ABC Night Lineを観ていたら今日、興味深い洋書が出版されることが分かった。JFKが私的に記録したテープレコーダーを扱った本が発売されるという。
Listening In: The Secret White House Recordings of John F. Kennedy
Listening In: The Secret White House Recordings of John F. KennedyListening In: The Secret White House Recordings of John F. Kennedy
(2012/09/25)
Ted Widmer、Caroline Kennedy 他

商品詳細を見る

サブタイトルも含めて訳せば、ジョン・F・ケネディがホワイトハウスで記録した機密の盗聴
といったところか。変な訳ですみません。


Watch More News Videos at ABC
|
2012 Presidential Election
|
Entertainment & Celebrity News

テープに記録された記録音声は265時間にものぼるそうだ。マニアックな読者なら僕がゲバラの記録音声を聞くようにすべて聴きたいだろうが、そうでない人には長すぎる。。JFK図書館(John F. Kennedy Library )とTed Widmer 氏によって75分の2枚組CDにリマスターされ、この本を買った人にはもれなくプレゼントされるそうだ。
↓JFK・ライブラリーによる解説動画

ABCナイトラインに話を戻すと、この特集でキューバ危機最中にテープが録音した音声が取り上げられていた。
日本人なら誰でも知っているあのカーティス・ルメイとのやりとりだ。
Which leaves me only one alternative, which is to fire nuclear weapons – which is one hell of an alternative.
それは私にのこされた最後の選択肢だ。核兵器の火ぶたを切る-とんでもない選択肢だ。

核戦争に発展しかねない状況下で、ケネディが自らの選択の重さに苛まれている中、ルメイはまるで他人事のように言った。

you’re in a pretty bad fix, Mr. president.
大統領、 あなたは極めて苦しい立場にある。

と。 ケネディは次のように切り返した。
You’re in there with me!
きみも、私と同様に苦境に立っているんだよ!



さすが鬼畜の異名を持ち、キューブリックの映画「博士の異常な愛情」の異常な軍人のモデルとなったルメイ。数多の罪のない日本人を空爆する命令を発したルメイについて、その当時ルメイの配下にあったマクナマラさんは、「The Fog of War」で次のように回想している。
Kennedy was trying to keep us out of war. I was trying to help him keep us out of war. And General Curtis LeMay, whom I served under as a matter of fact in World War II, was saying
ケネディは戦争を回避するよう取り組んでいた。私は彼の助けになるよう試みました。しかし、私の第二次世界大戦時の上官だった将軍のカーティス・ルメイは言ったのです。
"Let's go in, let's totally destroy Cuba."
「徹底的にキューバを破壊しようではないか」と。

Wiki Quote Robert McNamara

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白 [DVD]フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白 [DVD]
(2009/08/05)
ロバート・マクナマラ

商品詳細を見る



来月はキューバ危機から50年目の節目を迎える。時間が許せば、キューバの視点からあの人類最大の危機を考察していこうと思う。 この危機については、キューバ革命を詳しく調べる前は、映画13daysを観た程度の知識しかなかった。 しかし、この危機は知れば知るほど、深刻だったことがわかる。 そしてそのような危機の最中、チェ・ゲバラは最も危険な場所で防衛任務を担っていたのだ。。そのことについてはまた別の記事で書こうと思う。

cf 故ケネディ米大統領の肉声テープ公開、暗殺までの3カ月を記録 ロイター通信
スポンサーサイト
年が明けてから、カストロさんは書評欄で執筆活動を再開されたが、こうして写真を拝見できるのは久しぶりのこと。今日のCubaDebateではイランのアフマディネジャド大統領と並んで写された写真が掲載されていた。
fidel-castro-iran6-580x386.jpg
Fuente:En fotos, el encuentro de Fidel con Ahmadineyadフィデルとアフマディネジャド、会談にて
fidel-castro-iran5-580x413.jpg
双方ともアメリカにとっては悩みの種w
ご老体を労われるように、歩み寄られるイランの大統領。周遊先のエクアドルでは、カストロさんがご健在で嬉しかったと述べられた。優しそうな方ですね。写真は水曜に撮られたもの。アフマディネジャド大統領はハバナ大の講演で、公平な世界になるための新しい秩序の構築を訴えられたようだが、その後、カストロさんと対談されたみたいっすね。
イラン大統領、訪問先のキューバで協調を確認
fidel-castro-iran7-580x413.jpg
大統領はラテンアメリカ左派政権の各国を訪問されている。チャベスのベネズエラ、サンディニスタ(FSLN)の指導者オルテガ大統領のニカラグア、一昨年、熱い演説をされたことで記憶に新しいコレア大統領のエクアドルが歴訪先。

イランについてのニュースで毎日紙面を飾っているのは、核開発に対する国際社会の非難。アメリカは勿論、EUやわが国、日本もイラクの核開発に対して非難し続けている。日本はオイルをイランから輸入しており、加えて火力発電で電力を賄わざるを得ない事情から、イランとの関係は角が立たないようにしたいところだが、核開発を容認することはできない。去年の6月には安保理で制裁決議が採択され、イランは各国から経済封鎖されている。まさに閉塞状態なわけだ。こんな深刻な状況下で大統領が周遊されるのは、ラテンアメリカとの関係を重視してのことだろう。

