上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この後藤さんの著書は、他の本ではあまり語られないキューバの60年代後半からソ連崩壊前後についての記述が参考になる。以前、ko~daさんに紹介して頂いた本ですが、図書館の書庫から借りてきた甲斐がありました!ちょっと古くて新書では手に入らないのが難点かもしれませんが、良書です!

カストロ 革命を語るカストロ 革命を語る
(1996/01)
後藤 政子

商品詳細を見る

第一章キューバはいまでは、キューバ革命の思想を知るために、ホセ・マルティの時代から解説されている。前に、青土社の現代思想2008年5月臨時増刊号 総特集=フィデル・カストロを読んだ時に、後藤さんがこの著書の第一章で書かれた内容の要約が記述されていたように記憶している。
マルティ、カストロをルソーの思想と重ねて解釈し、キューバの社会主義の独自性を説明されるのも面白い。
しかし、何より参考になるのは上述でも書いたが、60年代後半からのゲバラ主義、およびその失敗の記述。そして、社会主義圏がドミノ倒しのように崩壊していく90年前後に、カストロさんが危機に対してどのように対処したかが記載されている。

第2章は、ブラジル人のフレイ・ベトさん(Frei Betto)が行ったカストロさんに対するインタビューの一部。
原書はFidel Y La Religionフィデルと宗教
宗教の記述は割愛されているようですが、それでもこの本の中で、結構語られています。カストロさんが、闘牛士のように巧みにベトさんお突っ込みをかわしていますwインタビュー内容はカストロさんの生涯に渡る。
そう言えば、同じようなインタビューに、最近出たラモネさんの著書がありますね。こちらも華麗にかわされますwいずれにしても、カストロさんを相手にするインタビューアーは両者共に優れたベテランですww
原書は、アマゾンでも購入が可能。

Fidel Y La Religion: Conversaciones Con Frei Betto Sobre El Marxismo Y La Teologia De Liberacion (Ocean Sur)Fidel Y La Religion: Conversaciones Con Frei Betto Sobre El Marxismo Y La Teologia De Liberacion (Ocean Sur)
(2006/12/30)
Betto、Frei Betto 他

商品詳細を見る


第3章経済危機からどう脱出するかでは、ソ連崩壊後、キューバ国民に対してカストロさんが共産党大会で行った演説の全文が収録されていて、これがまた参考資料として重宝する。
以下は、自分のメモの一部も交えて原文とその演説を行っているカストロさんの動画を掲載。
Discurso pronunciado en la Inauguración del IV Congreso del Partido Comunista de Cuba, efectuada en el Teatro "Heredia", Santiago de Cuba, el dia 10 de octubre de 1991.
カストロ総司令官、共産党中央委員会第一書記、国家評議会議長、閣僚評議会議長
第4回共産党大会開会式演説
(1991年 革命32周年10月10日 サンティアゴ・デ・クーバ・エレディア劇場にて)
国家評議会速記録 グランマ紙 1991年10月18日号掲載


先月の下旬に、第6回共産党大会が開催され、このブログではインターナショナルが斉唱される閉会式を紹介しましたね。
インターナショナル斉唱 共産党第6回大会閉会式Cante “La Internacional” con Fidel y Raúl
演説を行ったのはラウルさんであったが、10年前に開催された第4回の大会ではフィデルが、演説を行った。以下の動画の4:10~はその時の一部。

Discurso pronunciado en la Inauguración del IV Congreso del Partido Comunista de Cuba, efectuada en el Teatro "Heredia", Santiago de Cuba, el dia 10 de octubre de 1991.
cf
カストロ 革命を語る
4:10~
¿Es que podemos suponer que tales hechos reales no influyen en nuestro país? ¿O es que nosotros vivimos en otro planeta, o es que estamos en la Luna, o es que no vivimos en la Tierra? ¿Es que acaso se ha desarrollado la Revolución en una urna de cristal, independiente del resto del mundo y de los problemas del resto del mundo? ¿Es posible que podamos olvidarnos de eso?


Discurso pronunciado en el Acto Central por el XXXVII Aniversario del Asalto al Cuartel Moncada, celebrado en la Plaza de la Revolución, Ciudad de la Habana, el 26 de Julio de 1990.
El socialismo no es una opción coyuntural, no es un juego pasajero, no es, ni puede ser, una decisión transitoria; el socialismo era una necesidad histórica insoslayable, el socialismo era el resultado del desarrollo político e ideológico de nuestra sociedad, el mayor y mejor fruto de nuestra historia.


Discurso pronunciado en la Inauguración del IV Congreso del Partido Comunista de Cuba, efectuada en el Teatro "Heredia", Santiago de Cuba, el dia 10 de octubre de 1991.
cf
カストロ 革命を語る
Ahora tenemos que atenernos a los hechos y, sencillamente, el campo socialista se derrumbó, Estados enteros fueron tragados por otros Estados, la clase obrera perdió el poder y se inició un camino de regreso al capitalismo. Los hechos reales son que en la Unión Soviética se ha producido prácticamente una debacle; los hechos reales son que en la Unión Soviética hoy no se habla de socialismo, se habla de economía de mercado; en dos palabras, las voces prevalecientes son voces en favor del capitalismo y del capitalismo más clásico.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/179-0cd7f276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。