上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンデラさんが南アフリカ(以下南ア)の紙幣になったというニュースで記事を書いてから、密かに僕の中でマンデラ・ブームが巻き起ころうとしている。南アの革命家マンデラさんとキューバのカストロさんは仲が良いことは前の記事で動画を交えて紹介した。今日はマンデラカストロの共通項のひとつ、革命に命を投じる覚悟について書こうと思う。
fidel-y-mandela-2.jpg
マンデラさんの演説をいくつかyoutubeで聴いたんですが、心に訴えるものがある。そこで革命家の前職を調べたところ案の定、カストロさんと同じ弁護士だった。革命家は民の心を動かさなければならない。どんなに誠実であり、革命に対して情熱を燃やしていても、それが内に秘められたままであっては何も変化は起こらない。両者の革命家は、持ち前の弁論術を以って、革命を表現したといえるだろう。

Statement in the Rivonia Trial, Pretoria Supreme Court (20 April 1964)
↑はマンデラさんがウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)という武装闘争組織における活動の件で逮捕された後、64年のリヴォニア法廷で行った弁論。ネットで訳を探したんですが、翻訳機械で訳したようなものしか見つからなかったので、原文とともに自前の下手な意訳を下記に掲載します。
I have fought against white domination, and I have fought against black domination.
私は白人の支配と黒人の支配に対して闘ってきました。
I have cherished the ideal of a democratic and free society in which all persons will live together in harmony and with equal opportunities.
私はすべてのヒトが協調して平等な機会が与えられ、共に暮らしていける、民主的で自由な社会を築く理想を抱き続けてきたのです。
It is an ideal which I hope to live for. But, my lord, if needs be, it is an ideal for which I am prepared to die.
それは私が生涯を賭けて待ち望んでいる理想であります。しかし判事の皆さん、必要ならば私は理想のために死ぬ覚悟であります。


I have cherished the idealとあるが、マンデラさんは、ロベン島や他の過酷な獄中でさらに27年間この理想を心の中で温められた。そして釈放され、大統領に就任後の演説でこの箇所を引用されたのだ。マンデラさんこそ不屈の革命家といえるだろう!!

そして↓は有名なカストロさんの言葉である。
La historia me absolverá
53年のモンカダ兵営襲撃に失敗した後、カストロさんはマンデラ同様、命を投じる覚悟で上記の「歴史はわたしに無罪判決を下すであろう」で終わる演説を行った。下記に演説のクライマックスの一部を意訳で紹介する。ちゃんとした訳を知りたい方は「ドキュメンタリー現代史」などを参照してほしい。
Termino mi defensa, no lo haré como hacen siempre todos los letrados, pidiendo la libertad del defendido; no puedo pedirla cuando mis compañeros están sufriendo ya en Isla de Pinos ignominiosa prisión. Enviadme junto a ellos a compartir su suerte, es inconcebible que los hombres honrados estén muertos o presos en una república donde está de presidente un criminal y un ladrón.
これで弁護を終えようと思う。しかし私は、弁護士ならだれでもするように、被告の無罪釈放を訴える形で、私の弁論を終えるつもりはない。私の同志たちがピノス島の屈辱的な牢獄へ送られ苦しんでいる最中、私の無罪釈放を訴えることはできないのだ。私をピノス島に送り、同志たちと運命を共にさせよ。共和国大統領が犯罪者であり、国賊である時は、誠実な人々が死ぬか、囚われの身であることは当然の運命であろう。
(....)
En cuanto a mí, sé que la cárcel será dura como no la ha sido nunca para nadie, preñada de amenazas, de ruin y cobarde ensañamiento, pero no la temo, como no temo la furia del tirano miserable que arrancó la vida a setenta hermanos míos. Condenadme, no importa, La historia me absolverá.
私は牢獄が、ほかの人たちと同様に過酷で、脅迫、卑劣、意気地なしの残忍さであふれていることを知っている。しかし私は、70名の同志の息の根を止めた憐れな暴君の怒りを恐れないのと同様に、牢獄を恐れない。
私を断罪せよ。
どうということはない。
歴史は私に無罪を宣告するであろう。

