上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソ連崩壊期に、カストロさんが国民に呼びかけた演説を、後藤政子さんの著作の紹介で取り上げた。
↓の動画は、youtubeの動画で、Caminos de la Revolucionの一部。

後藤さんの著作に対応するのは4:10~からの演説。ドキュメンタリーの編集の都合か、前後が逆になっているが、動画の箇所を、大きめの字で示しておきます。以下の訳は後藤さんの
カストロ 革命を語るの第3章の一節、「社会主義圏崩壊という現実を認めなければならない」から引用。

Ahora tenemos que atenernos a los hechos y, sencillamente, el campo socialista se derrumbó, Estados enteros fueron tragados por otros Estados, la clase obrera perdió el poder y se inició un camino de regreso al capitalismo. Los hechos reales son que en la Unión Soviética se ha producido prácticamente una debacle; los hechos reales son que en la Unión Soviética hoy no se habla de socialismo, se habla de economía de mercado; en dos palabras, las voces prevalecientes son voces en favor del capitalismo y del capitalismo más clásico.
いまこそ現実をみなければならない。まさに社会主義陣営は崩壊したのだ。国家が別の国家に呑み込まれ、労働者階級は権力を失い、資本主義社会への復帰の道が始まった。ソ連連邦において、事実上の解体が起こり、社会主義ではなく、市場経済が語られている。資本主義、さらにはもっとも古典的な資本主義を求める声が優勢になったのだ。
El hecho real tristísimo es que hoy en la Unión Soviética no hay un partido comunista, está fuera de la ley el partido comunista, ha sido disuelto por decreto. El hecho real es que la URSS se ha debilitado extraordinariamente y sufre grandes riesgos de desintegración. Esos son los hechos reales.
もはやソ連には共産党は存在しないこと、共産党が非合法となり、政令によって解放されたことは、このうえなく悲しい現実だ。ソ連が大幅に弱体化し、解体の危険が高まっていいることも現実だ。すべて現実なのだ。
¿Es que podemos suponer que tales hechos reales no influyen en nuestro país? ¿O es que nosotros vivimos en otro planeta, o es que estamos en la Luna, o es que no vivimos en la Tierra? ¿Es que acaso se ha desarrollado la Revolución en una urna de cristal, independiente del resto del mundo y de los problemas del resto del mundo? ¿Es posible que podamos olvidarnos de eso?
このような現実が、わが国に影響を与えないはずがない。われわれは別の星に住んでいるわけでも、月に住んでいるわけでもない。地球に住んでいないわけではない。革命は他の世界や他の世界の問題と切り離され、ガラス箱のなかで発展してきたわけではない。無視していけるはずがない。
(・・・)
Es duro tener que hablar de estos temas, es mucho más agradable pintar cosas en el aire, hacernos ilusiones, endulzarle la vida a cada cual trayendo informaciones, noticias superoptimistas, agradables. Creo que nuestro primer deber como revolucionarios y como comunistas en este congreso, es analizar esas realidades.
このような問題について話さなければならないのは辛い事だ。空中楼閣を描いたり、幻想を抱いたり、このうえなく楽観的で、楽しいニュースを伝えて人生を明るくするほうがずっと楽だ。だが、本大会における革命家としての、また共産主義者としてのわれわれの義務は、まず第一に現実を分析することだ。

Discurso pronunciado en la Inauguración del IV Congreso del Partido Comunista de Cuba, efectuada en el Teatro "Heredia", Santiago de Cuba, el dia 10 de octubre de 1991.
カストロ総司令官、共産党中央委員会第一書記、国家評議会議長、閣僚評議会議長
第4回共産党大会開会式演説
(1991年 革命32周年10月10日 サンティアゴ・デ・クーバ・エレディア劇場にて)
国家評議会速記録 グランマ紙 1991年10月18日号掲載




国民に嘘を言い続け、現実から逃避し続けることは楽なことだ。今の日本の政治家などはその典型だろう。例えばそれが、年金問題であり、今回の原発問題も然り。嘘をつく事で一時的には、国民の混乱を防ぐことが出来る。しかし、それでは何の解決にもならないのだ。

ソ連崩壊期において、革命家のカストロさんは、ソ連という砦が崩壊したことから目を背けず、この危機に対して国民に危機感を持つように努めた。当時おかれている状況をun período excepcional(例外的な時期)だとか、特殊期(el período especial)という言葉を用いて、キューバ人民に危機感を持たせた。このような手法で、独裁政権を永らえてきたと揶揄するアメリカの批評家もいるが、カストロさんは私欲のために国民の労働力を総動員しているわけではない。祖国への愛、キューバ人民への愛があるからこそ、問題意識を投げかけるのだと僕は思う。

この共産党大会から20年後の今日も、キューバの置かれている状況は決して良いとはいえないが、少なくとも次のようにはいえないだろうか。特殊期(el período especial)は上手く乗り越えることが出来たと。

革命後も、50年前のヤンキー主導のピッグズ湾侵略、マングース作戦、キューバ危機、そしてソ連の崩壊といった一大事を、並外れたカリスマを持ってキューバ国民を動かし、乗り越えてきたフィデル・カストロさん。
マルティの思想を半世紀以上に渡って貫き、決して責任を放棄しない指導者は今日もペンを片手に、新自由主義が猛威を振るう世界と対峙している。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/193-732951ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。