上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志高く
いい言葉です。
DSC06293_convert_20110518222132.jpg

志高く 孫正義正伝 完全版 (実業之日本社文庫)

先月、原発問題について、孫 正義さんと原発設計者が対談の記事を書きながら、孫さんについての本を何か読もうと思ってた。そこで孫正義正伝という本を借りてきました。

ざっと読んでみましたが、孫正義さんの良い面と悪い面の両面がこの伝記から伺えます。語り手は、相当、孫さんに惚れ込まれているようで、記述のあちこちからその想いが伝わってきますw。。。
僕はこのカリスマ経営者について、この本を読むまでほとんど知らなかったンですが、辣腕のギャンブラーって印象を持ちました。こンな表現をするのも失礼かもしれませんがw一つの志に向けて、己の正義(信条)を貫く生き方にはちょっぴり惹きつけられるものがありますね。

僕が孫さんは、すごいなぁと感じたのは、欧米のビジネススタイルと日本式を上手く使い分ける二枚舌のスキル、いわば交渉術。そして、時代を先読みする先見性の二点だ。孫さんは日本における低姿勢の奢らない様で好感を得る術を心得ている。その上で、相手を上手く説得させる話術の強引さを巧みに使い分けている。

そして、来るべきIT産業の可能性を見出す先見性。
今回の震災、原発騒動からもビジネスチャンスを見出し自然エネルギー財団を設立するのも、彼の先見性から来る判断だろう。cfソフトバンクの孫社長、自然エネルギー財団を設立へ

僕らの世代の若者だったらこういう本を読んで、このカリスマ経営者の生き方に憧れるもンっすね。。。僕はどうもひねくれているから、素直にそんな感情を抱くことは出来ない。もっとも、先にも書いた孫さんの信条を貫く生き方には少なからず尊敬の念を抱きますが。金儲けのビジネスの世界だけに、結構ドロドロとしたものも感じる。本文の記述上は綺麗だが要は彼もまた、マクドナルドの藤田社長のような価値観の持ち主だなとこの本を読んで感じた。このように悪い印象も受けるが、マイクロソフト帝国の覇者ビルゲイツのような悪どい囲い込み戦略をするようなIT業界で生き残るためには、したたかでないといけないンだろう。


尊敬すべき人かどうかは疑問に感じるが、長期ビジョン的に物事を捉える様、先見の明、巧みな交渉術は見習いたいものだ。まぁ。。。世渡り下手な僕には到底出来ないことですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/177-393c7793
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。