上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKの「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」のシリーズは、良い問題提起だと思う。
大日本帝国時代の日本のナショナリズムの高揚が理解できない私には、4回シリーズののなかでも第3回"熱狂”はこうして作られたはとても興味深いテーマだった。

リーズ 日本人はなぜ戦争へと向かったのか

「坂の上の雲」の時代に世界の表舞台に躍り出た日本が、なぜわずかの間に世界の趨勢から脱落し、太平洋戦争への道を進むようになるのか。開戦70年の年に問いかける大型シリーズの第3回。
日本が戦争へと突き進む中で、新聞やラジオはどのような役割を果たしたのか。新聞記者やメディア対策にあたった軍幹部が戦後、開戦に至る時代を振り返った大量の肉声テープが残されていた。そこには、世界大恐慌で部数を減らした新聞が満州事変で拡販競争に転じた実態、次第に紙面を軍の主張に沿うように合わせていく社内の空気、紙面やラジオに影響されてナショナリズムに熱狂していく庶民、そして庶民の支持を得ようと自らの言動を縛られていく政府・軍の幹部たちの様子が赤裸々に語られていた。
時には政府や軍以上に対外強硬論に染まり、戦争への道を進む主役の一つとなった日本を覆った“空気”の正体とは何だったのだろうか。日本人はなぜ戦争へと向かったのか、の大きな要素と言われてきたメディアと庶民の知られざる側面を、新たな研究と新資料に基づいて探っていく。
"熱狂”はこうして作られた 番組紹介より



以前、同じくNHKの番組を観て暴走気味の記事、大日本帝国時代の清算で、軍事独裁に至り太平洋戦争開戦までのプロセスをしっかり義務教育で教えるべきだと書いた。このNHKの「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」シリーズは、まさにそのプロセスを説明してくれる番組だなぁと感じながら3回目の今日も期待しながら観ていた。

しかし、番組を観終わって何か物足りないなと思った。
ナチスドイツでヒトラーやゲッペルスの巧みなプロパガンダでナショナリズムが高揚したことは映像からも伝わってくるが、どうも僕には日本のナショナリズムの高揚のメカニズムが分からない。近衛文麿首相の演説はお経を読んでるみたいだし、日中戦争を中継するラジオもいまひとつ戦意を高揚させるものが感じられない。もし、僕があの時代の当事者だったら、どう考えても周りから浮いていただろうな。。。。

ナチスドイツのナショナリズム高揚のメカニズムは分かりやすいが、日本の場合は何か不気味なものを感じる。
番組の最後に、今世紀また、メディアによって戦争が引き起こされるか?というアンケート結果が提示され、また同じことが繰り返されると答えた人は17%しかいなかった。大方の人が、先の大戦のようなことは繰り返されないと答えている。

果たしてそうだろうか?日本のマスコミは、基本的に外国で起きたニュースに対して同じスタンスで報道しているし、明らかにアメリカの視線を気にした内容を報道していたりする。このようなマスコミの報道が野放しにされている日本では、先の大戦と同じことが繰り返されてもおかしくないと思う。
(追記)”空気を読め”KYが流行語になってる今日、例えば戦争反対の声に対してKYというレッテルが貼られるような不気味な自体があり得るかも。。これが、先の大戦で日本が戦争に向かった理由の一つだなと今日の番組を見て感じた。

幸い今日にはインターネットという媒体があり、僕たちはさまざまな情報を吟味することが出来る。それでもネットも巧みに戦争のプロパガンダに利用されるようになったら。。。。。
中東でのインターネットを駆使した革命では、facebookを活用し、独裁政権を呼びかけた。これが、戦争を呼びかけるという形で悪用されたらどうなるのだろうか。これからの21世紀はヒトラーやルーズベルトといったカリスマを持った指導者ではなく、凡人がネットを駆使して一つの流れを作ることも可能だ。
資源がない日本で21世紀中に戦争がない可能性は低いだろう。起きてほしくはないが、21世紀の戦争を駆り立てる"熱狂”はどのようにして作られるのだろうか?

