こないだ開かれたカリブ共同体(CARICOM)の会議について、朝日で面白い切り口からの記事が掲載されていた。
以下、朝日
http://www.asahi.com/international/update/1212/TKY201112120541.html

カストロ氏「将来の議長は英語で演説を」 後継者に言及
キューバのラウル・カストロ国家評議会議長が、トリニダード・トバゴで開かれた会議で「恐らく近い将来、キューバを代表する議長は英語で演説ができるだろう」などと語った。後継者の具体像に初めて言及した。反米の国とはいえ、英語の必要性は認めた。

 ジャマイカやドミニカなどから成るカリブ共同体・共同市場(カリコム)で8日、演説した。共産党機関紙「グランマ」や地元メディアなどによると、「私はもう無理だが、次の人は英語で演説しないといけない。アイ・スピーク・イングリッシュ・ベリー・ベリー・バッド(私は英語がとても下手だ)」などと話した。

 カリコムの多くの国は英語が公用語。ラウル議長は「カリブの人間は、スペイン語も英語も話せるべきだ」と説明し、「北の隣人(米国)へ近づくためにではない。それなら、まったくしゃべれない方がましだ」と語った。



Cubadebateにも掲載されています。
Raúl Castro: “CARICOM y Cuba continuarán su camino de integración efectiva” (+ Audio, Video y Fotos)
ラウル氏の演説が掲載されています。
En un futuro, tal vez cercano, el Presidente que en ese caso represente a mi país podrá hacerlo en inglés: I speak english very very bad (Risas).
「近い将来、我が国を代表する議長(大統領とも訳せるが?)はイングリッシュが出来るようになるだろう。」
そして、ラウル氏は英語で上記のように言われた
I speak english very very bad(Risas).
「私の英語は、ほんとうに、本当に駄目なんです(笑)」

僕も駄目なンっすよ~、アッハハ。こないだ受けた英検の会話試験、かろうじて合格はしたものの、ギリカツだった。何故かアティチュード(態度)の項目が最低点だったw次は準一級受けるんだけど、先が思いやられる。。。

一方、兄貴のフィデル・カストロさんは英語がかつては、達者だった。

↑は、「現政権にはコミュニストが多いと,ある上院議員が言ってるが、そうではないと断言できるか?」って詰問されている。カストロさんは次のように切り替えした。
If it continues―discovering such Communists in our government― Adam and Eve are going to be Communists too
もし、我々の政府内にコミュニストがいるって言われ続けるなら、
アダムとイブもコミュニストってことになるでしょう。

英語でジョークを言い放ち、肝心なところをはぐらかす。これぞ外交!?w
日本の将来の政治家、外交官にもカストロさんのように肝の据わったところを見せて欲しいものだ。


スポンサーサイト
このブログではスペイン語学習をテーマの一つに取り上げていますが、たまには英語の方も取り上げようと思う。急にこんな話題を持ち出すのは、来週、英検の会話試験を受けるからですw履歴書で語学関連の資格を書こうにも、TOEICは期限切れだし、英検は中2の頃に3級取ったっきり受験していない。そこで手始めにこないだ、英検2級を受験して来たわけです。

文章を読む問題はかなり時間が余って、リスニングテストの質問内容を全文目を通していたんですが、その割にはリスニング出来が悪かった。僕はネット上で英文をたまに読むので、リーディング力はあンまし衰えてないと思うんですが、リスニングは案外怠ってきた。

そこで、準一級も視野に入れてリスニング力と、話す力(Conversación)を鍛えるために実践ビジネス英語を徹底的にやることにしました。もう一週間しか残ってないけどね。。。w

http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/business2/
↑の公式からストーリーミングで毎週流されている。便利な時代になったものです!

実は密かに今年の4月から、ビジネス英語の教材を毎月買って、上記の写真の要領で音声も録音して来た。何もする気がないときとか、気が滅入ったときに、気分を紛らしがてら、杉田先生のビジネス英語を4月から聴いて、テキストの練習問題解いたり、分からん単語を調べたりして勉強してました。杉田先生の発音はすごく聞き取りやすくて、解説も分かりやすいし、扱っている英語のレベルも申し分ない。
DSC09215.jpg
録音の要領も我流だが、教材整理の仕方もちょっと工夫している。NHKテキストは邪魔なページが多かったりするので、バラして↑の写真のようにファイリングする。これだと、一つのフォルダに2か月分入るし、自身のノートもファイリングできて便利。

