上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は少し、レベルの低い語学学習になってしまったことをお詫びしたい。どうやらこのブログの品位を下げてしまったようだ。そこで、今回はこのブログで扱っているカストロさんの名言について扱おうと思う。今日のフレーズは↓この一文。
Si pudiera nacer otra vez...
sería como soy en las mismas circunstancias que he vivido, que he nacido.
私はもし、もう1度、生まれ変わっても、
同じ状況に生まれて今の自分と同じ様になるだろう。


スペイン語の文法を一通り学ばれた方はご存知だと思うが、ここでは接続法過去形を用いた「現実の事実に反した仮定」が表現されている。ちょうどNHKラジオの毎日スペイン語で接続法過去形を終えたようなので、多少は需要があると見込んで解説してみますw。。といっても僕もスペイン語は、まだまだひよっ子っすけどね。

まずは日常会話レベルの例題から、大学時代に使っていた文法書を片手に、接続法過去形を用いた「現実の事実に反した仮定」を解説してみたい。
【文法の復習】
■現在の事実に反する仮定
今日復習するのは、事実ではないことの仮定を言うときの文法。
以下、例文
Si yo tuviera dinero ahora,iría a Cuba.
「もし僕がお金を持っているとしたら、キューバへ行くのですが。」

簡単に整理すると以下のようになる。
現在の事実:「私はお金を持っていません。」Yo no tengo dinero.
事実に反する仮定:「もし今、私がお金を持っているとしたら」Si ahora yo tuviera dinero
仮定の結び:=「キューバへ行くのですが」iría a Cuba.

お金がないときに、「もし僕がお金を持っているとしたら、キューバへ行くのですが。」と言えば、その反対の「僕はお金がないので、キューバへ行かない。」が事実というわけですね。

「もしも~」の節を仮定節(prótasis)といい、動詞を接続法過去で表し、
「~するのですが」は帰結説(apódosis)と名付け、動詞を過去未来で表します。

さて。。これで一応基礎的なことは解説したことにして、本題に入ることにしよう。冒頭で示したのは、去年にオリバーストーン監督の映画「コマンダンテ」での一節。以下の記事に前文があります。
2010.08.18 理想と信念を貫く指導者 映画Comandanteのエンディングより
オリバーストーンの「悔やまれる瞬間や過去に戻って変えたいことはありますか?」という質問に対して次のように応えられている。
Si pudiera nacer otra vez...sería como soy en las mismas circunstancias que he vivido, que he nacido.
F:私はもし、もう1度、生まれ変わっても、同じ状況に生まれて、今の自分と同じようになるだろう。

以下は語句の解説

pudiera>poderの接続法過去形3人称
nacer:be born生まれる
otra vez:againもう一度
sería>serの直説法過去未来形3人称
mismo:same同じ、同一の
circunstancias:状況
vivido>vivirの過去分詞
ちょっと自信を持って解説できないのが、未来過去後にくる現在完了形だが、las mismas circunstanciasを受ける関係代名詞queの後に続くから、としか解説しようがない。。とにかく何気に発せられた一文であるが、接続法過去形と過去未来形が用いられた「現実の事実に反した仮定」の文法を学習する格好の題材ではないかと想い紹介しましたw
スポンサーサイト
昨日からラテンビート映画祭が始まったようですね。津川雅彦さんのトークショウのレポートを読んで、こんな記事をノリで書いてみることにしましたwキューバの恋人deスペイン語~津川雅彦さんに学ぶセニョリータの口説き方~では、津川さんのナンパ術を、キューバの恋人の映画内の会話を基に検証していきます。スペイン語を駆使してキューバ女性を虜にするナンパ術を勉強していきましょうww

津川雅彦“キューバ流”ナンパ術を伝授
俳優・津川雅彦(71)が15日、都内で行われた「第8回ラテンビート映画祭」オープニングイベントで、キューバ流ナンパ術を観客に伝授した。日本・キューバ合作の主演映画「キューバの恋人」(69年)でキューバ人女性に恋をする船員を演じた津川は、現地の求愛法を3日でマスターしたそうで「とにかく見つめることだと。根気よく見ているといつか振り向いてくれるので、振り向いたところで笑うんです」と熱弁。「声を掛けると日本では『失礼ね』と言われるが、あちらの女性はお礼を言ってくれる」と文化の違いを解説した。


さて、

津川雅彦“キューバ流”ナンパを指南[映画.com ニュース] では
「とにかく根気よく女性を見つめていると、振り向いて話しかけてくれる。返事はどうであれ、『自分を褒めてくれた』と受け取ってくれるのがラテンの女性」と“キューバ流”ナンパを指南した。


