだろうか?

核兵器を廃絶するということは、生易しいことではない。核兵器は在るべきではないという理想がある一方、日本が核の傘下に入らなければならないという現実とどのように向き合っていくか。一市民に出来ることは限られているが、この問題について、現実から目を背けず議論を重ねることが大事なことではないかと思う。このことは、目下、問題になっている原子力発電所の問題についても当てはまるのではないか。

原発事故によって、福島の数多くの人たちは日常生活を奪われ、責任ある東京電力は責任の矢面に立たされている。しかし、一度も傷害事件などは起きていない。それは、私たち日本人が「赦す」ととができる国民性を持っているからではないかと思う。憎しみを乗り越え、「赦す」ことから、事故の教訓を次の世代へ生かすことが出来れば。。
現実はそんなに甘くはないかもしれないけど、マルティの詩からそのようなことを感じさせられた。




スポンサーサイト
昨日、かつてカストロさんの母校のハバナ大学で、数千人の学生らを前に約30分間演説をされた。数千人規模の聴衆を前に演説をするのは、病に倒れた2006年以降、4年ぶりのことだった。演説の内容は先月から繰り返し呼びかけられている戦争の脅威についてだった。全文と動画はCubadebateで観ることが出来る。
Mensaje a los estudiantes universitarios de Cuba (+ Fotos y Videos)
fidel-castro-roberto-chile-19-580x873.jpg
バックにはゲバラがいますねw
ゲバラは来日したときヒロシマの原爆ドームを訪ね、兵器の恐ろしさを学び、キューバの脅威を伝えたことは前の記事で触れた。
fidel-castro-universidad-roberto-chile-14-580x334.jpg
重要なのは次世代の若者たちへ(僕もそうだが。。。)の脅威をを伝えることだろう。カストロさんの演説が聴けるなんてハバナ大学の大学生がうらやましいっすね。


今日は長崎に原爆が落とされた日。ここ数日、65年前に広島と長崎に原爆が落とされた日、ということもあって原爆についての手記を書いてきたけど、最後に1959年にゲバラがキューバの経済使節団長として来日した際、広島に訪れたことについて書いてみたい。
ernesto-che-guevara-59a-fidel-castro.jpg
ernesto-che-guevara-58a-fidel-castro.jpg

この写真は1959年に撮られたもの。革命達成から6っカ月後に外交の地固めという使命を担って、いわゆる第三世界諸国を訪問するためキューバから出国した。目的地はエジプト、インド、インドネシア、ユーゴスラビアでその時ネルーやスカルノ、チトーと会ったのだがその時のことはまた別の機会に書こう。この旅の途上でゲバラは日本に来た。写真ではフィデル・カストロと出発前に何やら話し込んでいる。
彼は日本でトヨタの自動車工場やソニーの工場を見学し、「我々の国、キューバも日本のように資源がない。我々も日本のように頭を使わなければならない」と感想を述べたという。彼は日本でキューバの砂糖の売り込みもしていた。そして戦没者が眠る靖国神社を参拝するスケジュールが組まれていたらしいのだが、ゲバラはそれを頑なに拒否しヒロシマに向かった。
この反応は反帝国主義の思想を持っているゲバラのことを考えれば、当然のことだ。太平洋戦争で隣国のアジア諸国を侵略した帝国主義の兵隊が眠っている神社に参拝するなどゲバラにとっては考えられないことであったに違いない。彼はその代りに被爆者の眠るヒロシマへ向かった。医師でもあったゲバラは原爆ドームだけでなく、原爆病院にも足をはこんだ。彼はそこで何を思ったのだろうか?
youtubeで「革命家とヒロシマ」という動画を観たことがあるが、その動画によれば7月25日にヒロシマに訪れたゲバラを取材した日本人の記者がいたという。ヒロシマになぜ来たのかという問いに対しゲバラは、「日本に来てヒロシマをみないわけにはいかないだろう」と応えたそうだ。そして反米、反核については声高に主張しなかったらしい。これは新聞記者が同行している場で、日本の外務省を刺激しない配慮があったのだろうが、少しゲバラらしくないなとも思った。恐らくカストロに出発前、外国では外交官らしくし、キューバに対する心象を悪くさせるなと念を押されたために違いないw憶測だが、上に掲載したゲバラが頭をかかえている写真はまさにそんな2人の会話の場面だったのかもしれない。
しかし原爆資料館で原爆の被害の惨状を見て、ゲバラはポツリと次のように漏らしたという。

