上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地へボランティアに向かう前に図書館で見かけて、その場で読み始めた日誌。著者は、東北方面総監政策補佐官、いわゆる背広組みの方です。それでも自らの仕事を、被災地の極限状態でこなされる様が日誌に描かれているのを読み、内局に対
自衛隊救援活動日誌  東北地方太平洋地震の現場から自衛隊救援活動日誌  東北地方太平洋地震の現場から
(2011/07/06)
須藤 彰

商品詳細を見る
するイメージが変わった。
著者は肩書きどおり、総監を補佐する役目を果たす一方、政と官を繋ぐクッション的な役割も務められる。日誌からは決して上から目線的な態度が感じられない。隊に溶け込み、隊員と同じ冷や飯を食べ、現場からニーズを汲み取られる様子が描かれている。

日誌では、君塚栄治総監の指揮官としての魅力も語られている。陸、海、空の10万人体制という自衛隊史上最大の編成。今回の災害派遣では総監の指揮官としての力量が試されたことは言うまでもない。極限状態でもユーモアを交え、隊員に安心感を与えられたそうだ。著者は「名将のオーラ」を総監から強く感じられたらしい。

余談だが、僕は今年就職活動の一環で、佐官の方とお話しする機会があった。一人は戦車隊の大隊長の方、そしてもう一人は地方協力本部の方。僕の不躾な質問にも答えていただいた。幹部自衛官は、自身より年上の部下を持ち、自身より専門能力が上のいわば職人である下士官を指揮していかなければならない。そのことに対する不安を質問してみたが、大隊長の方はそんなことは心配することじゃないと応えられた。指揮官は何もすることが出来ないのだと。戦車隊らしい、良い意味での荒々しさと気迫に圧倒させられた一時だった。同時に指揮官とは何たるかを、感じさせられた。
ちなみに、僕の県から受験した幹部候補生受験者は約80名受験し、全滅した。僕は運よく1次試験を突破し、残りの6名に生き残ったが、面接試験で玉砕されました。今から振り返ってみると、将来の指揮するものとして、あるべきでない様態で面接に挑んでいたことを痛感させられる。決定的なのが、自信のなさだ。

おっと。。。随分話が逸れました。この本は、将来、防衛省の制服組を受験される方は勿論、幹部自衛官を目指す人にもお勧めです。僕ももう少し早く読みたかったものですが。。
また、市役所の職員を受験される方にも勧めたい。この日誌の著者の政策補佐官は、迷彩の戦闘服を着て活動されていますが、やはり事務屋の方。だから役所の危機管理のあり方などについても触れられている。今回のような非常事態ではセクショナリズムに捉われず、被災者を救いたいという一心で仕事に取り組むべきであることを説かれている。読み様によっては、いろいろと学ばされる日誌であった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/281-43c8b562
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。