先の記事でカストロさんが「世界中にありとあらゆるニュースがあふれ、真実とうそを見極めるには時間が必要だ」と述べられているように、今日の社会は太平洋戦争が起きた頃より遥かに複雑だ。このような時代だからこそ、僕たちはマスコミに惑わされてはいけない。
スポンサーサイト
今日の朝刊で韓国併合100周年という節目に今年は当たることを知り、HDに録画していたNHKスペシャルを観てみた。
日韓関係に疎い僕は、NHKスペシャルのプロジェクトJAPANシリーズ 日本と朝鮮半島を初回から観てかなり勉強になった。かつて大日本帝国として大アジア圏の構想を抱いていた日本は、次々と帝国主義的侵略を続けていったのだが、具体的にどのようなことをしていたかについてはあまり知らなかったからだ。
特に今回見た第5回目 日韓関係はこうして築かれたはある意味衝撃的だった。キューバ危機の最中に賠償金請求額の件で日韓であんな交渉があったとは知らなかったからだ。お互いが提示する賠償額を譲らず、そこにアンクルサムが口出ししてくる。ヤンキーは反共政策のために日本と韓国が手を結ぶことを願っていたわけだが、交渉が決まらない状態にイライラしていた。当時アメリカではケネディ大統領がキューバ危機で頭を悩ませていたこともあり、極東に構ってる時間がなかったからだ。このキューバ危機については項を改めて書く。
その後、経済支援の名目に日本がこだわり、一方で韓国は国内で反帝国主義思想の学生が日本の公式謝罪を求める運動を戒厳令を出してまで鎮圧する。韓国側は謝罪よりカネの方を優先的に要求したのだ。。。。

日韓の摩擦は今も根強い形で存在している。竹島問題から2ch攻撃などなど。。。。
かつての日本の帝国主義政策に関しても様々な見解が存在することが分かった。次のブログの方はこのNHKスペシャルを批判的な姿勢で捉え次のように指摘されている。

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓8月1日(日) 放送【NHKスペシャル プロジェクトJAPANシリーズ「日本と朝鮮半島」第5回 日韓関係はこうして築かれた】を見た。戦後、日韓基本条約の調印までの交渉過程や背景などを説明していた。途中までは、第1回から第4回までと比べるとツッコミ所が少ないと思えていた。せいぜい満州国建国の部分が気に障る程度で、本物の金日成将軍の写真と戦後のお馴染みの偽者金日成の動画が別人で...
NHKに抗議!Nスペ日韓関係・8月1日放送【NHKスペシャル プロジェクトJAPANシリーズ「日本と朝鮮半島」第5回 日韓関係はこうして築かれた】・NHK解説委員の五十嵐公利「向き合うことなく併合し、植民地支配し、謝罪なしの悪循環が竹島などを深刻化」



様々な見解があるし、どっちが正しいとか間違っているとかは一概に言えないだろう。日韓情勢について疎い僕自身は判断の仕様がない。。しかし大日本帝国がアジア諸国に対して侵略を行ったという事実には間違いない。問題は侵略の度合い、搾取の度合いが誇張されているかどうかという点だ。

しかし、この番組を観て、日韓の戦後賠償問題について僕自身の見解を述べてみたい。あまりにも理想主義すぎて一笑されて終わるだろうが、それで構わない。
果たして重要な問題は賠償金の金額だったのだろうかと?たしかに一国の経済成長のために、北の共産主義国に負けないだけの力をつけるためにはカネが必要だっただろう。しかしそんなことで過去の問題が本質的な意味で解決するのどるか?重要なのは互いに過去を見つめ合い、日本は日本でかつて行った侵略を反省すべきだと。そのためには近代史の歴史教育にあてる時間をもっと増やせと言いたい。違うケースだがドイツは戦後、ナチスの反省を踏まえて近代史にかなり時間を割いている。一方で日本の近代史のページはパンフレットのように薄っぺらいのだ。
まず国民全体がしっかり歴史認識を持つ。その上で様々な歴史に対する見解が生まれるだろうが、ようはもっと近代史に関心を持つべきだなと感じた。
昨日のニュースで未来志向の外交関係を、どうこうというのを聞いた。すべて賠償も一通り終えたし次のステップにいこう、と急ぐ政府に対してちょっと待てよと言いたい。