「君たちは、こんなひどい目にあってなぜ腹を立てないのか、アメリカはまったく酷い事をするな。。
日本国民、ヒロシマの市民はなぜアメリカの原爆投下責任を問わないのだ」


勿論、ゲバラはアメリカ大使館を日本で刺激しないための配慮は心得ていたけど、やはりフランクな性格のゲバラらしく本音を漏らしてしまったようだ。彼は日本というアジアを侵略した帝国主義の国が、また別の帝国主義国であるアメリカに原爆を落とされたことに対して、日本の帝国主義を非難しつつも、原爆という手段をつかったヤンキーに対しても非難している、ということだろうか。罪のない民間人も多数いたヒロシマを原爆で根こそぎ蒸発させたヤンキーに対して憤りを感じたのだろうか。
ゲバラとヒロシマに訪れたオマル・フェルナンデス氏の証言によれば、想像以上の惨状を目の当たりにしてゲバラは、ヒロシマの人々に対し同情の念を抱いたという。そしてゲバラは帰国後、カストロにヒロシマの悲劇を報告し教科書に詳しい記述で載せられたという。
しかし、そのわずか数年後にキューバではミサイル危機、いわゆるキューバ危機が起こり、冷戦の氷に対しキューバで口火を切ってしまったことをは正に皮肉なことである。。。。その時のことは別の手記で書こう。

ヒロシマの人たちが冷戦構造を構築するための標本、モルモットにされたということについては昨日書いたが、
この点について疑問を感じている人も多いと思う。

広島に原爆を投下した米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」の元機長ポール・ティベッツ氏(故人)の息子、ジーン・ティベッツ氏は5日、オバマ政権が広島平和記念式典にルース駐日大使を出席させたこと...
ヒロシマナガサキ原爆は戦争終結でなく人体実験が目的


昨日の手記の繰り返しになるのでここでは詳しく書かないが、アメリカ人は原爆のデータを収集するために、日本人の研究者、医師を利用し被爆地のヒロシマの調査を行った。ヤンキーはヒロシマにいた人たち14万人の対価として死亡曲線という戦利品を手に入れたのだ。日本は被害者の救済よりもアメリカとの関係、つまり戦後の国益を重視した。
今年、ヒロシマに数多くの核保有国の代表団が訪問した。その中にはかつて原爆を投下したアメリカの大使の姿があった。ルース大使は沈黙を保っていたようだが、彼の心境も理解できないことはない。大使として非常に難しい、心苦しい立場だろう。もし僕が彼の立場であったも、そうする他仕方なかったと思う。悪いのはヒロシマに派遣された彼ではなく、かつてこのくだらない実験を行った本国にいるアンクルサム、そして今もなお過去の残虐行為を反省せずに国際秩序の番人として世界を支配している彼らこそ悪の根源なのだ。
かなり私自身の勝手な私見にも基づく見解を述べていることは自覚しつつ、もう少しこのことについて述べてみたい。
アメリカが原爆投下について謝罪しないのは、単に日本の14万人を残虐な手段で殺した責任を問われることを恐れるがためではない。原爆を投下したエノーラ・ゲイ機長の遺族の方は大使がヒロシマを訪問するだけで不満を言った。ゲイ機長は命令に従っただけだろうから、彼を責めるつもりもないがアメリカの世論は、原爆投下に対し様々な見解がある。しかし彼ら自身に罪はなくても、ひとまとまりのアメリカ国民としてみた場合、彼らは加害者側の立場にいるのだ。原爆が、かつての日本という得体の知れない、天皇陛下を妄信する帝国主義国を降伏させるために使われたのだ、あれは正義のための戦争だったと反論されようが、一つの爆弾で14万人の命を奪ったという事実は曲げることが出来ない。そして現在のアメリカにおいて許せないのは、そういう一部の世論を利用して、今でもかつての残虐行為を正当化し続けるアンクルサムのふてぶてしい態度だ。

ここでまた、ゲバラのあの言葉が思い起こされる。日本は原爆投下という残虐な手段を講じたアメリカに対して責任を、なぜ問わないのかと。ゲバラ自身は日本人じゃないし、僕は日本人だけど被爆者ではない。被爆者の方の中にアメリカの責任を問うべきだという意見はあるのだろうか?また、このことについては詳しく調べてみよう。