英検2級レベルだと、実践ビジネス英語ほどの内容を話す必要もない。ただ僕は英語を話す機会が全くないので、いざ試験のときに話すとなると、かなりヤバかったりするかもしれない。ということで、とりあえず今まで学習した分の、実践ビジネス英語、半年分のテキストと音声を徹底的に活用して話してみようと思う。まぁw一人芝居みたいになるンだけど語学の勉強の基礎はこんなもンですねw

スペイン語は、毎週、ネイティブの先生と話して練習しているんだけど、英語は全く話していない。文章とか読んで、分かっているつもりでも、いざ話そうっていう時に話せないのは空しいっすね。

それにしても、実践ビジネス西語会話、なんて企画をNHK始めてくれないかな。。実践ビジネス英語のスペイン語、やって欲しいっすね。
オバマが掲げる正義とは何か?
字幕つき動画がアップされてなかったので、パブリックドメインのを使って作成してみました。訳はいつも通り意訳です。。

youtubeにもアップしているので観にくい時はそちらへ。

以下は、この演説の本筋。英語学習も兼ねて解説してみました。(僕はそれほど語学力がないので)字幕作成用の使いまわしで醜いかもしれませんが。。

The American people did not choose this fight.
アメリカ人は自らこの戦いに臨んだのではありません。
It came to our shores, and started
奴らが我等の祖国で始めたのです
with the senseless slaughter of our citizens.
無分別に我等の国民を虐殺するという形で。
After nearly 10 years of service, struggle, and sacrifice,
10年近く身を捧げ、苦闘し、犠牲を払い、
we know well the costs of war.
我々は戦争の代価が如何なる物か知っています。
These efforts weigh on me every time I,
毎回私に重くのしかかるのは、
as Commander-in-Chief, have to sign a letter
to a family that has lost a loved one,
最高司令官として愛する人を失った家族への手紙に署名しなければならない時、
or look into the eyes of a service member
who’s been gravely wounded.
重傷をおった兵士の瞳をのぞきこむ時です。


次のパラグラフは、自分用の英語学習メモも交えて紹介。

①So Americans understand the costs of war.
したがって、アメリカ人は戦争の代価を知っています。
②Yet as a country, we will never tolerate our security being threatened,
しかし、我が国としては、決して我々の安全が脅かせることを耐え忍んだりはしないし、
nor stand idly by when our people have been killed.
我等の同胞が殺されるのを見過ごすことはしません。
③We will be relentless in defense of our citizens and our friends and allies.
我々は国民と友好国、同盟国の防衛を容赦なく行っていくつもりです。
④We will be true to the values that make us who we are.
我々はアメリカ人たる所以、我々の価値観を忠実に貫きます。

⑤ And on nights like this one,
そして今日のような夜には、
we can say to those families who have lost loved ones to al Qaeda’s terror:
アルカイダのテロによって愛する人を失った家族の皆さんに次のように言うことができるのです。
Justice has been done.
正義は下されたと。



tolerate
~を許容する、寛大に扱う、大目にみる、我慢する
が転じて、耐え忍ぶって表現がぴったりかな。put up withを普通使いますがちょっと堅い表現
we will never tolerateオバマはneverをつけて決して許容しないと言っている

relentless
relent(厳しさを離れて軟化する)+less(~のない)で
~に対し情け容赦しない、無慈悲な、厳しい(without pity)
アメリカの態度がかなり硬化していることを示している。アメリカの心の広さはこれっぽちも感じられない。

be true to
本当の、本物のとかいう意が思い浮かぶが、誠実な、~に忠実なという意味でも使われる。
一般的にはbe true toの形で使われる。
We will be true to the values 我々の価値観を貫く、と言い放つオバマ。彼らアメリカ人の価値観とは周知の通り。。。

