たまに興味深い議論が聞けるwたかじんのそこまで言って委員会
先週は、頼りになる指導者は?という問題提起に対して、安倍晋三元総理の名前が挙げられていた。今週はご本人が登場されたw。この総理はアメリカべったりの人だとなにかの本で読んだことがあるが、番組内のトモダチ作戦の詳細を具体的な数値まで揚げて語られる様からも親米ぶりが伝わってくる。

ちなみに、先週のたかじんでは、頼れる指導者は誰か?の問題提起に対して、勝谷誠彦さんがフィデル・カストロとパネルに示されたのは記憶に新しいwこの人は、右翼的な発言がしばしば目立ち、油を作る藻「オーランチオキトリウム」をご熱心に語られるキャラが定着しているが、TV番組でカストロって単語が出てきてビックリしたwそれも、今の日本に必要な人物というお題で。。他には小泉とかの名前が出ていたけど、そもそも格が違いますよね。三宅久之さんは、もうあの人(カストロさん)は亡くなっていたと思っていたと話されていた。

「フィデル・カストロの引き際に見る菅直人やカダフィ大佐の惨めさについて」というタイトルで、勝谷氏は有料のブログで語られていたらしい。カストロさんがこないだの党大会で、キューバ国民から満場の喝采を受けた映像を観られて、勝谷氏は何か想うところがあったのだろう。

今日のかたじんの番組では、隣国から攻められた際の有事についても議論された。そのようなことが起こる可能性は極めて少ないが、もしそんな事態に直面した場合も、日本の指導者層は想定外という言葉を使って逃げるのだろうか。一国の危機的状況下で、そんな無責任な言葉で逃れることは許されない。

こないだのキューバのパレードは、キューバ革命を反革命政府の侵攻を撃退してから50周年のイベント行事だった。プラヤ・ヒロン(コチノス湾)へ、アメリカの指導の下訓練を受けた亡命キューバ人旅団1000名以上が上陸したが、このような想定外の危機に対して、カストロさんは的確に指揮を執られた。上陸ポイントが、コチノス湾であることを見抜き、国民を総動員させるカリスマ性は到底日本の政治家には真似できないものと言えばそれまでだが、当事者意識なら誰だって持つことが出来る。
カストロさんは、プラヤ・ヒロンの際、戦場の戦車の上から指揮を取られ、皆の士気を高めた。危機の際に、最も先導者に求められることは、国民の指揮を高めることに違いない。

危機を克服するためには、一国が団結しなければならない。ナショナリズムを高揚させることが肝心なわけだが、これは一歩間違えばファシズムに繋がる。今日のたかじんの番組の最後のお題「日本人の精神を護るためには?」でゲストの皆の雰囲気が天皇陛下をやや崇拝するような方向にむかったのに違和感を感じた。どうも僕は自国の天皇の何が人々を惹きつけるのかが分からない。これは日本のナショナリズムの根幹に関わることかもしれないが、天皇を考える際、どうも得体の知れない不気味な気持ちが残る。
昨日の、イギリス王室が人々の関心を引き付ける意味合いは理解できるのに、自国の皇室のことが今ひとつ分からない。

いずれにしても、日本人の精神を護ること、すなわち自国の誇りを大切にすることは大事に違いない。しかし、最近、マスコミがやたら「頑張ろうニッポン」とか「強い日本」「団結、絆」とかいう言葉を繰り返すことに対してはいささか違和感を感じる。これは、人々の危機に対する不安感の裏返しであるのだろうか?この反動が建設的意味合いで働くならいいのだが、妙なナショナリズムが湧き上がってくることに対しては、警戒しなければならないだろう。

強力な指導者は必要だが、国を誤った方向へ導く先導者は災いを招く。歴史的に、人々の不安心理を背景に出現してきたこのような先導者は、ワイマール体制後のファシストのヒットラーなどの先例がある。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/142-42ce0fcd