上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はクローズアップ現代で、将棋について取り上げられていた。
中国天才少女あらわる
 ~見直される“将棋”~

ボードゲームとはレトロですが、昔から長年愛され続けてきた将棋。余談ですが僕は、将棋はいまひとつ心得ていないが、西洋の将棋であるチェスは高校時代にかなりハマっていた。当時、ゲーマーだったンですが、奥が深いチェスの虜になりヤフーチェスで、よくオンライン大局をしたものです。大学に入ってから何故かすっかりしなくなりましたけど。。。

余談はさておき、チェスと将棋には大きな違いがある。まず、升目が将棋のほうが一回り大きいこと、そして、決定的なのが、奪った駒を将棋は使うことが出来る点だ。チェス愛好家だった僕は、この捕虜を戦場で使うようなルールがいまひとつ解せない。しかし、これは日本の文化と海外の文化を良い意味で表しているのだろうか。

チェスも将棋(将棋は詳しく知りませんが)も定跡がある。チェスだったら、中世ぐらいから研究されていて、始めの10手ぐらいまではだいたいプログラムされているようなものだ。ゲームが面白くなるのは中盤から後半戦。チェックメイトをするために数手先まで読んで、相手を打ちのめす策を考えるのが楽しいものだ。
相手の駒を意のままに動かし、チェックメイトしたときの快感はハマったものにしか分からないだろう。

将棋にしてもチェスにしても、先を読む力が身につくという点で共通していると思う。
これは、今の日本のリーダー層に身につけてほしい能力だ。今回の原発騒動も想定外という言葉で片付けるお粗末さ。国の将来を担うリーダーは、責任を持って先を読み、一国を導いていかなければならない。

ところで、リーダーでチェス好きといえばゲバラが想起されるw
ゲバラは、大のチェス好きで子供のころから遊んでいた。革命後一段楽した後は、再びチェスへの情熱が再来し、キューバ危機の最中でもチェスをしていたと記録に残っているほどですwゲバラとチェスについては、また気が向いたときにじっくり語っていきたいところです。
Che-jugando-ajedrez.jpg
上記にも書いたが、チェスでは先を読む力が培われる。だからチェスの能力を仕事に生かすビジネス書があるくらいだ。ここで少し考えたいのが、ゲバラのコマンダンテとしての並外れた資質は、チェスを嗜むことによって培われた側面があるのではないかということ。

勿論、ゲリラ戦は机上のゲームではないし、綺麗にチェックメイトして終わるものでもない。しかし、チェスの先を読む力をは、展開されるゲリラ戦を先読みし指揮下のゲリラ兵を敵地適所に配置することに応用できる。チェスの定跡はゲリラ戦では先のスペイン内戦で経験豊富なアルベルト・バーヨ大佐に教えてもらった、ゲリラ戦術に該当する。だが、中盤以降のチェスのゲームでは常に想定外のことが起こるように、実際のゲリラ戦でもさまざまな予期せぬ厄介ごとが起こっていた。それでもコマンダンテ・チェ・ゲバラは、様々な武器を創意工夫したり、工場を作ったり、また独自のゲリラ理論を構築することによって、想定外を克服したのだ。これらのセンスは正に、先読みの能力が成しえる業だと思う。
1677722.jpg
フィデルもまたチェスが大好き。
今回は荒っぽく書いたが、ゲバラのパーソナリティを分析する試みの一環で、じっくり見ていこうと思う。(時間が許せばですが


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。