先月のアレイダ・ゲバラさんの公演で同席した人に紹介して頂いた本を読んでみました。バイクとゲバラ、そしてラテンアメリカ好きなら読むっきゃないっすね!

遥かなるゲバラの大地遥かなるゲバラの大地
(2006/06/29)
戸井 十月

商品詳細を見る

前から気になっていた本ではあったけど、まだ手に取ったことがなかった戸井さんの本。

ツーリングの楽しみの一つは、旅先のトラブルだったりする。国内のツーリングだったらトラブルといっても知れているけど、南米一周となると話は違ってくる。戸井さんが走破されたルートは、パタゴニアの氷原から、アマゾンの密林、アンデス。ツーリング計画が壮大なだけに、厄介事も至難極る事だろう。読者は冒頭の、走破ルート地図を見た瞬間そう感じるはずだ。この戸井さんの著書は、そのような読者の期待を裏切らない。

この著書のもう一つの魅力は、南米のマイナーな側面も垣間見ることが出来ることだろうか。ギニア、スリナム、ガイアナなんて国を走行ルートに入れられているとは、なんともマニアックだ。普通の観光客があまり行かなそうなところを楽しめるのも、ツーリングの醍醐味。南米大陸というミステリー溢れる大陸でのバイクの旅先で、書き残されている戸井さんの記述には興味をそそられた。といっても、ぞっとするような側面も描かれている。人の肉に卵を植え付けるアマゾンの肉蝿などの存在には正直ゾッとさせられたwでも南米ではこんな蝿ごとき、まだまだ序の口なのだろう。

僕もいつか南米大陸をバイクで旅したいなぁと感じさせられつつも、やっぱり無理だろうなwと思う。旅の費用がない以前に、僕には戸井さんのような度量がない。それでも、人間味溢れるラテン圏の大陸を旅することは憧れる。僕はせいぜいイベリア半島を一周するぐらいが相場だろうか。

北か南か、アメリカ大陸をバイクでツーリングするとしたら、大抵の人が北を選ぶのだろうか。南米は、得体の知れない生物が生息し、疫病、窃盗、悪路など厄介ごとが多々待ち受けている。それに対して、北米は先進国だし滅多なことはないだろう。でも、僕は同じアメリカ大陸をツーリングするなら南米を旅してみたい。あくまで憧れではあるが。
戸井さんの、この著書では人間味溢れる笑みを浮かべた現地の人々の写真が掲載されている。そう、旅の最大魅力は戸井さんも書かれていることだけど、人との出会いなんですね。北米のドライな気質の国ではなく、そのような大陸をバイクで走ってみたいものだ。

カストロさん、ゲバラらが中心となって起こしたキューバ革命の魅力も、この人間味溢れる点にあるのではないかと思う。カストロさんもよく、キューバ革命の特徴はヒューマニズムだと言われている。そして革命後のキューバはラテンアメリカの中でも一番ヒューマニズムを体現した国ではないだろうか。でも、元をただせば、彼らラテン圏の住民は経済力より人間味を大切にする気質なのだろう。戸井さんの旅のレポを読んでいるとそんなことを感じさせられた。

心の奥底ではヒューマニズムを大切にしつつも、経済発展も同時に果たしていかなければならないラテンアメリカ。戸井さんの最終目的地、ゲバラの死地バジェ・グランデもいまは観光地として栄えている。ゲバラのことをより多くの人が興味を持って、現地を訪れることは良いことではあると思うけど、一方で静かな村をそっとしてあげた方がいいのではないかとも感じる。ゲバラが眠る大地は今後どのように変遷していくのだろうか。
スポンサーサイト