上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラウル議長とオバマ大統領が米州機構の会場で握手したことが国内メディアでも大きく報じられていますね。両者が握手をするのは南アフリカでのマンデラさんの葬儀以来のことでした。前回は偶発的な出来事でしたが、今回の握手ははるかに政治的意味合いが強いものであり、両国の国交正常化への進展が期待されます。
2013.12.10 オバマ大統領とラウル・カストロ議長が握手 マンデラさんの追悼式典で

一方で、合衆国のキューバに対するテロ支援国家指定を巡り両国の間には大きな隔たりがあります。国交正常化するのに、相手国をテロ支援国家呼ばわりすることは非常に厚かましいことに違い有りませんが、合衆国はキューバにおける人権問題を理由に譲ろうとしません。開催地の現地には反キューバ政権の運動家らも集まり、キューバにおける人権問題解決を訴え、在パナマ・キューバ大使館近くにあるホセ・マルティの胸像に献花しようとして、キューバ側と衝突があったようです。

さらに悪いことに、ゲバラ殺害を指令したフェリックス・ロドリゲス氏が現地に現れ、上述の反キューバ政権団体と会談するという火に油を注ぐ出来事もありました。現地のキューバ代表団やゲバラの遺族これに対し非難する声明を発しられました。

El asesino anda suelto en Panamá: Félix Rodríguez Mendigutía

Posted by Cubadebate on 2015年4月9日

ゲバラの殺害者に対し「われわれのアメリカから出ていけ」と憤りを表明

ロドリゲス氏は合衆国ではなくキューバで生まれ育ち、革命後は亡命し、CIAに支援された悪名高いピッグズ湾侵攻では亡命キューバ人部隊を率いて、革命政権打倒を企てました。ボリビアでのゲバラ殺害も含め合衆国にとっては、自国の国益をテロ国家やテロリストから護る正義の戦士なのでしょうか。

しかし、“正義”や“テロ”とは何なのか、キューバと合衆国の攻防から改めて考えさせられます。現在中東で無差別に人民を殺害している自称国家を名乗っている連中などは、テロリストであることに疑う余地はありません。それでは合衆国はキューバ政権打倒の大義の為に行った破壊工作はどうでしょうか。合衆国の工作員は、悪名高いマングース作戦でキューバの砂糖キビ畑を放火したり施設を爆破したり、女性教師をまで殺害しました。


上記動画は第二次ハバナ宣言ですが、前の記事で取り上げた61年のプンタ・デル・エステで開催された米州機構会議におけるキューバと合衆国の立場を対照的に述べている箇所があります。「キューバは暗殺された女性教師を称え、合衆国は暗殺者を称えた」と。

民間航空のクバーナ航空455便爆破事件では首謀者のルイス・ポサダ・カリレスを、合衆国の為に壊工作活動に協力してきたとして、このテロリストは合衆国に保護されています。この爆破事件では乗員乗客73名が亡くなられました。

合衆国のキューバに対するテロ支援国家指定解除が大きく報じられていますが、私たちは合衆国による破壊工作があったことを忘れてはいけません。

上述のマンデラさんの葬儀にキューバが招待されたのは、アパルトヘイト政権崩壊にキューバがアンゴラ派兵を通じて貢献したからです。アパルトヘイト政権を支持していた合衆国にとってはこの派兵がテロ支援国家となるのでしょう。
2013.12.12 南アの語られざる歴史 いかにキューバがアパルトヘイト政権崩壊に貢献したか?Democracy Now!

合衆国が指定する“テロ”が必ずしも正しいものではないことを、キューバの事例を通じ改めて認識させられます。
スポンサーサイト
今日は真珠湾攻撃が行われた日ですが、先の大戦について少し考えてみました。真珠湾攻撃といえば今年、「トラトラトラ」で描かれた帝国海軍の勇姿に憧れるキューバの警察官についての動画を紹介しました。

当時、日本は合衆国の経済封鎖によって追い込まれていました。キューバの警察官の方は反米という単純な理由からではなく、大国による不当な仕打ちに対し果敢に抗った点において共感を覚えられたのではないかと思います。

真珠湾攻撃の報道はナショナリズムを一層高めました。もし当時生きていたら、私も湧き上がっていたことだろうと思います。しかし、第二次世界大戦の歴史をしっかり学んだ人は皆、戦争とは如何なるものであるかを知っています。

戦争は悲惨な結果を招くことを後の世代語り継ぐことは大切なことですが、同時に当時には欧米に対して戦う大義(その是非については語りません)があり、それに対し少なからず国民が賛同していたことを忘れてはいけません。そのことを念頭に置き、21世紀において二度とあのような悲惨な戦争が起きないことを切に願う次第です。


