上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ黒柳徹子の部屋で、女優メリル・ストリープさんをゲストに迎えた回を眺めていたら、米国のこの女優はなかなか品のあるかただった。期限が迫った貰った映画券を処分しなければならない事情もあって、映画「マーガレット・サッチャー」を観ることにしました。メリルさんは番組内で、彼女自身は、サッチャーの政治思想とは相容れないと発言されていたのにも良い印象を受けたからだ。
cf
徹子の部屋 今日のお客様 メリル・ストリープさん
胸打つ「鉄の女」の後悔 映画「マーガレット・サッチャー」に主演 メリル・ストリープ

観た感想を端的に述べると、女優のメリルさんはアカデミー賞に相応しい演技だったんですが、サッチャーはやはり好きになれないと改めて感じた。

女性の社会参画を扱った映画なので、政治的なことはカットされるんだろうと思っていたら意外とそうでもなかった。新自由主義者の代名詞ともいえるサッチャーは、彼女が無用だと思うあらゆるコストを削減する。おかげでイギリスは失業率が高まり経済は混乱し、弱者が切り捨てられた。

軍事予算まで削減したツケがマルビーナス諸島での紛争においてまわってきたのはイイ気味だったが、結局、大英帝国がアルゼンチンを打ち負かしたのは皆が知る史実。冷酷な命令を容赦なく発する鉄の女。メリル・ストリープさんが演じるとなんだか憎めないんだけどね。マルビーナス諸島はイギリス側の呼び名ではフォークランド諸島で、イギリスの王子が先月ぐらいにやって来て、また険悪なムードが漂っている。この紛争の悲惨さは、ゲバラの最高傑作ドキュメンタリーを制作されたトリスタン・バウエルさの映画 Iluminados por el fuego(火に照らされて)で観る事が出来る。
cf 2010.09.26 チェ・ゲバラの新作映画登場!「チェ、ウン・”オンブレ・ヌエボ(新しい人間)”Che, Un Hombre Nuevo

アルゼンチンと言えば、サッチャーと同じように低階級層からのし上がってペロン婦人になられ、後にご自身も大統領に就任されたエビータが思い浮かぶ。両者は強い女性という共通項はあるが、政治思想は真っ向から違う。エビータはペロン同様、貧しい労働者階級を救済し、アルゼンチンにしっかりとした社会保障制度を築き上げた。また機会があれば別の記事で書いてみようと思う。

この方もサッチャー同様映画化されていて(最初はミュージカルだった)先々月ぐらいにマドンナが演じる映画『エビータ』(Evita)を観たばかりだ。この映画にはチェと呼ばれる謎の人物が登場るんですが、われらのヒーローとは何も関係ないw感想書こうと思っていたんですが、忘れていました。そんなに悪くないミュージカル映画だったんだけどね。

なんか話がまた逸脱したけど、この映画は観てみる価値はあると思います。一緒に観ていた連れは、予備知識がないせいか訳が分からなかったようだけど、僕はそう悪い映画ではなかったと思う。やはり女優のメリルさんが良かったからなんですね。

ひとつ気がかりなのは、この映画を観たどこぞの政党に所属するオバサン議員の方々が感動したついでに、新自由主義をよいしょしないかどうか。。。最近のTV観ていると映画の水準同様、国会議員の教養水準も疑わしい
心強い女性の方が、社会参画されることは良いことですが、それと思想は別問題。しばしば、一個人の人柄と思想が混同されがちな日本において、サッチャリズムを支持する議員が増えるなんて話もあり得なくはないだろう。
スポンサーサイト
ハンバーガーに対して、侍が大根を持って対峙している。ちょっとこの絵を見たら、この本を買うのは止した方がいいなぁなんて僕は思うんだけど、他の人はどうだろうかw?図書館でTPPについての本を適当に借りてきわけだが、豊富なデータを用いて経済学者が熱くTPPの実態を曝している本に出会えた。

「TPP開国論」のウソ 平成の黒船は泥舟だった「TPP開国論」のウソ 平成の黒船は泥舟だった
(2011/05/14)
東谷 暁、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

TPPについてこのブログでこれまで触れる機会は少なかったと思いますが、僕は去年から反対の立場だった。グローバル化、新自由主義、自由貿易。すべて聞こえは良いが大国による搾取形態に過ぎない。キューバを通じて中南米、ラテンアメリカのことに多少詳しくなってからは、僕は新自由主義に対しては反対の立場だ。当然、TPPについても反対なンだけど、この本を読んで、認識していた以上の実態に驚かされた。反原発デモに参加する気はないが、TPPを止めさせるデモなら参加するのも悪くない。

TPP問題で今一番注目を集めているのはこの方だろう。中野剛志さんの著作、TPP亡国論 (集英社新書)は新聞の広告欄でよく見かけるけど、残念ながら図書館に置いていなかった。 「TPP開国論」のウソ 平成の黒船は泥舟だった、の第三章では中野さんが、TPP問題をもっと視野を広げる形で、いわば新自由主義が覆いつくそうとしている世界を鳥瞰するやり方で、解説されている。読者はTPPの実態だけでなく、映像で観る中野さんのイメージと、本とでは印象が随分違うことに驚かされるだろうw

参考文献として、スティグリッツさんの著作や、以前ブログで取り上げたトッドさんの著作にも触れられていることにも好感が持てる。
2011.10.14 僕の大好きな経済学者スティグリッツさんが、ウォール・ストリートでの抗議に参加していた
2011.09.05 自由貿易は民主主義を滅ぼす E・トッド

許せないのはTPPの論点を歪める政治家やマスコミ。フジテレビみたいなTV局が議論を歪めていだけでなく、NHKや新聞紙など、マトモナ媒体ですら今回のTPP問題に関してはあからさまに論点を逸らしている事が見て取れる。あたかもTPPの問題を農家だけに関わる問題のように見せかけ、関税が撤廃されたらフェアなトレードが出来ると、短絡的にインタビューに応える財界人。前原みたいなOne Phrase Politicsの手法を使う政治家が、涼しい顔をして結論を出さないと言い出す始末。今日の首相の所信演説ではTPP問題について、早期に結論を出すと言い、党の方針をまったく打ち出さず逃げていた。あたかもドジョウが泥を捲し上げて溝の中に逃げるように。
TPP開国論のウソ

世界中で流行っているステファン・ヘッセルさんの言葉を借りれば、今の日本のこのような現状に対しては、
Indignez-vous !(フランス語で憤れ!という意味らしい)
といったところかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。