上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も河川で清掃のボランティアをして来ました。
地元の岩手県のボランティア団体と協力して、腰まで水の中に浸かり、川のなかの流されてきた家電品などを掘り出していました。

帰路にて、大槌小学校の悲惨な状況を目の当たりにしました
DSC_0331-1.jpg
斜体文
大槌町の小学生の思い出が詰まっている校舎。川の中から出てくるのは、被災者の、恐らくは思いでの詰まっている品々が出てくる。こういうのを見て後から思い出すと悲しくなる。
津波は大槌川をさかのぼっていったことを、川のなかの瓦礫は物語っている。
岸辺から見ているぶんには、綺麗な川に見えるが、実際に川のなかで作業をしていると、瓦礫の多さに驚かされる。

作業中に、一匹の鮭が川を坂のぼっていくのが見れた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/276-96fad989
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。