Fuente: Defensa en el juicio por el asalto al cuartel Moncada
http://www.pctargentina.org/lahistoria17.html
※また機会があれば、ほかの興味深い箇所についても訳出し、思うことを書いていこうと思う。

残念ながらカストロさんのこの演説は、マンデラさんと違って音声が残っていない。しかし、この接続法と命令形で語られた弁論からは、カストロさんが判事の心の奥底まで震え上がらせるほどの声で演説を行ったことが想像出来るのだ。

ともかくこの両者は演説のスタイルは違うが、それぞれの国民の心に訴える演説で革命を表現し、闘争を通じてそれを体現された。マンデラさんからは長年の獄中生活でも、自らの理想を見失わない不屈の精神を感じ取れる。

当時の南アとキューバとは違い、日本では武装闘争こそ必要ないが、国を根本から変えたいのなら政治家は、彼らを見習ってほしい。同様に弁護士の職業から転じているポピュリストの政治家の言葉の軽いことか。。。一命を投じる覚悟で日本の舵取りを行ってほしいものだ。
スポンサーサイト
モーターサイクル・ダイアリーズでラテンアメリカの惨状を知ったゲバラは、直ちに革命家になろうと決意したわけではなかった。2度目のラテンアメリカ大陸放浪で、ゲバラが母へ宛てた手紙からは当時の葛藤が伝わってくる。
Vieja:
[…]
En Guatemala podría hacerme muy rico, pero con el rastrero procedimiento de revalidar el título, poner una clínica y dedicarme a la alergia (aquí está lleno de colegas del fuelle). Hacer eso sería lo más horrible traición a los dos yo que se me pelean dentro, el socialudo y el viajero. […]
グアテマラでも、試験を受けて資格を得て、開業しアレルギー医として専念すれば、卑しいやり方ですが裕福になることができます。でもそれでは、僕自身の内面で対立する僕を、社会主義者と旅人としての二人の僕を、裏切ることになるのです

fuente:Carta a la madre desde Guatemala (10 de mayo de 1954).
http://www.centroche.co.cu/cche/?q=node/455

南米各国の社会を蝕む不正、腐敗に対して憤る青年ゲバラ。彼に思想を与えたのは映画モーターサイクル・ダイアリーズでも描かれたDr.ウーゴ・ペシェとイルダ・ガデアさん。ペシェ博士はゲバラにペルーの思想家マリアテギの著作を勧め、イルダさんはゲバラにマルクスをはじめ多くの思想書を勧めともに議論した。イルダさんの著作は最近出版された邦訳(原書そのものは古いが)が興味深い。また気が向いたら感想を書こうと思う。

チェ・ゲバラと歩んだ人生チェ・ゲバラと歩んだ人生
(2011/11/09)
イルダ・ガデア

商品詳細を見る

今日BSで、「キューバ革命の立役者チェ・ゲバラはかつて医師でもあった。彼はなぜメスを捨て銃を取ったのか?」という観点からキューバ医療をテーマにした番組が放送されるようだ。というわけで、上記のテーマでブログを書いているわけだが。。。

旅のチカラ「医師ゲバラの夢を追う キューバ 作家 海堂尊」
キューバ革命の立役者チェ・ゲバラはもともと医師であった。ゲバラはなぜメスを捨て、銃を取ったのか? ゲバラの見果てぬ夢とはなんだったのか? 自らもかつて外科医として働き、現在は、ペンを武器に医療のあり方を問い続ける作家・海堂尊が、ゲバラの足跡を追う。さらに、ゲバラの思いを引き継ぎ、市民の医療を支える一人の医師と出会う。決して豊かではないキューバの医療の現場で、海堂が目にしたものとは?