と述べられる津川さん。まずはスペイン語以前に女性に対して、情熱を持って接することが大事だということですね。
たしかに、映画でも冒頭で執拗に津川さん演じるアキラはキューバ女性にアタックしています。そして、マルシアという美女に出会います。以下はアキラがビーチで、マルシアにナンパするシーンのスペイン語会話。
Lección1 女性を褒める
Marcia:M
Akira:A
マルシアの前にアキラが立ちはだかる。
A Marcia,Buenos días.
M Buenos días,señor.
A Soy japonés.
俺は日本人だよ。
M Ahh Chao!
チャオ(またね)
ここまではスペイン語会話の教科書なんかに出てきそうな一節。友達のもとに戻るマルシアをアキラは真摯に見つめる。アキラの視線にたまりかねたマルシアは、アキラに話しかけてきた。
M Cómo usted se llama?
あなたの名前は(あなたをなんとお呼びすればいいですか?)
A Akira.
アキラだよ
M Akira_
A Si,usted es muy bonito,preciosa.
うん、
ねぇ、君はとっても可愛いよ。
M Si.
シー(ありがとう的に)
<解説>
bonitoは英語でいうpretty。スペインでは主に事物についてのみ使う語だが、中南米では女性を口説く基本語なのでしっかり使いこなしたい単語。「きれいな、かわいい」。
precioso
は英語のpreciousに該当する。貴重な、大切なといった意味のほかに、「美しい」という意として使える。ここでは両者でもなく、<親愛の呼びかけ>として用いられている。

では、次に自己紹介を終えた後、アキラがアタックするシーンを考察してみよう。
Lección2 女性を誘う
M Toma esta libro.
この本を受け取って。
A El diario del Che en Bolivia?
チェのボリビアでの日記かい?
M Si.Un hombre extraordinario.
ええ、類稀な人物だわ。
A Si.Muchas Gracias.
そうだね、ありがとう。
(素直に受け取る一方で、キスをしようとするアキラ)
M No!
A humm,Marcia,puedo ver te esta noche?
マルシア、今夜、君に会えるかい?
M No
いいえ
A Entonces,mañna?
それじゃ、明日は?
M No
A Entonces,pasado mañna?
じゃあ、あさっては?
M NO
A Entonces...あさっての次はなんて言うんだったけなぁ。。
<解説>
toma:tomarの二人称命令形。受け取るの意。
libro:book
extraordinario:extraordinary並外れた、類まれな
hombre:man
ゲバラのボリビアでの日記El diario del Che en Boliviaをアキラに薦めるマルシア。

El Diario Del Che En Bolivia (Che Guevara Publishing Project)El Diario Del Che En Bolivia (Che Guevara Publishing Project)
(2006/01/19)
Ernesto Guevara

商品詳細を見る

puedo>poderの一人称。英語で言う助動詞canに該当。後ろに動詞の原形をもってくる。~できる
ver:see
esta noche:今夜
puedo ver te esta noche?
このフレーズは、ナンパ術の基本。その場限りに終わらせず、次の段取りをしておくために使う。
entonces:thenそれでは
mañna:tomorrow明日
pasado mañna:あさって
ちなみに、あさっての次はdespués de pasado mañana(明々後日)。日本男児たる者、根気よく攻めるべきだろう。これぐらいの単語は、とっさの時にでも言えるようにしておきたい。

結局、マルシアはサンティアゴへ行くからと言って、アキラから逃れてしまう。しかし、そんなことで、諦めないアキラはマルシアを追いかけるのであった。

■今日のフレーズ
usted es muy bonito,preciosa.
ねぇ、君(あなた)はとても美しいよ。
Marcia,puedo ver te esta noche?
マルシア、今夜、君に会えるかい?


また、気が向いたら、続編書いてみますw
夏目漱石の吾輩は猫であるのスペイン語版があったw
こちらのブログの方が詳しくかかれてます。「我が輩は猫である」をスペイン語で読む
Soy+un+gato.jpg

日本語版は青空文庫でも読めますね
冒頭部分を少し読んでみますw

Capítulo 1
Soy un gato, aunque todavía no tengo nombre.
吾輩は猫である。名前はまだ無い。
No sé dónde nací.
どこで生れたかとんと見当がつかぬ
Lo primero que recuerdo es que estaba en un lugar umbrío y húmedo, donde me pasaba el día maullando sin parar.Fue en ese oscuro lugar donde por primera vez tuve ocasión de poner mis ojos sobre un espécimen de la raza humana.Según pude saber más tarde, se trataba de un ejemplar de lo más perverso, un shoshei, uno de esos estudiantes que suelen realizar pequeñas tareas en las casas a cambio de comida y de alojamiento.En algún sitio he escuchado incluso que, en ocasiones, esos crueles individuos nos dan caza y nos guisan, y luego se nos zampan.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。我輩はここで初めて人間というものを見た。しかも後で聞くとそれは書生という人間の中でも一番獰悪な種族であったそうだ。しかし当時はなんという考えもなかったから別段恐ろしくもなかった。
(途中でなんか訳と対応してないかも。。。)

日本語訳は青空文庫のものですがまた暇なときに読んでみるのも勉強になって良いかも
無料でPDFがダウンロードできるのでIPadとか持ってる人は暇なときに外出先で見ると暇つぶしに良いかもね

昨日、コマンダンテを観て感想を書いたが、エンディングのインタビューが心に残ったのでスペイン語学習も兼ねて、振り返ってみたい。
有名なキューバの民謡グァンタナメラ~♪が流れるエンドクレジットの前にカストロの演説が挿入されている
fidel 1959 1 8
No nos engañamos pensando que en lo adelante todo será fáil.
未来を楽観視して、自分をごまかしてはいけない。
Quizá, en lo adelante,todo sea más difícil.
恐らくこれから先は、皆にとって、さらに困難になるだろう

