上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は7月26日なので、毎年恒例の式典が開かれました。フィデルが炎天下の中、熱い演説をするのが恒例だったのですが、今年もやはり高齢のため公式の場には顔を出されていないようですね(いずれにしても、もう政治の場から身を引かれているわけですが
ciego-de-avial-26-de-julio-ismael-francisco4-580x410.jpg
左がホセ・マルティで右が青年弁護士フィデル・カストロ。
モンカダ兵営占拠に失敗し捕まった後、「首謀者は誰だ」と問い詰められ「ホセ・マルティだ」と応えたのは有名ですね。その後の裁判で有名な演説「歴史は私に無罪判決を下すであろう」を行いました。その演説でフィデルが掲げた思想(idea)とは、共産主義や社会主義ではなく、ホセ・マルティの思想だったわけです。このときの演説は、また何かの機会に取り上げようと思います。
ciego-de-avial-26-de-julio-ismael-francisco6-580x431.jpg
左が第一書記と第二書記のマチャドさん。
今年は、カストロ兄弟ではなく、マチャド第二書記がキューバ中部のCiego de Ávilaで演説されました。
Discurso de Machado Ventura en Ciego de Ávila: “No variará jamás nuestra decisión de construir el socialismo”

Se trabaja sistemáticamente, siguiendo la línea trazada, y de una manera integral, porque no estamos poniendo parches ni improvisando, sino buscando soluciones definitivas a viejos problemas. Con pies y oídos bien puestos sobre la tierra, muy atentos a la opinión de la gente, listos para rectificar sobre la marcha, ajustar el ritmo y adoptar nuevas decisiones.



以下、朝日新聞の記事

キューバ「経済改革、着実に進行」 武装蜂起記念日式典
 キューバは26日、革命の起点としている武装蜂起の記念日を迎え、中部シエゴデアビラで式典があった。同国は4月の共産党大会で、成果主義や一部市場経済を取り入れた経済改革を打ち出しており、同党第2書記のホセ・ラモン・マチャド氏は「経済改革はゆっくりだが、着実に進んでいる」と演説した。

 ラウル・カストロ国家評議会議長は、去年に続き演説をしなかったが、ベネズエラのチャベス大統領の革命をたたえるメッセージが代わりに読み上げられた。

 キューバは青年弁護士だったフィデル・カストロ前議長らが、サンティアゴデクーバの兵営を襲撃した1953年7月26日を革命の起点としている。(シエゴデアビラ=平山亜理)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/264-c5ef1827
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。