以上が番組紹介。


ゲバラはなぜメスを捨て、銃を取ったのか?とは、なかなか惹きつけるテーマだが、たまたま最近僕が制作した自作動画で、同じテーマを扱ったものがある。

para ser médico revolucionario o para ser revolucionario, lo primero que hay que tener es revolución.
革新的な医師になるにせよ、革命家になるにしろ、まずやらなきゃらなないのは、革命である

と当時を振り返り、力説するチェ・ゲバラ。彼を革命へ誘ったのは何か?を感じ取ってもらえれば、制作者として冥利に尽きます。
Discurso en el acto de inauguración del curso de adoctrinamiento
organizado por el Ministerio de Salud Pública el 20 de agosto de 1960
公衆衛生省 研修過程開設式における演説

【追記】
上述のBSの番組を拝見。思ってた以上にゲバラに焦点が当てられていた。
ゲバラの日記やゲリラ戦術論からの引用そして、僕がこないだ作成した演説動画と同じ個所がなぜか「ゲバラの手記」という形で紹介されていた。日本語への翻訳は、人によって違うわけだが、どう考えても番組内で掲載されていたのは、61年の8月にゲバラが厚生省で行った演説の原文を訳したものに違いない。まぁ。。。そんな細かいつっこみをするのは、くだらないゲバラマニアの僕ぐらいなものだろうけど。
メルセデス・ベンツと聞けば、誰もが知る高級ブランドだが、アメリカでのプロモーション活動で大きなミスをやらかしてしまった模様。自社の新商品の革新性を伝えるために、ゲバラの有名な写真、「英雄的ゲリラ」のベレー帽の星を、自社のスリー・ポインテッド・スターに置き換えた。
スリー・ポインテッド・スター2
ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で披露されたようだ。ベンツのバックには「Viva la revolucion革命万歳」の文字とともにゲバラ。こうして見ると、ゲバラがダイムラーの広報担当者に対して憤っているような気がする。

日本語ではこのニュースは扱われていないが、英語の記事では“thoughtless” and “stupid” 「軽率で愚か」だと手厳しく批判されている。同情はするが、thoughtless” and “stupid”に違いないw
CESは世界に向けて、自社製品をPRする場とはいえ、チェ・ゲバラを憎むアメリカ合衆国で行われるショーだ。アメリカの消費者、とりわけこういう高級ブランドを買う余裕があるのはご年配者だろうが、そういった層はキューバ革命をリアルタイムで見て来た。そしてマイアミには多数の亡命キューバ人がいる。このような事態は事前に予想しておくべきだろう。
スリー・ポインテッド・スター
the Cuban American community, including two U.S. lawmakers, who described Guevara as a "sadistic serial killer" who murdered thousands of men, women and children.
酷い言われようっすね。。。亡命キューバ人はゲバラをこのように捉えてるんですね。。。次の文面も過激
"It's a pathetic apology," Florida Rep. Mario Diaz-Balart, a Republican, said in an interview with FoxNews.com. "He [Guevara] was a cold-blooded killing machine" who "talked about using an atomic bomb to kill all capitalists."
「資本主義者をすべて抹殺するために原爆を用いる」なんてゲバラは絶対に言っていない。これは非常に大きな誤解ですね。ゲバラはアメリカの帝国主義に対して闘争心を燃やしていた。だからといって資本家を殺すとか、ましてや関係のない弱者をそんな風にするはずがない。ゲバラに対する憎しみは、世代を超えて再生産されているのだろうか。
Mercedes' apology for use of Che Guevara photo to promote luxury cars does little to quiet outcry
http://www.foxnews.com/
↓はマイアミ・ヘラルド。
Use of Che Guevara photo in Mercedes-Benz presentation causes stir
http://www.miamiherald.com/
当時CIA諜報員でプラヤ・ヒロン侵攻を指揮し、ボリビアでゲバラと対峙したフェリックス・ロドリゲスFélix Rodríguezがコメントしている。彼は三台もベンツを所有しているそうだが、もう買わないし友達にも買わないように言いつけるそうだ。ご立派なご身分なことだ。
In a comment he posted, Rodriguez said: “I know who Che Guevara was and he was a criminal, a murderer and a person who hated the United States of America.”

