上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は僕の好きな作家の一人、ヘミングウェイが亡くなって50年目を迎える。ハバナには16日、アメリカやイギリス、日本、ブラジルの専門家ら30名以上が13回目の国際的なアーナスト・ヘミングウェイ学会に参加した模様。

専門家や学芸員の人たちは、ヘミングウェイがよく足を運んだエル・フロリディータやコヒマルを訪れる予定らしい。
(エスカンブライとCubadebateの情報を参照)
Inauguran en Cuba XIII edición del Coloquio Internacional Ernest Hemingway
coloquio-hemingway.jpg
フロリディータにはヘミングウェイの銅像があるのは有名ですね。観光客がイタズラをしている写真w
タフガイって感じで、ヘミングウェイにお似合いっすねww

老人と海は、キューバが舞台。Alexander Petrovさんの描いたアニメーションは、イイっすね!
他の作品もお勧め。

アニメにしてしまえば、20分で終わる話。中学生のころに読みましたが、良さが分かったのは大学に入ってからだった。この作品の中の至言のひとつは僕の座右の銘です。
"A man can be destroyed but not defeated."
人間は破壊されることはあっても、
屈服させられることはないのだ。

震災で津波に飲み込まれ、破壊されつくした東北。
今の日本人の必読書ではないだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/230-19bf0b90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。