これは1959年1月8日、バティスタを倒してハバナに入城した際のカストロの演説で、スペイン語だが全文は以下のページにある。
DISCURSO PRONUNCIADO POR EL COMANDANTE FIDEL CASTRO RUZ, A SU LLEGADA A LA HABANA, EN CIUDAD LIBERTAD, EL 8 DE ENERO DE 1959.
その後にホセ・マルティの詩を歌詞にしたguantanameraが流されてちょっと感動した。革命後も侵略や経済制裁で、アメリカに虐げられても、例え棘の道でも国民に対して誤魔化さず真剣にキューバのために尽くしてきた革命家の意志の強さが感じられる一方で、中南米特有の明るさが感じ取れたからだ。たとえ辛くても、キューバの人たちは陽気に振舞い強く生きている、それは決して自身を誤魔化しているのではなく強く生きるためにそう振舞っているのだろう。guantanameraについては下記のブログの方が書かれている。

2003年(2007年公開)アメリカ、スペイン作品監督: オリバー・ストーンEP: ジャウマ・ロウレス、ホセ・イバニュス、アルバロ・ロンゴリア  プロデューサー: オリヴァー・ストーン、フェルナンド・シュリシン 音楽: アルベルト・イグレシアス、ポール・ケリー 出演: フィデル・カストロ、オリヴァー・ストーン、ファニタ・ヴェラストーリー: ハリウッド屈指の『社会派監督』、オリバー・ス
コマンダンテ / Comandante / 人生とは思想と価値観を学ぶ過程



映画の最後のインタビューでオリバー・ストーン監督はゲバラについてカストロに質問し興味深いやりとりを聞けたが、以下では次に監督がガスマンの言葉を引用したシーンを観ていきたい
以下、オリバー・ストーン:O フィデル・カストロ:F

O:俳優のガスマンが70歳のときに言いました。‘人生は二度あるべきだ’
‘最初は練習で二度目を本当に生きるのだ‘と

él siempre cae en la filosofía.
F:彼はいつも哲学的だ
Ojalá..pudiéramos pensar que la vida consta de dos partes.
願わくば、人生は2つの部分から成ると考えたいものだ。
Una parte de la vida es un ensayo y la otra parte de la vida es la verdadera.
1つは練習で、もう1つの方が本物だと。誰でも、そうならいいと思うだろう。(だが生きるのは1度で十分だ。)

O:誰もが人生に後悔します。だからこそ2度目の人生を送りたいと…
人生に後悔してますか?

Sí como todos.
F:ああ、みんなと同じだよ
El hombre es un proceso de aprendizaje de ideas, de valores.
人生とは思想や価値観を学ぶ過程だ。
No nacemos con ideas.No nacemos con unos valores.
我々は思想や価値観を持たずに生まれてくる。
Se nos inculcan.O en parte se autoinculcan.
我々は教え込まれ部分的には自分自身で教え込む。

O:悔やまれる瞬間や過去に戻って変えたいことはありますか?

Si pudiera nacer otra vez...sería como soy en las mismas circunstancias que he vivido, que he nacido.
F:私はもし、もう1度、生まれ変わっても、同じ状況に生まれて、今の自分と同じようになるだろう。

アメリカの経済制裁にも屈せずにここまでキューバを侵略から護ってこれたのも、カストロさんの強固な信念や意志、自信によるところが大きいだろう。時には独裁者と呼ばれる指導者ではあるが、強固な信念によって責任を持って国を治める政治家、ホセ・マルティのように常に誠実に考え理想と貫いてきた政治家、
このような政治家は今日の日本にはいないのだろうか?21世紀にはもう現れないのだろうか。。と考えさせられた

DSC04467_0001.jpg

今日、京都に行ってきたついでにスペイン語検定をジュンク堂で申し込んできた。
4級は大学で取ってたので、今回挑戦するのは3級。
3級って言うと英検3級みたいに中学生でも取れる資格と思われるかも知れないがパンフレットを見るとビックリw
英検では準1級レベルに相当するらしい。wwwwwえええ!?
正直言って10月までそのレベルに持っていける自信がないw

でも検定基準を観てちょっとモチベーションは上がった
既に取った4級は中級レベルで簡単な日常会話と文法をひととり終了
会話はともかく、文法は過去未来やら接続法過去やら得体の知れないのを勉強していた記憶はある
全部もうすっかり忘れてますがw

で果敢に挑戦する3級は上級レベルで新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しない。とある
ここで新聞とあるのに引き付けられた。つまり3級取ったらグランマを何不自由なく読めるってことだ
まぁあくまで目安だけどね それでもやる気は向上しました
この士気が明日になったらなくなってませンようにw
DSC04469_0002.jpg

世界一役に立たない資格だって言われてるけど、僕の場合、ブログの作成みたいに趣味感覚で勉強してるんで苦にもならないっすねwwただ検定料7000円が。。。。。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。