He said he has owned three Mercedes-Benz cars and planned to replace his current Mercedes. But because of the campaign, he will buy from another company.

I’ll never buy a Mercedes-Benz again and I am telling my friends to do the same,” he said.

↑の動画では、ベンツがドイツの企業で、ヒットラーの時代にナチスへの協力を槍玉に非難している。

車の革新性を伝えるために、ゲバラの写真が用いられたわけだが、結果的に大失敗に終わったベンツ。去年のこの時期にも別の企業だが、CMにゲバラを用いて話題になっていた。
2011.01.23 車のCMにカストロさんが登場w!?

若者は「革命」というイメージに惹きつけられてゲバラを消費するが、大概の人がゲバラの成し遂げたことを知らない。上記の英字新聞のような記述は事実と甚だしくかけ離れているが、ゲバラがバティスタ独裁の悪漢の処刑を執行したことは事実。グアテマラ革命の二の舞を案じたゲバラは、不安要素を事前に摘み取った。勿論、裁判は行われている。

今回の失態はゲバラのイデオロギーを考えず、イメージを消費したしっぺ返しの典型例だろう。
カストロさんは何故リビア情勢についてこれまで執筆されてきたのか?今年、カストロさんが書かれた「フィデルの考察」を基に僕の見解も交えて書いてみようと思う。カストロさんとカダフィ大佐が初めて出会ったのは1977年。↓の写真はカストロさんがリビアを訪問したときのもの。カダフィは中東で最も反欧米の強硬派だったことや、数々の極端で奇怪な言動から「砂漠の狂犬」「アラブの暴れん坊」とも呼ばれた、そうだ。さしずめ、カリブとアラブの暴れん坊コンビといったところかなw
Gdafi3.jpg
カダフィが革命(単なるクーデターという見方もある)を起こしたのは1969年。カストロさんが訪問した77年までには、農地改革、石油の国有化、教育や医療水準の向上が実現しつつあった。この訪問から2年後、カストロさんは非同盟諸国首脳会議事務総長に就かれ、第三世界諸国を率いられる。第三世界の側から帝国主義に対して戦いを挑む点では共闘関係にあったと言えるだろう。

今年の二月から、リビア情勢について執筆活動を続けられてきたカストロさん。NATOが介入した紛争はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、コソボ紛争、アフガニスタン紛争 (2001年-)、そして今年のリビア騒動。過去の紛争でNATOがやって来たことを非難されてきたカストロさんは、誰よりも早くリビア占領計画について世界に発信された。
2011.02.23 NATOのリビア占領計画 El plan de la OTAN es ocupar Libia【 Reflexiones de Fidel】
2011.03.04 NATOの対リビア介入は避けられない La Guerra inevitable de la OTAN
中東で大きな地殻変動が起きている中、極東の日本でも文字通り大きな震災に見舞われたのだ。。
2011.03.13 世界を震撼させる2つの地震 Los dos terremotos
今年は、国内で戦後最も悲惨な出来事が起きた。そして世界では金融危機が叫ばれ、中東ではあちこちへ民主化という名の火の粉が飛び散っている。それだけに、テレビニュースが報じる事も混乱しているのが現状だ。リビアで一体何が起ころうとしているのか?これまで帝国主義の挑戦に立ち向かってこられた老兵カストロさんの書かれることを実体験に根付いている。