しかし、腹立たしいのはアンクルサムの態度だけではない。日本の政治家についても、管首相の頼りない姿勢についても少し腹立たしい。被爆者の方の前で核廃絶を言いつつも、公式の場では核の抑止に日本は頼らなければならないという二枚舌を使っている、はっきりとしない姿勢にだ。彼に対しては戦争の問題だけでなく、国内の諸政策に関しても不満があるが、そのことは別の手記で書こう。日本にはここ数十年、国際的視野を持った政治家が現れていない。ただアメリカに翻弄されるだけの政治家ばかりだ。こんな事を言ったらこう反論されるだろう。
重要なのは下手にアメリカを刺激するのではなく、したたかにアメリカの傘下に入り続け安全と経済の保障をしてもらい続けることだと。国際的視野だと?そんな綺麗ごとで政治は出来ない、私たちが世論から非難を浴びる代わりにお前たち若者は平和の恩恵を受けているのだ。綺麗ごとや理想では飯は食っていけない、と。

本当に重要なことは、アメリカが被爆者の方に対して謝罪し賠償をすることではなく、これ以上、核の犠牲者を出さないことなのかもしれない。、昨日の記事でカストロが「イランとイスラエル、アメリカ間で核戦争が起こる危険がある」と注意を喚起していたように、現在のオバマ政権のような平和協調路線上においてさえ、核の脅威が消えないのが現状だ。そして民主党から共和党へ政権が変われば平和協調路線や核廃絶といった路線は、すぐに覆されるだろう。僕たちの隣国の朝鮮半島においても一触即発の状態だ。カストロは北朝鮮の核の攻撃対象には日本も含まれていると先月のインタビューで言っていた。あの時のカストロさんの発言は、僕の手記ほど私見に基づいているわけではなくても、カストロさん独自の見解に過ぎない。しかし長年、アンクルサムと睨み合って、上陸軍の侵略を打ち負かし、経済制裁にも屈しなかった賢人の言葉だけあって、仮説に過ぎなくても耳を傾ける価値はあると思う。

これからの日本がどうなるのか、アメリカが矛で日本が楯という関係は21世紀中ずっと続くのか?
少なくとも日本の政治家がキューバのカストロのようにアメリカに反旗を翻すというシナリオはありそうにない。
今の国際的視野を持たない政治家をテレビで観ているとそんな気がするのだ。
hiroshima.jpg
昨日の8月6日は原爆が広島に投下された日。僕たち日本人にとって決して忘れてはならない日だ。
キューバのインターネットラジオ局Radio Rebelde(直訳:反乱軍ラジオでシエラマエストラのゲリラ戦の時から続いているラジオ局)のサイトで日本についての記事があった。ヒロシマについてだ:La Era Atómica
ゲバラは1959年に外交の基盤を固める際に様々な国を訪問したが、来日して自らの強い希望でヒロシマの原爆ドームや原爆病院へ行った。また、その3年後に米ソの冷戦に巻き込まれ、キューバ危機という形で核戦争の一歩手前まで行った苦い経験をキューバは体験している。そして2003年にフィデル・カストロもゲバラと同様に広島を訪れている。キューバ危機を体験した彼らにとってヒロシマ、ナガサキ、核問題に対して関心が強いのは、当然といえば当然のことだろう。キューバ危機については項を改めて書きたい。
ところで、この記事で興味深いのは、アメリカの原子爆弾投下による残虐性が教育の場で十分に伝えられていないという指摘だ。僕もこの点について同じようなことを考えていた。昨日録画していたNHKスペシャル「封印された原爆報告書」で広島の被爆者の方がまるでモルモットのように調査、研究の対象になった事実を観たばかりだったからだ。原爆の問題で今まで一般市民の視点からの番組や映画はあっただろうけど、国家間の思惑や利害を交えたドキュメンタリーは観たことがなかったので衝撃的だった。日本も当時の国益を考えて、つまりアメリカに逆らえなかったので(今もだが)調査に協力せざるを得なかった。。。。要するにアメリカは日本の広島と長崎の人々をモルモットにしたのだ。
戦争を早く終結させなければならなかったから、とかアメリカ兵もジャップに殺されたンだぞとか反論されるだろうが、アメリカは日本を降伏させるのに本当に原爆を用いる必要があったのだろうか?いまさらこんなことを議論したって何も始まらないし、亡くなった方が救われるわけでもないが、アメリカがやったことを、「真実」を私達はもっと知らなければならないことは確かだろう。そんなことをキューバの記事と昨日のNHKスペシャルを観ながら考えさせられた。これからも、アメリカに媚びないNHKやキューバなどのメディアには、「真実」を報道されることを期待したい。

追記)
このヒロシマとゲバラについては他の方も詳しくかかれてます
クーバファーム奮闘日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。