大統領は、カストロさんとの会談で世界中の重大な紛争について2時間話されたそうだ。半世紀前に核戦争の危機に直面し、この危機をなんとか乗り越えた巨匠からアフマディネジャドさんは重要なことを学び取られたに違いない。カストロさんも、先日の執筆活動でイランの核問題について懸念されていた。カストロさんによれば今日の重大な危機は、気象メカニズムの崩壊と核戦争だそうだ。
fidel-castro-presidente-iran-580x818.jpg
今年2012年は、キューバ危機が1962年の10月に起きたから、ちょうど50年目の節目。核の恐怖に震撼した大国は、核兵器を削減してきたが、核戦争の可能性はかつて以上に高まっている。それまで核兵器を持てなかった中小国家が核開発を独自に行い、地域レベルでの紛争でこの禁じ手が使われてもおかしくないのが現状だ。今日、核が使われる恐れがある地域は、日本海溝を隔てて隣接する北朝鮮と中東だろう。北朝鮮は訳が分からないが、現実的にあり得そうで恐ろしいのが、核保有国イスラエルとイランの衝突。

核戦争を回避するためにも、我々は半世紀前のキューバ危機を振り返る必要がある。
fidel-castro-y-michel-chossudovsky-580x435.jpg

先月にカストロさんが日本から来たピースボートの一行と、ヒバクシャの方と交流を深められたことについて、このブログの記事で取り上げた。

カストロさんは21日、日本のNGO「ピースボート」の航海に参加している600人以上との集会に出席した。Fidel con los integrantes del Crucero por la Paz: “Nunca en la historia de la Humanidad hubo un momento tan peligroso como este”日本のNGO団体Peace Boatは偶然か意図してか、国際平和デーの9月21日にハバナ港に入港し、キューバの国会議事堂に
カストロさん、日本の被爆者の声を聞くFidel con los integrantes del Crucero por la Paz



昨日のCuaDebateでは グローバリゼーション研究センター(Global Research )のディレクターであるMichel Chossudovskyさんと12日から15日まで、会談されていたことについて紹介されていた。
Se dará a conocer mañana mensaje de Fidel Castro contra la guerra nuclear
明日、世界に向けてCubaDebateからメッセージを発するという予告どおり、今日のCubadebateで核戦争の脅威についてビデオで世界に向けて呼びかけれれた。
フランス語、英語、ドイツ語、ロシア語などなど様々な言語に訳されてますが、なぜか日本語だけ訳されてないンっすね。。。。。こないだ日本人と交流があったのに。。やっぱキューバは遠い国なのかな?それとも訳す人がいないだけかな?ビデオ内ではヒロシマについての映像があるのに日本語訳がないのは違和感を感じるので、明日時間があれば追記という形でスペイン語の原文をこの記事内で訳してみます。
今日は眠いので要旨だけ紹介します。
Mensaje de Fidel: “En una guerra nuclear el daño colateral sería la vida de la humanidad” (+ Video)

言われていることは、今までと同じ。中東でアメリカとイスラエルによるイランへの攻撃は核戦争を誘発させるだろうと、警告されている。
真新しいのはカストロさんが、アインシュタインの言葉を引用されている点かな。彼は第三次世界大戦はどのような兵器で戦われるか分からないが、第4次世界大戦は、棍棒と石器での戦いだろうと断言してる。
確かに核戦争が勃発すればそんな事態になるかもしれない。。。。
最期にヒロシマの悲惨なヒバクシャの映像の後に、カストロさんが来日した際に原爆ドームの前の記念碑に献花された時の映像が紹介され、最期のビデオクリップで核廃絶のみでなく、通常兵器を含めたすべての兵器をこの世界から無くすべきだと主張された。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「あなたの好きな【ことわざ】」です。みなさん、ことわざって使いますか?水谷は、比較的ことわざを多用します。水谷の特に好きなことわざは【雨降って地固まる】です。例えば、大切な人とケンカした後でもそのケンカがあったおかげで、以前よりも仲良くなったと...
トラックバックテーマ 第1025回「あなたの好きな【ことわざ】」


トラックバックテーマがだったので覚えたてのスペイン語を使ってみたい
テーマはpeligro危険 英語で言うdanger
"El peligro pasado, el voto olvidado"
喉もと過ぎれば熱さを忘れる
"Quien ama el peligro, en él perece."
危ないことばかりしていると、それで身を滅ぼす


カストロ前議長が8月8日に国会で核問題について演説されたことや、ベネズエラのジャーナリストとそのことで議論されたことについては以前の記事で触れました。
カストロ前議長 核の脅威について国会から呼びかける
カストロ前議長 中東の核戦争について議論する
今日、キューバの機関紙グランマでさらにこの核問題について議論していくことが書かれていた
Estoy listo para seguir discutiendo
人類史上最大の危機であったキューバ危機を経験した当時の政治家で現在生き残っているのは恐らくカストロさんぐらいだろう。あの危機を体験された指導者だからこそ、カストロさんが核問題について議論されると耳を傾けたくなる。キューバ危機は今から半世紀も前のことだからといって、忘れてはならない。
まさに"El peligro pasado, el voto olvidado"
喉もと過ぎれば熱さを忘れる
なんてことはあってはならないのだ。二度と同じ過ちを犯してはならない。


キューバ危機のそもそもの原因はCIAによるキューバのピッグス侵略事件(ヒロン海岸)この事件がきっかけでキューバは共産化したわけだが、そこにソ連が目をつけてミサイルを配備したことをきっかけにキューバ危機が起きた。アンクルサムの武力侵攻、ソ連に対する核の脅威、冷戦構造などの問題が絡み合い世界を巻き込む核戦争が起きる瀬戸際までいってしまったのだ。。。。
それにもかかわらず、アメリカはこの時の危機を反省せず、武力による世界秩序を構築してきた。ベトナム戦争、パナマ侵攻、イラク戦争など。
これらの紛争では核戦争の危機には至らなかったものの、悲惨な結果を生んだ
"Quien ama el peligro, en él perece."
危ないことばかりしていると、それで身を滅ぼす
ヤンキーによるこのような野蛮な戦争は、いつか彼ら自身の身を滅ぼすことになるに違いない