今年は、バイーア・デ・コチーノス(プラヤ・ヒロン侵攻事件、俗にピッグズ湾事件)でアメリカのCIAが支援した亡命キューバ人部隊を撃退して50周年の節目でもあった。
2011.04.16 壮大な軍事パレード~プラヤ・ヒロン50周年記念~Comenzó el desfile militar y popular
キューバとアメリカは革命達成直後は仲良くやっていた。しかし憎きニクソンがアイゼンハワーに対してカストロさんは共産主義者だと言い放ち、国有化の賠償提示を跳ね除けてキューバ革命を退けたアメリカ。自国の裏庭に都合の悪い政治体制が出来れば破壊工作(今風に言えばテロですな)も平然と行い続けてきた。

そして61年4月の侵攻事件が起きたわけだが、卑劣な帝国主義者はカストロさんが率いる革命軍によって撃退された。この侵攻事件はキューバに対して社会主義を宣言する契機ともなった。
2011.04.15 プラヤ・ヒロン侵攻から50年目~社会主義化したキューバ革命~First Blood
このアメリカの手前勝手によるキューバ革命に対する拒絶が、後に人類史上もっとも危険だったキューバ危機への扉を開いた。このようにキューバは、大国の思惑によって右往左往させられてきたのだ。

リビアもまた同様に大国の思惑に悩まされ続けてきた。1999年以降、リビアはアメリカ、フランスやイギリス、イタリアなどNATO諸国との関係が好転し、2006年にはアメリカのブラックリストからも削除された。欧米諸国との外交も再開された。しかし事態は急変、今年に入ってNATO軍が国民の叛乱に乗じて空爆したのだ。明らかになりかがおかしい。異常だ。しかし、この異常な事態に対して疑問を投げかける人は少ない。メディアのあからさまな情報操作、洗脳から人々は目覚めなければならない。

だからといって僕はカダフィ大佐を擁護しているわけではない。カストロさんもまた、共産主義者であり(この点で僕とカストロさんとも違うわけだが)何よりも第一にホセ・マルティ主義者なのだ。一方、カダフィは冷戦の時代に資本主義と共産主義を否定していた。したがって、カダフィの政治思想、宗教的思想に賛同されているわけではない。民主革命の美名の下、リビアの地下に眠る膨大な石油目当ての帝国主義国に対して、カストロさんは筆を取り、「フィデルの考察」欄で戦い続けられているのだ。
Gdafi14.jpg

Gdafi1.jpg
Reflexiones del compañero Fidel sobre el tema de Libia
下記はカストロさんがリビア情勢について書いた記事の一覧。上記のリンクCubaDebate上でスペイン語ですが閲覧可能。
El plan de la OTAN es ocupar Libia. 21 de Febrero de 2011
2月21日 NATOのリビア占領プラン
Danza macabra de cinismo. 23 de Febrero de 2011
2月23日 仮装したシニズムは踊る
La Guerra inevitable de la OTAN. 2 de marzo de 2011
3月2日 NATOによる戦争は不可避
La Guerra inevitable de la OTAN (Segunda parte). 3 de marzo de 2011
3月3日 同上Ⅱ
La OTAN, la guerra, la mentira y los negocios. 9 de marzo de 2011
3月9日 NATOによる戦争、偽善、駆け引き
Los dos terremotos. 11 de marzo de 2011
3月11日 2つの震災
Los desastres que amenazan al mundo. 14 de marzo de 2011
3月14日 世界を脅かす元区
La Guerra Fascista de la OTAN. 28 de marzo de 2011
3月28日 NATOによるファシスト戦争
Un fuego que puede quemar a todos. 27 de abril de 2011
4月27日 すべてを焼き尽くさん戦火
先週、アレイダ・ゲバラさんの講演会に参加して簡単なレポの記事を書きましたが、パーティーのことについてしか↓の記事で触れていませんね。
07.25 Dr.アレイダ・ゲバラさんの公演~お父さんから引き継がれた優しさと笑顔~
今日は、先週の公演でアレイダさんが、"連帯"とは何か、について話された箇所を紹介します。
以下からは、通訳の方が訳された言葉を基に、24日の講演内容から引用。