2か月ほど前からFBページで宣伝して来た「キューバ・日本友好400周年行事」自衛隊練習艦隊のハバナ寄港。まだ日本のマスコミは一切この一大イベントについて報じていないので、私のブログを通じて、在キューバ日本国大使館ページで公開された情報(スペイン語)をもとに行事の日程を案内します。
cf 2014.05.25 帝国海軍に憧れるキューバ警官の夢が叶う

練習艦「かしま」「せとゆき」護衛艦「あさぎり」で編成された海上自衛隊艦隊練習艦隊は4日間のハバナ停泊の期間中、様々なイベントを行う予定。(2014年7月5日から7月8日)

ハバナ港 入城
艦隊は現地時間の7月5日(土曜日)午前9時に入場、シエラ・マエストラ・ターミナルに午前11時頃に接岸予定。入港時には練習艦「かしま」とカバーニャ要塞間で礼砲交換が実施されます。

電灯艦飾
5日と6日、夕暮れから午後10時ごろまでハバナ港が艦隊のイルミネーションによって彩られます。

献花
現地時間6日(日曜)の朝、練習艦隊司令官 湯浅 秀樹海将補が中央広場のホセ・マルティ・メモリアルと戦没者が眠るコロン墓地で献花されます。

艦隊見学
練習艦「せとゆき」と護衛艦「あさぎり」の2艦が現地時間6日(日曜)一般公開されます。先着順だそうで、見学時間は2時間。9時からと昼の2時からの部があります。

和太鼓コンサート
現地時間6日(日曜)午後4時半からサンフランシスコ デ アシス広場で和太鼓の演奏が披露される予定。

情報元 自衛隊練習艦隊のハバナ寄港- 関連行事のご案内 在キューバ日本国大使館


今週は日本・キューバ交流400周年記念行事で7月上旬に、海上自衛隊の練習艦がハバナに寄港し、船上レセプション,艦船の一般公開,隊員楽隊による音楽演奏会,武道デモンストレーションなど,様々な文化交流行事が行われる情報をFBページ上で紹介しました。
在キューバ日本国大使館 「日本・キューバ交流400周年記念行事に向けて」

そしてさらに情報を得ようと思い、海上自衛隊、キューバのキーワードで検索したところ素晴らしい動画に出合いました!もう自分のページ上で3回は紹介したと思いますがブログでも掲載します。

伊藤さんのフェイスブックでも上記動画の詳しい内容が公開されています。



多くの方に是非観て頂きたいですね。自衛隊好きの自分にとっては感無量っす!


この交流400周年のポスターもいいセンスです。自分のページはラテンアメリカ人も多いので、ページを通じて一人でも多くの方が日本の文化、ラテンアメリカのつながり、帝国海軍に興味をもって頂ければ幸いです。
今夜、キューバについての産経ニュース記事が自分のタイムラインに表示されていましたが、その見出しに唖然とさせられました。「キューバ・チェ・ゲバラ・フィデル・カストロ研究会」さんがシェアされた記事でしたが、自分のページへもシェアしたところ、僕と同じ感想を持つ方からコメントを頂きました。

宇宙戦艦ヤマトがキューバで人気であるという豊田陽さんの話はとても興味深かったのですが、やはりタイトルが残念でした。「カリブの北朝鮮」などともいわれるキューバとか書かれていましたが、今回の記事で初めて聞きました。記者が取材された豊田陽さんのデスラー総統=オバマ、沖田艦長=カストロ、古代進=ゲバラの形容は冗談の領域だし、面白いし良いと思いますが、産経記者によるキューバ=北朝鮮の形容はまた違った次元の話ですね。

面白い話を見つけられたという点で記者に感謝ですが、もう少し表現の仕方を気を付けられた方が良いのではないかと感じました。同じような感想を持つ方は他にもいらっしゃると思います。

それはともあれ、松本零士さんの作品がキューバで人気なのは良いことですね!ヤマトも傑作ですが、僕がキューバの方に観て頂きたい作品を一つ上げるなら松本零士さんの「音速雷撃隊」です。桜花を扱った作品で前の記事でも紹介しました。そういえば去年、比叡山の桜花の秘密基地のスケッチが見つかったことを報じたのも産経でしたね。良いネタを毎回伝えられているだけに、上記のタイトルは本当に残念です。
2014.04.27 比叡山の桜花 特攻隊員の軌跡を辿って

日本もキューバも、「祖国か 死か」の覚悟で果敢に合衆国の不正謀略に立ち向かった輝かしい歴史を共有していますが、同時に両国ともにその代償を身をもって知っています。。。祖国を救いたいという一途な思いで出撃された桜花隊員ですが、二度とあのようなことはあってはいけません。戦争がどれほど悲惨なものであるかを伝える貴重な作品「音速雷撃隊」はキューバ人だけでなく他の諸外国の方にも観て頂きたい作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。