単に目的意識もなく歴史教育を行うだけではダメだ。
どのようなプロセスを経て軍事独裁が起こったのか?
なぜ日本は侵略戦争を始めなければならなかったのか?
第二次世界大戦後にアメリカがやってきたこと、
今の国際秩序がいかにして構築されていったかなどを
しっかり義務教育の範囲内で教育しなければならない。
僕たちの国は南米やアフリカ諸国と違って識字率はほぼ100%だし、このような教育をすることが不可能ということはないのだ。

ここで、そんなくだらない歴史教育に税金を使い、青少年の貴重な時間を浪費するつもりか!?といった反論が出るかもしれない。しかし、このような教育を行うことそれに見合う十分な意義があるのだ。
なぜらなそのような教育によって、未然にこれから起こる得る戦争を防ぐことが出来るからだ。
日本はもともと資源がない国である点、地政学的見地からも僕たちの国は侵略戦争を将来起こすということは決してない話ではない。その時のために予防措置として歴史教育をしっかり今から行わなければならない。
今回は見苦しいかなり暴走気味な手記を書いてしまったが、それは今の政治家が国際的視野もなく
ただ漠然と未来志向の外交路線とかぼやいているのに腹が立っているが為なので、最後までこれを読んだ方は悪く思わないで欲しい。
hiroshima.jpg
昨日の8月6日は原爆が広島に投下された日。僕たち日本人にとって決して忘れてはならない日だ。
キューバのインターネットラジオ局Radio Rebelde(直訳:反乱軍ラジオでシエラマエストラのゲリラ戦の時から続いているラジオ局)のサイトで日本についての記事があった。ヒロシマについてだ:La Era Atómica
ゲバラは1959年に外交の基盤を固める際に様々な国を訪問したが、来日して自らの強い希望でヒロシマの原爆ドームや原爆病院へ行った。また、その3年後に米ソの冷戦に巻き込まれ、キューバ危機という形で核戦争の一歩手前まで行った苦い経験をキューバは体験している。そして2003年にフィデル・カストロもゲバラと同様に広島を訪れている。キューバ危機を体験した彼らにとってヒロシマ、ナガサキ、核問題に対して関心が強いのは、当然といえば当然のことだろう。キューバ危機については項を改めて書きたい。
ところで、この記事で興味深いのは、アメリカの原子爆弾投下による残虐性が教育の場で十分に伝えられていないという指摘だ。僕もこの点について同じようなことを考えていた。昨日録画していたNHKスペシャル「封印された原爆報告書」で広島の被爆者の方がまるでモルモットのように調査、研究の対象になった事実を観たばかりだったからだ。原爆の問題で今まで一般市民の視点からの番組や映画はあっただろうけど、国家間の思惑や利害を交えたドキュメンタリーは観たことがなかったので衝撃的だった。日本も当時の国益を考えて、つまりアメリカに逆らえなかったので(今もだが)調査に協力せざるを得なかった。。。。要するにアメリカは日本の広島と長崎の人々をモルモットにしたのだ。
戦争を早く終結させなければならなかったから、とかアメリカ兵もジャップに殺されたンだぞとか反論されるだろうが、アメリカは日本を降伏させるのに本当に原爆を用いる必要があったのだろうか?いまさらこんなことを議論したって何も始まらないし、亡くなった方が救われるわけでもないが、アメリカがやったことを、「真実」を私達はもっと知らなければならないことは確かだろう。そんなことをキューバの記事と昨日のNHKスペシャルを観ながら考えさせられた。これからも、アメリカに媚びないNHKやキューバなどのメディアには、「真実」を報道されることを期待したい。

追記)
このヒロシマとゲバラについては他の方も詳しくかかれてます
クーバファーム奮闘日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。