上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪に備え早めに起床し朝飯を食べながらNHKニュースを眺めていたとき、合衆国とキューバ国交正常化のニュースが雪崩れ込んできて一気に目が覚めました。前々からキューバ好きの人たちと近々こういうことが起きるのではないかと話していましたが、思っていたより早く正常化宣言がされ驚かされた次第です。



興味深いのははっきりと大統領が、半世紀にわたる対キューバ政策が失敗であったことを認めたことです。合衆国が自らの非を認めることは極めて希なことではないでしょうか。

さきほど報道ステーションで犬猿の仲の両国が仲直りするのは、例えどのような思惑があるにせよ素直に喜ぶべきではないか、キューバにスタバやマクドが出来たらもう行く気もなくなるとわがままなことを言うのは止めようという趣旨のことをと朝日の記者と古館キャスターが話されてました。私もその点は同感です。

間もなくNHK Webでキューバ特集が始まりますが、今週末は国内メディア等が伝えていない点を私なりに考察できればと思います。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。