-皆さん、こんばんわ
チェ・ゲバラという人物についてお話しすることは、いつも難しいことです。
一緒に過ごした時間が少ないからです。
だからシンプルにすばやくお話したいと思います。ご覧のように私はスペイン語しかお話しません。
ですので、通訳を通さないとコミュニケーションを行うのが難しいのです。
でも、今日はちょっとがんばってみましょう。
(全国各地を回られて、少しお疲れのご様子のアレイダさん。話はゲバラが南米大陸を友人とバイクで旅した時のことへ)

-ラテンアメリカを放浪した青年は、ラテンアメリカには人々を苦しめる病があることを知りました。
それは貧困という病です。それは現在も第三国を蝕む最も悲惨な病です。
チェ・ゲバラは世界各地の人々と協力していかなければならないことを、言い続けてきました。
連帯というのは、余っている物を与えることではありません。
連帯というのは、必要なものを分かち合うということです。

連帯の精神の一例を示すために、アレイダさんはユーモアも交え、以下のエピソードを紹介された)

-時には私たちは、自己中心的で保守的な生活を送ってしまいます。
今日、私は(通訳さん御自身)喉が痛いです。(会場に笑い声)
(アレイダさんは)私(通訳さん)に、抗ビタミン剤を差し上げました。でも(通訳さんは)私(アレイダさん)に聞いたのですね、
「余っているの?あなたに足りているの」と
私(アレイダさん)は言ったのです。「重要なことは、余っているかどうかではなく、分かち合うということなんです」と
DSC08044_convert_20110725164217.jpg
-このような観点から世界を見るべきであって、私たち自身の楽しみだけではなく、
他者の必要なものを共有する、という観点から世の中を見ていかなければなりません。
人々は社会の中に所属しています。
でも、時々残念ながらそれを、忘れてしまうときがあります。
社会というのは一緒に暮らすこと、持っている物を分かち合って暮らす場です。
チェ・ゲバラはその様なことを、一生を通じて示してきたわけです。
(以上)



日本の各地で公演されて来たためか、アレイダさんは公演中何度か咳き込まれていた。通訳さんも、僕の知っている限りでは、名古屋と京都ともに同じ方が務められたようです。2人とも喉の薬が必要だけど、アレイダさんは思いやりの気持ちから、その薬を分かち合われたわけですね!

アレイダさんの公演は、通訳の方、両国の大使館やゲバラセンター、そして京都だったらミホ・プロジェクト様の協力があってこそ成り立った。これも一つの連帯ですね。
会場では、チェ・ゲバラが子供たちへ宛てた手紙の原文をプリントしたTシャツが売られていた。その中の一節に、ゲバラの有名な言葉がある。
Crezcan como buenos revolucionarios. Estudien mucho para poder dominar la técnica que permite dominar la naturaleza.
Acuérdense que la revolución es lo importante y que cada uno de nosotros, solo, no vale nada.
立派な革命家になりなさい。しっかり勉強して、自然に精通できる技術を身につけなさい。
革命は、大切なことで、僕たちがそれぞれ1人でいては、何の役にも立てないことを覚えておきなさい。
Sobre todo, sean siempre capaces de sentir en lo más hondo cualquier injusticia cometida contra cualquiera en cualquier parte del mundo. Es la cualidad más linda de un revolucionario.
とくに、世界のどこかで、だれかが、不正な目に遭っているとき、いつでもその痛みを最も強く感じ取れるようになりなさい。それこそが、革命家の最大の美徳です。

アレイダさんは小児科医として、世界中で子供たちを救われる形で、お父さんの遺言を実践された。
公演中、solidaridad(連帯)という言葉をアレイダさんが発せられるとき、お父さんから受け継がれた強い意志を感じられた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。