Justice
正義とは何か?この語は、他に裁判、司法の意味も含む。オバマは演説の前半で次のように言っている。

authorized an operation to get Osama bin Laden
オサマビンラディンを拘束するための作戦を許可しました
and bring him to justice.
奴に正義を下すために
です。


bring O ti justiceは本来、~を(逮捕して)裁判にかけるの意味
オバマは国際法を踏みにじり、ビンラディンというテロリストを、殺害するという形で裁いた。これがアメリカ流の正義なのだろう。真実は永遠に葬られた。
追記)
僕の勉強風景。
DSC06070_convert_20110508231003.jpg
書かないと覚えられない阿呆なので、いろいろと苦労しています。。。w
最近の国内外の情勢の変化を追うために、昨日は空いた時間に国際交流センターで新聞を読んで過ごしていた。このセンターではニューヨークタイムズなど英字新聞から日本のローカル紙まで約1週間分の新聞をただで閲覧できる。
ニューヨークタイムズとかの記事は、このブログでもちょっと紹介しましたが、電子版で観る事ができる。でもやっぱり紙媒体のほうが、読みやすいですね。

それはさておき、昨日、ローカル紙の国際面にカストロさんについての記事が掲載されていた。顔写真を見て、おっ!なんだろ!?って思ったら、なンだ。。。また第一書記を引退するかどうかという件の記事だった。
去年の11月にも、ハバナ大学の学生とカストロさんが話していた時の発言から、上記の進退問題がマスコミに取り出さされていた。
cfカストロさん、党トップを辞任? ”私は理念のために戦う一兵卒に過ぎないYO SOY UN SOLDADO DE LAS IDEAS”

今回、マスコミが取り上げたのは、カストロさんのいつもの考察Reflexiones de Fidel
以下では自前の下手な意訳で、今回取り上げられた部分を訳してみました。
ちなみに英語版の記事はここ:My Shoes are too Tight
Reflex Fidel2

Los zapaticos me aprietan

22 MARZO 2011
Mientras los reactores siniestrados despiden humo radiactivo en Japón, y aviones de monstruosa estampa y submarinos nucleares lanzan mortíferas cargas teledirigidas sobre Libia, un país norteafricano del Tercer Mundo con apenas seis millones de habitantes, Barack Obama le hacía a los chilenos un cuento parecido a los que yo escuchaba cuando tenía 4 años: “Los zapaticos me aprietan, las medias me dan calor; y el besito que me diste, lo llevo en el corazón”.
日本では、被害を受けた原子炉から放射能に汚染された煙が噴出し、北アフリカのわずか600万人足らずの第三世界国のリビアに向けては、容赦のない航空機と原潜が狙いを定めている。そんな時にバラク・オバマは、私が4才の時にでも聞いたような、戯言を長々とチリ人に向かって話していた。「僕の靴はとっても窮屈で、僕の靴下はとっても暖かいよ、僕は君が送ってくれたキスを心の中に抱き続けるお」(上手く訳せてません;が多分こんなニュアンス)

Algunos de sus oyentes quedaron pasmados en aquel “Centro Cultural” en Santiago de Chile.
サンティアゴ・デ・チレの文化センターの聴衆のなかには、彼の演説に呆れた人もいた。

Cuando el Presidente miró ansioso al público tras mencionar a la pérfida Cuba, esperando una explosión de aplausos, hubo un glacial silencio. A sus espaldas, ¡ah, dichosa casualidad!, entre las demás banderas latinoamericanas, estaba exactamente la de Cuba.
満場の喝采を期待して、いかがわしいキューバについて言及した後に、大統領は心配そうに聴衆に向けて視線を送ったが、そこにあったのは、凍りついた沈黙だけだった。彼の真後ろには、なんと、偶然の一致でしょうか!ラテンアメリカ中の国旗が並ぶ中、気が利いたようにキューバの国旗がそこにあったのです。

Si se volteaba un segundo sobre su hombro derecho habría visto, como una sombra, el símbolo de la Revolución en la Isla rebelde que su poderoso país quiso, pero no pudo destruir.
もし彼が少しでも振り向けば、彼の右肩越しには、まるで革命のシンボルが影のように見えただろう。強大な国が打倒を望んできたが、果たせなかった反逆の島のシンボルが。



確かに、偶然かそれとも図ってか、オバマ大統領の真後ろにはキューバの国旗が掲げられていたw
以下は、マスメディアに取り上げられた文面

Me sentí aludido en sus palabras.
私は彼に言及されたと感じた。
Presté, efectivamente, mis servicios a la Revolución durante mucho tiempo, pero nunca eludí riesgos ni violé principios constitucionales, ideológicos o éticos; lamento no haber dispuesto de más salud para seguir sirviéndola.
実際、長い歳月を私は革命に尽くしてきたが、危険から逃れたりせず、憲法上もイデオロギーにおいても、道義上においても、自身の信条を曲げてこなかった。私は良好の健康を保つことが出来ず、革命に従事することが出来なくなったことについては後悔しているが。

