上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.17 Wikileaks
あまり日本の公式の筋のニュース番組や新聞では聴かない(少なくとも僕は)Wikileaksについてだが、
キューバの新聞のグランマによく載っている。こないだカストロさんがベネズエラのジャーナリストの方たちと
インタビューしていたときにもこのWikileaksについて触れてた。もっともカストロさんに言わせれば、Wikileaksは核戦争などのリスクを回避できるツールに使えるような趣旨のことを議論されていたと思う。アメリカがWikileaks問題視している一方で、Wikileaksは権力の暴走を防ぐツールにも使える(専らそのために開発されたのだろうけど)という見方も当然あるのだ。
Wikileaks insiste en la “pronta” publicación de 15.000 documentos pese al Pentágono
WikiLeaks の Julian Assange 氏は入手したアフガン紛争の米軍機密文書の残りを公開する準備を進めている
WikiLeaks による米軍機密文書の公開は、現時点ではまだ全ての文書が公開されているわけではないそうだ。Assange 氏曰く残りのファイルは 15,000 点あり、うち半分は既に公開準備が済んでいるという。WikiLeaks では文書公開によって個人の命を危険に晒す恐れがないよう、全ての文書を精査してから公開するとのこと。
Assange氏は公開時期については触れなかったが「絶対に公開する」と断言したとのことだ。

下記のブログの方もWikiLeaksについて解説されている

どのくらいの人たちがこのサイトを知っているだろうか?このサイトでは匿名による政府や宗教などにかかわる機密情報がleak(流出)されている。特に政府から漏れた軍事秘密や戦争状況か書かれた文章などが注目されている。現在データベースに120万を超える文章が保存されている。 発足は2006年で元ハッカーのジュリアン・アサンジ等によって組織されている。まだ発足してから4年足らずだが、世界への影響力はすさま
Wikileaks

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/21-ab5ceb72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。