上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうど50年前の1962年2月4日、カストロさんがキューバを代表して「第二次ハバナ宣言」の演説を行った。この宣言からは、米州機構に対する対決姿勢が伝わってくる。半世紀も前の宣言だが、ここで叫ばれたことは今のラテンアメリカの流れと重なるものがある。昨年、アメリカ、カナダ抜きのラテンアメリカ共同体を志向する、ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体CELACが12月2日、ベネズエラのカラカスで首脳会合を開いて、正式に発足した。これは、キューバ独立の使徒、ホセ・マルティが高らかに叫んだ「われらのアメリカ」の構想と重なる。下記は第二次ハバナ宣言の冒頭。

訳出にあたっては、手紙の箇所を下記の文献を参照しました。

ホセ・マルティ選集〈3〉共生する革命の319ページ「マヌエル・メルカードへ」
↓のページでは原文のスペイン語で音声とともに、全文が閲覧可能。
http://www.segundadeclaracion.net/esp/1pasa/1_prim_seccion/b_texto_nu1.html
Viví en el monstruo y le conozco sus entrañas; y mi honda es la de David.
私はあの怪物の中に住んでいたので、奴らの内蔵を知っている。
よって、私はダビデの投石器なのだ。

は有名な言葉。ニューヨークに住んでいた頃のマルティについては、上記の選集の二巻で詳しく知る事が出来る。有名な論文Nuestra Americaわれらのアメリカの全訳も掲載されていました。

これらマルティの思想が、現代のラテンアメリカでどのように展開されているのか興味がある人は、下記の特集を一読することをお勧めする。
月刊誌「世界」もCELACに注目
「世界」はちょっと僕が読むには退屈(難解)なので買わずに、図書館で読みました。伊高氏の記事はCELACを理解する一助になると思います。

↑は第一次と第二次ハバナ宣言の動画。前者ではモンロー主義に触れ、後者ではOEA(米州機構)に対し強く非難しています。
cf
2011.12.03 ラテンアメリカの真の連帯機構CELAC設立に向けて~ゲバラの悲願への第一歩~
http://hastasiempre.blog104.fc2.com/blog-entry-333.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。