Renuncié sin vacilación a todos mis cargos estatales y políticos, incluso al de Primer Secretario del Partido, cuando enfermé y nunca intenté ejercerlos después de la Proclama del 31 de julio de 2006, ni cuando recuperé parcialmente mi salud más de un año después, aunque todos continuaban titulándome afectuosamente de esa forma.
私は病気になったとき、迷わず、第一書記を含むすべての権威と政治上の地位を辞職した。2006年7月31日の公示の後は、1年後、一時的に様態が回復した時でさえ、一切役職の権威を行使してこなかった。みんな引き続き、親しみを込めてこれまでの肩書き(第一書記)で呼びかけてくれたにもかかわらず。

Pero sigo y seguiré siendo como prometí: un soldado de las ideas, mientras pueda pensar o respirar.
しかし、私は約束したように、思考し、息の根がある限りは、これからも”理念のために闘う一兵卒”であり続けつだろう。



僕は正直言って、第一書記がどうこういう問題はあまり興味がない。このブログの題名で「カストロとゲバラに憧れ」なんて無垢なことを書いているが、僕はカストロさんの群を抜いた指導力、思考力に惹かれているだけなのだ。自らの信条を50年以上堅持してきた指導者が他にいるだろうか?僕は昭和の末期生まれだが、僕と同じ時系列に生きている政治家でカストロさんほど、カリスマを兼ね備えた政治家は他に知らない。日本の政治家なんかは足元にも及ばないだろう。

彼のように国際的視野を持ち、現在の情勢を論じ続ける人は希少な存在だ。共産主義に興味のない僕にとっては、カストロさんが第一書記の地位を辞職するかどうかなんて大した問題ではない。むしろ政治から離れることによって、執筆活動に集中することができるのではないかと期待したりする。だが、キューバ国民から愛され続けているカストロさんは、第一書記の座から離れることすら許されない。北の隣国が過酷な経済制裁やテロ行為を仕掛けてくる限りは。

いずれにしても、カストロさんの進退問題はキューバ国内の問題であって、来月の党大会を通じてキューバ国民が決めることだ。部外者である他国のものが口出しすることではない。
それなのにオバマ大統領は21日のチリの演説で、キューバの政治について非難している。
For Immediate Release March 21, 2011
Remarks by President Obama on Latin America in Santiago, Chile
Palacio de La Moneda Cultural Center, Santiago, Chile


↑の動画はキューバについての部分はキャスターが話していて途切れるが以下のようにオバマは演説している。

Let’s never waver in our support for the rights of people to determine their own future -- and, yes, that includes the people of Cuba. Since taking office, I’ve announced the most significant changes to my nation’s policy towards Cuba in decades. I’ve made it possible for Cuban Americans to visit and support their families in Cuba. We’re allowing Americans to send remittances that bring some economic hope for people across Cuba, as well as more independence from Cuban authorities.

Going forward, we’ll continue to seek ways to increase the independence of the Cuban people, who I believe are entitled to the same freedom and liberty as everyone else in this hemisphere. I will make this effort to try to break out of this history that’s now lasted for longer than I’ve been alive.

But Cuban authorities must take some meaningful actions to respect the basic rights of their own people -- not because the United States insists upon it, but because the people of Cuba deserve it, no less than the people of the United States or Chile or Brazil or any other country deserve it.


好き勝手なことを言ってますね。
もはやチリの演説では前の記事で紹介したブラジルのときのように拍手喝采はない。ニヤニヤしているのはピニェラ統領だけ。オバマ大統領が望むラテンアメリカは所詮、ピニュラのような富豪の腹を肥やすことでしかない。彼はチリに対して、TPPの促進、「対等なパートナー」を強調したが、これは貿易を通じた新たな搾取形態に他ならない。
結局は「進歩のための同盟」を呼びかけたケネディの時となんら変わってないのだ。所詮、同じ穴の狢でしかない。

早くもカストロさんはLas verdaderas intenciones de la “Alianza Igualitaria”対等なパートナーシップの真意
という考察記事を書かれている。これからも、ラテンアメリカをそして世界に向けた欧米の帝国主義政策を阻止するために、世界に向けてネット上でメッセージを発信し続けてほしい。”理念のために闘う一兵卒”として、あと20年は頑張ってもらいたい。