fidel-venezuela2.jpg

今日のグランマのトップ記事にまたまたカストロさんが登場した。ベネズエラの著名なジャーナリストと中東のイスラエルの問題について議論された。前の国会演説と同じくスペイン語の原文は以下のグランマの記事にやりとりの全文が掲載されている。なおこのインタビューは8月8日の朝に行われたもの。中東で核戦争が起こるかどうかはすべてオバマ大統領にかかっていると国会のときと同じ主張をされた。
Israel es el único que no trataría de persuadir a Obama de que aguantara la guerra
動画もyoutubeにアップされていた。まだ再生数は200だけど、すぐに増えるだろうw前回の国連演説は僕が貼り付けた時は300再生だったが3日で1万以上になってたwいやはやカストロさんのファンは世界中にいるンだろうねw
Fidel Castro 2/7 Entrevista completa Televisión Cubana teleSUR La Habana Cuba Venezuela

おっとパート1はこっち

動画はパート7まであるから1時間半ぐらい核問題について議論されてたみたいっすね
僕もまた改めて全部観てみます。スペイン語学習の教材にも使えますねw

僕の乏しいスペイン語力ですこし解釈していこう。
現在、核戦争の脅威はイランと北朝鮮にあり、
カストロさんたちのラテンアメリカは北朝鮮の核によって攻撃される可能性があるらしい。
って。。。じゃあその前に日本が核攻撃されてるじゃないっすかw?

ん~ざっと読んでみましたが、難しいっすね。。。。キューバ危機を経験したこともあってあの時の体験も交えて話されてます。カストロさんがここまで核に脅威を感じているのもひょっとしたらあの時の恐怖の体験に基づいているのかもしれません。あの時は核戦争の寸前までいってしまったわけですが、結局ケネディとクルシチョフの決死の交渉によって核戦争は回避された。しかしその時カストロさんは交渉の場に入らず蚊帳の外だった。
交渉の内容はキューバに二度とアンクルサムが侵攻しないことを引き換えに、事態はを収束させるというものだった。グアンタナモ基地の返還を要求したいカストロさんにとっては容認できない結果で、当時カストロさんはソ連を激しく非難した。このときのことについてはまた項を改めて詳しく書こう。
現在のカストロさんはあの時のことを振り返って、何より核戦争が回避出来たことのほうが大事だったと言っている。当時、カストロさんも30代で若かったから核の恐ろしさを認識出来ていなかったのだが、今年83歳になったカストロさんは、これまで20世紀の様々な事態を観てきて今日、核戦争を避けるよう世界に呼びかけられているのだ。

こちらの記事に要点ごとにまとめられてますね。スペイン語ですが。。。。w
Entrevistan a Fidel periodistas venezolanos: “Tenemos que persuadir a Obama de que evite la guerra nuclear” (+ Fotos y Video)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/11-6e63de69